まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:略奪

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/15(水) 16:19:32.87 ID:CAP_USER
    no title


    朝鮮時代の教育機関である書院9カ所をまとめた「韓国の書院」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産に登録されることが確実視されるという韓国メディアの報道が14日に登場すると、中国の民族主義を強調する環球時報がすぐに落ち着かない胸中を表出した。

    環球時報はこの日、「すでに(登録の)大きな方向が決定されただって? 韓国がまた世界遺産登録を申請!今度は中国と本当に大きな関係がある」というタイトルの記事を通じて「韓国の書院」世界遺産登録問題を詳細に報じた。

    14日、韓国文化財庁によると、世界文化遺産の登録を審査する世界遺産委員会諮問機構であるイコモス(ICOMOS、国際記念物遺跡会議)は韓国が世界遺産として申請した「韓国の書院」に対して登録を勧告した。

    イコモスは各国から登録申請を受けた遺産を調査して登録勧告、保留、返還、登録不可など4種類の勧告案のうち一つを選択した後、この結果を世界遺産センターと申請当事国に伝達している。

    したがってイコモスから登録勧告を受けた「韓国の書院」は、異変がない限り6月30日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれる第43回ユネスコ世界遺産委員会で登録されることが確実視されている。

    まさにこのような時点で、環球時報は韓国が2015年に書院を世界文化遺産に申請して翌年4月に自主的に撤回したことがあるとし、その理由は当時ユネスコが韓国の書院が中国および日本の書院と顕著に異なる点を十分指摘できなかったためだと報じた。

    また、韓国の書院周辺景観が文化財区域に含まれなかった点も当時問題と指摘されたと伝えた。しかし韓国がその後再び努力して、今年新たに申請をし、その成功の可能性は高まったと説明した。

    環球時報は「書院」は中国人にとって最も馴染み深いところだとし、書院が中国古代の独特の文化教育機構だったと主張した。

    歴史的に中国には岳麓書院、白鹿洞書院、嵩陽書院、応天書院など4大書院があり、岳麓書院が最も有名だったと伝えた。清朝末の曽国藩や左宗棠らはここで学び、岳麓書院は中国近代史の半分を占めるほど比重が大きかったということだ。

    環球時報は書院は唐代中葉から始まり、清末まで1000年余りの間続いて中国官吏を育成したところだと強調した。

    このような環球時報の報道は江陵(カンヌン)端午祭が2005年11月にユネスコ人類無形文化遺産になった時、中国で「韓国が中国の端午の節句を奪っていった」という反発が登場したように、中国世論を刺激するおそれもある。

    中国オンラインの一部では韓国がまた中国文化財を「略奪した(?)」という表現も登場し、10年余り前の韓中文化元祖論争が再演されるのではないか懸念されている。


    2019年05月15日15時19分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/392/253392.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【中央日報】 「韓国の書院」世界文化遺産申請に…中国の一部から「我々の文化財を略奪」 [05/15]

    【また他人のものを自分のものに【中央日報】 「韓国の書院」世界文化遺産申請に…中国の一部から「我々の文化財を略奪」 [05/15] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2016/03/17(木) 12:41:32.00 ID:CAP_USER.net
    no title


    日本に略奪されたと考えられてきた「原州法泉寺址智光国師塔」(国宝101号)基壇部の獅子像が国立中央博物館の収蔵庫に保管されていたことが確認された。

    景福宮(キョンボックン)国立古宮博物館の境内にある智光国師塔は9回以上も場所を移しながら塔自体がかなり破損した状態だ。

    今月から全面解体・補修作業に入り、2019年までに保存処理する計画だ。

    文化財庁の関係者は「国立文化財研究所が智光国師塔の解体と復元を控えて昨年、文献調査をする過程で獅子像が保存処理され、
    国立中央博物館の収蔵庫にあることを確認した」と明らかにした。

    博物館は韓国戦争(朝鮮戦争)以降、盗難の危険と安全を考慮して収蔵庫に保管したと推定されると明らかにした。

    しかし文化財庁の関係者は「博物館から連絡を受けることができず、獅子像がどこにあるのか分からなかった」と述べた。


    2016年03月17日07時34分 [中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/317/213317.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|top_news

    関連スレ
    【朝鮮新報】朝鮮文化財がなぜ日本にあるのか…卑劣極まりない野蛮な所業で日本人が略奪したからだ [無断転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1457572974/

    ★1の立った時間 2016/03/17(木) 09:22:47.46

    前スレ
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1458174167/

    引用元: ・【韓国】日本に略奪されたという智光国師塔の獅子像、韓国中央博物館収蔵庫にあった★2[03/17]

    【自分たちがするからって他人も泥棒すると思うなよ 【韓国】日本に略奪されたという智光国師塔の獅子像、韓国中央博物館収蔵庫にあった★2[03/17]】の続きを読む

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 10:22:54.26 ID:CAP_USER.net
    〈奪われた朝鮮文化財なぜ日本に 23〉石造物を起重機で破壊、中の舎利塔を奪う

