まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:百済

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/31(木) 18:12:04.70 ID:CAP_USER
    14才で日本軍性奴隷に引きずられて行ってあらゆる虐待にあったキム・ボクトン、ハルモニが去る28日亡くなられた。映画「アイ・キャン・スピーク(I can speek)」の実際の主人公だったハルモニは日本の残虐ぶりを知らせるために最後の生を燃やされた。彼女が死に至って臨終の時に言ったお言葉も「怒り」ということだった。日本が韓国民族だけでなくアジアの弱小国家にした経済的収奪と人権搾取そして植民地支配に対する謝罪がなかったためだ。本当に怒るべきことだ。

    なぜ日本はこのように私たちに対し敵対的なのだろうか?日本の私たち民族に対する植民支配は世界史に探せない特別なものであった。19世紀から始まった帝国主義列強がアジアやアフリカ一帯に進出して植民地にした時、日本の朝鮮支配のようなケースは一切なかった。

    通常、植民支配は該当国家の外交権と軍隊統帥権者を奪い、行政権はそのまま置く場合が大部分だった。植民支配の目的自体が経済的収奪のためであり、あえて行政権まで奪う理由はなかった。植民支配の理論的根拠はマキャベリの「君主論」であるが、君主論にも植民地国家の行政権を奪うなとした。

    日本もやはり台湾を植民支配しながら外交権と軍事権を奪い、行政権は台湾人に許容した。そのため台湾には日本の総督府が存在しなかった。ところが韓半島の植民支配は徹底して全てのものを奪った。1905年外交権を奪い、1907年、軍隊を解散させて、ついに1910年に行政権まで奪って朝鮮総督府を置いた。軍隊、司法、行政全てを掌握した日本は韓半島の経済的収奪だけでなく最初から私たち民族を地球上からなくそうとする政策を推進した。

    朝鮮人に朝鮮の言葉を使わないようにして、日本と朝鮮が一つという内鮮一体思想を注入した。この政策は教育全般で推進され、実際、相当数の幼い学生たちに注入され自分が朝鮮人なのか日本人なのか識別できない場合もあった。それなら日本人たちはなぜこのように私たちに対してだけ他の定規を持って苛酷に植民支配をして、今でも自分たちがした事に謝らないだろうか?

    筆者は長い間この問題について深く悩んできた。そうするうちに一つの糸口を見つけた。それはまさに今回、引退する明仁日王の発言だった。明仁日王は2001年12月、誕生日の記者会見で「私個人としては桓武天皇(日王)の生母が百済武寧(ムリョン)王の子孫だと『続日本記』に書かれており、韓国との縁を感じる」と話した。続日本記には793年当時、桓武日王が出した歴史書で桓武日王の母が百済武寧王の直系子孫であると書かれている。簡単に言えば日本王室が百済武寧王の子孫というものだ。

    明仁の告白で日本国民は衝撃を受けた。自分たちが慕う国王が百済の後えいという事実を受け入れなかった。しかし、これは明白な事実だ。実際に日本王室は百済王室と深い関係がある。百済の始祖王温祚の母の召西奴(ソソノ)が日本に渡って建てた国がまさに「倭国」だ。私たちは長い間、日本人たちをののしる時、「倭奴(ウェノム)」といって侮辱し、「倭(ウェ)」という言葉が非常に悪い意味と認識されているが、実際、「倭」の意味は「優しい」、「敬う」という意味だ。換言すれば百済を敬う国という意味だ。

    日本という国名が出てきたのは660年、羅唐聨合軍によって百済が滅亡して独自の国家体制を整えるため、「日が昇る根本の国」という意味の日本と付けた。だから日本は永く百済王室の分国であったのだ。このような歴史性を持っているので日本はこのような韓日関係を完全に消すために韓半島に対する世界史に類例がない植民地政策を行ったのだ。そして今も一切の謝罪と反省をしないでいる。真に嘆かざるをえない。

