まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:状況

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/28(土) 04:28:34.25 ID:CAP_USER
    7年前、延坪島(ヨンピョンド)砲撃戦があって間もない時だった。

    中国外交部駐香港代表が「南北は本来打ち合いながら拮抗したりした」という趣旨の発言で両非難論を呈した。香港科学技術大の名士招請講演の時だった。聴衆は大陸から留学に来た中国学生たちだった。

    民間人居住地域に対する北朝鮮の軍事攻撃だったが、中国外交部の高位要人はこのように南北に両方とも問題があるという風に話した。是非が明らかであるにもかかわらず、北朝鮮をかばいながら内密な対北朝鮮認識を示したわけだ。

    その年3月、韓国哨戒艦「天安(チョナン)」沈没事件で窮地に追い込まれた北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記は5月と8月、北京と東北3省を訪れて中国の支持を確認した。延坪島事件はこのような中朝間土台作りの後に起きた。

    そのごろ、香港駐在米国系投資銀行(IB)関係者は私席で中朝関係を「損切り」の観点から分析した。歴史・政治的に複雑に絡み合っている国家関係を株式売買に単に置き換えたという点で限界がないとはいえないがそれなりに新鮮だった。

    「中国は韓国戦争(朝鮮戦争)に介入して鴨緑江(アムノッカン)まで押された北朝鮮政権を救った。し

    たがって、金正日政権に持分があると考える。一時、北朝鮮は優良株だった。国共内戦当時、中国共産党が戦略要衝地である満州地域を掌握する過程で少なくない物的支援を行った。現在は10分の1に減っている。損切りをするかどうか。中国の悩みだ」

    損切りとは、今後の価格上昇が見込まれない場合、損失を背負って売ることをいう。資産家の中には現在の株価に関係なく、成長性を見込んで持っている場合もある。議決権がある時は損切りがより難しい。

    習近平執権2期の権力配分が終わり、米国が再び中国を圧迫し始めた。効果のない「表面だけの制裁」で米国の目を避けて北朝鮮をかばっていた過去の制裁局面ではない。調教師がムチを手にしたし、猿知恵を働かせようとしたパンダが全力で走らなければならない状況だ。

    原油送油管を封鎖するなど中国がまともに対北朝鮮制裁に出れば、北朝鮮は崩壊に直面するほかはない。損切りの瞬間だ。自身の手で北朝鮮を押し倒そうとすれば損が大きく、時間だけ長引いて米朝間核交渉が始まれば「チャイナパッシング」が心配だ。

    中国はなぜ北朝鮮の肩を持ったのだろうか。延坪島砲撃戦を見ながら中国の共産党指導部は韓半島ではあまりにも簡単に、そしてあっという間に戦争が起きる可能性があるという事実に衝撃を受けたことが分かった。

    富国強兵の時まで時間が切実な中国にとって戦争はひどい悪夢だ。肩を持ちながらアメをあげれば素直になれると思ったのだろうか。中国の期待はいずれにせよ、北朝鮮は冷酷なほど徹底して戦略と損益計算にしたがって動いた。もうパンダが動く番だ。

    チョン・ヨンファン/政治部次長

    http://japanese.joins.com/article/864/234864.html

    引用元: ・【中央日報】中国は北朝鮮を「損切り」することができるだろうか 「チャイナパッシング」が心配だ[10/28]

    【【相変わらず自分に都合のいい妄想してるなあ】「北朝鮮問題、猿知恵を働かせようとしたパンダ(中国)が全力で走らなければならない状況」中央日報】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/29(金) 11:50:51.11 ID:CAP_USER
    韓国政府が北朝鮮住民の人道的な与件を改善するため、政治的な状況と関係なく対北人道的支援を継続推進することにした。

    政府は29日、このような内容が盛り込まれた2017北朝鮮人権増進執行計画(以下、執行計画)を樹立したと明らかにした。

    執行計画は、政府が北朝鮮人権法により3年ごとに設けている北朝鮮人権増進執行計画を推進するため、毎年樹立するもので、今年は新政権発足で樹立時期が延期された。先立って政府は今年4月に基本計画を発表した。

    統一部は「新政権発足後、今年中の履行の可能性などを総合的に考慮して執行計を樹立した」とし「北朝鮮住民の自由権と社会権を総合的に改善、北朝鮮人権の増進が目標」と述べた。


