まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:生存者

    1: 荒波φ ★ 2018/04/20(金) 08:48:26.42 ID:CAP_USER
    2018年4月19日、韓国・ニューシスによると、ベトナム戦争中に韓国軍が起こした虐殺事件の生存者がソウル市内で会見を開き、韓国軍の銃撃により弟を失った経験について語った。

    フォンニィ・フォンニャットの虐殺の生存者である女性は会見で「なぜ韓国軍は女性と子どもだけだった私たち家族に銃を撃ち、手榴弾を投げたのか」「どうして韓国軍は恐ろしい過ちを犯したのに、50年以上認めることも謝罪もしないのか」と訴えた。また、女性が「死んだ弟は韓国軍の銃撃で口が飛び散った」と述べた後に感極まって黙り込み、これを見たハミの虐殺の生存者が涙を流して女性の手を強く握る場面もあったという。

    韓国軍によりそれぞれ5人の家族を失った2人の生存者は「50年が過ぎた今も当時の残忍な虐殺の理由が分からない」とし、「参戦した韓国軍人から謝罪を受けたい。最低限の謝罪がなければ許すこともできない」と主張したという。

    また、2人は21日からソウルで開かれる市民平和法廷に参加する。これはベトナム虐殺の被害者が原告となり、被告の韓国政府に対し虐殺への責任を問うというもので、昨年の11月から民族問題研究所など24の市民団体が中心となり準備を進めてきたという。

    2人は「怖くても勇気を出した理由は、無念にも犠牲になった家族のため」とし、「二度と起きてはならないことを世界に伝えることが、生き残った私たちの使命」と強調。市民平和法廷準備委員会は「フォンニィ・フォンニャットの虐殺もハミの虐殺も1968年に起きた事件」と説明し、「50年も遅れたが、正義を掲げて真実を明らかにする」と話した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからはさまざまな声が寄せられている。

    「深く反省しよう」
    「日本に謝罪を求めるだけではいけない」
    「彼女たちのつらさは韓国国民が一番分かっているはず」

    など「謝罪すべき」とする声も多いが、

    「謝罪はしたが、ベトナム政府が何度も拒否した」
    「ベトナム政府が謝罪は不要と言った。戦勝国だから」
    「もう解決済みだよ」

    と反論する声も目立つ。

    そのほか、

    「米国からは謝罪を受けたの?」
    「韓国が謝罪するならベトナム戦争に加わった他の国もするべき。なぜ韓国だけを責める?」と指摘する声や、
    「両国が共同で真相調査チームを作るべき。謝罪はその後だ」

    と慎重な意見も見られた。


    2018年4月20日(金) 7時50分
    http://www.recordchina.co.jp/b593438-s0-c30.html

    引用元: ・【越韓】 「なぜ韓国軍は謝罪しないの?」 ベトナム虐殺生存者の涙の訴え [04/20]

    【【越韓】 「なぜ韓国軍は謝罪しないの?」 ベトナム虐殺生存者の涙の訴え [04/20] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/08/17(木) 10:18:16.53 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    『軍艦島』という異名を持つ島、ハシマ(端島)の上陸禁止が解けたのは2009年で、わずか10年にも
    満たない。現在も極めて島の一部のみ、ガイドの案内を受ける事ができる。廃墟のように変貌した
    この場所を石炭産業が繁栄していた時代のノスタルジアと重ね、戦後の高度経済成長期の香水で
    包んで自分たちの遺産にしている。しかし、この島には強制徴用の痛みと朝鮮人の受難が共存して
    いる。これまで忘れられていた日本の島、『軍艦島』の映画や書籍などが相次いで発表されて関心を
    集めている中、書籍『軍艦島に耳をすませば』が出版された。この本は『長崎在日朝鮮人の人権を
    守る会』所属の志ある日本人が、過去の反省を込めて書いた。

    この本は『原爆と朝鮮人』を始めとして、我々がこれまで刊行してきた書籍の中から端島に関する部分
    を選び出して一冊にまとめた物だが、引用・参考にした部分を詳細に再点検して収録しただけではなく、
    新たな事実を含め上記の生存者の証言を大きな収穫物として付け加えた。

