まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:生産ライン

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 17:19:36.66 ID:CAP_USER
    中国中央電視台(CCTV)はこのほど、
    中国空軍の主力戦闘機J-11Bとその生産過程と技術についての大規模な報道を行った。
    中国メディアがJ-11B戦闘機を全面的に近距離から外部に伝えるのはこれが初めて。
    no title


    専門家によると、J-11Bは、中国海空軍のスター設備と言える戦闘機で、
    重大ミッションで何度も登場し、中国航空工業もこの機種を通じて製造水準を高めてきた。
    J-11Bは、空軍にとっても、中国の航空工業にとっても、重大な意義を持っている。
    J-11Bについてこれほど立ち入った報道がなされたということは、
    中国空軍がますますオープンな態度を取り、自信を高めているということを側面から示してもいる。

    ■CCTVがJ-11Bの生産過程を暴露

    CCTVは今回、現役の先進戦闘機の製造現場に立ち入っての初の報道を行った。
    映像は全部で11分を超える。

    記者がまず、現場で読み解くという方式で、
    レーダー、光電レーダー、エアインテイク、国産エンジン、搭載兵装の基本的な用途を紹介した。
    その後、炭素繊維復合材料やレーザー積層造形技術(3Dプリンター技術の一種)など
    製造材料と技術についての解説がなされ、最後に瀋陽飛機工業集団の重戦闘機シリーズの展望が示された。

    専門家は、この映像で最も注意を引くのは、3D印刷を行う輸入設備なども映された生産過程だと指摘する。
    またこの番組で明らかにされた最大の情報は、J-11Bがまだ生産を続けているということとも言える。

    客観的に考えて、フェーズドアレイレーダーを備えた
    J-10B/CやJ-16などの戦闘機がすでに部隊に配備され、閲兵を受けている状況下で、
    従来型の機械式スキャンレーダーの搭載されたJ-11Bの技術はすでに遅れていると考えられる。
    また同機は部隊に配備されてすでに長い時間が経っており、
    同機は生産停止に直面していると外部では考えられていた。

    だが今回の番組では、同機がまだ生産されていることが示された。

    メディアが今回、これほど近距離からJ-11Bを扱い、その生産現場と技術を明らかにしたことは、
    この型の戦闘機の技術的な敏感度が低まったことを側面から示している。

    ■米軍機の前で「バレルロール」したスター戦闘機

    CCTVが今回、J-11Bについての大規模な報道を行った重要な原因の一つには、
    同機が海空軍のスター戦闘機であり、海空軍の各種の重大ミッションで幅広く登場しているということが挙げられる。
    同機はこれまで、空軍の開催した一般開放の航空イベントで、
    飛行デモンストレーションや展示を何度も行い、その高い機動性を示してきた。

    海軍のJ-11BHは南中国海方向で国外の軍用機を追い払うのに何度も使われてきた。
    米国の偵察機を「バレルロール」で妨害したと米国にいわれなき非難を受けているのはまさにこの戦闘機だ。

    専門家によると、この時期にJ-11Bの大規模な宣伝がなされ、
    国慶節(建国記念日、10月1日)前に『空天猟』が上映されるのは、
    一方では第19回党大会に捧げる贈り物となり、
    もう一方ではまもなく訪れる第68回空軍設立記念日を祝う措置となると考えられる。

    以下ソース:中国網 2017年9月18日
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2017-09/18/content_50019962.htm

    引用元: ・【中国】J-11Bの生産ラインの貴重な映像が明らかに CCTVが大規模報道[09/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【設計図盗んででっち上げ】中国空軍の主力戦闘機J-11Bの生産ラインの貴重な映像が明らかに CCTVが大規模報道】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 14:28:23.87 ID:CAP_USER.net
    no title

    京畿道坡州(パジュ)LGディスプレイ工場で職員がLCDパネルを生産している。(LGディスプレイ提供)

    韓国のLCD(液晶表示装置)産業が中国に追い上げられている。LGディスプレイとサムスンディスプレイは19本のLCD生産ラインのうち中小型6本を閉鎖したのに続き、2、3本のラインの稼働を追加で中断する計画だ。
    中国企業が中小型LCDを安く供給し、採算が取れなくなっているからだ。中国企業は中小型LCDに続き、大型LCDとOLED(有機発光ダイオード)の生産も増やし、この分野で国内企業に追いつくのは時間の問題という指摘も出ている。

    ◆サムスン、8ラインのうち5ライン閉鎖

    業界によると、LGディスプレイは慶尚北道亀尾(クミ)にあるP2、P3の2本のラインを来年から稼働中断するという。
    P2、P3ラインはそれぞれ第3.5世代(ガラス基盤のサイズ590ミリx670ミリ)と第4世代(680ミリx880ミリ)のLCDパネルを生産してきたところで、1997年と2000年に完工した。LGはP4ラインの一部もOLED照明用に転換することを検討している。
    P5ラインはフレキシブルOLED用に変更している。すでに11本のLCD生産ラインのうちP1は研究用に変えている。

