まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:理由

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/23(木) 15:50:09.14 ID:CAP_USER
    Blizzard Entertainment/NetEase Gamesは6月19日、『ディアブロ イモータル(Diablo Immortal)』の中国向けリリース延期を発表した。公式サイトではゲームの最適化などを理由に挙げているものの、一部メディアは別の原因があるとみているようだ。

    『ディアブロ イモータル』は、『ディアブロII』と『ディアブロIII』の間の物語が描かれるMMOアクションRPGだ。日本などの地域ではiOS/Android向けに配信中。PC向けにも、オープンベータが実施されている。本作では、シリーズ初となるソーシャルな体験を実装。プレイヤーは、ほかのプレイヤーと共有される広大な世界やサンクチュアリを探索する。最大8人のチームを結成してレイドボスなどに挑戦したり、最大150名が参加可能なクランを結成したりすることが可能。また、陣営ベースのPvPシステムも用意されている。そして、中国において本作は6月23日に配信予定であった。しかしリリースを目前にした6月19日、突如延期が発表されることとなったのだ。

    中国向け公式サイトでは、延期の理由としてグラフィックやネットワークなどの最適化を挙げている。また、延期を待つユーザーへの感謝として、リリース後にはすべてのプレイヤーに対し、装備や素材などを含むアイテムパッケージを用意するとのこと。なお、延期後のリリース日程については発表されていない。

    一方、公式発表があったにもかかわらず、一部メディアは延期の理由が別にあると推測している。『ディアブロ イモータル』の公式アカウントによる、中国のSNSであるWeibo上のある投稿が関係していると考えているようだ。

    Finacial Timesによると『ディアブロ イモータル』のWeibo公式アカウントは5月22日、「熊怎么还不下台」との投稿をしたと伝えている。同紙はこの投稿を「Why hasn’t the bear stepped down(なぜくまは辞任しないのか)」と英訳した。現在この投稿は削除済みで、同アカウントは新たな投稿を禁止されている。Radio Free Asiaでは、そのスクリーンショットを確認できる。

    この投稿が問題となった背景に、「くま」が中国でタブー視されているという実態がある。それは2013年に端を発する。同年、中国の習近平国家主席が、当時のオバマ大統領とともに歩いていた画像が、「くまのプーさんとティガーが歩いているようだ」と比喩された。そして、このことはちょっとしたネットミームとなり、「くまのプーさん」は隠れた呼び名として定着してしまうことに。

    その後、中国ではプーさんそのものがご法度となってしまった。というのも、中国における国家主席は、ばかげた真似はせず、妙な癖もなく、間違いは犯さない存在とされている(BBC)。そして、そうした存在をくまのようだと表現されることは、中国政府としては好ましくないのだろう。中国内の各SNS上にもそういった方針は反映。プーさんに関連する、少しでも怪しい文面を投稿するだけで、アカウント停止となる恐れがあるようだ。『キングダムハーツ III』のトレイラー発表時には、Weiboにおける有力メディアたちが自主的にプーさんを“検閲”していたことが話題となった(関連記事)。
    こうした背景によって、今回の「なぜくまは辞任しないのか」という投稿は、国家主席に対する批判と捉えられてもおかしくないわけだ。Weiboが投稿を削除した理由は明かされていないものの、政治的なメッセージであることに起因すると考えていいだろう。Weibo上で「熊怎么还不下台」と検索した場合にも「関連する法律およびポリシー」に従って、「表示されません」という結果になる。

    そしてこの投稿の約1か月後、リリースの3日前になって『ディアブロ イモータル』の中国向けリリースは延期されることになる。延期発表の翌日朝には、NetEase株価が約10%下落。延期の理由が何であれ、同社にとって今回の延期は大きな痛手となった。


    一方で『ディアブロ イモータル』の国外の評判が芳しくない関係で、本当に調整のための延期した可能性もあるだろう。同作はモバイル向けに野心的に開発されているものの、既存のハクスラ要素に多くの課金要素を織り交ぜていることで、ユーザーからの批判も多い。Metacriticでは5600以上のレビューが寄せられ、本稿執筆時点でのユーザースコアは0.3。それらの批判のほとんどが課金要素にまつわるものである。そうした前評判から改善を施すために手を打った可能性もあるかもしれない。なお、調査会社のAppMagicは、同作の配信2週間での収益は2430万ドル(約33億円)にのぼると指摘している。

