まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:理解

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/03(日) 20:42:31.56 ID:CAP_USER
    no title

    ▲国防部の宋永武長官が2日にシンガポールで開催された第17回アジア安全保障会議で「韓半島の非核化とアジア太平洋地域の平和と繁栄」を主題に演説している。(写真=国防部)

    国防部の宋永武(ソン・ヨンム)長官が、日本の防衛相の「対北朝鮮批判」基調演説に対し釘を刺した。宋長官は2日にシンガポールで開かれたアジア安全保障会議の基調演説後の質疑応答過程で、日本の小野寺五典防衛相の基調演説を内容を取り上げて批判した。

    宋長官は「(日本が過去に)北朝鮮にだまされ続けたからと未来もだまされ続けると考えるならどのように(北朝鮮と)交渉し平和を創出するのか。小野寺防衛相が会見(基調演説)時に(北朝鮮が過去にした)約束について言及したが、それは過去のことであり、指導者は変わった」と指摘した。

    これに先立ち小野寺防衛相は基調演説で、「25年の歴史を振り返れば北朝鮮がとても先制的で肯定的な態度を見せながら突然国際社会のすべての平和努力を無視し武力措置を取ったことがある」として北朝鮮の平和協定破棄事例に言及した。

    小野寺防衛相は「北朝鮮は1994年に米朝基本合意書に合意したのに継続して秘密裏に核兵器を開発し、2005年に6カ国協議共同合意書を出しながら初めての核兵器実験を行った。単純に対話に乗り出したからと北朝鮮に見返りを提供すべきではない」と批判した。

    これに対し宋長官は「未来に向かう道で、約束を保障する見方からいま思い切った決断をして出てくる北朝鮮を理解してくれるよう望む。北朝鮮の住民や金正恩(キム・ジョンウン)委員長も現体制をそのまま維持しながら改革開放して住民の生活を向上させ、国際社会に同じ一員として進んでいくということにわれわれは焦点を置いて支援すべきで、それに対して疑問を持ち始めれば前に進みにくくなるだろう」と強調した。

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<国防部の宋永武長官、国際会議で日本防衛相の演説にくぎさす>
    http://japanese.joins.com/article/947/241947.html

    引用元: ・【韓国】 「北朝鮮を理解してくれるよう望む」~韓国国防部長官、国際会議で日本防衛相の演説にくぎをさす[06/03]

    【【韓国】 「北朝鮮を理解してくれるよう望む」~韓国国防部長官、国際会議で日本防衛相の演説にくぎをさす[06/03] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/21(火) 11:04:13.03 ID:CAP_USER
    同意のないセックスはなぜレイプなのか... 「性暴行」理解マニュアル

    YouTubeのアカウント「君も私も」、「同意するセックス」の説明

    茶の飲み方に比べた映像が6万3000件以上ヒット

    性交を「お茶を飲む行為」と比べて、お互いに同意するセックスというのは何なのか、分かりやすく説明したYouTubeの映像が、ネチズンたちの間で話題だ。

    YouTubeアカウント「君も私も」が16日に公開した、「お互いが同意するセックスは難しくない!」というタイトルの映像を見ると、解説者は「「よし、したい」が何を意味するのかわからない場合は、セックスをするという想像の代わりに、お茶を作ると想像してください」と説明を始める。

    彼は続いて、相手が「お茶を飲みたいか」という質問に「はい」と答えてこそ、相手とお茶を飲むことができると言う。また、相手が「お茶を飲みたいか」という質問に「さあ」と答えれば、「飲まないこともある」という事実を悟らなければならないと言う。また、「最も重要な部分」として、「あなたがお茶を一緒に飲みたいといっても、他の人の喉に押し込む権利はない」、「もし相手がお茶を飲むことを拒否するのなら、最初からお茶を作らないように」と言う。

    解説者は引き続き、多くの人のセックスに対する錯覚について、皮肉っている。解説者は「文字で「フフフ」と送ったとしても、お茶を飲みたいという意味ではなく、あなたが好きだといっても、あなたとお茶を飲みたいのではなく、お茶が好きだといっても、それを「あなたと」飲みたいわけではない」と説明する。 「お茶を一緒に飲む行為=セックス」と考えると、この比喩を容易に理解することができる。この映像は、16日に公開されてから4日後の20日午前現在、6万3000件のヒット数を記録した。