    バラバラに解体、ダイナマイトも使用

    石窟庵の優雅な五重小塔は今もってその所在がつかめずにいる。
    中村が「某氏の邸宅」とあいまいな表現で、小塔の所在を推測しているが、曽禰の邸宅である節が強い。
    統監府時代に外事局長だった小松緑は、曽禰が胃癌と宣告され、統監を辞任したのち「湘南の邸宅で死を待つのみの気の毒な状態」と著書に記している。ひょっとしたらその邸宅に置いてあったのかも知れない。
    または曽禰は某財閥の娘婿ということからして、死後、財閥の秘蔵物として庭園の奥深くにしまわれているかも知れない。いずれにしても醜い所業である。

    卑劣極まりない野蛮な所業

    no title

    表忠碑。朝鮮朝の21代王英祖と26代王高宗が建立した2つの碑がある。世界遺産に指定された。

    田中や曽禰のような植民地支配の権力者による石造遺物の略奪の一方、市井の日本人植民者も石塔や石像物を求めて略奪を行った。

    仏国寺境内の多宝塔の石獅子、同じく仏国寺舎利塔、栗里寺跡の八角石塔、菩薩寺跡の玄機塔、円空国師勝妙塔などなど膨大な数の石造物が、
    よこしまな所有欲で踏み躙られた。その略奪の手法は、卑劣極まりなく、しかも野蛮だった。

    日帝時代に仁川の府会議員(市議)だった河野竹之助という男は、忠清南道の保寧地方にある五層石塔を自分のものにするため、買主を朝鮮人に仕立て、そこから転売してもらったとの偽装工作までした。
    悪徳コレクターとして名高い大邱の市田次郎は、金にあかして中興山城双獅子石灯籠を自宅の庭に移そうとした。

    市田と同じく国宝級の遺物の大所有者として君臨した小倉武之助も盗掘品と承知しながら骨董ブローカーを通し今、朝鮮にあれば即国宝に指定される金銅八角舎利塔と金銅三層塔を自分のものにした。
    これら石塔を爆破もしくは砕いて内部から取り出したものである。略奪者らは石塔を起重機で押し倒し、バラバラに解体し、中の舎利塔のような遺物を取り出すためには、ダイナマイトの使用もためらわなかった。
    このような蛮行が、憲兵や警官の庇護のもとで朝鮮各地で行われ、結果、大阪の山中商会のような一骨董店にでさえ、競売品としての石塔が、数十基も展示されるようになったのである。

    朝鮮には石塔以外にも、王や名僧もしくは侵略者と戦った名将の事績を顕彰する石碑が数多く残されていた。
    日本人らは、これにも目をつけ、略奪または植民地支配遂行上、都合の悪いものは破壊した。

    no title

    朝鮮には多くの顕彰碑が建立されている。(写真は高麗朝末期の政治家・鄭夢周を称えた表忠碑閣)

    石碑は考古学上、「金石文」と分類され歴史資料として重要視された。朝鮮総督府は統治初期に全国の石碑をくまなく調査し、その成果を「朝鮮金石総覧」にまとめ統治参考資料にした。
    日本人学者らが碑面に刻み込まれている筆致の見事さや文章の流麗さを称賛したため、拓本を取ることが流行になった。

    「考古学雑誌」第7巻4号の「朝鮮金石文摺拓取締」という記事は「近時、古蹟調査思想の進歩にともない、金石文の価値ようやく世人の知る所となるや、
    みだりにこれを摺拓するもの増加の傾向にあり、これが偽古碑その他の金石物を汚損、破壊すること少なからず」と警告し、取締の実施を布告した。

    しかし取締当局の朝鮮総督府が、石碑を計画的に破壊し、抹殺したのである。それは日本帝国主義の敗戦色が色濃くなった1943年頃、
    豊臣秀吉の水軍を撃破した李舜臣将軍や義兵僧の総帥、泗溟大師などの愛国碑をことごとく爆破もしくは土中に埋めて抹殺しようとしたのである。
    劣勢に立たされた日本帝国主義は、朝鮮人が、これら先人の顕彰碑を見て鼓舞され、反撃に出ることを恐れての愚行である。

    (南永昌 文化財研究者)

    朝鮮新報
    http://chosonsinbo.com/jp/2016/03/sk37-2/

    引用元: ・【朝鮮新報】朝鮮文化財がなぜ日本にあるのか…卑劣極まりない野蛮な所業で日本人が略奪したからだ

    【よく言うなと思うぜ【朝鮮新報】朝鮮文化財がなぜ日本にあるのか…卑劣極まりない野蛮な所業で日本人が略奪したからだ】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/09/16(水)21:36:31 ID:Ymx
    1931?1945年の14年に渡る中国侵略戦争において、日本軍は中国の貴重な文化財を破壊・略奪し、
    人々を驚かせた。しかし戦時中の特殊な状況のため、日本軍に破壊され、
    日本に持ち去られた中国の文化財については、現在も詳細かつ正確な統計データがない。

