まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:現代自

    1: まぜるな!キケン!! 2021/02/14(日) 12:41:11.33 ID:CAP_USER
    ※元記事(韓国語)
    https://www.hankyung.com/car/article/202102108227g

    2021年2月12日、韓国メディア・韓国経済は、現代自動車(Hyundai)が日本における電気自動車「アイオニック(IONIQ)5」の発売を検討していると報じた。

    同社は2009年に一度日本市場から撤退しているが、高い競争力を備えた電気自動車の分野で再進出に挑む見通しだ。

    現代自動車は11日、「アイオニック5」の右ハンドルモデル用の金型を製造し、協力企業から10台分に相当する部品の供給を受けたことを明らかにした。

    これらを基に、今後試作車を制作する予定だという。

    「アイオニック5」の右ハンドルモデルは、日本市場を狙ったものという見解が強い。

    右ハンドル車が主流を占め、エコカーの十分な需要が見込まれる国は、現在のところ日本のみだからである。

    米国や欧州などの92カ国は、左ハンドル車を標準としている。

    右ハンドル車を採用する国は44カ国だが、内燃エンジン車よりも高価な電気自動車の需要が期待できる国は日本や英国、豪州くらいだという。

    その上、日本以外の国は市場規模が小さいとされている。

    韓国GMの親会社であるゼネラルモーターズ(GM)は、収益率向上のため日本以外の英国、豪州、ニュージーランド、インド、タイ、南アフリカなどから昨年撤退を決めた。

    現代自動車は2001年にも日本市場へ進出したが、業績不振で2009年に撤退している。

    トヨタ、ホンダ、日産など国内ブランドのパワーが強く、軽自動車の販売が多くを占める日本では売れ行きが伸びなかった。

    しかし、近年、日本政府は電気自動車の普及促進政策を打ち出し、補助金の拡大や充電所などのインフラ拡充に積極的である。

    しかも日本のメーカーは高い技術力を備えたハイブリッドエンジン搭載車の開発に注力し、電気自動車の分野にはそれほど積極的でないとみられている。

    スウェーデンの電気自動車専門メディア「EVセールズ」の集計によると、昨年の販売量1位はテスラの「Model 3」であり、現代自動車の「コナEV」も5位に名を連ねた。

    一方で一昨年3位の日産「リーフ」は7位に、三菱の「アウトランダー PHEV」は7位から19位に後退した。「全固体電池」関連で多数の特許を保有するトヨタも、すぐに実用可能な車両の開発に乗り出すのは難しいとみられているという。

    韓国の業界関係者は日本への再進出を前向きに評価しているが、現代自動車の関係者は「まだ何も決まっていない」と話しているという。

    これに対し韓国のネットユーザーからは、

    「現代自動車、頑張れ」
    「成功して世界の市場を席巻してほしい」

    などと応援の声が上がる一方、

    「日本市場を狙う前に、韓国内のユーザーへの対応を見直すべき」
    「電気自動車は欠陥のないしっかりした製品を作ってほしい」との指摘や、
    「デザインはいいが日本では売れない気がする」
    「“日本に進出する=日本の技術力を超えた”とアピールしたいだけでは?」

    といった冷ややかなコメントも多く寄せられた。


    2021年2月14日(日) 11時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b872038-s25-c30-d0191.html

    引用元: ・【くるま】 狙いは日本市場?  韓国現代自が右ハンドルの電気自動車を制作へ [02/14] [荒波φ★]

    【テロか? 【くるま】 狙いは日本市場?  韓国現代自が右ハンドルの電気自動車を制作へ [02/14] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/07(金) 10:01:59.33 ID:CAP_USER
     最近中国の「武漢肺炎」の影響で韓国と日本の自動車業界の明暗が分かれている。韓国が自動車メーカーは中国からの部品供給が途絶え、稼働を中断しているのに対し、部品の供給先を多角化した日本メーカーは今のところ特に打撃を受けていない。

     自動車業界関係者によると、現代自動車は4日から段階的に韓国での工場稼働を中断している。4日からジェネシスG70、G80、G90を生産する蔚山第5工場第1生産ライン、ポーターを生産する蔚山第4工場第2生産ラインが止まり、蔚山第1工場も5日に生産を中断した。

     ツーソンとネクソを生産する蔚山第5工場第2生産ライン、商用車を生産する全州工場のトラック生産ラインは6日から、GV80、パリセード、ツーソンを生産する蔚山第2工場、アバンテ、アイオニックなどを生産する蔚山第3工場、ソナタ、グレンジャーを生産する牙山工場は7日から稼働を中断する。

