まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:疎通

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/04(土) 20:50:52.34 ID:CAP_USER
    韓日外交当局局長級協議…「関係改善に速度感持って疎通、独島問題は衝突」

    韓国と日本が2日にソウルで外交当局の局長級協議を行い両国間の懸案を協議したと韓国外交部が明らかにした。

    外交部の李相烈(イ・サンヨル)アジア太平洋局長はこの日午前、ソウルの外交部で日本外務省の船越健裕アジア大洋州局長と会った。

    双方は早急な韓日関係改善が必要だという認識を再確認し、韓日間の諸般の懸案と人的交流などを含む相互関心事に対して意見を交換した。

    両局長は今後も韓日関係の復元・改善に向けさらにスピード感を持って外交当局間の疎通を続けていくことにしたと外交部は付け加えた。

    日本外務省も双方が韓日関係全般に関し率直に意見を交換し、今後も両国関係を健全な状態に戻すため外交当局間の意思疎通を継続していくことで一致したと明らかにした。

    しかし、この日独島(ドクト、日本名・竹島)問題で双方が衝突した。日本外務省によると船越局長は先月28日から韓国が独島周辺海域で海洋調査を実施していることに対し李局長に抗議した。これに対し李局長は独島は歴史的・地理的・国際法的に明白な韓国固有の領土だと強調し、国連海洋法条約など国際法と国内法令に基づく正当な活動に対する日本側のいかなる問題提起も受け入れないと明らかにしたと韓国外交部は伝えた。

    ソース 中央日報日本語版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c20da0abb3f4db3d331b75fc956c0bbc62b62e70

    引用元: ・【韓国】 韓日外交当局局長級協議…「関係改善に速度感持って疎通、独島問題は衝突」[06/04] [LingLing★]

    【約束を守らない国とは何を話しても無駄【韓国】 韓日外交当局局長級協議…「関係改善に速度感持って疎通、独島問題は衝突」[06/04] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/26(月) 06:49:58.31 ID:CAP_USER
    韓国政府が韓国戦争(朝鮮戦争)の責任を米国に転嫁した中国に対して一歩遅れて「ローキー(low-key)」基調の立場を明らかにして問題になっている。

    韓国外交部は25日、中国の習近平国家主席が韓国戦争を米国帝国主義侵略に対抗した戦争だと規定したことについて「韓国戦争勃発など関連事案はすでに国際的に論争が終わった問題で、このような明らかな歴史的事実は変わり得ない」とし「韓国戦争が北朝鮮の南侵によって勃発したというのは否定することができない歴史的事実」と明らかにした。

    続いて「韓国政府は関連動向を鋭意注視していて、われわれの関心事案について中国側と必要な疎通と措置を取っている」と強調した。

    これに先立ち、習主席は今月23日、「抗米援朝参戦70周年記念式」で「米国政府は国際戦略と冷戦思考から出発し、韓国の内戦に武力干渉することを決めた」と演説した。米国から北朝鮮を守るために参戦が避けられなかったという中国の韓国戦争観がそのまま反映された発言だった。

    韓国戦争の責任を否定する中国の態度は新しいものではないが、中国最高指導者の口から直接出た発言だったため波紋を呼んだ。特に、習主席のこの日の行事出席は、2000年の江沢民元主席以来、20年ぶりのことだった。

    中国最高指導者のこのような歴史わい曲発言が出てくると韓国内では直ちに批判世論が起きたが、政府は動かなかった。満一日が過ぎた24日夕方になってから立場を表明した。「また中国の顔色伺いをしているのではないか」という指摘が自然に出てきた。

    一歩遅れて発表された政府の反応も水準が低かった。抗議どころか遺憾表明もしないまま疎通を強調したのは、低姿勢とは何が違うのかということだ。

    一部では「日本の指導者級が歴史わい曲をしてもこのような形で対応するだろうか」という批判まで出てきた。実際、今月17日、日本の閣僚や議会関係者らが靖国神社に供物を奉納した際、外交部は直ちに報道官の論評を出して「深刻な遺憾を表す」とし「韓日関係の未来志向の発展要求に応じるよう強力に促す」と明らかにした。

    今回の習主席の発言に関連し、政府の立場表明の方式も釈然としなかった。外交部は政府の立場を当局者名義の論評などを通して公開するのではなく、メディアの問い合わせに回答する形式を取った。それもせいぜい3行にすぎなかった。これは日本の靖国供物奉納に対して報道官名義の論評だけではなく、フェイスブックでコメントまで出しながら強力に対応したこととは対照的だ。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.10.26 06:43
    https://japanese.joins.com/JArticle/271548?servcode=A00&sectcode=A30

    no title

    中国の習近平国家主席

    引用元: ・【中央日報】また中国の顔色伺い? 同じ歴史わい曲めぐり日本には「遺憾」、中国には「疎通」[10/26] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【だって属国だから【中央日報】また中国の顔色伺い? 同じ歴史わい曲めぐり日本には「遺憾」、中国には「疎通」[10/26] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    このページのトップヘ