    最近、日本の哨戒機が韓半島にいつも出没して緊張関係を作り、安倍総理はずっと極右的発言をして第二次世界大戦の戦犯国だった過去の日本に戻ろうとしている。国連指導の下に作られた日本の平和憲法はもはや紙切れ同然だ。このような日本とどの国が同盟国になろうとするだろうか?もはや日本は真に我が国と平和の連帯を望むなら、自らの誤りを一つ一つ公開し、キム・ボクトンハルモニの霊前に頭を下げて謝罪しなければならない。

    キム・ジュンヒョク韓神(ハンシン)大学チョンジョ教養大学教授
    no title


    ソース:中部日報(韓国語) [キム・ジュンヒョクの歴史と今日]明仁日王の告白と韓日関係
    http://www.joongboo.com/news/articleView.html?idxno=1323881

    引用元: ・【韓国】 明仁日王の告白と韓日関係~日本は百済王室の分国であった過去を消すために植民地政策を行った/韓神大教授[01/30]

    【おめーの国がボンクラだったからだよ 【韓国】 明仁日王の告白と韓日関係~日本は百済王室の分国であった過去を消すために植民地政策を行った/韓神大教授[01/30] 】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=11,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/10/01(日)14:23:30 ID:???
    ■ソース元記事名/李首相「政府、百済の王都、遺跡復元に精誠尽くす」
    百済文化祭の開幕式…「公州は屋根なし博物館」


    (ソウル=連合ニュース)ソンヒェミ記者=李洛淵(イ・ナギョン)首相は29日、「百済文化を発掘、継承、伝授して世界に知らせることは
    扶余郡民、公州市市民だけでなく、国家の宿題」とし、「韓国政府は百済王都遺跡復元に力を尽くす」と話した。

    李首相は同日夕方、公州錦江新館の公園で開かれた第63回百済文化祭の開会式で祝辞をした中、このように明らかにした。

    李首相は「公州は文字通り、屋根のない博物館」とし、「ここ新館公園近くの錦江は地域の悠長な歴史と豊かな文化を抱いて
    長年の歳月を無言のまま流れている。 対岸の公山城は、ユネスコがその独創性と保存価値を認めた世界文化遺産である。
    錦江も公山城もすべて百済の息吹をそのままとどめている」と話した。

    彼は「百家濟海から由来した国家名のように、目を広く開けた百済人は優雅で繊細な文化を海の向こうに伝えた。
    日本が誇る飛鳥文化も百済の影響で誕生したことを私達も知っていて、日本も知っている」と説明した。

    李首相は「今日、私達が誇っている韓流の元祖はまさに百済だった」と強調した。

    李首相は「皆さんの慧眼と情熱で百済文化は今、ルネサンスを迎えることになると直感する」とし、
    「百済文化が韓流の始原だったように、今こそ百済文化が新たに世界の注目を受けて、百済文化祭も同様に、
    世界的文化祭りとして跳躍して行くのだろうと予感する」と明らかにした。

    さらに、「(韓国政府は)遺跡に込められた百済の高邁な精神まで蘇らせるという覚悟で最善をつくすだろう。
    なぜなら、百済文化は人類が共有すべき世界的資産として遜色がないため」と力強く話した。

    (以下略)

    聨合ニュース(韓国語)/2017-09-29 20:14
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=001&aid=0009583642

    引用元: ・【聨合ニュース】 百済の影響で誕生した「日本が誇る飛鳥文化」を世界に知らしめるのは「韓国の宿題」、百済人は優雅で繊細な文化を日本に伝えた。[H29/10/1]

    【【頭がおかしい】韓国首相「韓流の元祖は百済。日本の飛鳥文化も百済の影響で誕生した」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/04/02(日) 00:24:21.83 ID:CAP_USER
    no title

    ▲韓国古代史散歩/韓国歴史研究会著/464ページ・2万2000ウォン・歴史批評社
    no title

    ▲中国吉林省集安市にある高句麗「好太王碑」.
    no title

    ▲韓日歴史学界で論議になっている好太王碑の辛卯年の記事(太字部分)。東亜日報DB

    今まで見た古代史本の中で最も大胆でスッキリしている。文献記録が絶対的に不足する古代史は解釈の余地が大きいだけ論議も多い。文献の空席を考古学遺物の解釈で埋めなければならない時も多い。唯一古代史分野で在野史学と教壇史学の葛藤がふくらむ理由だ。