    性交における「同意」の重要性については、いくら強調してもしすぎることはない。ニューヨークタイムズは、「専門家が男性の強姦犯について調べた」という記事で、強姦犯の特徴の一つとして、「(強姦犯たちが)ほとんどの女性の拒否を受け入れずにセックスをしたという事実は認めたが、これを強姦とは思わなかった」という点を挙げた。

    実際、4月に米国の性暴力資料院(National Sexual Violence Resource Center)が1221人の成人を対象とした調査をみると、「同意のないセックスは性暴力」と答えた割合は84%だった。 16%は同意のないセックスを、強姦として認識していないということだ。同じ調査で、男性の33%と女性の21%は、「パートナーの一人が圧力を受ける状況で同意した性行為」を、性暴行として認識しなかった。

    しばらく前からは、「同意のないセックス」という用語を使用してはならない、という主張も提起されている。ヴァンダービルト大学の哲学教授ケリー・オリバーは、昨年ニューヨークタイムズに「同意のないセックスはない。暴力に過ぎない」という社説で、「セックスという言葉自体が「同意」の意味を含んでいて、同意のないセックスという表現は矛盾」と指摘している。

    ソース:ハンギョレ 2017-11-20 17:59(韓国語)
    http://www.hani.co.kr/arti/society/women/819784.html
    https://youtu.be/ASKBsBmZhDA


    引用元: ・【韓国】同意のないセックスはなぜレイプなのか…[11/21]

    【【そこから始めないと駄目なのかw】「同意のないセックスはなぜレイプなのか」韓国人向け「性暴行」理解マニュアル】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/01(金) 09:24:23.42 ID:CAP_USER
    2017年8月31日、韓国・インサイトが掲載した「外国人が韓国で経験した8つのカルチャーショック」と題する記事が韓国のネット上で注目を集めている。

    インサイトは同記事で、YOUTUBEにて最近公開されたある映像を紹介している。映像には韓国に住む数人の外国人が登場し、日常生活で衝撃を受けた「韓国の文化」について話をしている。

    外国人らはまず「食事中にトイレットペーパーを使用すること」を挙げている。韓国に8年住んでいるという外国人男性は「お尻を拭くために作られたトイレットペーパーは破れやすい。トイレットペーパーはトイレ用であって食卓用ではない」と主張している。

    次に外国人らが挙げたのは「痰を吐く人が多いこと」。韓国で働く外国人女性は「職場のドアがトイレの横にあるが、5分毎に痰を吐く音が聞こえる。もし英国で同じことをしたら、周りの人は本当に不快な気持ちになるだろう」と指摘している。

    さらに、外国人らは「男性がメークをすること」にも衝撃を受けたという。外国人らは「疲れを隠すためにBBクリームなどを薄く塗るくらいはいいが、それ以上はおかしい」との考えを述べている。

    そのほかにも映像では

    「韓国人のせっかち文化」
    「若い人たちが気軽に整形手術をすること」
    「食事中に音を立てて食べること」
    「殺人に対する刑罰が軽過ぎること」
    「三放世代、五放世代、七放世代という単語が存在すること」が挙げられている。

    「三放世代」とは経済的理由で恋愛、結婚、出産を放棄した20~30代をさす造語。「五放世代」はそれにマイホームと人間関係、「七放世代」はさらに希望と夢が加わる。これについて、外国人らは「韓国人は良い企業に入るために必死に努力をするが、一体何のために生きているのか?」と疑問を示している。

    この映像に対し、韓国のネットユーザーからは

    「男性が化粧をすること以外は全部、韓国人としても共感できる部分」
    「道に唾や痰を吐く人が多いことは私も理解できない」
    「『刑罰が軽過ぎる』には非常に共感する。犯罪者を簡単に許してはいけない。国会議員はこの声に耳を傾けてほしい」

