まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:生産能力

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/01(土) 08:16:37.61 ID:CAP_USER
     韓国経済をリードしている製造業が急速に弱体化している。米中貿易紛争により輸出が減少している上、最低賃金引き上げや週52時間勤務制などの政策で企業の競争力まで下がっているためだと分析されている。

     統計庁が31日に発表した「2019年12月および年間産業活動動向」によると、昨年の造船・自動車・半導体などの製造業生産能力は、前年に比べ1.2%減少した。これは、統計作成が開始された1971年以降の48年間で最大の減少幅だ。製造業生産能力とは、通常の操業環境で製造会社が製造できる最大の生産量のことをいう。製造業生産能力が下がるということはそれだけ設備投資が減少したということで、このような傾向が長期化すれば潜在成長率の低下につながる。製造業生産能力が減少したのは、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後の2018年(-0.2%)が初めてで、昨年は2回目だった。昨年は製造部門だけで雇用が8万1000件減少した。景気悪化は製造業にとどまらず、産業全般に及んでいる。昨年の全産業生産増加率は前年比で0.4%の増加にとどまった。これは、統計の作成を開始した2000年以降で最低の値だ。統計庁は、製造業・鉱業などを含む鉱工業と建設業の不振が産業生産増加率の足を引っ張っていると見ている。

     鉱工業生産は電子部品(-12.1%)や機械装備(-3.6%)などの分野が不振で、前年比0.7%の減少だった。これは、アジア通貨危機時の1998年(-6.4%)以来の最低値だ。製造業の平均稼働率も前年比0.6ポイントダウンの72.9%で、1998年(67.6%)以来、21年ぶりの最低値だった。それだけ景気が悪く、稼働していない工場が増えているという意味だ。

     設備投資の増加率は機械類(-8.8%)と船舶などの輸送機器(-4.1%)投資が共に減少し、世界金融危機時代の2009年(-9.6%)以降で最も低い-7.6%を記録した。建築工事(-9.4%)実績が減り、既に行われた工事実績を表す建設既成(完成工事高)は前年より6.7%減少した。消費を示す小売販売額指数は2.4%増加したが、2018年(4.3%)と比較すると増加幅は半分だった。

     このように最悪の経済指標が出ているのにもかかわらず、政府は景気楽観論ばかり展開している。昨年12月の生産・消費・投資などが11月に続き2カ月連続で増加したためだというのだ。洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相は同日、フェイスブックに「景気改善のサインがより顕著に現れている姿だ」と投稿した。

     だが、今年の経済展望は政府の言葉のように明るいものばかりではない。米中貿易紛争が完全に解決したわけではない上、最近になって「武漢肺炎」という悪材料まで重なり、中国の成長率が急落するものと予想されているからだ。

    ユン・ヒョンジュン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020020180002

    2020/02/01 08:02

    関連スレ
    【韓国】ドルウォン1193(+5.52 +0.46%)  KOSPI 2119(-28.99 -1.35%)
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1580453347/

    引用元: ・【朝鮮日報】昨年の韓国製造業生産能力、統計開始以来最大幅の減少[2/1]

    【大丈夫、新型肺炎のせいにするから 【朝鮮日報】昨年の韓国製造業生産能力、統計開始以来最大幅の減少[2/1]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/31(木) 16:25:32.58 ID:CAP_USER
    9月の韓国国内の産業生産と消費が前月比で減少した。投資は設備投資が増えたが、建設投資は減少した。製造業の生産能力も最長期間の下落傾向(14カ月)が続いた。

    統計庁が31日に発表した9月の産業活動動向によると、9月の暫定全産業生産指数は前月比0.4%減の108(季節調整)だった。7月、8月と連続で増加した指数が9月にまた減少に転じた。

    ◆設備投資、前年比11カ月連続で減少

    鉱工業生産は前月比で機械装備・自動車を中心に2%増加した。しかし卸小売・金融業などサービス生産が1.2%減少し、全体の生産指数が下落した。

    設備投資は航空機など運送装備への投資の減少にもかかわらず、半導体製造装備など機械類への投資が増えたことで前月比2.9%増えた。しかし前年同月比では1.6%減となり、11カ月連続の減少となった。建設投資も建築・土木がそれぞれ前月比3.5%減、0.5%減となり、2.7%減少した。

    消費は飲食料品など非耐久財や衣服など準耐久財、通信機器・コンピューターなど耐久財の販売が共に減少し、2.2%減となった。生産と投資・消費など主要指標が下落したが、鉱工業生産指数の一部の指標の影響で現在の景気状況を表す同行指数循環変動値は横ばいとなった。

    ◆製造業生産能力14カ月連続で下落

    産業の根幹となる製造業関連の指標は依然として不振が続いている。事業体が正常な操業環境で生産できる最大量を意味する製造業生産能力は前年同月比で2.2%減少し、14カ月連続で下落した。統計の作成を始めて以降、最長期間の下落だ。ただ、製造業の平均稼働率は前月比2.2%ポイント上昇した75.6%となった。

    9月の産業指標は一時的に上昇した8月と比べると景気不振傾向を反映した。ただ、未来の景気を表す先行指数循環変動値は0.1ポイント上昇した。統計庁のキム・ボギョン産業動向課長は「9月は台風などで野外活動が減り、宿泊・飲食業と輸送・倉庫業、芸術・スポーツ・レジャーなどサービス業生産が減少した」と分析した。

    https://s.japanese.joins.com/JArticle/259127
    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.31 13:49

    引用元: ・【韓国】9月の産業生産・消費が減少…製造業生産能力は14カ月下落「過去最長」[10/31]

    【ムンムン保有国なんだから余裕余裕w 【韓国】9月の産業生産・消費が減少…製造業生産能力は14カ月下落「過去最長」[10/31] 】の続きを読む

    このページのトップヘ