    この本は、「端島の歴史で強制連行と強制労働の事実を消す事はできない。戦時中の残酷な歴史を
    隠蔽したまま世界遺産を作ろうとする風潮を容認する事はできない。“近代化産業遺産”を語る時、
    日本の近代化は侵略の歴史と一対である事を忘れてはならない。端島はまさに近代日本の侵略の
    歴史の縮図と言っても過言ではない島である。したがってドイツのアウシュビッツと同様、歴史の暗部
    まで教訓にして普遍的価値にする正しい歴史認識に基づかない限り、端島を世界遺産に登録する
    事はできない」と強調する。

    この本は引き続き、「一面的な接近法(アプローチ)では人類共通の遺産になる事はできない。韓国の
    生存者が“我々の歴史を抹殺する事は受け入れられない”とし、日本の独善的主張を厳しく批判した
    事は言うまでもない。いま我々に要求される事は、このような批判の声を重く受け止めて歴史の明暗を
    直視する方式で端島を世界遺産に登録する事で、韓日の歴史を乗り越えて友好の道標にして行か
    なければならないという、韓国内の提言に耳を傾ける事である」と述べた。

    クォン・ジョンスル記者
    no title

    文化や宗教を担当しています。
    記者を応援してください。
    記事を見ましたか?読者様の小さな応援が記者の大きな力になります。読者様の後援金は全ての記者に渡されます。

    ソース:民衆の声(韓国語)
    http://www.vop.co.kr/A00001190366.html

    引用元: ・【韓国】書籍『軍艦島に耳をすませば』~日本の近代化は侵略の歴史[08/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【軍艦島関連の便乗商法】『長崎在日朝鮮人の人権を守る会』の書籍『軍艦島に耳をすませば』生存者の証言を大きな収穫物として付け加えた】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/11(金) 12:20:50.27 ID:???.net
    <慰安婦生存者13人証言>病床で「日本が謝罪さえすれば私は安らかに目を閉じる」(1) | Joongang Ilbo | 中央日報
    http://japanese.joins.com/article/611/205611.html?servcode=400&sectcode=420


    「謝罪を受けなければいけない。それを聞いてこそ私も死ぬことができる」。

    病室のベッドで横になっているおばあさんは、いくつかの言葉も全力を絞り出さなければいけないほど衰えていた。生存する慰安婦被害者のうち最高齢の金福得(キム・ボクドゥク)さん(97)は
    健康が良くない。現在、慶尚南道統営(トンヨン)の高齢者専門病院に入院している。記者が近くで話す言葉も補聴器を着用してこそ何とか聞こえる。それでも「日本の謝罪を受けなければ
    いけない」という言葉は力強く話した。

    3人姉弟の一番上の金さんは、父の死後、12歳の時から家長の役割をした。慰安所に連れて行かれたのは22歳だった。網工場で働いている時に会った日本人が「お金をもっと稼げる工場に
    就職させる」と話すと、その言葉を信じて故郷の統営を離れて釜山(プサン)に行った。

    しかし工場の話は嘘だった。金さんは船に乗せられ、戦争中だった中国大連に連れて行かれた。そこで金さんは金福得という名前を奪われ、日本軍慰安婦「フミコ」と呼ばれた。死のうと思って
    海に飛び込んだりもしたが、故郷の母のことを思うと死に切れなかった。3年間のつらい歳月を送った後、今度はフィリピンに連れて行かれた。このように地獄のような慰安婦生活に耐えながら7年が
    過ぎた。

    1945年、解放がきた。金さんは何とか帰途に就き、苦労して統営に戻った。しかし金さんを待つ故郷の生活は過酷なものだった。母に会うことを待ち望んでいたが、すでに母は亡くなっていた。
    金さんは故郷で15歳も年上の男性の家に妾として入った。夫はアルコール中毒者だった。金さんは夫の暴行に苦しみ、2回の流産を経験した。金さんは自ら書いた一代記で「最初から期待して
    設けた家庭ではなかったが、苦痛であり死ぬほど大変だった」と振り返っている。