    2017年9月29日11時9分配信
    http://www.wowkorea.jp/news/korea/2017/0929/10198619.html

    引用元: ・【韓国政府】北朝鮮人道支援を継続推進=北権増進執行計画を樹立[09/29]©2ch.net

    【【だめだこりゃ】韓国政府、政治的な状況と関係なく対北人道的支援を継続推進することに】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/20(水) 09:05:59.82 ID:CAP_USER
    全国民主労働組合総連盟(民主労総)が来年のメーデー(5月1日)に釜山市(プサンシ)東区の日本領事館前に「強制徴用労働者像」を設置する計画を進めると明らかにした。

    この銅像はすでにソウル龍山(ヨンサン)駅と仁川(インチョン)富平(プピョン)に設置され、来月には慶尚南道(キョンサンナムド)と済州(チェジュ)にも設置される予定だ。

    強制徴用労働者像も「慰安婦少女像」のように全国に広める計画が進む中、今度は日本領事館の前に設置するという。

    日本強占期時代の強制徴用は当時の日本政府の人権じゅうりん行為として謝罪と賠償が行われるべき事案だという点は確かだ。被害者賠償訴訟も2000年代初期から続き、2012年に最高裁判所は下級審が敗訴判決をした関連損害賠償訴訟で原審を破棄し、企業の賠償責任を認める趣旨で差し戻した。

    翌年、差し戻し審で勝訴判決をして以来、現在まで下級審で日本企業の賠償責任を認める趣旨の判決が相次いでいる。しかしまだ最高裁は再上告審の結論を出さず、依然として留保した状態だという点で、締めくくりが必要な事案でもある。最近の映画『軍艦島』で徴用問題に対する国民の関心が高まったのも事実だ。

    しかしこうした歴史的な問題をめぐり物理的・感情的な衝突に向かうのは望ましくない。日本領事館前の少女像問題で韓日間の外交的葛藤と混乱が続く状況で、さらなる葛藤要因を作るのは賢明でない。特に現在、韓国は北朝鮮の核実験とミサイル発射で国際社会が韓国の安保状況に注目するほど危険で敏感な状況を迎えている。

    日本は緊密な安保的協力関係を強めるべき地理的に最も近い隣国だ。こうした状況で労働団体の民主労総が率先して外交公館前の銅像設置を強行し、感情的に葛藤を深めることは自制しなければいけない。この問題こそ両国間で長い対話と共感で解決していく必要がある。


    2017年09月20日07時42分
    http://japanese.joins.com/article/607/233607.html?servcode=100&sectcode=110

    引用元: ・【中央日報/社説】日本領事館前の「徴用労働者像」設置は自制すべき[09/20]©2ch.net

    【【後でやる気満々ですね】中央日報「北朝鮮状況が敏感なので、日本領事館前の「徴用労働者像」設置は自制すべき」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/16(木) 10:22:05.02 ID:CAP_USER
    「今、韓国経済と世界経済の不確実性はこれまでで最悪の状態だ。不確実な現状がどれだけ深刻か、
    その深刻さを認めることを韓国新政権の出発点にしなければならない」

    米シカゴ大学経営大学院のスティーブン・デービス教授(アジア通貨政策フォーラム共同代表)は15日、TV朝鮮の主催により
    全国経済人連合会(全経連)会館会議センター(ソウル・汝矣島)で行われた「トランプノミクスの時代、韓国の戦略は?」国際フォーラム講演で、
    「韓国は今の緊迫した状況を認識し、素早く対応しなければならない」と強調した。

    デービス教授は米国の経済学者2人と共に開発した「経済政策不確実性(EPU・economic policy uncertainty)指数」を、
    現在の不確実性の高さの指標として提示した。

    この指数は、経済的不確実性を表すと分析された単語(経済・不確実性・規制など)がメディアにどのくらいの頻度で登場するかを基に、
    特定の国や時期の不確実性を数値で表示するものだ。

    分析の結果、韓国の経済政策の不確実性指数は、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾前後に393(100は1995-2014年の平均値)まで急上昇し、
    過去最悪を記録した。

    アジア通貨危機直後に大宇グループが崩壊した2000年代初め(EPU 234)や、世界金融危機時の2008年(263)よりも先行きが不透明な状態だという意味だ。

    また、デービス教授は「『トランプ時代』に韓国が避けなければならない最大のリスクは、米中間の紛争で韓国が中国側に分類されることだ。
    韓国は経済的に中国と密接な関係がある上、米国との貿易で黒字を出しており、米中貿易問題が発生すれば、それに伴い被害を受ける可能性がある。