    帝国主義侵奪経験がある韓国で民族主義を前面に出した在野史学の攻勢は学者にとって少なからぬ負担として作用する。最近、会ったある古代史研究者は「論文を書く時、わけもなく植民史学フレームにひっかかって誤解を生じるか心配する時がある」と打ち明けた。

    しかし、この本の著者らは民族主義を悪用した歴史歪曲に対し果敢に批判すると同時に学界自ら反省しなければならない点も率直に認めている。特に韓国史で自主性論議と関連して広く知られる「淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)」に対する立体的解釈は注目するに値する。
    (中略:淵蓋蘇文の説明)

    大陸に号令した高句麗人の気象が込められたという高句麗好太王碑の解釈も目を引く。日本の学者らは石碑に「倭以辛卯年来渡海破百残○○新羅以為臣民」と彫られたいわゆる辛卯年記事について「倭が百済と新羅を征服して臣民とした」と主張し論議を起こした。これについて著者は辛卯年記事は広開土王の時に形成された高句麗中心の天下観により作られた虚構と見た。

    石碑に書かれた具体的な征服活動は歴史的事実に土台を置いているが、征服の名分と意味を生かすために一部記事で倭の勢力を誇張したという事だ。実際、この時期、倭が韓半島南部を占領した事実を後押しするほどのいかなる記録や考古学的証拠も発見されたことがない。執権者を輝かせるための歴史歪曲は昔も今も同じということだ。

    百済の遼西進出も俎上に上げた。百済全盛期の近肖古王の代に中国遼西地方はもちろん山東地方や日本の九州まで進出したという学説は教科書にも紹介された。しかし、著者は遼西進出は文献記録と情況に照らして事実である可能性が高いが、山東や九州進出は根拠が全くない歴史歪曲だと批判する。これと関連して「歪曲された事実が教科書に永く載ったことは、虚構を正さなければならない学者の責任」だと書いた。

    沸流(ピリュ、温祚(オンジョ)の兄)がたてたいわゆる「沸流百済」が日本皇室のルーツという学説はかえって植民史学の罠にはまりかねない自ら失敗を招く手法という指摘も提起された。著者は「日本と朝鮮は同じ先祖から出た兄弟という日帝強制占領期間の『日鮮同組論』と同じ脈絡になる可能性がある」と明らかにした。

    キム・サンウン記者

    ソース:東亜日報(韓国語) 「日の百済-新羅征服説は虚構」…光鍬入れ王陵費めぐる韓日論争など民族主義越えた古代史
    http://news.donga.com/East/MainNews/3/all/20170401/83634430/1

    引用元: ・【書籍】 「日本の百済-新羅征服説は虚構」…高句麗好太王碑めぐる韓日論争など民族主義越えた古代史解釈『韓国古代史散歩』[04/01] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【歴史資料を否定かw】 韓国歴史研究会「日本の百済-新羅征服説は虚構」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/02(水) 09:30:01.14 ID:CAP_USER
    ソウルで一定規模以上の開発事業を推進する時は、必ず、現場に遺跡が存在するかどうかを確認しなければならない。
    ソウル市は1日、このような内容の「歴史都市ソウル」基本計画を発表した。

    基本計画によると、都市開発事業に先立って、遺跡を予め確認する指標調査公営性がソウル全域へと拡大される。

    現在は、漢陽(ハンヤン)都城外の約4キロ以内でだけ実施している。
    風納(プンナブ)土城や夢村(モンチョン)土城などの漢城(ハンソン)百済の遺跡は、発掘過程を現場博物館に作って、市民に公開している。

    朝鮮最高の官府である議政府(ウィジョンブ)の跡地や大韓帝国皇室の迎賓館である「大観亭」も発掘して整備する。

    地下遺跡地の発掘時の処理方法や手続きなどを盛り込んだ再生ガイドラインもまとめることにした。

    また、生活遺産や民謡、縫製、工芸などの伝統文化をテーマにする発掘館13カ所が、2020年までに順次オープンする。
    正祖王の陵お出まし再現行事などの歴史文化コンテンツを追加で発掘し、無形文化祭を年1回開催することにした。