    など理解を示す声が寄せられている。

    一方で

    「批判されているようで気分悪い。違うだけで韓国の文化が間違っているわけではない」
    「僕にとってはティッシュが用途別に分かれていることが不思議。なぜ汚いと感じるのだろうか?」
    「男性は化粧をしないという固定観念は捨てるべき」などと反発する声も多く、
    「外国と違い韓国のトイレットペーパーは再生紙を使用していないし、質も高い。だから食事の時にも使えるんだよ」と説明するユーザーもみられた。

    さらに「基本的なマナーは守るべきだが、全ての基準を外国人に合わせる必要はない」と主張するユーザーや、
    「米国やヨーロッパで生活して感じた点は、交通、治安、人間関係、教育などほとんどの面で韓国は世界トップクラスだということ」と対抗するユーザーもいた。


    2017年9月1日(金) 9時10分
    http://www.recordchina.co.jp/b188724-s0-c60.html

    【【韓国は世界トップクラス】ココが理解できない!外国人が衝撃を受けた8つの文化】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/02/22(水) 21:10:22.28 ID:CAP_USER
    武藤正敏元駐韓日本大使は代表的な『知韓派』外交官と呼ばれる。日本外務省東北アジア課長として韓国業務を担当し、駐韓日本大使館参事官、公使を経て大使(2010~2012年)にまでなり、ソウルと縁を結んだ。韓国語も駆使する。

    彼が最近、日本の週刊誌『ダイヤモンド』にコラムをのせた。武藤元大使は「韓国は苛酷な競争社会だ。大学入試戦争、就職難、老後不安、高い自殺率の社会」として「競争でもがいても補償されない不満が朴槿恵(パク・クネ)大統領に向かっている」とした。引き続き「パク大統領が在任中、韓日関係を改善しようとしたので攻撃対象になり、また、その対象が日本に飛び火した」と明らかにした。

    このコラムのタイトルは『韓国人に生まれなくて良かった』だ。外交官は通常、自分が勤務した駐在国を非難することを慎む。国際慣行であり礼譲だからだ。公職を離れた武藤元大使が何の話をしようと自由かもしれないが、韓日関係を重視する知韓派の文として残念な部分が少なくない。

    弾劾事態とろうそく集会の過程で表出された民心は多様だろう。武藤元大使の指摘のように様々な弊害が弾劾を契機に水面上にあらわれたかも知れない。しかし、それを韓国社会の躍動性だと解釈はできなかったのだろうか。埋められるところだった真実が結局は国民の力で明らかになったと評価することはできなかったのだろうか。弾劾事態の初期、日本保守メディアは『チェ・スンシルにもてあそばれた韓国は法治国家でもなんでもない』と皮肉ったから、このコラムが純粋な意図とは読みにくい側面はある。

    韓日慰安婦合意と関連しても、パク大統領は日本と関係改善を試みたのではなく国民を説得せずに批判対象になった。日本の真実の謝罪が先決条件といっておきながら2015年12月28日、突然合意に同意してしまって国民が不信を持ったからだ。かえって日本軍慰安婦被害者の中には「合意自体は避けられなかったし受け入れる」という人もいる。

    武藤元大使がこの様な前後の事情を分からなかったと思わない。逆説的だが知韓派という自身の位置づけが鎖になったのではないかと思う。ある中堅外交官は「日本外務省で韓国専門家は主流になりにくい。米国、中国、国連担当という主流の間で生き残るために、武藤元大使は絶えず『私は韓国側ではない』という声をあげなければならなかっただろう」と話した。

    この様な現象は日本だけの問題ではないだろう。現在のドナルド・トランプ米行政府で駐韓米国大使をはじめ韓国業務担当外交官は空席だったり前政府の人が席を守っている状態だ。だが『知韓派か違うか』という定規で適任の可否を判断すれば、私たち自ら前が見えない愚かな人々のわなに陥る格好になるだろう。

    韓国をよく知る人物と歓迎するのではなく、彼らに韓国の現実を正しく理解させて、それが自国の政策に反映されるようにすることを目標にしなければならない。

    チョ・スンホ政治部記者
    no title


    ソース:東亜日報(韓国語) [@ニュースルーム/チョスンホ]知韓派外交官の限界
    http://news.donga.com/home/3/all/20170222/83000502/1