     双竜自動車も4日から稼働中断に入った。起亜自動車も所下里工場(京畿道光明市)と光州工場で生産量を削減した。

     韓国の自動車メーカーが相次いで工場稼働を中断したのは、部品のうちワイヤーハーネスの供給に支障が生じたからだ。

    現代自の場合、ユラ・コーポレーション、キョンシン、THNなど韓国の部品メーカーからワイヤーハーネスの供給を受けているが、その大半が中国工場で生産され、韓国に輸出されている。
     ワイヤーハーネスは車体上のさまざまな電子部品をつなぐケーブルの束であらゆる車種に必ず使用される。複雑な技術は必要ないが、モデル別にそれぞれの規格に合わせ、精密に製造する必要があるため、手作業で生産されている。

     ユラ、キョンシンなど韓国企業は2000年代初め、現代自が中国に進出すると同時に現地にワイヤーハーネス工場を移転した。中国は韓国に比べ人件費が安い上、物流輸送費、関税などのコストも節減できるからだった。

     韓国の自動車メーカーが部品一つの供給トラブルで対応に苦慮しているのに対し、トヨタなど日本メーカーはこれまで特に打撃を受けていないという。トヨタ関係者は「本社に尋ねた結果、部品供給には全く問題がないという回答があった」と答えた。

    ホンダ、日産なども武漢肺炎による生産への影響は特にないという。
     日本メーカーもデンソー、古河電工、矢崎総業、住友電気工業など主に自国の部品メーカーからワイヤーハーネスの供給を受けている。しかし、現代・起亜自の中国進出と共に中国に生産ラインの大半を置いた韓国の部品メーカーとは異なり、日本メーカーは東南アジアでもかなりの量を生産している。

     日本の部品メーカーが東南アジアに生産を多角化したのはメーカーの海外進出と密接な関係がある。現代自が中国に5工場を集中させたのに対し、トヨタ、ホンダなど日本企業は早くから東南アジア市場への進出に力を入れた。その上、東南アジア市場は中国よりも相対的に人件費が安く、複数の工場を稼働できた。

     完成車メーカーと共に東南アジア市場に進出した日本の自動車部品メーカーは現地で投資、雇用を増やし、根を下ろすことに成功した。

     現代自にワイヤーハーネスを最も多く供給するユラの場合、中国に9工場を置いているのに対し、東南アジアにはベトナムに1工場があるだけだ。

     一方、日本の古河電工は中国の深セン、重慶、武漢のほか、タイ、フィリピン、カンボジアなどでもワイヤーハーネスを生産している。矢崎総業もカンボジアでかなりの量を生産し、各国の日本の完成車メーカーに供給している。

     専門家は東南アジア市場進出を推進している現代、起亜自が部品メーカーの現地進出も積極的に促すべきだと強調する。特に現代自が最近工場を建設しているインドネシア、ベトナムなどは中国に比べ人件費が安く、韓国の部品メーカーが同時進出する上で有利な環境にあると評されている。

    チン・サンフン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020020780010

    2020/02/07 09:40

    引用元: ・【朝鮮日報】武漢肺炎で現代自は稼働中断、トヨタはフル稼働…明暗分かれた韓日自動車産業[2/7]

    【ただでさえ倒産続きなのに【朝鮮日報】武漢肺炎で現代自は稼働中断、トヨタはフル稼働…明暗分かれた韓日自動車産業[2/7]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/09(水) 01:22:15.14 ID:CAP_USER
     韓国経済を牽引(けんいん)してきた製造業がボロボロだ。電子、自動車など売上高上位30社の今年1~9月期の業績は半数が前年同期に比べ減収となり、3分の1超が営業減益となった。特に「ビッグ2」と呼ばれる韓国の看板企業、サムスン電子と現代自動車は新型スマートフォンの欠陥問題やストライキなどが響き、今年7~9月期の営業利益が前年同期比約30%も減少した。折から韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入疑惑による政治の混乱も重なり、韓国内では「経済は危機水準」と悲観論が広がっている。

     朝鮮日報によると、朴大統領は10月22日の大統領府首席秘書官会議で、韓国経済について「これまで大変なヤマ場をうまく乗り越えてきた」と強気の見方を示した。だが、韓国の経済副首相に内定した任鍾竜(イム・ジョンリョン)金融委員長は11月7日、緊急金融市場点検会議で「韓国の経済と金融市場が薄氷を踏むような困難な状況に直面している」と危機感を隠せなかった。

