まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:研究結果

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/24(火) 07:00:15.93 ID:CAP_USER
    双子の中でも1つの受精卵が分裂して生まれる一卵性双生児は基本的に同じ遺伝情報を持っており、性別や血液型が一致するだけでなく、身体能力や学力なども類似性が高いといわれています。そんな一卵性双生児でありながらわずか2歳の頃に生き別れ、「韓国」と「アメリカ」というまったく異なる国で別々の家族により育てられた双子について、環境や家族によってどれほどの違いが生じたのかを調べた研究結果が発表されました。

    人間のさまざまな特徴や個性は遺伝子による影響を強く受けています。たとえば、IQは80%が遺伝という研究結果が示されており、遺伝子が同じ双子は認知テストでほぼ同じスコアを獲得するとのこと。しかし、人間は遺伝子によってのみ形作られるものではなく、周囲の環境もその人に影響を及ぼしていることから、遺伝子と環境の両方が及ぼす影響について検討する必要があります。

    今回研究チームが着目したのは、1974年に韓国で生まれた一卵性双生児のペアです。2人はしばらく実の親によって一緒に育てられていましたが、2歳になった頃に双子のうち1人が市場で行方不明になり、実家から100マイル(約160km)離れた病院に運ばれてしまいました。実の親はいなくなった子どもを探しましたが出会うことはできず、孤児となった子どもは最終的にアメリカに住むカップルに養子として迎えられました。

    その後、2人はまったく異なる国と家族で育てられて大人に成長しましたが、韓国で行われていた「行方不明の子どもを追跡するプログラム」にアメリカの双子がDNAを提供したところ、韓国に生き別れの双子がいることが判明。2人は生き別れてから40年以上が経過した2020年に再会を果たしたとのこと。その後、研究チームはこの双子に接触し、一連の認知テストやインタビューなどの実施を依頼しました。

    カリフォルニア州立大学の心理学教授であるNancy L. Segal氏は、「私は長年にわたり別々に育った一卵性双生児を研究してきました。一卵性双生児は人間の形質に対する遺伝的影響と環境的影響を分離するための、シンプルかつエレガントな実験方法です。今回のケースは双子が異なる国で育てられたという点がユニークでした」と述べています。

    ※続きは元ソースでご覧ください

    livedoorニュース/GIGAZINE 2022年5月22日 18時0分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/22205284/

    引用元: ・【韓国】一卵性双生児、「韓国」と「米国」の異なる国で育ったら…研究結果 [Ikh★]

    【お察し 【韓国】一卵性双生児、「韓国」と「米国」の異なる国で育ったら…研究結果 [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/10(日) 14:32:22.79 ID:CAP_USER
    中国の出産率が現在の状態で維持される場合、45年後に人口が半分に減るという研究結果を香港紙が報じた。にわかには信じられない衝撃的な数値だが、「少子高齢化」の傾向は韓国でも顕著。主要紙は「韓国の高齢化率(総人口に占める65歳以上人口の割合)が2045年に日本を抜く」と伝えた。

    韓国・ハンギョレ新聞は香港紙「サウスチャイナ・モーニングポスト」の記事を引用。「中国・西安交通大学の研究チームは現在の出産率が持続する場合、45年後には中国の人口が現在の半分である7億人水準まで減るという研究結果を出した」と紹介した。

    研究チームは、昨年の中国女性の合計特殊出生率1.3人を計算の根拠とした。合計特殊出生率は1人の女性が可妊期間(15~49歳)に産むと期待される平均出生数を意味する。通常2.1人の場合に人口の維持が可能になる。

    研究チームは「既存の研究では中国の人口減少リスクが過小評価されている」と指摘。例えば国連は19年に中国の人口が65年には13億人水準になるだろうと予想した。中国女性の合計特殊出生率を1.7人と仮定した結果だ。

