まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:理想的

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/10(木) 21:33:12.04 ID:CAP_USER
    no title


     9日午後、ソウル市東大門区のソウル市立大博物館を訪れた。正門には「平壌の時間」と題する展示会のポスターが張られていた。「写真で見る北朝鮮の都市」という副題で今年10月中旬まで開かれる展示会だ。現在は博物館内部の漏水で一時休館しているが、コロナ下でも展示会は7カ月余りにわたって開かれてきた。ところが、展示物には北朝鮮の首都・平壌を一方的に美化する物が多く、論議を呼んでいる。展示物の説明には平壌を「理想的な社会主義都市」と記したり、平壌の都市景観を「スペクタクル(壮観)」と紹介している部分もあった。

     本紙の取材を総合すると、展示会は4つのテーマに分かれているが、特に第4のテーマである「スペクタクル平壌」に論議を呼ぶ表現が多数登場する。約2メートルの高さの展示物には、「韓国戦争(朝鮮戦争)の激戦地だった平壌は北朝鮮のどの都市よりも深刻な被害を受けた」とし、「平壌はそれを契機に理想的な社会主義都市に生まれ変わった」と書かれている。また、「北朝鮮式社会主義建設と共に、民族伝統主義を掲げ、韓屋(韓国の伝統式住居)の形をまねた記念碑的建造物が建てられた」とし、「主体(チュチェ)思想を通じ、民族主義様式の巨大な記念碑を建てたことで、平壌都心のスカイラインが完成する」と説明している。

     金正恩(キム・ジョンウン)の功績を称える部分も登場する。「最先端化、大型化と共に速度を強調する平壌の姿と人々の日常を展示した」「金正恩時代に平壌は速度を掲げ、公園、百貨店など生活文化施設と緑地拡充中心にスペクタクルが再現されている」などと北朝鮮側の主張を一方的に代弁したかのような説明が散見される。

    ソウル市立大は昨年11月に同展示会を開始する際、約120年間の平壌の変化を写真と地図などで展示する企画展だと説明した。展示会を主管した市立大博物館は「2018年から平壌経済研究所など関係機関から資料を収集してきた」とし、「総長の決裁を受け、展示会を開催した」と説明した。ソウル市によると、同展示会には大学の予算9100万ウォン(約893万円)が投じられた。

     市立大関係者は「平壌について紹介する部分は大部分がソウル市、統一部の研究資料、大学教授らの論文、文学などに登場する表現を抜粋、引用したものだ」としたほか、「『スペクタクル平壌』という表現は他の貧しい北朝鮮の都市と比較し、平壌の姿がショーウインドー式の演劇舞台に近いという点を強調するための二重の意味がある」と説明した。しかし、実際の展示会を観覧すると、資料の出所が明らかにされていない。

     昨年市立大の博物館長を務めていたS教授は今年2月にマスコミのインタビューに対し、「18年の(南北)首脳会談など南北和解に向けた劇的な瞬間があった。北朝鮮の心臓に等しい平壌を知ってもらう展示を行うことも意味がある」と述べている。本紙がS教授の立場を照会したところ、市立大関係者は「S教授は館長の任期が終了し、現在は『安息年』で連絡が取れない状態だ」と回答した。ソウル市は「市の予算を支援せず、展示の企画や構成には関与していない」との立場だ。

     市立大4年生のPさんは「北朝鮮の立場で強調したい断面ばかりを見せる展示会だ」と話した。在英北朝鮮大使館の元公使、太永浩(テ・ヨンホ)国会議員(国民の力)は「金日成(キム・イルソン)回顧録、(ソウルで開かれた)P4G首脳会議の開幕式に平壌・綾羅島の映像が使われた論争に続き、ソウル市内で平壌のイメージを美化する行事が開かれており、とんでもない」と話した。


    イ・セヨン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/06/10 13:10
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/06/10/2021061080050.html