     企業情報分析業者の財閥ドットコムが韓国の売上高上位30社の今年1~9月期の業績を分析したところ、15社が前年同期から減収、13社が営業減益になったという。

     売上高では、石油・化学大手SKイノベーション(22%減)、半導体大手SKハイニックス(18%減)、鉄鋼大手ポスコ(14%減)、液晶パネル大手LGディスプレー(11%減)などで10%以上の落ち込みを記録。30社全体でも6.4%減の644兆ウォン(約59兆円)と不振が目立った。

     聯合ニュースなどによると、サムスン電子の今年7~9月期連結決算は欠陥が判明したスマホ「ギャラクシーノート7」の生産・販売停止が響き、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比29.7%減の5兆2000億ウォン(約4800億円)となった。2014年7~9月期(4兆600億ウォン)以来、8四半期ぶりの低水準だ。スマホ事業を担うITモバイル部門の営業利益は96%減の約1000億ウォンにとどまった。

     売上高も7.5%減の47兆8200億ウォンで、6四半期ぶりの低水準だった。

     現代自動車の7~9月期連結決算も営業利益が29%減の1兆681億ウォンで、国際会計基準(IFRS)の適用が義務化された10年以降、四半期ベースで最も低い水準になった。売上高は5.7%減の22兆837億ウォンだった。

     現代のチェ・ビョンチョル財経本部長(副社長)は「新興市場の通貨安と需要の伸び悩みに加え、国内工場の度重なるストライキの影響で生産が減少し、固定費の割合が拡大した」と業績悪化の理由を説明した。

     サムスン電子と現代自動車の年間売上高は韓国の国内総生産(GDP)の約2割を占めるだけに、両社の不振は衝撃が大きい。

     中央日報によると、2010年に年間15%を超えていた韓国企業の売上高の増加率は昨年0.3%に急低下した。今年はマイナスに転落する可能性も否定できない。

     問題はこれまで韓国の経済成長の立役者だった大企業と製造業の失速がより鮮明となっていることだ。

    http://www.sankei.com/premium/news/161109/prm1611090006-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/161109/prm1611090006-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/161109/prm1611090006-n3.html
    http://www.sankei.com/premium/news/161109/prm1611090006-n4.html

    >>2以降に続く)

    no title

    国政介入疑惑に関し、国民向け談話を発表し、謝罪する韓国の朴槿恵大統領=11月4日、ソウルの青瓦台(聯合=共同)
    no title

    韓国・ソウルの店頭に展示されたサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」=10月11日(AP=共同)
    no title

    ソウル市内の販売店に積み上げられた「ギャラクシーノート7」=10月12日(聯合=共同)

    引用元: ・【韓国】サムスン、現代自の大幅減益で韓国の製造業がボロボロ…国政介入疑惑「薄氷踏む」危機に拍車 日本うらやむ報道も[11/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【めっちゃ、稼いでるやんけ! 】サムスン、現代自の大幅減益で韓国の製造業がボロボロ、悲観論が広がる】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/10/06(木) 15:31:41.82 ID:CAP_USER
    現代自労組が全面ストを実施した先月26日、蔚山近辺のゴルフ場は予約がいっぱいになる


    「現代自動車は本当に良い会社だね。うちの子には是非とも現代自動車に入ってほしいね」

    7月から賃金交渉問題でストライキを展開していた現代自動車労働組合の組合員たちが9日間の夏休みを終えて職場に戻り、再びストライキを続けているという記事を読んだ同僚記者の言葉だ。

    そして、「ストライキ中に夏休みを取って、夏休みが終わったらまたストライキするのもおかしいが、ああいうことをしていても会社がちゃんと回っていると言うのだからもっとおかしいよ」と言った。

    現代自労組は生産に過去最大規模の支障を来しながらもストライキを続けている。先月30日現在、24回目のストライキを実施して生産に支障を来しており、被害額は2兆7800億ウォン(約2556億円)に達すると推定されているが、会社側は静観している。

    むしろ、こうしたことがマスコミに知られることを望んでいないような雰囲気だ。消費者たちが現代自のストライキを「車の値上げ」「品質の低下」につながると受け止め、抵抗を感じていることをよく知っているからだ。

    事実、現代自のストライキを報じる記事には、「あんなことをしおいて、後でこっそり車を値上げするんだろう」「二度と現代の車は買わない」というコメントが相次いで寄せられている。

    こうした状況の中、海外の工場建設は現代自が選択した自己救済策の一つだ。現代自はこの20年間で海外に11の工場を作った。これらの工場では約4万6000件の雇用が生み出された。

