まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:監督

    1: 【B:109 W:56 H:88 (G cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/04(水) 11:39:05.72 ID:CAP_USER
    『人狼(インラン)』がSFアニメ界の巨匠、オシイ・マモル(押井守)監督の原作をどのように新たに描き出すのか好奇心を高めている。

    映画『人狼(インラン)』は、南北韓(南北朝鮮)が統一準備5か年計画を宣言した後、反統一テロ団体が登場する混沌の2029年、警察組織の『特機隊(トゥクギテ)』と情報機関である『公安部(コンアンブ)』を中心にした絶対権力機関の息詰まる対決の中、ヌクテ(オオカミ)と呼ばれる人間兵器『人狼(インラン)』の活躍を描いた作品。

    (写真)
    no title

    no title


    『空殻機動隊』の巨匠、オシイ・マモル監督原作の1999年版アニメーション『人狼(インラン)』は、全世界のマニアの熱狂の中でSFアニメーションの古典として残った。彼自身が実写化を念頭に置いてオキウラ・ヒロユキ(沖浦啓之)監督演出のアニメーションを製作したが、遂に映画化する事はできなかった『人狼(インラン)』。今でも広く語られるSFアニメーションの伝説『人狼(インラン)』は、『パンチクワン(反則王)』や『ノムノムノム(グッド・バッド・ウィアード)』のファンだった事を明らかにしたオシイ・マモル監督の支持と同意で、無限の信頼の中でキム・ジウン監督に会って映画化する事になった。

    常に新しいジャンルとスタイル、個性溢れるキャラクター、面白さで観客の心を捕らえたキム・ジウン監督は、「“人狼(インラン)”は近付けない深い世界観と独自のムードを持ったアニメーションだった。私を揺さぶる決定的な場面があり、それが戦慄を与えた」とし、『人狼(インラン)』の実写化を決定したきっかけを伝えた。

    人間とヌクテ(オオカミ)が共存するタイトル『人狼(インラン)』から見当がつくように、第二次世界大戦敗戦後の暗鬱とした仮想の過去を扱ったアニメーションという奥深いテーマを盛り込んだ原作アニメーションとは違い、映画は2029年、近未来の南北韓(南北朝鮮)が統一準備5か年計画を宣言した後、予想もできない混沌に陥った朝鮮半島を背景にする。

    『人狼(インラン)』の映画化はキム・ジウン監督自らも、「無謀そのものだった。そのような無謀が新たな挑戦に対する魅力になり、その魅力をエネルギーに“人狼(インラン)”の映画化という長い旅程を導いて行った」と明らかにするほど容易ではない作業だった。ティーザーポスター公開当時に話題になった特機隊員の強化服のデザインから、セクトのアジトであり映画の主要背景である地下水にまで。想像力が指先で表現できるアニメーションとは違い、全てが実写の世界で構築されなければならない『人狼(インラン)』は、黙示録的SFだった原作の象徴的イメージを維持したままキム・ジウン監督特有のミジャンセンとスタイル、演出力で再創造された。SFジャンルの魅力だけでなく、権力機関間の息詰まる対決の中で開かれる強化服、カーチェイス、銃器、素手でのアクションまで、観客の脳裏に長く記憶される強烈なアクションも披露する予定である。
    (少し略)

    韓国の観客だけでなく、日本と海外の原作アニメーションファンにも熱い反応を得ている『人狼(インラン)』は、来る7月25日から公開される。

    ソース:ニュースエン(韓国語)
    http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201807030814081910

    引用元: ・【韓流】映画『人狼(インラン)』=キム・ジウン監督、「日本アニメの映画化は無謀そのものだった」[07/04]

    【【韓流】映画『人狼(インラン)』=キム・ジウン監督、「日本アニメの映画化は無謀そのものだった」[07/04] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/06/16(金) 03:08:32.15 ID:CAP_USER
    日帝強制徴用の歴史描いた韓国映画『軍艦島』、絶対にヒットしないといけない理由とは
    2017年06月15日15時37分[? ISPLUS/中央日報日本語版]