    これに対し、研究チームは、さらに暗い展望も示した。今後合計特殊出生率が1.0人まで減ることも考えられ、その場合には中国の人口が半分に減る時期は「45年後」ではなく「29年後」に前倒しされる可能性があるという。

    研究チームは「中国の急激な老齢化と不動産価格の上昇などが中国の人口減少をあおっている」と言及。「人々は経済的理由から子どもを産もうとせず、保育施設などはきわめて不足している」などと指摘した。

    一方、朝鮮日報によると、少子高齢社会委員会のソ・ヒョンス副委員長は韓国統計庁が19年に発行した「将来人口特別推計」や日本の内閣府による「高齢社会白書」などに基づき、両国の高齢化関連の予測値を比較分析。韓国における昨年の高齢化率は15.7%で、日本(28.9%)よりも13ポイント低かった。

    しかし、韓国の高齢化率は急速に上昇しており、45年には37.0%となって日本(36.7%)を上回り、その後は日本との差が広がる。さらに「韓国の高齢化は日本の2倍のペースで進む」との予測もある。日本では高齢化率が15.7%(1997年)から33.9%(2036年)となるまで39年かかるが、韓国ではわずか20年(2020~40年)しかかからないからだ。

    韓国の合計特殊出生率は0.84で、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最も低い。日本は1.36だ。ソ・ヒョンス副委員長は「1960~70年代はOECD加盟国との比較で韓国の出生率は圧倒的に高かったが、それがわずか60年で出生率が最も低い国になった」と述べ、「その影響は今後40年で津波のように押し寄せてくるだろう」と警告した。(編集/日向)

    https://www.recordchina.co.jp/b883297-s25-c30-d0059.html

    引用元: ・「中国の人口、45年後には半減」の衝撃的な研究結果、韓国は日本より老いた国に[10/10] [首都圏の虎★]

    【ほんと現実が見えないって楽だよな - 「中国の人口、45年後には半減」の衝撃的な研究結果、韓国は日本より老いた国に[10/10] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    hanzai


    1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/07/03(金) 23:01:03.08 ID:???
    ★韓国人元教授に懲役刑、米大学でエイズワクチンの研究結果を操作=「ここ20年で最悪のねつ造事件」―中国メディア
    配信日時:2015年7月3日(金) 19時42分

    2015年7月3日、中国新聞網によると、AP通信は1日(現地時間)、
    米国の連邦裁判所がアイオワ州立大学生物医学科の元教授ハン・ドンピョ
    被告に対し、懲役4年6カ月、受け取った750万ドル(約9億2000万円)の
    返還命令を下したと伝えた。

    報道によると、ハン被告は同大学で自らのエイズ研究の研究結果を操作するため、
    故意にウサギの血液に人間の血液を混入した。この研究結果によって、
    米国国立衛生研究所(NIH)からおよそ1900万ドル(約23億円)の研究費を
    受け取っていた。NIHの関係者は「この20年で最もひどい研究結果の
    ねつ造事件である」と指摘した。

    ハン被告は、それ以前にも別の研究でNIHから研究費を受け取っていたが、
    2013年1月にウサギの血に人間の抗体が混じっていることが発覚。
    NIHが調査に乗り出し、ハン被告は最終的に研究結果の操作を認めた。
    ハン被告は同年に大学を去り、3年間の研究資格停止処分を受けた。
    しかし、同州のチャールズ上院議員から処分が軽いのではないかという
    指摘があり、その後、米連邦検察が起訴した。(翻訳・編集/北田)

    http://www.recordchina.co.jp/a113163.html

    引用元: ・【米国】韓国人元教授に懲役刑、米大学でエイズワクチンの研究結果を操作=「ここ20年で最悪のねつ造事件」 [07/03]

    【またコリアンの捏造か【米国】韓国人元教授ハン・ドンピョ 被告に懲役刑、米大学でエイズワクチンの研究結果を操作=「ここ20年で最悪のねつ造事件」 [07/03]】の続きを読む

    このページのトップヘ