    一方、国内では1996年に牙山工場を建てたきり、工場の新設・増設を全くしていない。現代自の立場で言うなら、「労組のストライキ」「高賃金低生産性」問題で頭を痛めることになりそうなことは最初からしないと決めたものだろう。

    このため、今年1月から8月までの国内の自動車生産台数は初めて海外に逆転された。自動車産業は、全製造業の生産額の12.7%(189兆ウォン=約17兆3700億円、2014年現在)を占め、雇用人員だけでも176万6000人に達するほど、韓国経済に占める比重が大きい。

    しかし、生産工場の海外移転傾向が今の調子で続けば、就職難はさらに深刻になり、被害は求職中の若者たちやその後の世代が受けることになる。将来、わが子を現代自に入れるには、海外移民しなければならなくなるかもしれないのだ。

    蔚山のある地元紙にこんな記事が掲載された。「現代自労組が全面ストを実施した先月26日、蔚山近辺のゴルフ場は予約がいっぱいになるなど、時ならぬ活況を呈している」。

    この記事を読んで、ある読者から先日送られてきた手紙のことを思い出した。この読者は現代自のストライキについて次の通り書いた。

    「世の中にタダのものはない。誰かが得をする一方で、誰かが涙している。本社雇用の労働者が浮かれ騒ぎをしている時、非正規雇用の労働者や下請け会社の労働者たちが低賃金にあえいでいるから会社が成り立っている。私のような下請け会社の労働者の涙で、本社雇用の労働者たちは人生を楽しんでいる」。

    現代自は平均給与が年間9600万ウォン(約880万円、2015年基準)という高収益で安定した職場だ。現代自蔚山工場内の駐車場には「グレンジャー」や「ジェネシス」など庶民には手の届かない高級大型車が並んでいる。

    高い車を運転して平日ゴルフを楽しむぜいたくの裏には、雇用機会を奪われた将来の世代のため息や、骨身を削って働き搾取される下請け工場労働者たちの涙がある。


    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 産業第1部=辛殷珍(シン・ウンジン)記者
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/06/2016100600662.html

    引用元: ・【韓国】現代自労組が奪う将来世代の雇用機会「ストライキ中に夏休みを取って、夏休みが終わったらまたストライキ」[10/6] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ボロい商売だわw 】現代自労組が奪う将来世代の雇用機会「ストライキ中に夏休みを取って、夏休みが終わったらまたストライキ」[10/6] [無断転載禁止]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/09/27(火) 17:33:55.41 ID:CAP_USER
    現代自動車労組が26日、終日全面ストライキを決行した。12年ぶりに蔚山、全州、牙山工場の生産ラインが全面ストップした。自動車生産への影響は約7200台だ。

    現代自労組は先ごろ、月5万8000ウォン(約5300円)の賃上げや激励金(350%プラス330万ウォン)の支給で会社側と暫定合意した。それを労組員が否決したため、会社側に賃上げの上積みを求め、ストライキに入った格好だ。

    27日から30日にかけても毎日6時間のストライキを行う構えだ。

    今年1-8月に韓国の自動車メーカーが海外で生産した台数は史上初めて国内生産台数を上回った。2009年時点では国内生産が65%、海外生産が35%だったが、その割合が逆転したことになる。

    今年5月に起亜自動車メキシコ工場が稼働し、10月には現代自中国第4工場が稼働する予定で、海外生産割合はさらに上昇する見通しだ。

    現代自は現在7カ国に11カ所の工場を設け、約4万6000人を雇用している。一方、韓国国内では1996年に牙山工場で年産30万台規模の工場を増設したのが最後だ。

    その結果、過去5年間の国内での新規採用は8000人だったが、海外では2倍以上の1万7000人の雇用が創出された。労使対立さえなければ、その相当数は国内雇用となった可能性があった。

    昨年の現代自の従業員1人当たり平均人件費は9400万ウォン(約861万円)で、トヨタ(約8351万ウォン)、フォルクスワーゲン(約9062万ウォン)を上回った。

    1人当たり生産台数、売上高はトヨタの半分だ。仕事が少なくて給料が多いのは「天国」だが、当然立ち行かなくなる。その終末が何かは労組も承知しているはずだ。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/27/2016092700613.html

    引用元: ・【韓国】「貴族労組」ストで現代自工場は海外へ「海外で生産した台数が国内生産台数を上回った」[9/27] [無断転載禁止]©2ch.net

    【そして誰もいなくなった【韓国】「貴族労組」ストで現代自工場は海外へ「海外で生産した台数が国内生産台数を上回った」[9/27] [無断転載禁止]©2ch.net 】の続きを読む

    このページのトップヘ