    左から俳優のファン・ジョンミン、女優のイ・ジョンヒョン、子役女優のキム・スアン、俳優のソ・ジソブ、ソン・ジュンギ。

    すでに1000万だ。韓国の映画史上、記録に残るほどの作品の誕生だ。そして絶対にヒットして、世界に広くもっと多くの人々に見てもらわなければならない作品だ。『軍艦島』という映画の存在そのものが、すなわち興行の理由だ。

    15日、ソウル龍山区(ヨンサング)国立中央博物館では映画『軍艦島』(リュ・スンワン監督)の制作報告会が開かれた。この日のイベントにはリュ・スンワン監督と主演俳優のファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンが参加して意義深い映画を初めて紹介する感想とともに撮影の裏話を伝えた。

    『軍艦島』は、日帝強占期時代、軍艦島に強制徴用された朝鮮人たちが命がけで島からの脱出を図ろうとする過程を描いた映画だ。リュ・スンワン監督は数多くの朝鮮人が強制徴用された軍艦島の知られざる歴史をモチーフに、映画的想像力を加味してこの作品を誕生させた。

    リュ・スンワン監督は「私が初めて軍艦島を見たのは映画『ベテラン』の前なので2015年以前になる」と話した。軍艦島の航空写真を初めて見た時、『これは何だ? これが本当に人が住んでいた島なのか』と思った。奇怪なイメージに圧倒された」と話した。

    このことがきっかけでリュ監督は自身の映画人生で最も大きな挑戦をすることになった。『軍艦島』の現場踏査を直接出向いたというリュ監督は自身が感じた感情をそのまま俳優に、そして観客に伝えたかったという。

    リュ監督は、実際の軍艦島を縮小した撮影セットをそのまま作り、俳優に偽の演技をさせないように努力したとも言った。

    リュ監督は「いま現在の韓国映画で作りえる極限ラインに挑戦した。皆さんに誇れるほどの、それなりの結果は出したと自負している」とし「バックグラウンドの一番前面にいる人物一人ひとりが演技をしている姿を見ることができるだろう」と自信をのぞかせた。

    リュ監督が頼りにしていたのは俳優陣だ。ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョン、キム・スアンはもちろん、数多くの端役に至るまで、彼らは合計115回にわたる気が遠くなるような撮影日程をこなしながら、軍艦島に実際に徴用された人物に完全になりきって人生最高の演技をこの作品にぶつけた。

    今回の映画で、ファン・ジョンミンは、日本で金をもうけさせてやるという言葉に騙されて、バンドの団員や娘のソヒを率いて軍艦島に入った楽団長イ・ガンオクを演じた。ファン・ジョンミンは「ガンオクはずる賢い人物だ。両極を行ったり来たりするのはおもしろかったが演じこなすのは並大抵の仕事ではなかった」と話した。

    ソ・ジソブは京城一腕っ節の強いチェ・チルソンに扮し、軍艦島で大小の事件を起こしながらも実直で熱い心を持つキャラクターを見事に演じ切った。リュ監督への信頼一つで、シナリオを見る前にもう出演を決めていたという。

    http://japanese.joins.com/article/215/230215.html?servcode=700&sectcode=730&cloc=jp|main|top_news

    2: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/06/16(金) 03:08:52.48 ID:CAP_USER
    >>1
    ソン・ジュンギは光復軍パク・ムヨン役を演じ、昨年の代表作『太陽の末裔』に引き続き、また軍服に身を包むことになった。「軍除隊後には映画に復帰したいという気持ちが大きかった」というソン・ジュンギは「最高のスタッフを経験できたすべての瞬間が貴重だった」と振り返った。

    慰安婦被害者として、ありとあらゆる受難を体験しながらも堂々とした姿勢を失わない強靭な女性マルニョンを演じたイ・ジョンヒョンは、今回の作品のために極限の減量に臨んだ。イ・ジョンヒョンは「体重を減らすことは難しくなかった。『軍艦島』と一体になり、作品に溶け込みたい、ただその一心だった」と映画への気持ちを熱く語った。