    韓国が中国の『味方』と見なされて米国と貿易摩擦が発生すれば、韓国経済は打撃を受けるかもしれない」とも指摘した。

    同教授は「新たに選出される韓国の大統領はできるだけ早くトランプ大統領と会って、韓米自由貿易協定(FTA)が米国にもたらす利益を確実に印象付ける一方、
    韓国企業が米国企業の雇用などに役立つことを公の場で繰り返し強調すべきだ」と助言した。


    2017/03/16 10:05
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/16/2017031600930.html

    引用元: ・【朝鮮日報】米大学教授「韓国経済の不確実性は最悪」 最大のリスクは、米中間の紛争で韓国が中国側に分類されること[03/16]©2ch.net

    【【残念、もう手遅れだ】米大学教授「韓国は今の緊迫した状況を認識し、素早く対応しなければならない」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/03/15(水) 23:00:08.05 ID:CAP_USER
    no title

    ▲釜山前慰安婦少女像=ニューシス)

    日本政府は釜山(プサン)日本総領事館前の慰安婦少女像設置に抗議し、今年1月9日、長嶺安政駐韓日本大使と森本康敬釜山総領事を本国に召還後、2カ月以上帰任させずにいる。

    長嶺大使の本国召還後、日本政府は2015年韓日政府間合意を根拠に日本公館近隣の少女像撤去および移転を要求して韓国政府を圧迫した。独島(ドクト、日本名:竹島)に少女像をたてるという市民団体の計画には「独島は日本領土」と主張するかと思えば、菅義偉官房長官は慰安婦少女像の名称を「慰安婦像」に変えると明らかにするなど、歴史歪曲の試みを見せて慰安婦問題関連攻勢的態度と妄言を継続した。

    日本政府の態度が変わったのは最近、朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対する憲法裁判所の罷免決定がなされてからだ。弾劾審判発表から現在まで、日本政府とメディアは問題になる様な言葉を自制し、国内状況を見守る様な慎重な態度を見せている。特に大統領罷免決定で日本側も少なからぬ衝撃を受けたと見られる。

    ある外交消息筋は「日本の政治・社会的雰囲気で大統領弾劾決定はかなり衝撃的な事件」とし、「問題なのは次期政権で日本に非友好的な野党がなる可能性が大きく、内部でも対応をめぐって考えがいろいろある」と話した。日本政権や政界など内部でもパク前大統領罷免後、韓国の政治動向と次期政府に関する情報を収集して新しい対話の経路を作るため早く駐韓大使を帰任させるべきだという意見が浮上していると伝えられた。

    キム・ソンチョル世宗(セジョン)研究所研究委員は「弾劾決定前は韓国内の不確実性もあって、あえて大使駐在国にする必要はなかったが、今は状況が変わった」として「次期政権が形成されるこの時期に、ひとまず大使が再び韓国に入国して候補らに会い、国内状況も探りながら韓日関係対応のための布石を確かめ、国内動向を把握する必要ができたのだろう」と分析した。

    しかし、日本政府が相変らず12.28韓日慰安婦合意だけを強調し、大使帰任問題については口を閉ざす慎重な態度を見せており、適当な「契機」が必要なのではないかという指摘がある。「韓国政府の少女像関連措置を見た後、駐韓日本大使の帰任時期を判断する」として強硬な立場を見せた日本政府が突然、態度を切り替えるには名分が必要だということだ。

    今回のティラーソン長官の歴訪を契機に北韓・北核問題の深刻さが浮上し、韓米日3国共助の重要性を強調する共同の立場を表明することが韓日関係にも転換点になるという話が出てくる理由だ。韓米日共助の重要性を再確認し、慰安婦合意と関連して韓国と日本の両方の責任ある履行をもう一度強調する原則論的な共感を形成する方式で当面の葛藤局面を弥縫するシナリオが考えられる。

    一方、ティラーソン国務長官は15日から三日間、日本に留まって16日午後、安倍晋三総理、岸田文雄外相と会談を持つ。その後、韓国と中国を相次いで訪問する予定だ。

    チャン・ヨンウン記者

    ソース:イーデイリー(韓国語) 「少女像氷河期」韓日関係...ティラーソン歴訪で解けるだろうか
    http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?SCD=JF31&newsid=03703126615863648

    関連スレ:【国際】ティラーソン米国務長官、日中韓歴訪へ 17日訪日、北の対応協議[3/06]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1488729706/

    引用元: ・【日米韓】 「少女像氷河期」韓日関係...ティラーソン歴訪で解けるだろうか[03/15] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【へんな期待をしている】 韓国紙「今は状況が変わった。 ティラーソン歴訪で駐韓日本大使が帰任する」】の続きを読む

    このページのトップヘ