    配信を目前に延期となった中国版『ディアブロ イモータル』。本作の、新たなリリース時期は未定。日本を含むそのほかの地域では、現在配信中である。

    Automaton 2022-06-23 11:06 By Hideaki Fujiwara
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20220623-207849/

    引用元: ・【くま】中国で『ディアブロ イモータル』が最適化を理由にリリース延期。一方、「くま」が原因と推測するメディアも [Ikh★]

    【人類の敵 【くま】中国で『ディアブロ イモータル』が最適化を理由にリリース延期。一方、「くま」が原因と推測するメディアも [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/26(日) 21:32:43.61 ID:CAP_USER
    韓国初の月探査船「タヌリ」2カ月後に打ち上げ…月に直接向かわない理由

    設計から製作・運用まで韓国の国産技術で開発された韓国型ロケット「ヌリ号」(KSLV-2)が21日に打ち上げに成功し、韓国の宇宙探査技術に対する関心が高まっている。今年はヌリ号2回目の打ち上げのほかにも意味ある宇宙イベントがまだある。2カ月後に行われる月探査船「タヌリ」の打ち上げだ。タヌリは韓国初の月探査船で、「月をすべて享受してきなさい」という意味が込められた。

    ◇月にはなぜ探査船送るのか

    人類の月探査の歴史は1950年代にさかのぼる。冷戦時代に米国と旧ソ連が宇宙探査技術を先取りするために激しく競争した際に月探査技術も発展し始めた。1958年8月に米国はパイオニア1号を始まりに何度も月探査を試みたが、任務達成には失敗した。1カ月後に旧ソ連も負けないように月衝突船Ye1号を打ち上げたがやはり目標は達成できなかった。無人月探査が初めて成功したのはそれから1年後の1959年9月、旧ソ連の月衝突船ルナ2号が打ち上げられた時だ。

    人が直接月に着陸したのはそれから10年後の1969年だ。米国のアポロ11号はニール・アームストロングをはじめとする3人の宇宙飛行士を乗せて月に向かい、着陸に成功した。月に降り立ったニール・アームストロングとエドウィン・オルドリンは月に足跡を残し、月に観測器を設置した。月の石と砂を採取して地球に帰還した。その後これまで12人の宇宙飛行士が月表面に降り立ち、約380キログラムの月の石を採取して地球に戻った。現在まで月軌道に進入した国は米国とロシア、中国、欧州連合、日本、インドの6カ国だ。月着陸に成功した国は米国とロシア、中国の3カ国だけだ。

    韓国航空宇宙研究院月探査事業団のキム・ウンヒョク責任研究員は4月の講演で、人類が月探査に乗り出す理由を大きく3種類で説明した。キム研究員は最初の理由として、未知の世界に対する探求を挙げた。2番目は地球とは違う月で新たな科学的事実を確認しようとする欲求のためとみた。3番目は単純に月を探査するのにとどまるのでなく、人類の宇宙活動領域を拡張するのに月を踏み石とするためだ。月は地球と近いが、重力が地球の6分の1にすぎず、相対的に少ない量の燃料でロケットを他の惑星に送ることができる。月は火星をはじめとする深宇宙探査に向けた前進基地として活用することもできるという話だ。

    ◇8月3日に月へ向かう「タヌリ」

    韓国は2016年から月軌道船を本格開発し始めた。昨年には月探査船と通信する深宇宙アンテナを完成させ、月探査船タヌリは打ち上げ場移送前の仕上げ作業を終えて移送を待っている。タヌリは専用特殊コンテナに載せられ来月5日に航空宇宙研究院を出発した後、仁川(インチ ン)空港を通じて打ち上げ場所である米フロリダ州ケープカナベラル米宇宙軍基地に運ばれる。その後韓国時間8月3日午前8時20分にスペースXのファルコン9ロケットに載せ月に向かって打ち上げられる。韓国は2031年までに月着陸船を自力で打ち上げるという計画を持っている。

    タヌリは弾道型月軌道転移方式で月に送られる。地球や太陽など惑星の重力特性を利用して少ないエネルギーで月まで飛行する方式で、飛行時間は80~140日と長くかかるが、月に直接向かうより燃料消費量が25%ほど少ない。打ち上げ後ファルコン9から切り離されたタヌリは太陽電池パネルを広げて太陽光により電気を生産し、アンテナで地球と通信することになる。約4カ月半かけて合計9回の軌跡修正機動を経た後に計画した軌跡の通りに月に接近すれば12月16日に月軌道に到着する。その後最終任務軌道に無事到着するために5回の軌道進入機動を行った後、今年最後の日である12月31日に月の高度100キロメートルの円軌道に進入し1年間に6種の科学任務搭載体を通じて任務を遂行することになる。