    数年後には戦争が始まった。今度は同族間の戦いだった。金さんは生きるためにパルチザンに食事の準備をし、避難しながら命をつないだ。

    誰も守ってくれない生活だったが、金さんは決して隠れたり逃げたりはしなかった。94年に慰安婦被害者に登録した金さんはその後、「日本軍慰安婦問題解決のための定期水曜デモ」に参加し、
    日本の蛮行を知らせ始めた。国内外の行事に積極的に参加し、被害証言も何度かした。

    慰安婦問題を告発する活動だけでなく、他人を助けることにも熱情的だった。金さんは菜園で栽培した野菜を売って生涯貯めたお金と慰安婦被害者支援金を合わせて、2011年に地域の
    学生に奨学金2000万ウォン(約200万円)を寄付した。2012年には慰安婦歴史館建設基金としてまた2000万ウォンを寄付した。

    このように休むことなく活動してきた金さんだが、今は体の状態がかなり悪化し、身動きが自由でない。金さんの唯一の血縁だった弟は数年前に亡くなった。一緒に慰安婦被害者に登録して
    支え合っていた統営地域の他の女性もみんな故人となった。人恋しくなるしかない。

    金さんは誰かが訪ねてくれば必ず対話をするために「補聴器を付けてほしい」という。それでもコミュニケーションは容易でない。一日中ベッドで横になって過ごす金さんにとって少しでも慰めとなるのは
    枕もとの花だ。金さんはもともと花が好きで自ら栽培し、病院に入院する時も花を持ってきたという。

    金さんの夢は、もう一度女性に生まれれば母親になり、花のように美しい家庭を設けることだ。ただ、その前に必ず成し遂げるべき夢がある。日本政府の謝罪と慰安婦問題の完全な解決だ。
    金さんは毎日、小さな声で「彼らが謝罪さえすれば私は安らかに目を閉じる」という言葉を繰り返している。

    引用元: ・【中央日報】病床で「日本が謝罪さえすれば私は安らかに目を閉じる」 ―慰安婦生存者13人証言[9/11]

    【もう誰もしんじねーって 【中央日報】病床で「日本が謝罪さえすれば私は安らかに目を閉じる」 ―慰安婦生存者13人証言[9/11]】の続きを読む

    chosenjin


    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/07/01(火)21:18:35 ID:???
    海上警察「セウォル号救助時海飛び込みなさいと言った事はない」生存者告訴


    海上警察がセウォル号沈没当時、救助写真撮影のために生存者に海に飛び込む場面を演出することを指示したという生存者の主張に対して海上警察が「虚偽事実」としながら警察に告訴した。

    1日木浦(モクポ)海洋警察署などによればセウォル号沈没当時救助活動をした木浦(モクポ)海上警察警備艇123艇関係者たちは生存者チョン・ビョンサム(48)さんを名誉毀損疑惑で全南(チョンナム)地方警察庁に告訴した。

    木浦(モクポ)海上警察は「監察の結果123艇の救命ボートに乗った警察官はそういう話をした事実がないと確認された」として「これらはセウォル号脱出乗客を救助する緊迫した状況の中で採証装備さえ持参しなかったし『救助写真を撮らなければならない』という話をすることはできない状況だった」と明らかにした。

    また、3,4階客室に乗客が集まっていると知らせたが海上警察が無視したというチョン氏の主張に対しては警察官が当時セウォル号船尾部分で搭乗者救助に専念していたと説明した。

    一方チョン氏は先月30日光州(クァンジュ)地方裁判所裁判所が仁川(インチョン)港に停泊中である『オカバナホ』を探して現場検証をする席で現場取材陣などを相手に事故当日船から脱出して海上警察救命ボートに移して乗るのに海上警察関係者が救助写真を撮るように再び海に飛び込めと指示したが無視して救命ボートに乗ったと主張したと分かった。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201407/dh20140701200904137790.htm

    引用元: ・【韓国旅客船沈没】「セウォル号救助時海飛び込みなさいと言った事はない」~海上警察が生存者を告訴[07/01]

    【セウォル劇場はロングラン公演決定か -【韓国旅客船沈没】「セウォル号救助時海飛び込みなさいと言った事はない」~海上警察が生存者を告訴[07/01]】の続きを読む

    このページのトップヘ