    関連スレ:【韓国】武藤正敏元元駐韓日本大使、「韓国人に生まれなくてよかった」[02/17]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1487293983/
    【韓国】元駐韓日本大使「韓国人に生まれなくて良かった」に韓国人「不愉快だが間違ってない」「日本人に生まれなくて良かった」[02/17]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1487297725/

    引用元: ・【韓国】 知韓派外交官の限界~「韓国人に生まれなくてよかった」元日本大使、いつも韓国側ではないと主張する必要あった?[02/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【率直な感想だろ】 東亜日報「駐韓外交官に韓国の現実を正しく理解させければならない」】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/08/15(月)17:17:12 ID:j2j

    一部を抜粋

    人民日報の社長やフォーラムの司会者らは「中国はよそに迷惑を掛けるつもりはないが、自分たちの
    正当な利益は絶対に放棄しない」と語った。「シルクロード・メディア協力」を話し合う席であって
    も政治・外交問題を取り上げることはできるが、こんな強い言葉が出てくるとは思わなかった。姿勢
    を改め、座り直した。人民日報側のある発言者は「日本、フィリピン、韓国は中国の人民を深く傷つ
    けた」と言った。日本は尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題、フィリピンは南シナ海問題、韓国は高高
    度防衛ミサイル(THAAD)問題で傷つけたというのだ。尖閣諸島は日本側にも言い分があること、南
    シナ海の南沙諸島は公海上にあり、距離もずっとフィリピンの方に近いということ、北朝鮮の核で殺
    されないために韓国がやむを得ずTHAADを配備したことには、一切言及がなかった。

     「こちらが大国だということを知らないのか」という中国人の大国病は、今や党の下の機関員まで
    もが大っぴらに「大国」「小国」うんぬんと言うほどになった。今回のフォーラムでも「偉大な中華
    民族」という声を何度か聞いたと思う。THAADや南シナ海など、それぞれ考えが異なる国の間の問題で
    は、お互い言い分があるものだ。こういうとき、中国は「大国対小国」という目で問題を見る。双方
    が衝突したら小国が引いて当然、という考え方だ。西海(黄海)の境界線を、等距離ではなく人口比
    率の通りに決めようという奇想天外な発想も、ここから来ている。南シナ海問題で中国人が一層腹を
    立てているのも、フィリピンという小国にやられたからだ。THAADも同じだろう。

    このフォーラムでは、中国の傲慢(ごうまん)と無礼ばかりでなく、その力も目にした。アジアの一
    部の報道関係者は「米国が中国の平和な台頭を妨害する」「中国と全面的に協力する」と言った。席
    を見て回ると、相当数は華僑のように見えた。経済を中国に依存している国も、1カ国や2カ国ではな
    かった。中国と関係が良くないベトナムやフィリピンは、あまり目に留まらなかった。2日目、一帯一
    路フォーラムにやって来た世界およそ100カ国のメディア関係者は、西洋人まで含めて、いずれも熱心
    に中国のご機嫌を取る発言をした。カネのせいだとしても、結局は中国の力だった。

    筆者は、THAADについて「中国の立場も理解はすべき」という記事を2度書いた。中国のこの力が荒ぶ
    るのを防ごう、という趣旨で書いた記事だった。今になってみると、無駄な期待だったようだ。ある
    人は「韓国政府が誤りを犯して中国を説得できなかった」というが、どれほどうまくやっても、この
    「大国病にかかった大国」を変えることはできなかっただろう。もし中国が今回、最後まで「誰が大
    国で誰が小国なのか教えてやろう」という姿勢で来るのなら、韓国も「今の韓国は、事大をしていた
    国とは違う」ということを示すしかない。実に不幸で、防がねばならない事態だ。しかし、しくじる
    と、再び中華秩序の下に組み込まれる。そこには正当な経済取引も、北朝鮮の核の廃棄も、統一もな
    い。

    楊相勲(ヤン・サンフン)論説主幹

    省略部の詳細はソースで
    Chosun online 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/12/2016081201376.html

    引用元: ・【朝鮮日報コラム】大国病の中国に韓国はどう向き合うべきか[8/14]

    【【アホバカ理論】朝鮮日報コラム「THAADについて「中国の立場も理解はすべき」という記事を2度書いた。無駄な期待だった」】の続きを読む

    このページのトップヘ