    タヌリに載せられる6個の搭載体のひとつは米航空宇宙局(NASA)で作ったシャドーカムだ。タヌリが成功裏に任務を遂行すれば韓国と米国の初の宇宙探査協力が成功裏に行われることになる。KB証券のユン・チャンベ研究員は「西側諸国のロシア経済制裁で国同士の覇権競争が国境線を超え宇宙まで競争の場に変えている。民間主導の宇宙開発が本格化し韓米が各種宇宙プロジェクトで協力する機会が増加するだろう」と予想する。

    ソース 中央日報日本語版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d18a54718a3eb24b0d7b3f7fe421fd0060ee2e29
    956

    【中央日報】韓国初の月探査船名は「タヌリ」★2 [5/24] [Ikh★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1653394425/

    引用元: ・【宇宙イベント】 韓国初の月探査船「タヌリ」2カ月後に打ち上げ…月に直接向かわない理由[06/27] [LingLing★]

    【文乗せて飛ばすとか言ってなかった? 【宇宙イベント】 韓国初の月探査船「タヌリ」2カ月後に打ち上げ…月に直接向かわない理由[06/27] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/23(月) 14:07:39.21 ID:CAP_USER
    (略)

    8割程度の国民が中国に親しみを感じないという傾向は、尖閣領有権問題が本格化し、中国脅威論が高まったこの10年間で大きく変化していない。多くの国民が日中関係の重要性を理解しているにもかかわらず、そのことが中国への親近感に結びつかないのである。対中政策をめぐる世論の分裂がなく、日本人の対中好感度が低水準にとどまっていることは、裏を返せば中国側の影響力工作が行われていないか、またはほとんど機能していないことを意味する。それでは、なぜ中国の影響力工作は日本に対して無力なのであろうか。

     歴史をさかのぼると、第2次世界大戦後の日本は、中国の影響力工作につねにさらされ続けてきた。中国による日本社会を対象にした影響力工作は1950年代中頃にまでさかのぼる。スターリン死後の東西冷戦の緊張緩和のなかで、中国政府は対日政策を新たに策定する。それは民間交流を通じて日本国内の世論を味方に取り込み、アメリカと協調して中国非承認政策をとる日本政府に政策変更を迫る「以民促官」と呼ばれる方針であった。

    ■中国は国家間外交でなく「人民外交」を重視

     中国側は国家間外交ではなく、日中両国の国民が自発的に交流する「人民外交」を重視していた。具体的には、日本の各界関係者を積極的に中国に招いて、さまざまな民間協定を締結し、民間レベルでの関係を発展させようとした。こうした「人民外交」は革新勢力のみならず、多くの一般の日本人を惹きつけたことは事実である。だが、これらの民間交流は自発的に起こったものではない。中国側の民間団体の関係者は政府に厳しく統制されていた。その意味でこの「人民外交」は、日本とアメリカを離間させることを目指した中国政府による影響力工作の一環であった。

     日米離間を目指した中国政府が、最も期待をかけたのが1960年の日米安全保障条約改定をめぐる反対闘争(安保闘争)であった。この頃、中国政府は、日本国内で反米運動が高揚していることに着目し、岸信介政権への対決姿勢を打ち出した。中国側は、野党第一党の日本社会党による安保闘争を全面支援しただけでなく、保守勢力の分断を図るべく、自民党内の反主流派に積極的な訪中を働きかけた。

     安保闘争以後も中国側は、日本の国内政治に対する影響力行使を続けた。1978年に日中平和友好条約の締結交渉に臨む際、当時の福田赳夫首相が「本件条約が締結される以上、日中関係は相互に内政干渉に渉る行為を絶対に行わないことを確保する必要がある」という原則を示したのは、当時の空気を如実に物語っている。

    今日と違って中国側が大きな影響力を行使できた背景は2つ拳げられる。

     第1に、日本国内に中国に対する同情的な世論が広く存在したためである。それは「進歩的」とされた共産主義イデオロギーへの魅力と、中国大陸における過去の戦争で、中国人に甚大な被害をもたらしたことに対する日本人の贖罪意識が入り交じるものであったといえよう。国交正常化前の中国の対日影響力の源泉は、今日でいうところのソフト・パワーに近いものであったといえる。

