まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:独立

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/26(日) 08:58:53.25 ID:CAP_USER
    今年3月、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地の打ち上げ台に立っていたロシアの宇宙ロケット「ソユーズ」から太極旗(韓国国旗)が消えるという出来事が起こった。

    宇宙産業では慣例上、搭載する衛星の製造国の国旗をロケットに付ける。

    同ロケットには当時、衛星を作ったワンウェブ社の取締役会に参加している韓国・米国・フランスなど6カ国の国旗が付いていたが、後にロシアが中立の立場を取るインドを除く国の国旗を白いテープで覆ってしまった。

    ウクライナ侵攻に対する西側諸国の経済制裁に反発し、ロシアが衛星打ち上げを拒否したのだ。

    それから3カ月後の今月21日、全羅南道高興郡にある羅老宇宙センターでは、胴体に太極旗がはっきりと描かれた初の韓国国産宇宙ロケット「ヌリ号」が打ち上げられた。

    忠南大学航空宇宙工学科のホ・ファンイル教授は「ウクライナ侵攻は衛星の自力による打ち上げがどれほど重要かをあらためて気付かせてくれた」「自力打ち上げは宇宙独立国につながるものだ」と語った。

    もしそうならば、ヌリ号打ち上げ成功で、今や韓国も宇宙独立国になったと言えるのだろうか。残念ながらそうではない。現時点ではヌリ号が当初の目標としていた1.5トン級の実用衛星は打ち上げられない。

    技術が不足しているのではなく、米国の国際武器取引規則(ITAR)で自国の部品が入った人工衛星や宇宙船を他国のロケットで打ち上げることについて制限しているからだ。

    ITAR制限品目の代表例は、衛星が宇宙空間で位置を把握する際に使う中核部品である米国製ジャイロスコープだ。

    言い換えると、苦労して自動車を開発したのに、人を乗せられないのと同じだ。ヌリ号は来年からあと4回打ち上げられるが、すべて商用衛星に及ばない小さな衛星しか載せられない。

    結局、真の宇宙独立国になるには、すべての衛星の部品を自国で開発するか、あるいは一日でも早く米国からITAR例外国として認められなければならない。

    日々発展する宇宙産業において完全国産化は不可能だ。つまり、外交的能力を総動員した方が近道だと言えるということだ。

    宇宙学界では、先月の韓米首脳会談でITAR問題が取り上げられると期待していたが、実現しなかった。しかし、ヌリ号の打ち上げが成功したことで、あらためてITAR問題が予想よりも早く解決するかもしれないという楽観論が強まっている。

    韓国が米国の宇宙開発の役立つという信頼を確実に得られれば、米国も友好国である韓国が苦労して製造した宇宙ロケットを使えるように協力してくれるだろうとの期待感からだ。

    事実、米国は1987年の「大量破壊兵器の運搬手段であるミサイル及び関連汎用品・技術の輸出管理体制(MTCR)」発足前に宇宙ロケット技術を確保した主要8カ国については、ITARの例外と認めている。日本もこれに含まれている。

    まずは宇宙ロケットを持っていなければ交渉の余地がないということだ。最近は宇宙関連担当部処(省庁)である科学技術情報通信部だけでなく、国防部や外交部もITAR問題解決に前向きな姿勢を見せている。

    今こそ政府が科学外交でヌリ号を支えるべき時だ。


    李永完(イ・ヨンワン)科学専門記者

    朝鮮日報/2022/06/26 05:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/24/2022062480083.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 韓国の宇宙独立、今こそ政府が科学外交でヌリ号を支えるべき時だ [06/26] [荒波φ★]

    【要約:他所から技ジュチュパクってこい【朝鮮日報】 韓国の宇宙独立、今こそ政府が科学外交でヌリ号を支えるべき時だ [06/26] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/21(木) 21:03:39.75 ID:CAP_USER
    韓国、日本依存度は減少も中国依存度が大幅増加=ネット「技術独立なんて夢のまた夢」