    関連研究や政策樹立を総括するソウル歴史研究院も設立される。

    ソウル市は、漢城百済時代から朝鮮を経て、現在に至るまで続いた2000年の歴史を基本計画に盛り込んだ。
    来年から2021年まで計7404億ウォンを投入して、56件の課題を推進する。

    歴史都市基本計画は今年3月に制定された関連条例に基づいて、5年おきに立てる長期計画だ。

    7月に立ち上げられた歴史都市ソウル委員会(共同委員長=朴元淳ソウル市長、金度亨延世大学史学科教授)が審議確定した。


    November. 02, 2016 07:38
    http://japanese.donga.com/List/3/04/27/772822/1

    引用元: ・【東亞日報】漢城百済時代から朝鮮を経て現在に至るまで続いた2000年「歴史都市ソウル」計画に7404億ウォンを投入へ[11/02]©2ch.net

    【【漢城って意味が判ってないだろ 】漢城百済時代から朝鮮を経て現在に至るまで続いた2000年「歴史都市ソウル」計画に7404億ウォンを投入へ[11/02]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/19(水) 22:34:13.73 ID:CAP_USER
    漢城百済博物館で21日
    「七支刀の新たな理解」国際学術大会
    古代史学界の主要専門家ら
    七支刀の実体めぐり初めて一堂に

    no title

    2004年当時、日本の国立博物館特別展に展示された七支刀=ノ・ヒョンソク記者//ハンギョレ新聞社

     長さ74.8センチの過ぎないこの刃物は、韓国と日本の古代史で最も激しい論議を産んだ謎の遺物だ。日本の奈良県天理市の石上神宮に伝わる枝刃がついた百済の刃物「七支刀」がそれだ。この刃物をめぐる論議の焦点は、4~5世紀に百済の皇太子が倭王に贈ったという伝来の経緯を、60字余りの金箔を施した漢字で刻んだ刃身の銘文に集約される。銘文の細部解釈について、南北朝鮮と日本の学界は100年を超えて相反する見解を掲げ対立してきた。年号を4世紀、あるいは5世紀と見るか、百済が倭を目上の国と見て捧げたものか、あるいは目下の国と見て下賜したものか、などの解釈により倭が4~6世紀に朝鮮半島南部を支配したという任那日本府説、百済が日本を諸侯国としていたという説の有力な物証になるためだ。

     依然として霧が晴れない七支刀の真実をめぐり、韓国と日本の古代史専門家が始めて一堂に集まり集中討論する学術行事が開催される。東アジア比較文化研究会と漢城(ハンソン)百済博物館の共催で21日午後1時30分からソウル芳夷洞(パンイドン)の漢城百済博物館で開かれる国際学術大会「七支刀の新たな理解」だ。

     今回の学術大会の焦点としては、両国の代表的元老古代史研究者であるキム・ヒョング高麗大名誉教授と木村誠・首都大名誉教授の争点討論が挙げられる。長期にわたる論議の的の一つである七支刀の製作年代を主な論題として向かい合って深みのある議論を行うものと期待される。また、七支刀の銘文の年号を中国東晋の年号である太和4年と解釈して、製作年代を百済の近肖古王の時である369年と見なしてきたこれまでの通説に反対する少壮研究者の異見も新たに出され注目を集める。銘文のX線精密判読結果に基づいて中国年号説を否定し、百済の腆支王(チョンジワン)の時である408年製作説を主張してきたホン・ソンファ建国大教授とチョ・ギョンチョル延世大講師らが七支刀の製作年代と製作背景、刃の形態の由来などに対する論考を発表する予定だ。博物館側は「七支刀銘文の解釈にまつわる韓国と日本の歴史学界の観点の差異と、これまで提起された種々の争点をあまねく見回し、今後の研究課題と展望を模索する場になるだろう」と明らかにした。

    ノ・ヒョンソク記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/culture/25437.html

    引用元: ・【韓国】百済が倭国に贈った「七支刀」めぐり韓国と日本が“討論バトル”[10/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【世界で韓国だけが異論 】百済が倭国に贈った「七支刀」めぐり韓国と日本が“討論バトル”】の続きを読む

    このページのトップヘ