まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:疎遠

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/10/23(日) 14:58:51.68 ID:CAP_USER
    先日うちの子が通うオリニチプ(民間の保育所)で「請託禁止法の施行により、父兄からジュースなどの差し入れは受けられなくなったので、今後は持ってこないでください」と書かれたプリントが父兄に配布された。

    これを見た瞬間、今後「師匠の日」や秋夕(チュソク=中秋節)、旧正月などに贈り物を送る負担が減ればうれしいと一瞬思った。

    ただその一方で、例えば夏の暑い中でも頑張る先生たちに冷たい缶コーヒーを手渡し「今日もお疲れさまです」と笑顔であいさつもできなくなれば、これは残念なことだ。

    また雨の日や寒い冬にも季節に応じた温かい差し入れをしてきたが、今後はこれらも受け取れないらしい。

    法律が日常生活のちょっとしたことにまで介入し、先生たちとの関係が希薄にならないか心配だ。


    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 チェ・ウンスクさん(京畿道広州市)
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/21/2016102102068.html

    引用元: ・【韓国】朝鮮日報読者の意見:請託禁止法が師弟関係を疎遠にしないか心配だ[10/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【どうせ守らない】韓国人「ワイロ禁止の請託禁止法が、師弟関係を疎遠に」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/10(水) 13:30:15.03 ID:CAP_USER
    米国大統領選挙の過程で生じている韓米FTAの亀裂が深刻だ。特にトランプ共和党候補は韓米FTAを取り上げて「破られた約束の代表的な事例」とトーンを高めた。
    オバマ政権の約束とは違い、対韓貿易赤字は150億ドル増え、雇用は10万件も失われたということだ。トランプ候補は韓米FTAをヒラリー・クリントン民主党候補を攻撃するイシューにしている。批判の程度はさらに高まる状況だ。
    クリントン候補も韓米FTAを含む米国の対外経済協定を再検討するという。誰が当選しても韓米FTAを再交渉するべきだというの声が出る。

    問題は韓国政府の対応だ。かなり以前から警告があったが、対米通商外交は故障したのかまったく動きがない。主管部処の産業部の周亨煥(チュ・ヒョンファン)長官は今ごろになって、9月に訪米して議会と業界を対象に誤解を解くという。
    米国国際貿易委員会(ICT)が2カ月前、韓米FTAのおかげで米国経済がよくなったという報告書を議会に提出し、その効果を積極的に知らせたのとは対照的だ。あまりにも安易だ。
    産業部は、米政府でもなく大統領候補の言及に関与するのは適切でないと判断してきたという。ところが国内メディアにも対応論理をまともに説明したことがない。
    米国が韓米FTAを通じてサービス収支で100億ドル規模の黒字を出しているとか、韓国の対米輸出が増えたのはFTA非恩恵品目という発言をしたのは数日前のことだ。

    韓国通商外交の惨憺たる実情を目撃している。振り返れば、米国・日本が中心となった環太平洋経済連携協定(TPP)ではなく、米国が強く反対した中国とのFTA協定、AIIBを優先した親中外交路線の失敗だ。
    歴代最上の関係と言っていた中国はTHAAD配備決定を激しく批判している。韓国の内部分裂まで企んでいる。このような時に最大の同盟国の米国でも韓米FTAが攻撃されている。トランプ候補の口から日本に対する攻撃はいつの間にか消えた。
    韓米同盟がきしんでいるが、政府は他人事であるかのように見物ばかりする格好だ。中国とは摩擦、日本とはぎくしゃくし、米国とも疎遠になるのか。韓国の外交が崩れている。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/260/219260.html

    引用元: ・【韓国経済新聞】中国とは摩擦、日本とはぎくしゃくし、米国とも疎遠になるのか…韓国の外交が崩れている[8/10]©2ch.net

    【バランス外交でバランス良く嫌われて【韓国経済新聞】中国とは摩擦、日本とはぎくしゃくし、米国とも疎遠になるのか…韓国の外交が崩れている[8/10]©2ch.net 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/11/03(火) 18:43:41.93 ID:???.net
    <韓日首脳会談>「日本と経済まで疎遠になれば韓国さらに損害」

    2015年11月03日16時00分[?韓国経済新聞/中央日報日本語版]

    2日に開かれた韓日首脳会談は3年5カ月ぶりに行われたものだ。その間、韓国と日本の両国は
    言葉どおり「近くて遠い国」だった。両国関係が疎遠になりながら両国間の経済協力も大きく
    弱まったという評価だ。

    企画財政部はこの日、韓日首脳会談の経済分野の成果についての説明資料を特に配布しなかった。
    先月31日に開かれた韓中首脳会談とは対照的だ。韓中会談の直後には上海にウォン・人民元の
    直取引市場の開設、人民元の適格外国人投資者(RQFII)限度50%上昇などの成果を上げたという資料を出してきた。

    韓日間の経済関係は従軍慰安婦や独島(ドクト、日本名:竹島)などの政治的問題がふくらんだ後、
    明らかに打撃を受けている。韓国の対日輸出は今年に入ってから10月までに215億2000万
    ドルで昨年同期より21.1%急減した。日本の韓国への直接投資金額は2012年に45億
    4000万ドルに達したが、昨年は24億8000万ドル、今年上半期には9億7200万ドルに
    縮んだ。韓国を訪れた日本人観光客も今年に入ってから9月までは130万人で、昨年同期比
    23%の減少だ。

    今回の首脳会談で経済分野の成果だと言及された韓日中の自由貿易協定(FTA)協力と第3国
    への共同進出の摸索などは、5月に2年6カ月ぶりに開かれた韓日財務相会議で合意した内容だ。
    財界で提案した韓日通貨スワップ(対等交換)再開などは含まれなかった。企画財政部の関係者は
    「韓日通貨スワップの再開はややもすると市場に対し韓国が困難にあるという印象を与えかねない」
    として慎重だった。

    輸出企業が円安で困難を経験しているけれどもウォン・円の直取引市場は議論にさえなっていない。
    ソウルに続き上海で開く予定であるウォン・人民元の直取引市場とは対照的だ。ウォン・円の
    直取引市場は1996年に開設して4カ月で流動性不足のため取り引きが中断され、2007年に
    再開を検討したが不発に終わった。

    財界では崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)副首相兼企画財政部長官が5月の韓日財務相会議で
    言及した「政経分離の原則」により政治・外交問題と分離して経済協力を強化すべきだと強調している。
    ユ・ファンイク全国経済人連合会産業本部長は「交易規模は中国が最も大きいが、部品産業の依存度は
    日本のほうがはるかに高い」として「日本との経済的関係で問題が生じたら観光などのサービス業は
    もちろん製造業が打撃を受ける恐れがある」と話した。

    チョン・スボン大韓商工会議所経済調査本部長は「韓日の経済関係が疎遠になれば残念な側は韓国」
    としながら「政治問題とは別にビジネスの協力基調は維持し続ける必要がある」と話した。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。
    http://japanese.joins.com/article/879/207879.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【中央日報】日本と経済まで疎遠になれば韓国さらに損害

    【用日って言葉を聞くと反吐が出る【中央日報】日本と経済まで疎遠になれば韓国さらに損害】の続きを読む

    このページのトップヘ