     第2に、日本の政治制度も中国の影響力工作に有利に作用した。1950年代後半から1970年代後半まで、自民党の派閥全盛時代であった。中国と台湾(中華民国)の「2つの中国」問題が自民党内の権力闘争に連動する形で、親中国派と親台湾派との対立が先鋭化した。この時期、中国だけではなく台湾も、自民党に対する影響力工作を行っており、冷戦によって生じた分断国家が、それぞれ自民党の派閥と結びつくクロス・ナショナルな構図が見られたのである。

    ■最終的には目的を達成できなかった

     中国の影響力工作は効果的であり、日本国内の世論を分断し、保革対立を激化させることに成功した。しかし、彼らは最終的に目的を達成できなかった。中国側は自民党の1党優位体制を崩すことができず、日本をアメリカから離間させるという目標を達成できなかったのである。

    (略)

    冷戦期から中国政府は日本に影響力工作を実施していたが、中国側の手法について多くの日本人が知識や経験を持っていた。さらに1990年代以降、中国政府が日本に影響力を行使するためのチャネルが失われた。冷戦終結による革新勢力の弱体化に加えて、自民党や財界の親中国派も力を失い、中国側が日本に対する働きかけが難しくなったのである。日本が1950年代から中国の影響力工作を受け続けてきた経験は、皮肉にも今日の中国のシャープ・パワーに対する抵抗力になっているといえよう。

    全文はソースで (井上正也/慶應義塾大学法学部教授)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/45648e7e115bf6415556cc3977f21c77606e9b27?page=1

    引用元: ・日本に中国の影響力工作が及ばなくなった理由、戦後の日中経済史を振り返って見える変化 [5/23] [昆虫図鑑★]

    【ミンスの失敗のせいだろwww - 日本に中国の影響力工作が及ばなくなった理由、戦後の日中経済史を振り返って見える変化 [5/23] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/08(日) 11:41:22.31 ID:CAP_USER
    no title


    1ポケモン
    2ハローキティ
    3クマのプーさん
    4ミッキーマウス
    5スターウォーズ
    6ディズニープリンセス
    7アンパンマン
    8マーベル
    9スーパーマリオ
    10ハリーポッター
    (世界トップ10メディアフランチャイズ順位)


    ポケモン人気がすごい。2月23日の「ポケモンパン」発売から食品だけでなくファッション、おもちゃ、ホテル、サムスン電子のスマートフォンまで分野を問わずマーケティングの核心に登場している。人気の出発点であるポケモンパンはこれまでに実に2000万個近く売れた。1996年にゲームから誕生したポケットモンスターが26年が過ぎたいま韓国市場を揺るがす理由は何か。

    ◇1500ウォンのロト

    ポケモン人気の秘訣はパンやお菓子の中に入ったステッカーだ。合計159種類のステッカーをすべて集めたいという欲求を呼び起こす。こうした欲求は子どもだけでなくポケモンの思い出がリアルな大人たちも同じだ。漠然とした期待で買うロトは毎回失望感を抱かせるが、1500ウォン(約154円)のポケモンパンの中には希望のキャラクターではなくても100%ステッカーが入っている。それが収集欲であれ、レトロトレンドであれ、ステッカーを転売する財テク手段であれ、ポケモンは新型コロナウイルスでつらくしんどい人々に「思い通りになる」いくつもない「小さいけれど確実な幸福」だ。

    ◇ティラノサウルスを知っていますか

    ステゴサウルス、トリケラトプス、ブラキオサウルス…。幼い子どもたちが発音するのも難しい恐竜の名前を片っ端から暗記するのを見ると不思議に思う時がある。ミニカーで遊びながら内外の各種自動車の名前を覚えてしまうのも同じだ。それぞれ違う姿と特徴、異色な名前を持ったポケモンは子どもたちに自動車や恐竜と似た点が多い。ピカチュウ、ライチュウ、ヒトカゲ、ゼニガメなど多様なモンスターを発音し見分けながら理解していくこと自体がとても興味深い遊びの対象だ。

    (略)

    旧世代と新世代はほとんどすべての面で対立がある。親は子どもを、子どもは親を理解することはできない。だがポケモンの場合、90年代後半にゲームをしてアニメを見た世代がいまでは30代後半から40代初めになり、幼い子どもを持つケースが多い。表向きはポケモン商品を買ってほしいという子どもにいい加減にしなさいとは言うが、心の中では「そうだね、私も好きだった」と理解する。親世代と子ども世代がひとつのテーマを消費し疎通する非常に珍しい現象ということだ。流通専門家の中にはポケモン市場がこのように大きくなった本当の背景を親世代のファンに求める人が多い。