    2022年7月21日、韓国・ソウル経済は「今年上半期の素材・部品・装備の日本からの輸入額の割合が過去10年で最低を記録した一方、中国からの割合は大きく増加した」とし、「韓国の“素材・部品・装備の国産化”達成への道は遠い」と伝えた。

    記事によると、韓国の今年上半期の素材・部品・装備の輸入額1300億6700万ドル(約18兆円)のうち日本からの輸入額は200億7200万ドル(15.4%)、中国からの輸入額は380億3400万ドル(29.2%)だった。日本からの輸入の割合は、統計が始まった12年以降、半期基準で最低を記録した一方、中国からの輸入の割合は大きく増加した。

    今年上半期の日本からの輸入の割合は、10年前の12年(23.8%)より8.4ポイント減少した。日本依存度は減少傾向にあったが、特に19年7月の半導体材料3品目の対韓輸出規制強化措置後に減少幅が拡大した。専門家は「日本の対韓輸出管理強化以降、韓国に工場を移す企業が増えた影響」と分析したという。

    一方、中国依存度は12年の24.9%から今年上半期は29.2%に4.3ポイント増加。特に尿素水不足事態に陥った昨年下半期は29.7%を記録した。記事は「韓国内で手に入らない二次電池の主要原材料だけでなく、中国がコストパフォーマンスに優れた安価な汎用品を販売し、韓国の輸入市場を蚕食しているため」と説明している。

    こうした状況に専門家らは「中国への高い依存度が韓国の製造業の生態系を崩壊させる可能性がある」と懸念を示しているという。

    これを受け、韓国のネットユーザーからは「日本依存度の減少は文在寅(ムン・ジェイン)政権の一番の功績」「『日本がいなければ韓国は滅びる』と信じる親日派の考えを正せたことが最大の収穫」など、“脱日本”化政策を進めた文前政権への称賛の声が寄せられている。

    一方で「日本からの直接輸入は減ったけど国産化は進まず、日本から第3国を通じて輸入しているというのが現実」「日本の海外法人から輸入しているからね」「これも全て、親中の文前大統領の狙い通り」「韓国を中国に従属させるためにわざとやったこと。これで国と言える?」などと指摘する声や、「技術開発をしたのではなく、あちこちから必要な部品を持ってきて組み立てているだけということか。技術独立なんて夢のまた夢」と嘆く声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_898093/
    957

    引用元: ・【韓国製造業】 日本依存度は減少も中国依存度が大幅増加=韓国ネット「技術独立なんて夢のまた夢」[07/21] [LingLing★]

    【あるべき姿に戻るだけだな【韓国製造業】 日本依存度は減少も中国依存度が大幅増加=韓国ネット「技術独立なんて夢のまた夢」[07/21] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/16(木) 20:43:51.94 ID:CAP_USER
    no title

    /グラフィック=アン・ビョンヒョン

    最近、独立活動家キム・ジソプ(1884~1928)義士(国と民族のために献身した義に徹した人)が監獄で家族に書いた手紙四通が文化財登録されるというニュースが出ました。キム義士は手紙で投獄された同志の安否を尋ね、妻には面会にくるなと頼みました。

    キム・ジソプ義士はユン・ボンギル義士やイ・ポンチャン義士に比べて相対的にあまり知られていない人物です。修能模擬試験や公務員試験で「義烈団独立闘争」をした人物の例示などに時々登場しますが、そのたびに受験生が「誰?」と首をかしげるほどです。

    彼は東京の日王が暮らす王宮に爆弾を投げた独立活動家ですが、日本の立場ではあまりに衝撃的な事件であったため、最大限、事件自体に言及せずに隠そうとしたといいます。

    今日はキム・ジソプ義士について調べてみます。
    (中略:経歴)

    義烈団員キム・ジソプは朝鮮総督府と東洋拓殖会社など国内の主要な日帝施設を破壊するために1923年、爆弾36個を朝鮮に持ちこもうとしました。軍資金募金も同時に推進しました。しかし、日本の警察がこの事実をあらかじめ知り同志たちが逮捕され計画は失敗しました。

