まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:研究者

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/24(木) 23:19:56.51 ID:CAP_USER
    [新刊]七支刀と日本書紀

    ホン・ソンファ著、京仁文化社 472ページ 3万3千ウォン
    no title


    古代韓日関係史を研究する著者が、これまで学術大会で発表した論考を集めて、単行本として出版した。

    著者は、日本の歴史書である「日本書紀」に注目して古代韓半島と日本列島の関係を分析する。特に、関心を持つテーマは、日本の石上神宮にある「七支刀」と韓半島南部に存在した任那4県だ。

    彼は、七支刀の製作時期が369年という通説を拒否して、「408年11月16日に、百済の世子が珍貴に生まれたことを契機とし作って、倭王に下賜した刀」と主張して、任那4県は、これまで知られていた全羅道南部ではなく、慶南西部一帯という見解を提示する。

    著者は、「日本書紀による韓半島関係史分析には、未だに不十分な部分があって、私たちの枠組みと視点から日本書紀を再解釈して見る必要がある」と強調する。

    ソース 聯合ニュース(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0012467663
    大邱新聞(韓国語)
    https://www.idaegu.co.kr/news/articleView.html?idxno=350523
    no title

    引用元: ・【日本書紀】 韓国研究者、古代韓半島と日本列島の関係を分析 …七支刀は「倭王に下賜した刀」[06/24] [LingLing★]

    【万年属国の願望が詰まったファンタジーノベル 【日本書紀】 韓国研究者、古代韓半島と日本列島の関係を分析 …七支刀は「倭王に下賜した刀」[06/24] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/09(金) 16:39:21.19 ID:CAP_USER
    <開発競争が激しい分野の技術流出問題。日本にとっても決して他人事ではない>

    今年4月、世界知的所有権機関(WIPO)は2019年の特許の国際出願件数を発表し、中国が米国を追い抜き初めて世界トップとなった。個別企業でも1位は中国の通信大手のファーウェイが3年連続の首位。2位に日本の三菱電機、3位に韓国のサムスン電子が入ったが、10位までにOPPO、BOEテクノロジー、平安科技という中国企業が並び、複数トップ10入りしたのは中国以外は韓国のみ(前記サムスン電子と10位のLGエレクトロニクス)。圧倒的な中国の存在感が目立つものとなった。

    こうした特許出願での中国の台頭には、「知財強国」を宣言し研究開発型企業への税優遇や補助金などで後押しする中国共産党当局の意向が大きく働いているといわれる。だが、その一方で目的達成のため、なりふり構わぬ活動が行われて、国際的に非難も浴びているようだ。

    ◆韓国、技術流出が問題化

    9月17日、韓国の野党国民の力党のク・ジャグン議員(国会産業通商資源中小ベンチャー企業委員会所属)は、2015年から現在まで摘発された韓国から海外への技術流出事件は計121件にものぼり、そのうち29件は'国家核心技術'に相当する重要技術だった、という衝撃的な内容の発表を行った。

    それによると業種別では、電気/電子分野が61件(50.4%)と最も多く、次に造船/自動車22件(18.2%)、機械13件(10.8%)、化学/生命工学11件(9.1%)であり、企業規模別では、中小企業が80件、大企業33件と、65%以上が中小企業からの技術流出だった。

    そんななか、また1件の知的財産流出が、なんと韓国最高の理系大学KAISTから発生し、波紋を広げている。

    KAISTとは、Korea Advanced Institute of Science and Technologyの略称で「カイスト」と呼ばれる韓国国立大学のことである。1981年に大田市に創立され、その後世界の大学ランキングでは常に上位にランクインするほどの有名大学だ。

    韓国では俗にSKYと呼ばれるソウル大、高麗大、延世大がエリート御三家として知られているが、実は理工系でいえばKAISTの方が上をいく。

    1999年にはここに通う学生たちを主人公にした『カイスト~天才たちの青春日記~』というドラマも放送され話題となった。校内の全ての授業が英語で行われ、韓国内外から集まった科学工学系のエリートたちが通う名門校である。

    ◆イ教授が参加した中国の「千人計画」

    今回、そのKAISTから流出されたのは、各国でし烈な開発競争が行われている自動運転車の技術だ。KAISTの教授であるイ氏は、「LiDAR」と呼ばれるセンサー部分の開発の指揮を執っていた。「LiDAR」はレーザーで周囲の物体との距離および速度を調べる技術で、自動運転車の目ともいわれるほど重要な部分だ。