    イ・ガンオクの命よりも大切な娘で、楽団で踊りと歌を担当するソヒ役を演じ、映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』に続き、子役らしからぬ優れた演技をここでもう一度披露したキム・スアンは「『無限に挑戦』を通じて軍艦島を初めて知った」として「(ファン・ジョンミン)パパをお手本にした」と謙遜した。

    『軍艦島』の撮影現場はさながら戦場だったが、怒りと感動が混沌とする不思議な空間だった。「ある瞬間から撮影現場がわが家のように感じられるようになった」と語ったファン・ジョンミンは、「他の関係者の方々や監督、スタッフがくれば私が直接紹介することもあった」と話し、笑いを誘った。ソ・ジソブは自他共に認める現場の安全担当だったという。

    この日のイベントには日本から朝日新聞の記者も参加して目を引いた。記者はリュ監督に「実際の事実とどれくらい近いのか。また映画公開後は韓日関係に影響があると思うが、それについてどう思っているか」と質問した。

    これに対し、リュ監督は「国民総動員令が下されて自身の意思に反して徴集されたこと、望まないやり方で働かされ、それに相応する賃金・待遇を受けることができなかったというのは事実」としつつ「だが、メイン人物の理由と物語は、その時期を取材することによってありそうなことだと考えて作った話だ」と説明した。

    続いて「私も韓日関係がうまくいってほしいと心から願っている人間の一人だ。だが、追求するべきことは追求し、解決するべきことは解決しなくてはならないと考える。理知にかない、道理にかない、場合が正しくてこそ、関係を結んでいけるのではないか。甲乙関係でもなく」と表明した。

    またリュ監督は「実際、このような問題はすべて外的な部分だと思う。この映画が公開されようがされまいが、引き続き議論されるべきだ。そして映画が公開されれば、いまの懸念は十分に払拭されるだろうと思う。特殊な感情の商品化や愛国第一主義ようなものに依存した映画ではない。自信を持ってそのように申し上げることができる」と強調した。

    最高の素材、最高の俳優、最高のスタッフなど、韓国映画界のプロが意気投合した『軍艦島』が夏の市場1等映画になることができるのか、映画界内外の耳目が集中している。『軍艦島』は7月末公開。

    引用元: ・【韓国】映画『軍艦島』監督「メインの物語はありそうなことだと考えて作った話だ」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本人を侮辱するための作り話、と】映画『軍艦島』監督「事実だが考えて作った話」】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/02/25(土) 19:11:01.70 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=163164&ph=0

    2017年2月24日、韓国・東亜日報によると、韓国で来月公開される日本軍慰安婦を題材にしたドキュメンタリー映画「The Apology」の監督が、「日本政府が人類に対して行った残忍な犯罪を認めていないことは悲劇だ」と訴えた。

    中国、韓国、フィリピンの元慰安婦を6年間にわたって撮影し、映画「The Apology」を完成させた中国系カナダ人のティファニー・ション監督は23日、東亜日報とのインタビューで「長い時間が過ぎたにもかかわらず、日本政府が人類に対して行った残忍な犯罪を認めてすらいないことは、信じられないほど悲劇的なこと」と述べ、「慰安婦問題は過ぎ去った歴史ではなく、現在進行中の事件だ」と強調した。映画には日本を訪れて謝罪を要求する元慰安婦に対し、「韓国の売春婦は恥を知れ」「日本から出ていけ」などと声を上げる日本の右翼団体の様子も映っているという。