    そのような1923年9月、日本で悲劇的なことが発生しました。関東大地震が起きて多くの犠牲者が発生するとすぐに「朝鮮人が暴動を起こす」という流言が広がり、同胞6600人以上が日本人に殺害される「関東大虐殺」が起きたのです。

    キム・ジソプはこの消息を聞いて嘆き「同胞の怨みの霊を慰める」ことを決心しました。その時、新しい便りが聞こえてきました。「来年初め、東京で開かれる‘帝国議会’に朝鮮総督も参加する!」日本の高官はもちろん朝鮮総督府の主な官吏までこの議会に集まるという。「それなら議事堂に入って傍聴席から爆弾を投げれば一度に日本帝国主義首脳部の多くの者を処断できるだろう!」

    日本語に堪能なキム・ジソプは適任者だったが、爆弾を持って正常な経路で日本まで行くのは難しい。1923年12月、キム・ジソプは義烈団で受け取った爆弾3個を隠したまま上海から石炭運搬船に乗って日本に密航しました。10日間、船の倉庫で過ごしながら一日におにぎり1,2個を食べて持ちこたえたといいます。

    しかし、実際に日本に到着すると帝国議会が延期されたという消息を聞き、密航の身で長く待てなかったキム・ジソプは「帝国の心臓部」である日本王宮に爆弾を投げることに計画を変えました。日王を直接暗殺できなくても、独立運動を広く知らしめる象徴的な効果を狙ったと見られます。

    1924年1月5日午後7時、キム・ジソプは日本王宮を囲む日比谷公園に向かった後、ちょうど通り過ぎた野次馬二人と同行のように歩いていって王宮正門に近付きました。この時、彼を怪しく思った日比谷警察署警察官が防いで立って検問をしようとし、キム・ジソプは「近づくな」と叫んでスーツのポケットから爆弾一つを取り出し安全ピンを抜いて警察官に投げました。爆弾は爆発せず、残りの爆弾二つを取り出して両手に一つずつ持った彼は王宮正門前の二重橋に走りました。

    王宮を守る衛兵二人が銃を向けながら飛び出し、キム・ジソプは残った爆弾を投げましたが、やはり爆発せず失敗しました。最初の爆弾は服の下の湿気で導火線が湿って作動せず、残りの二つの爆弾は安全ピンを抜けなかったといいます。彼は激闘の末、逮捕されました。

    当時、この事実は日帝の報道統制で3ヶ月以上知らされなかったが、その後、朝鮮日報は1924年4月24日号外を発行してキム・ジソプの義挙を詳細に知らせました。その後、キム・ジソプは法廷で「3・1運動は日本に対する宣戦布告で、敵に捕えられた私としては決して降参しない」「正義を考えたら放免するだろうが、そうでないから死刑の外はない」として堂々とした姿を見せました。

    1925年、無期懲役を宣告され1927年に懲役20年で減刑されたが1928年2月、監獄で突然殉国(国のために命を捧げること)しました。日帝は死因を「脳溢血」と発表しました。

    キム・ジソプ義士は「自分の身体を犠牲にして独立精神を広く知らしめ、独立運動に活気を吹き込んだ人物」という評価を受けています。1962年、大韓民国政府はキム・ジソプ義士に建国勲章大統領章を追叙しました。

    ユ・ソクチェ記者,キム・ヨンジュ記者

    ソース:朝鮮日報(韓国語)[新聞は先生] [ニュースの中の韓国史] ‘帝国の心臓’向かって爆弾投擲…日本が隠そうとした独立英雄
    https://www.chosun.com/national/nie/2021/09/16/UTMVTSQFNJHNDAHA2IZITJSJCU/

    引用元: ・【朝鮮日報】 「帝国の心臓」日王宮に向かって爆弾投擲…日本が隠そうとした独立英雄キム・ジソプ義士[09/16] [蚯蚓φ★]