    調べによると、イ教授は2017年から中国の「千人計画」に参加し、毎年中国の重慶理工大から3億ウォンを受け取っていたことがわかった。この「千人計画」とは、中国政府が2008年に創設した人材誘致計画のことだ。海外生まれの華僑や海外留学者、外国人研究者、優秀な学生など、国際的に優秀な人材を好待遇で中国に招聘する計画で、既に多くの人が参加している。

    だが、この「千人計画」、中国国外では批判や問題が巻き起こりつつある。今年の1月に米国ハーバード大学のチャールズ・リーバー化学生物学部長は、2012年から5年間、千人計画に参加していたことを隠し虚偽申告をした疑惑で逮捕されている。また、8月にはオーストラリアのシンクタンク、戦略政策研究所(ASPI)が「フェニックス狩り」と題する報告書を発表して千人計画について知的財産の流出やスパイ疑惑に繋がるということで問題提起するなど、各国からこのプロジェクトに批判の声があがっている。

    (続く)

    ニューズウィーク日本版 2020年10月9日(金)14時40分
    https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2020/10/kaist.php?page=1

    引用元: ・【Newsweek】韓国超エリート大教授、自動運転の特許を中国へ横流し 毎年3億ウォン受け取る 研究者集める中国「千人計画」 [10/09] [新種のホケモン★]

    【盗みのエリート【Newsweek】韓国超エリート大教授、自動運転の特許を中国へ横流し 毎年3億ウォン受け取る 研究者集める中国「千人計画」 [10/09] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/29(火) 16:56:50.04 ID:CAP_USER
    20万年前にアフリカのカラハリ地方で出現、13万年前に気候の変化で移住開始

     韓国の研究陣が加わった国際共同研究陣が、現生人類の発祥地と移住原因を初めて究明した、

     韓国基礎科学研究院(IBS)気候物理研究団のアクセル・ティンマーマン団長率いる研究陣とオーストラリア・南アフリカ共同の研究陣は29日、国際学術誌『ネイチャー』に「現生人類の最も古い血統は20万年前にアフリカのカラハリ地方で出現し、13万年前の気候変化によって移住を開始した」と発表した。カラハリ地方は、現在の南アフリカ、ボツワナ、ナミビアの国境にまたがる一帯だ。

     アフリカ南部で始まったとみられる現生人類の正確な発祥地がどこなのかは、科学界で論争が続いてきた。モロッコや東アフリカ地域で数十万年前の遺骨が発見され、「南部起源説」を揺るがしてきたのだ。

     考古学者らは、人類の起源を探るため、アフリカの人々のミトコンドリアDNAを追跡してきた。細胞核の外でエネルギーを作るミトコンドリアにもDNAがある。ミトコンドリアは卵子を通してのみ伝えられるので、そのDNAを追跡すれば母系の血統が分かる。これをさかのぼっていけば最初の母親が出てくる、というアイデアだった。アフリカの人々に多く見られるLグループのDNAサンプル1019個を分析した従来の研究では、およそ17万5000年前に最初の母親がいて、地域は南アフリカと推定された。

     IBSが参加した今回の研究陣は、Lグループの血統の子孫198人のサンプルを、先行して研究されていた1019個のサンプルと合わせて精度を高めた。その結果、現生人類は従来考えられていたより2万5000年さかのぼる20万年前、カラハリ地方で出現したと特定できた。

     また研究陣は、気候情報を含む海洋堆積物などを分析し、現生人類の発祥地が、当初は人の居住に適した湿地だったものの、13万年前ごろに生存が容易でない乾燥地帯へと変わったことを探り出した。逆に、乾燥地帯だったカラハリの北東(現在のザンビア・タンザニア地方)では雨がよく降って緑地が形成されたことから、現生人類の一部がこの地域へ移動し、およそ2万年後に再び南西(ナミビア・南アフリカ地方)の気候が住みよいものに変わると、再びその一部が移住したという。研究陣は、気候が変わった時期とLグループの子孫の遺伝子が分岐している時期が一致していることも確認した。

    ユ・ジハン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/29/2019102980072.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/10/29 12:03

    引用元: ・【韓国・研究陣】人類の最も古い血統、発祥地と移住の原因、韓国研究者らが究明[10/29]