    ◇念入りに築いたコンテンツが崩れるだろうか

    英国の時事週刊誌エコノミストはポケモンを「日本の最も成功的な文化輸出品」と評価した。セーフベッティングサイトによると、ひとつの知的財産権(IP)がさまざまな分野に拡張したメディアフランチャイズの中でポケモンの売り上げは2021年3月基準1000億ドルで世界1位だ。人気の根幹は結局コンテンツ競争力という話だ。

    だれが見てもかわいらしいスタイルに、キャラクターごとの明確な個性、他のポケモンと出会ってますます強くなる成長ストーリーなど、面白さ、快感、スリル、成就、感動の要素をまんべんなく備えた。ワールドスターBTSだけ見ても激しい努力と緻密な戦略で巻き起こすソフトパワーがどれだけ強大な影響力を発揮するのかわかる。

    https://japanese.joins.com/JArticle/290773?servcode=400§code=400

    引用元: ・【中央日報】「ポケモン」がいま韓国市場を揺るがす理由…分野問わずマーケティングの核心に登場 [5/8] [昆虫図鑑★]

    【韓国なんてチョロいチョロいwww 【中央日報】「ポケモン」がいま韓国市場を揺るがす理由…分野問わずマーケティングの核心に登場 [5/8] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/02(月) 09:33:10.07 ID:CAP_USER
    ※JTBCのニュース動画
    「親日画家」議論に… 100ウォン硬貨の中で「イ・スンシンの顔」変わるか/ JTBCニュースルーム
    https://www.youtube.com/watch?v=2lRJSSgb80I


    2022年4月28日、韓国・JTBCは「100ウォン硬貨に描かれておりなじみの深い李舜臣(イ・スンシン)将軍の肖像画について、描いた画家が親日派だと判明したことから別の絵に差し替えるべきだとの声が上がり、論争が3年間続いている」と伝えた。

    韓国では1973年に、偉人の肖像画が乱立することを防ぐため、国が「標準」の肖像画を指定する制度が設けられた。この時に標準指定された李舜臣将軍の肖像画が、現在まで用いられている。

    これを描いたのが張遇聖(チャン・ウソン)画伯だが、2009年に同氏の名前が「親日人名辞典」に掲載されたことで、論争が始まったという。

    張画伯は日帝時代、日帝を称賛する作品を公募美術展に出品させられていたという。遺族らは「積極的な親日売国行為ではなかった」と反発しているが、文化財庁顕忠祠管理所が10年に初めて、標準指定の解除を求めた。

    また、肖像画の服装も時代に合っていないと指摘され、17年にも顕忠祠管理所が指定解除を求めている。

    しかし、肖像画は教科書や硬貨にも用いられており、それらも全て変更するとなれば膨大な費用がかかり社会的混乱も招くと予想されるとして、訴えは却下され続けてきた。20年に顕忠祠管理所は3度目の指定解除要請を行ったが、現在まで解決に至っていないという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは

    「変更に賛成」
    「当然、変えるべき」
    「親日の画家が描いたんじゃなくても、16世紀の人物が19世紀の衣装を着てたら深刻な歴史歪曲(わいきょく)じゃないか」
    「歴史的人物の歪曲されたイメージを、費用問題を理由に放置したらだめでしょ」
    「もう流通している硬貨はそのままにして、新しく作る時に変えることはできないの?」
    「また親日勢力の時代が来たのに、変更しようと思う人がいるかね?」
    「左派は大したことじゃなくても何でも直せとうるさい」
    「ちゃんと学んだ人たちがきちんと関心を向けていれば、こんなことにはならなかったろうに。何も考えずに仕事するからこうなる」
    「将軍の魂を称えることが大事なのであって、今さら誰が描いたかは重要ではない。それに、親日人名辞典そのものが客観的なものではない」
    「親日なら、何か惜しいことがあるとしても、理由を問わず捨てるべきだ」

    など、賛否両論さまざまなコメントが寄せられている。

    2022年5月1日(日) 19時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b893459-s39-c100-d0195.html

    引用元: ・【韓国】 100ウォン硬貨、「画家が親日」との理由でデザイン変更? 論争が3年間続く [05/02] [荒波φ★]

    【ホントにイカれた奴らだぜ 【韓国】 100ウォン硬貨、「画家が親日」との理由でデザイン変更? 論争が3年間続く [05/02] [荒波φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