    【失敗テロリストが英雄【朝鮮日報】 「帝国の心臓」日王宮に向かって爆弾投擲…日本が隠そうとした独立英雄キム・ジソプ義士[09/16] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/08/31(火) 12:15:25.80 ID:CAP_USER
    半導体企業・Armが開発したArmアーキテクチャは、携帯電話や自動車、マイクロコントローラー、Amazon Web Services(AWS)のサーバーなどで使われる何十億ものチップで採用されています。Armはイギリスの企業でしたが、2016年にソフトバンクに買収されました。その後、NVIDIAへ売却されることが発表されたものの、中国国内でのライセンス権を持っていた中国合弁企業が一方的に独立を宣言し、知的財産権(IP)のライセンス権を横取りしたまま暴走を続けていると、半導体関連ブロガーのディラン・パテル氏が解説しています。

    The Semiconductor Heist Of The Century | Arm China Has Gone Completely Rogue, Operating As An Independent Company With Inhouse IP/R&D - by Dylan Patel - SemiAnalysis
    https://semianalysis.substack.com/p/the-semiconductor-heist-of-the-century

    2018年6月にソフトバンクは、ArmのIP事業を中国で行うことを目的として、中国子会社であるArm Technologyの持ち株の51%を中国投資コンソーシアムに売却し、「安?科技(Arm China)」として合弁企業化しました。Arm Chinaは中国国内でArmのIPをライセンス管理する独占権を持つこととなりました。

    子会社(アーム)における中国事業の合弁事業化に関するお知らせ | ソフトバンクグループ株式会社
    https://group.softbank/news/press/20180605

    しかしその後、Arm Chinaのアレン・ウーCEOがArm Chinaの顧客に対してライセンス料の割引を持ちかけ、それと引き換えに自分の会社への投資を誘致していたことが発覚。2020年にArmと株主はウーCEOを追放することに合意し、Arm Chinaの取締役会は利益相反を理由に、賛成7:反対1でウーCEOの解任を可決しました。

    しかし、社印をウーCEOが保持していたため、解雇を法的に実行することができなかったとのこと。中国は日本と同じく印鑑に法的な効力を持たせる実印社会で、会社で行われるさまざまな手続きは社印がなければ実行に移すことができません。つまり、取締役会がウーCEOの解任を決議したにもかかわらず、ウーCEOは解任を拒否しながら、会社を実質的に支配したままとなっているわけです。

    ウーCEOは取締役会でArm側についた上級幹部を追い出し、Arm Chinaの名義でArm Chinaの取締役会を提訴しました。Armの影響が排除されてしまったことで、Arm Chinaは完全にArmの手から離れ、暴走することとなりました。

    もちろんArm側も黙ったままではおらず、新規IPのライセンス委託を停止するという報復を行いました。たとえばArmのCPUであるCortex A77やAWS独自設計のGraviton、Neoverseシリーズなどの主要な技術はArm Chinaには送られていません。また、2021年5月に発表された新アーキテクチャのArmv9も、Arm Chinaに提供されていません。その上でArmは「Arm Chinaが中国の半導体産業に悪影響を与える」と中国政府に訴えようとしています。

    新規ライセンスの停止によって、Arm Chinaの暴走も収まるかと思われました。しかし、Arm ChinaはArmからの独立を正式に宣言するイベントを開催し、「Arm Chinaこそ中国最大の半導体IPサプライヤーである」とアピールしました。さらに、Arm Chinaは独自に開発した「XPUライン」と呼ばれる新しいIPを発表。今後はスマートフォンなどのモバイル機器やIoT機器向けに独自のNPUやVPUをリリースすると宣言しました。

    結果として、Arm ChinaはArmからの独立をうたいながら、Armの一部IPを奪い、世界第2位の規模を持つ中国市場をかすめとった形になります。パテル氏は「Arm Chinaは中国の合弁企業が暴走した最も有名な例です。中国では何十年にもわたってIPが奪われコピーされてきましたが、今回のArm Chinaの一件はこれまでで最も大胆な試みかもしれません」とコメントしています。