    【サッパリ意味不明【韓国・研究陣】人類の最も古い血統、発祥地と移住の原因、韓国研究者らが究明[10/29] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/05/26(木) 04:51:28.48 ID:CAP_USER
    「基礎研究の成果は20~30年後にあらわれる。そうするには研究者に対する信頼を基にオーダーメード型の評価をしなければならないが、韓国は13部署に370を超える研究管理規定が別々にある」〔ミン・ギョンチャン延世(ヨンセ)大学教授〕

    「良いアイデアは上(政府)から出てくるのでなく、その分野の研究者から出てくる。
    米国では時間を与えて論文のような深みのある研究提案書が出てくるのに、韓国では科学者が毎年研究費をもらうために提案書をまとめるのにしがみついている」(ヨ・ジュング韓国科学技術研究院ロボットメディア研究所長)。

    20日、梨花(イファ)女子大学国際教育館LGコンベンションホール。未来創造科学部の主催で開かれた「大韓民国の基礎研究発展の大討論会」では、韓国の基礎研究発展のために根本的な変化が必要だという研究者からの指摘があふれた。
    この日の行事は、未来部が科学技術50周年を迎えて基礎研究現場で活動する教授や研究者・大学院生の意見を取りまとめるために4月から地域を回って開いた討論会を決算する場として用意された。
    行事に参加した科学者200人余りは「国内の基礎研究の土壌を変えるために政府が研究者に多くの自律性を与え、目の前の成果よりも新しい発見ができるように時間を与えなければならない」と口をそろえた。

    韓国の基礎研究投資は毎年増加している。朴槿恵(パク・クネ)政権になってから研究開発(R&D)予算の40%を基礎研究に投資している。今年だけで5兆2000億ウォン(約4820億円)を投じる。
    基礎研究力も急成長して科学技術論文引用索引(SCI)に上がった学術誌に発表した論文数は世界12位、世界3大学術誌であるネイチャー、サイエンス、セルに発表した論文数では世界18位に上がった。

    だが成果の内面をのぞいてみれば、まだ行く道が遠いというのが科学界の指摘だ。論文の質を評価する時に見る5年間の論文1本あたりの平均被引用回数は4.55回で、上位50カ国の中で32位にとどまった。
    要するに論文発表は増えているが、これを参考にする他国の研究者が多くないという意味だ。世界で最も影響力のある研究者上位1%(3126人)のうちで韓国国籍は19人(0.6%)に過ぎない。

    ノーベル賞受賞や世界が注目するほどの核心技術を確保するには基礎科学に対する長期的な投資が必要だ。だが政府が支援する基礎研究費の中で研究者が自ら提案する自律型研究に対する投資はむしろ減りつつある。
    自律型研究費の割合は2011年の27.3%から2015年は21.7%に低くなった。研究費を配分する公務員の影響が大きくなるにつれ、昔よりも研究者が感じる安定感と自律性が下がったという評価だ。

    科学者の間では危機感が広がっている。
    韓国科学技術企画評価院(KISTEP)が1月13~22日、韓国研究財団で理工分野の基礎研究課題を支援されている研究者2543人を対象にアンケート調査した結果、研究実行の環境について満足しているという回答は28.2%で、10人中3人に過ぎなかった。
    研究発展のための研究費の獲得(43.8%)、持続的な研究費の確保(42.9%)、長期的な研究実行の困難(40.7%)など安定的な研究環境に関連したものが研究実行中で最も困難なものとして挙げられた。

    ソン・ビョンホKISTEP政策企画本部長は「10年を超える長期の基礎研究課題を増やして研究者に対する権限も拡大していく必要がある」と話した。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/098/216098.html

    引用元: ・【韓国】研究開発の投資増えたが…世界最高の研究者のうち韓国人は0.6%[5/26]©2ch.net

    【韓国在住の理系研究者のうち、研究環境に満足している割合は10人中たった3人】の続きを読む

    1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 08:56:38.96 ID:CAP_USER.net
    (朝鮮日報日本語版) 【コラム】重力波の検出、資金があれば韓国の研究者でもできた (朝鮮日報日本語版) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160220-00000538-chosun-kr


     100年前にアインシュタインが宇宙の運動について説明する一般相対性理論の中で予測した「重力波」について、その存在が初めて確認された。
    研究者たちは興奮を隠せず「今世紀最大の発見」として賞賛する声が相次いでいる。
    米国のワシントン州とルイジアナ州に巨大観測装置LIGO(ライゴ)の設置を提案し、設計に携わった国際研究チームには、
    もうすでに「ノーベル物理学賞の最有力候補」といった声がささやかれている。