    学者の推計によると、日本には1000館以上の大小様々な博物館があり、
    中国歴代の200万点弱の文化財を収蔵している。その圧倒的多数は8カ国の連合軍が北京を侵略し、
    日本が中国に侵略戦争を発動した期間に、日本の侵略軍によって海外に持ち出されたものだ。
    東京国立博物館だけでも、中国歴代の9万点以上の貴重な文化財を収蔵している。

    http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2015-09/16/content_36602419.htm

    引用元: ・【中国網】確かなデータはないが、日本は日中戦争で中国の文化財200万点を略奪した[9/16]

    【確かなデータは未完成なんですね 【中国網】確かなデータはないが、日本は日中戦争で中国の文化財200万点を略奪した[9/16]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 00:10:05.98 ID:???.net
    no title

    ▲朝鮮総督府学務局古跡調査課嘱託だった小泉顕夫が1926年、慶州瑞鳳塚発掘中に出土した
    金冠を撮影した資料(上)。1918年に京畿道利川郷校付近の廃寺跡から日本に搬出され、大倉
    集古館に所蔵されている「利川五層石塔」。(写真=国外所在文化財財団)

    古美術研究者が日帝強占期の韓国文化財の受難とその返還について論じる時、必ず参考に
    する冊子がある。美術史学者の黄寿永(ファン・スヨン)博士(1918-2011)が1973年に出した
    『日帝期文化財被害資料』だ。黄博士は1950年代末から8年間、韓日会談の文化財返還分野専
    門委員として活動し、さまざまな記録と文献を集め、66年の会談妥結の結果に満足できず、後代
    に役立つ資料集を残した。手書きのメモの束形式を謄写板で200部刷り、定期刊行物『考古美術』
    の付録として配布したため、重要な内容であるにもかかわらず一般読者の手には渡らなかった。

    この歴史的な資料集が42年ぶりに出版物として登場した。国外所在文化財財団が国立中央博
    物館および日本の「韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議」(以下、連絡会議)と手を握り、増補版
    を出したのだ。原本体制に基づきながらも引用文献の前後内容を幅広く翻訳し、関連遺物の図版
    と解題を追加し、日本が韓国文化財全般にどれほど大きな被害をもたらしたかをそのまま証言して
    いる。

    「現在、楽浪付近では真昼に古墳を発掘するが、聞いたところによると、軍駐在所が許可したと
    言いながら(…)毎日古物商に売るというので、あまりにも残酷でならない」(102ページ)

    「巧妙な手段で盗掘した者が過去8年間だけでも約100基に近い古墳を掘ったと想像できる。
    (…)この破壊に代わる学術的な成果を出すことができなければ、その罪を補償し、新しく建設する
    のも不可能であり(…)出版物を伴わない遺跡の発掘は(…)一つの罪悪だ」(87ページ)

    10枚190項目にわたり一つ一つ告発された遺物破壊と搬出の実情は情けないほどだ。朝鮮総
    督府と研究機関、個人の手で盗掘された数多くの事例は、黄博士の表現のように「あくどい略奪は
    人類史上に類例がない」ほどだ。

    粱山夫婦塚の出土遺物は「朝鮮古跡研究会」により東京国立博物館に寄贈され、今日まで堂々
    と所蔵されている。金海会ヒョン里の貝塚と平壌(ピョンヤン)石岩里205号墳は発掘された後、報
    告書作業という形で日本に遺物を運んだ後、戻らなかった。

    遺物を破壊したり別の所に移した例も多い。朝鮮総督府は1940年代以降、「国民の思想統一
    に支障がある」という理由で抗日戦跡碑や功勲碑を撤去し、博物館に移したり現地で爆破したりし
    た。荒山大捷碑、海印寺(ヘインサ)四溟大師碑などが消えた理由だ。

    今回の出版の動力となった連絡会議のイ・ヤンス幹事は「この資料を今後どのように扱って使う
    のか、ここに掲載されている内容が何を表しているのか、この資料集を手にした読者が決めること」
    と述べた。

    黄博士の生前にそばでこの資料集が出るのを見守ったチョン・ヨンホ韓国教員大名誉教授は
    「略奪文化財の返還を強力に求めた黄寿永先生は日帝の残虐さに怒りを抑えられず卒倒したこと
    もあり、血圧の病気で生涯苦しんだ」と振り返った。連絡会議はこの本の日本語版を11月に日本で
    出版する予定だ。

    ソース:中央日報日本語版<日帝が略奪・破壊した文化財、その受難の記録>
    http://japanese.joins.com/article/430/204430.html

    引用元: ・【書籍】 日帝が略奪・破壊した文化財、人類史上に類例がないその受難の記録~『日帝期文化財被害資料』、増補版出版[08/13]

    【無知は最強だなwww【書籍】 日帝が略奪・破壊した文化財、人類史上に類例がないその受難の記録~『日帝期文化財被害資料』、増補版出版[08/13]】の続きを読む

    このページのトップヘ