    さらにパテル氏は「このArm Chinaの暴走がNVIDIAの買収にどのような影響を及ぼすのかは不明ですが、ソフトバンクの近視眼的な利益追求がこのような大規模な問題を引き起こしたことは明らかです」と述べ、ソフトバンクのやり方を批判しました。

    GIGAZINE 2021年08月31日 05時00分
    https://gigazine.net/news/20210831-arm-china-robbed-ip/

    引用元: ・【中国】Armの中国合弁企業がArmからの独立を宣言、一部ライセンスや中国市場の顧客をそのまま横取り[08/31] [Ikh★]

    【それが目的だから 【中国】Armの中国合弁企業がArmからの独立を宣言、一部ライセンスや中国市場の顧客をそのまま横取り[08/31] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/08(月) 11:46:35.97 ID:CAP_USER
    2021年3月1日、澎湃新聞は、「韓国はどのように建国されたか」とする記事を掲載した。以下はその概要。

    第2次世界大戦中だった1943年11月のカイロ会談で、米、英、中の3カ国首脳は日本の敗戦後に朝鮮半島を独立させることで意見を一致させた。しかしソ連は自身の東アジア権益を守るため、中国東北部さらには朝鮮半島への出兵を宣言した。米国はソ連が朝鮮半島を独占することを防ぐため、北緯38度を境界として米ソ両国による分割統治を提案。ソ連はこの提案に同意した。

    終戦後の朝鮮半島の分割統治に際し、米ソは両国を主とする委託管理政府の樹立を想定していたが、朝鮮半島の民衆はこれに反対した。その後米ソ両国はイデオロギーで対立し、冷戦へとエスカレートさせたことで、この案は実現することはなかった。

    そして46年5月10日、米国人の画策により南朝鮮で憲法制定会議が開かれて李承晩(イ・スンマン)が大統領に選出されると、同8月15日に大韓民国政府樹立が宣言された。これに対し、ソ連側も同9月9日の金日成(キム・イルソン)による北朝鮮人民共和国設立を支援することで、朝鮮半島の政治的軍事的バランスを保とうとした。

    韓国建国後、中国大陸の内戦で国民党軍が劣勢に立たされる中、米国は韓国の戦略的地位を重視し始め、韓国を通じてソ連の勢力拡大を抑え込むことを考えた。そして50年6月25日に北朝鮮軍が韓国に進攻して朝鮮戦争が始まると、米国はこれを第3次世界大戦の開始と考えて朝鮮半島に出兵、攻勢を仕掛けて一時失われていた韓国の領地を挽回した上、中国国境付近にまで逆に攻め入った。

    すると、米軍が国境付近まで迫ったことに危機感を覚えた中国が志願軍を結成して北朝鮮を支援、米軍を38度線にまで撤退させた。その後戦況はこう着し、53年7月27日に休戦協定が結ばれた。

    このように、韓国の独立と解放は他人の力に頼ったものであり、自ら艱難辛苦を経て勝ち取った結果ではない。もし自ら独立を勝ち取った国であれば、自民族の傑出した人物をリーダーとする政治団体が作られるのが普通だ。一方で大国に頼って独立した国の政治家は、大国との間に「文句ひとつ言えない、切りたくても切れない利害関係」が必然的に生じる。それでは、真の独立自主を得ることは難しいのである。(翻訳・編集/川尻)


    https://www.recordchina.co.jp/b872915-s25-c30-d0193.html

    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1615156647/

    引用元: ・【中国メディア】韓国の独立は他人の力に頼ったもの、自ら勝ち取った結果ではない ★2 [3/8] [昆虫図鑑★]

    【なんでこの件知らないん 【中国メディア】韓国の独立は他人の力に頼ったもの、自ら勝ち取った結果ではない ★2 [3/8] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