     このニュースに接した韓国のある研究者は「他国での発見ではあるが、今回は巨額の税金が投入された研究結果をネイチャーやサイエンスでもない、
    一般の学術誌に1本の論文を掲載しただけだ」という内容の電子メールを記者に送ってきた。
    メールでこの研究者はあえて反問する形の表現を使い、何か他に言いたい内容があることをにじませた。
    要するに韓国では主要な学術誌に毎年数本の論文を掲載できなければ、たとえ重要な研究であっても国からの支援は行われないが、
    今回のように重力波という宇宙の秘密を解明するような研究成果が、毎年幾つも発表されることなど絶対にあり得ない。
    巨額の資金を要する巨大な研究施設が必要となればなおさらだ。そのため1年に複数の研究成果が求められる韓国では、今回のような結果を出すことは絶対に不可能だ。
    この研究者はこのことを言いたかったのだ。
     実際に今回の重力波関連の研究に参加した韓国の研究者たちも、昨年2月には独自に重力波を検出する観測機器の設置を韓国政府に提案したが、断られた。
    未来創造科学部(省に相当)基礎科学研究院はこの提案に対し「これ以上検討しない」という手紙を送ってきただけで、提案についての質問や修正の要求もなかったという。
    研究者たちはやむなく米国中心の重力波研究に参加した。彼らの仕事は観測ではなく、与えられたデータを処理することだった。しかしこれさえ韓国政府から研究費は与えられなかった。

     以前も同じようなケースはあった。
    ソウル大学の金修奉(キム・スボン)教授は2006年から116億ウォン(約11億円)の支援を受け、宇宙を構成する粒子の一つであるニュートリノを探す研究を行った。
    その後12年に三つのニュートリノ変換定数(振動比率。ニュートリノがほかのニュートリノに変わる比率)のうち、解明されていない最後の一つを解明する研究結果を発表した。
    中国の研究チームよりも1カ月ほど遅かったが、世界的な研究成果であることは間違いなかった。金教授はその後も研究を続けるため、韓国政府に追加の支援を求めたが拒否された。
    金教授が中国に後れを取った理由も、結局は物量攻勢に敗れたからだ。
    中国がこの研究を始めたのは韓国よりも遅かったが、600億ウォン(約55億円)相当に上る巨額の投資を集中的に行い、最終的には金教授よりも先に結果を出した。
    その後も中国は関連する研究に2000億ウォン(約184億円)の資金を投じることをすでに決定している。
     ここ数年、世界を驚かせるような研究成果は、どれも巨大な観測施設や研究施設があったからこそ可能なものばかりだ。
    宇宙に質量を与えるヒッグス粒子は、スイスのジュネーブにある欧州合同原子核研究所(CERN)の粒子加速器により発見され、
    2013年にはこのヒッグス粒子の存在を提唱したエディンバラ大のピーター・ヒッグス名誉教授とブリュッセル自由大のフランソワ・アングレール名誉教授がノーベル物理学賞を受賞した。
    昨年は日本の梶田隆章博士とカナダのアーサー・マクドナルド博士がノーベル物理学賞を受賞した。
    梶田博士は地下1000メートルの廃鉱に建設されたニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」で研究を行っていた。

     巨大科学は研究者だけが恩恵を受けるものでもない。1990年代に米国で重力波観測施設の建設計画が持ち上がった際、全米から19の地域が誘致に名乗りを上げたそうだ。
    この種の研究は完全な基礎科学だが、建設には世界でも最高レベルの技術力が必要なため、最先端の産業誘致と雇用の拡大効果が期待できるからだ。
    米国政府もこのことを十分に理解し、候補地の中で最も景気が後退していた二つの地域を選んだ。
    韓国のように「カネにならない」という理由で基礎科学への支援を行わなければ、結果として地域における景気浮揚のチャンスを奪っているかもしれないのだ。

    引用元: ・【朝鮮日報/コラム】重力波の検出、資金があれば韓国の研究者でもできた[2/21]

    【へい!韓国特製タラレバ一丁おまち! 【朝鮮日報/コラム】重力波の検出、資金があれば韓国の研究者でもできた[2/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