    サムスンディスプレイは国内のLCDライン8本のうち5本(L1-L5)を昨年までに閉鎖した。昨年12月に閉鎖した忠清南道天安(チョンアン)のL5ライン装備は中国企業に売却した。
    残りの3本のラインのうちL6ラインを昨年からアモルファスシリコン(a-Si)基盤工程から低温シリコン多結晶化(LTPS)・オキサイド工程に転換している。

    LTPSに転換すれば高解像度のLCDパネルやOLEDパネルを生産できる。稼働中断を避けるための苦肉の策といえる。LCD生産ラインはL6(第5世代)とL7ライン(第7世代)、L8ライン(第8世代)の3本だけだ。

    業界の関係者は「この1、2年間に中国企業が中小型LCDパネルを大量に市場に出し、価格が急落している」とし「国内LCD生産ラインが老朽化したうえ、中国に押され、これ以上中小型LCDを生産する理由がなくなり、ラインを閉鎖している」と説明した。

    ◆中国企業の価格攻勢に揺れる

    韓国国内のLCDラインが閉鎖しているのは中国企業の価格攻勢のためだ。中国政府は2010年の第12次5カ年経済計画で4大輸入品に浮上したLCDパネルを国産化するという戦略を発表した。
    1%未満のディスプレー自給率を2015年に80%に引き上げるために、企業のパネル工場建設に地方政府が資金を支援することにした。

    これに伴い、企業は工事資金の10%さえあれば工場の建設が可能になった。中国最大LCD生産企業のBOEは400億元を投資し、世界最大の第10.5世代工場を建設している。このうちBOEの資金は10%の40億元にすぎない。
    180億元は銀行から借りた。残りの180億元は工場ができる合肥市政府が出資する。

    それだけではない。生産を始めれば中国政府は補助金を出す。BOEは2014年、売上高368億元、営業利益23億元だった。さらに8億3000万元の補助金を受け、27億元の当期純利益を出した。
    こうした政府の支援を受け、2010年から昨年まで中国にはLCD生産ライン10本が建設された。このうち3本のラインは増設中であり、4本のラインは2016-2019年に追加で完工する。

    http://japanese.joins.com/article/177/213177.html
    http://japanese.joins.com/article/178/213178.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【経済】中国の追撃受ける韓国LCD産業 サムスン・LG、生産ライン19本中6本閉鎖 中国「次の目標はメモリー半導体」[3/14]

    【サムスンは詰みだな【経済】中国の追撃受ける韓国LCD産業 サムスン・LG、生産ライン19本中6本閉鎖 中国「次の目標はメモリー半導体」[3/14]】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 12:39:40.82 ID:???.net
    韓国の特異な「アイドル生産ライン」、K-POPスターの9割が美容整形済み―英紙 (Record China) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150212-00000019-rcdc-cn&pos=2


    2015年2月9日、英紙フィナンシャル・タイムズは、少年少女をスターに育て上げるために徹底した養成システムが存在する韓国の芸能産業の
    現状を紹介した。中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

    韓国コンテンツ振興院の統計によると、2013年のK-POP産業は41億ドル(約4900億円)の売上高を実現した。K-POPはアジアだけでなく欧米や
    南米でも確固たる地位を築きつつある。K-POPと韓流ドラマの成功は韓国に多大な利益をもたらした。その大部分がK-POP人気に起因する
    ものであり、K-POP産業は投資家にとっても魅力的な投資先となっている。

    東方神起やEXO、少女時代などの人気ユニットを抱える大手芸能プロダクションのエスエムエンターテインメントは、海外売上高が2008年の
    800万ドル(約9億6000万円)から昨年の1億ドル(約120億円)にまで急成長している。芸能プロダクションは魅力的なK-POPアイドルを輩出する
    ために、国を越えて才能ある少年少女をオーディションで集め、長時間かけて育て上げる。歌やダンスのレッスンだけでなく、英語や日本語、
    韓国語などの語学レッスンも必要不可欠だ。

    韓国の著名な美容整形外科医によると、K-POPスターの9割以上が整形手術を受けている。このため、デビューを果たせなかったスター養成所
    の訓練生の多くが、整形手術の費用をプロダクションに請求するという。さらに、長期にわたる訓練生時代とデビュー後の長期契約が少年少女
    たちを縛りつける「奴隷契約」だとして、所属歌手がプロダクションを訴えるケースも多い。

    「オーディションに参加した1万人のなかから、訓練生に選ばれるのは100人。そのうち10人がデビューできるが、本物のスターになれるのは
    1人しかいない」といわれるほど過酷なK-POP業界だが、成功した見返りは非常に大きいのだ。(翻訳・編集/本郷)

    引用元: ・【韓国/技術】韓国の特異な「アイドル生産ライン」、K-POPスターの9割が美容整形済み―英紙[2/12]

    【なんだか人形焼(ドラ焼きの一種)を思い出したわ。 【韓国/技術】韓国の特異な「アイドル生産ライン」、K-POPスターの9割が美容整形済み―英紙[2/12]】の続きを読む

    このページのトップヘ