    また、映画の中で最も積極的に被害状況を訴えているのは韓国人元慰安婦のキル・ウォンオクさん。キルさんは万全でない体を引きずってデモに参加したり、日本政府に謝罪を要求する1500万人の署名を届けるためスイスの国連人権委員会を訪れた。ション監督はキルさんについて、「トラのように勇猛な人。小さな体で奮闘する姿に感動し、尊敬の念を抱いた。また、自身の体験を打ち明けた後に、『ご飯でも食べなさい』と言って私のポケットにお金を入れてくれたこともあった。間違った歴史のために彼女たちは慰安婦と呼ばれるが、私たちにとっては心温かいおばあさんだった」と述べた。撮影に6年という長い時間がかかったことに関しては、「初めは2年ほどを予定していたが、おばあさんの家族や周りの人たちを知る作業だけで2年かかった」と明らかにした。中国人元慰安婦のチャオさんは今回の撮影を通して少しずつ心を開き、初めて娘に過去を打ち明けたという。

    ション監督は最後に、映画の公開を控えた韓国の国民に向け、「おばあさんらは毎日少しずつ小さくなっている。慰安婦に関するニュースは韓国でもあまり扱われていないと聞いたが、この映画を通じて韓国人被害者はもちろん、他の国の生存者や家族の人生のことまでもう一度考えてほしい。変化を作り出すのは結局、私たちだから」と訴えた。

    この報道には、韓国のネットユーザーから「韓国の売国外交部が公開を認めるだろうか?」「歴史を知らない韓国の大統領と与党は必ず見るべき」「過去を否定し、隠そうとする日本に未来はない」「プライドの高い日本政府は絶対に謝罪しない」など、日韓政府に対する批判の声が多く寄せられた。その他、「大きな成功を収めてほしい」「若い監督がこのような良い映画を作ろうと考えたこと自体が素晴らしい。必ず家族と一緒に見にいく」など映画に期待する声や、「慰安婦問題に関心が薄い韓国国民は反省するべき」「韓国も朝鮮戦争やベトナム戦争中の残忍な虐殺について謝罪をする時だ」などの意見も寄せられた。

    引用元: ・【国際】慰安婦を映画にしたカナダ人監督「日本が犯罪を認めないことは悲劇」[02/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【特亜合作】慰安婦を映画にした中国系カナダ人監督「慰安婦問題は過ぎ去った歴史ではなく、現在進行中の事件だ」】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@無断転載は禁止 2016/08/31(水) 21:18:52.34 ID:CAP_USER
    (画像)
    no title


     9月7日に封切りを控えている韓国アニメ映画『月光宮殿』が盗作ではないかとの疑いを持たれている中、
    同作品のキム・ヒョンジュ監督が自らコメントした。『月光宮殿』は予告編が公開されているが、一人の少女が
    不思議な世界をさまよう内容について、日本を代表するアニメ映画『千と千尋の神隠し』に酷似しているという
    声が多数上がっている。

     キム・ヒョンジュ監督は「最初は気にしなかったが、映画本編の封切り前に、予告編をキャプチャーしたいくつかの
    シーンだけで騒動になっているということに驚いた。映画を見れば、盗作なんて話は最初から出ないだろう。
    日本のアニメとの根拠のない比較をするよりも、独創性と潜在力を持つ韓国アニメの現在地について白熱した
    議論が展開されることを望む」と自信を示した。

     『月光宮殿』は朝鮮時代の科学者・蒋英実(チャン・ヨンシル)が発明した水時計「自激漏」をモチーフにしている。
    キム・ヒョンジュ監督はこれについて、「『月光宮殿』という月の光の世界のシステムが何なのか構想を練る際、
    巨大な水時計『自激漏』というアイテムに着目した。景福宮の国立故宮博物館の地下に行けば自激漏の
    復元模型がある。その模型を見てとりこになり、規模もとても大きく、昔、実際に自動的に動く巨大なシステムを
    設計したということそのものが魅力的だと思った」と、自激漏を作品で取り上げた理由を語った。

    パク・ミエ記者

    朝鮮日報日本語版 2016/08/31 12:42
    http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/31/2016083101492.html

    関連スレ
    【アニメ】 韓国アニメ「月光の宮殿」、日本の有名アニメの「盗作疑惑」に日本の反応は…[08/25] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1472125054/