    引用元: ・【スペクタクル平壌】「平壌は理想的社会主義都市」…ソウル市立大の展示会が物議 [6/10] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【すでに完了してるな 【スペクタクル平壌】「平壌は理想的社会主義都市」…ソウル市立大の展示会が物議 [6/10] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/26(火) 11:32:32.78 ID:CAP_USER
    (朝鮮日報日本語版) 【コラム】9カ月ぶりのソウルで考えたこと

    3/26(火) 11:21配信
    朝鮮日報日本語版

     先日、健康診断のため少しの間ソウルを「訪問」した。東京に赴任してから9カ月ぶりのことだった。朝7時に地下鉄駅で降りて病院に行く時だった。病院の正門の方から歌声が聞こえてきた。「力強く闘争せよ、民労総」。行ってみると、病院のすぐ前の私道に全国民主労働組合総連盟(民労総)のマークが付いた車が止まっていて、その屋根に設置された大型スピーカーから闘争歌が流されていた。車の前には「○○建設を糾弾する」というプラカードが街路樹の間に結びつけられていた。病院の正門前でなぜこのようなことが起こっているのか分からなかった。

     午前11時ごろ、健康診断を終えて出てきた。まだ民労総の車が同じ場所にいるのが見えた。数十メートル離れた場所からも闘争歌が聞こえた。進入路を通ってスムーズに病院前に至るはずの車の列が、民労総の車を避けるため進路を90度曲げざるを得なくなっていた。

     市民たちは平気な様子で行き来するだけで、民労総の車にはほとんど関心を示していない。おそらく記者も、外国から来ていなかったらただ通り過ぎていただろう。「なぜ早朝から民労総の闘争歌を聞かなければならないのか」などと問題提起しようとも思わなかったかもしれない。

     東京赴任前にソウル・光化門本社で勤務していた時、デモ隊の違法駐車や闘争歌、プラカードに慣れていた。ソウル中心部のビル街に響き渡って増幅されるシュプレヒコールや歌が日常的になっていたため、ある瞬間にあきらめの境地に達したというべきだろう。ソウルはいつからか切迫した状況を抱える人々の「デモの場」になってしまった。どこかしらの団体がマットを敷いたら、別の団体がその隣にテントを張るのを誰も止められない状態だ。

     この9カ月間、東京では「デモ隊」を見ることすら容易でなかった。人に会うのが仕事なので、官庁が立ち並ぶ霞が関をはじめ、銀座や六本木などに毎日通っているが、デモ隊と出くわしたことはほとんどない。ときどき改憲反対デモや外国人嫌悪デモが行われてはいるが、韓国の街頭デモとは比べものにならないほど「おとなしく」行われている。天皇が暮らす皇居前の広場はソウルの光化門広場より10倍以上大きい。首相公邸や議会が近くてデモをするには良い場所だが、プラカード1つない「デモ・ゼロ」の状態を常に維持している。

     日本社会でも人々がやるせなさや無念さを感じることがないわけはない。2011年の東日本巨大地震で死亡した日本人は1万5897人だ。行方不明者も2634人に上る。韓国だったら国が何度もひっくり返るほどの大きな事態だが、日本で「やるせない、無念だ」といって都心に出てきてデモをすることはない。このような日本社会に対して「息が詰まるようだ」と批判する日本の知識人に会ったこともある。

     どんな不満であれ、表に出してデモをすることが日常化している社会と、すべての不満を内にとどめて抑える社会。この2つの社会を足して二で割れば理想的な社会になるのだろうと考えながら東京に戻った。

    東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00080058-chosun-kr

    引用元: ・【朝鮮日報】9カ月ぶりのソウルで考えたこと 韓日を足して2で割れば理想的な社会になる

    【ホントに気持ち悪い。 【朝鮮日報】9カ月ぶりのソウルで考えたこと 韓日を足して2で割れば理想的な社会になる 】の続きを読む

    このページのトップヘ