    引用元: ・【月光の宮殿】『千と千尋の神隠し』パクリ疑惑に、キム・ヒョンジュ監督「騒動になっているということに驚いた」「作品見て」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【月光の宮殿】『千と千尋の神隠し』パクリ疑惑に、キム・ヒョンジュ監督「日本のアニメとの根拠のない比較をするな」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 10:40:32.86 ID:CAP_USER.net
    no title


    2月4日ソウル東大門(トンデムン)メガボックスで開かれた映画'鬼郷'(監督チョ・ジョンネ/製作JO
    エンターテインメント)マスコミ試写会で、ある日本人記者はチョ・ジョンネ監督に「この映画は政治的
    な映画でないとおっしゃっている。慰安婦問題を女性人権問題とするのにその虐殺の規模はどの
    程度だったのか、そしてどこまで一般的なケース(真実)と考えてこのストーリーお作りになったのか
    知りたい」という質問を投げた。

    意図せずとも素材自体が鋭敏で敏感でなければならない映画だけに加害者の立場の日本側記者が
    参加して直接質問までしたことについて国内取材陣の関心がやはり集まった。そしてその質問の
    慰安婦事件と関連し公式に証拠として認められた真実はないのではないかと推測されて現場
    はざわついた。

    真心に充ちた気になる質問かもしれないが、一瞬、視線が傾くのは仕方なかった。チョ・ジョンネ監
    督は「私はこの映画を'乗せられる女の子たち'というカン・イルチュルハルモニの実話の話を土台に
    作った。私が初めて'ナヌムの家'の奉仕活動に行った時は慰安婦自体知らない無知な青年だった。
    そしてそこで知ることになった驚くべき事実は到底言葉では言い表せない」と暗示した。

    引き続き「公式に行った人の数字は分からない。だが生きて返ってきた朝鮮女性たちの数字は公
    式に238人だ。もちろん虐殺記録もある。映画にも出てくる。必要なければ山に引っ張っていって殺
    してしまうと。証言者らが残した証言の記録を見れば全部、死の記録だ。だが、この記録は生きた
    人間の記録というものだ。死んだ人の記録は死亡者だけが知る。証拠をなくすために穴を掘ってお
    いて虐殺した跡も発見されている。一つ一つさらに明らかになっている状況だ」と説明した。

    また「中国側でも資料が出てきている。朝鮮人慰安婦被害跡はそっくり残っている。それにもかか
    わらず、私がこの映画を作りながら最も腹が立った部分は度々証拠がないと言うことだ。証拠?ある。
    とても多い。あまりにもそのような言葉をよく言うので'直接経験したハルモニの証言も証拠にならな
    いが、それなら私がこの映画を作って文化的証拠を作る'と話した。非常に腹が立つ」と断言して
    共感をかもし出した。

    '鬼郷'は日本軍慰安婦被害者カン・イルチュルハルモニの実話を背景に作られた作品で、1943年、
    わけも分からないまま日本軍の手に引きずられて家族を離れた十四才のチョン・ミン(カン・ハナ)と
    少女たちの胸の痛みの経過を描いた。2月24日封切られる。

    ソース:東亜日報(韓国語) 「どこまで真実なのか」慰安婦扱った‘鬼郷’試写会日記者質問
    http://news.donga.com/List/EnterMovie/3/0902/20160204/76321945/1

    前スレ:http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1454594719/
    1 の立った時間:2016/02/04(木) 23:05:19.58

    引用元: ・【慰安婦問題】 「どこまで真実なのか」映画「鬼郷」試写会で日本の記者が質問~チョ監督「この映画が文化的証拠」★2[02/04]

    【これがヘイトでなくてなんなの?www【慰安婦問題】 「どこまで真実なのか」映画「鬼郷」試写会で日本の記者が質問~チョ監督「この映画が文化的証拠」★2[02/04]】の続きを読む

    このページのトップヘ