まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:犬肉

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/23(土) 23:33:34.25 ID:CAP_USER
    光化門「犬肉合法化」デモ 
    「廃業補償必要ない…合法化しなければ大統領府に食用犬を返納する」

    no title

    動物の権利団体「ケア」の会員たちが今月22日午後、ソウル鍾路区孝子路で大韓肉犬協会が食用犬を率いて「犬肉合法化を訴える集会」の後、大統領府の方向に行進する間、プラカードを持ってデモを行っている=キム・ジョンヒョ記者//ハンギョレ新聞社

    22日昼、ソウル光化門(クァンファムン)広場一帯で、犬農家の集まりである「大韓肉犬協会」所属の会員250人余り(警察推算)が集会を開いた。会員らは犬の食用合法化を主張し、全国から集まった。

     同協会の会員たちは犬農家の転業・廃業補償もいらないとし、強硬な立場を示した。京畿道圏の農場で飼育されている60~70キログラムの食用犬9匹も貨物車に乗せられてきた。犬が乗った貨物車には「これは食用犬、私たちはペットを飼わない!」「犬肉の合法化を」という言葉が書かれた横断幕がかかっていた。農業者らは貨物車に乗せられてきた犬について「市民たちが私たちの連れてきた犬を見て、家で飼うペットとどれほど違うか知ってほしい」と話した。集会現場の騒音を貫いて犬たちが吠えた。

     国民儀礼で始まった集会現場でキム・サンヨン大韓肉犬協会代表理事は「動物団体の主張は善良な食用犬関係者を愚弄するものだ。この集会は私たちの権利と生業のための闘争だ。犬食肉はわが国固有の文化と伝統だ。動物保護法は悪法」と主張した。

    no title

    大韓肉犬協会の会員たちが今月22日、ソウル光化門世宗路公園で集会を開き「犬肉合法化」を求めている。京畿地域の農場から連れてきた食用犬も共にした=キム・ジョンヒョ記者//ハンギョレ新聞社

    農業者たちは早朝から全国各地から上京して集会に参加した。キム・パンギ大韓肉犬協会組織理事は、全羅南道霊岩(ヨンアム)から午前3時に犬700匹にえさを与えてソウルに来た。キム氏は「引き下がるところがなくて来た」と話した。済州で20年間犬を飼っている同協会済州支部長のイ・チャンソクさん(63)は、朝9時の飛行機に乗って集会に参加した。平均600匹の犬を育てる彼は「この仕事をやめたら他にやることがなく、子どもの養育と母の生活費をまかなえないため」集会に参加したと明らかにした。朝6時に起きて犬にえさを与え、天気と関係なく夜10時まで働くというLさんは、動物保護団体のために消費が萎縮し生活が苦しいと強調した。「以前には済州島から半島に肉をたくさん売ったが、今は済州でのみ消費する」とし、済州道で食用犬を飼っているところは80の農家であり、通常少ないところで300~400匹、多いところで1000匹を飼っていると話した。また、許認可を受けるのがますます難しくなるため生活が厳しいと話した。

     集会に出席した会員たちは、政界と市民世論、動物保護団体に深い不信と露骨な不満を表わした。「国民が農民に銃を向けている。私は(食用)犬を飼って生計を立てているが、一生懸命汗を流す自分は堂々としている。政府と国会議員はこの国のために考えなければならないときに、ペットを家族として保護しなければならないという。こんなことは話にならない。私が納めた税金をペットに使うな」。ある農業主が発言の演壇に上がって叫ぶと、農業主たちは拍手をして支持を送った。

     農業主たちはいわゆる「犬肉禁止法」を発議する考えを明らかにした共に民主党のピョ・チャンウォン議員と犬農場補償と段階的な閉鎖など社会的合意を提示した正義党のイ・ジョンミ代表に対しても怒りを示した。両議員の所属政党である共に民主党と正義党に反対する発言をして旗を振った。農業主が掲げた旗には「犬共和国の国犬議員、犬民主党を打ちのめせ」「ピョ・チャンウォンの犬肉禁止悪法を命かけて阻止する」などの言葉が書かれていた。

    https://i.imgur.com/dw2xBQj.jpg
    警察を挟んで大韓肉犬協会の会員たちと動物保護団体の会員たちが対立している=キム・ジョンヒョ記者//ハンギョレ新聞社

    続きます。
    2017.09.23 07:14
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28551.html

    引用元: ・【ハンギョレ】犬農業主たち「引き下がるところがないから犬を連れて光化門にきた」[9/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【世界遺産登録してみたら?】ソウルで「犬肉合法化」集会の犬農業主たち「引き下がるところがないから犬を連れて光化門にきた」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/07(土) 04:03:53.09 ID:CAP_USER
    「何がどれだけ入っているのか分からない」

    8月23日、ソウル・東大門の京東市場。ある食用犬肉店の前に、スーパーでよく見るアイスクリーム用冷凍庫が置かれていた。その中はアイスクリームではなく、毛を取っただけでほかには何の加工もされていない犬肉でいっぱいだった。この状態のままでも売れるというのが店側の説明だ。

    食用犬の飼育場で自ら食肉処理をしてきた店主は、「食肉処理工程は毛を抜いてから(おいしそうに見せるため)皮を火であぶるだけ。(この過程で)衛生検査を受けることは特にない」と言った。別の犬肉業者パクさん(53)も「食肉処理する時の衛生基準は特にない。調理する前に3分ほど煮て食べるといい」と言った。

    革新系野党「正義党」の李貞味(イ・ジョンミ)議員室と市民団体「カラ」によると、韓国の食用犬飼育場は2862カ所、食用として流通している犬は年間78万-100万匹と推定される。しかし、犬肉にどんな有害成分がどれだけ含まれているかなどについて、食品当局は全く管理していない。

    現行の畜産物衛生管理法は牛や豚などの家畜を飼育する畜産業者を規制しているが、犬は同法が規制する「食用を目的とする動物」に含まれていないからだ。このため、飼育・食肉処理・流通過程などで何の規制を受けないのだ。また、公式統計で犬肉の輸入は「0件」だが、街中では「中国産犬肉もかなりある」という話が絶えない。

    各市民団体は「犬肉は『抗生物質まみれ』だ」と主張する。動物愛護団体の「動物自由連帯」が建国大学獣医学部3R動物福祉研究所に依頼し、犬肉サンプル93件について抗生物質の残留検査を行ったところ、42件(45.2%)から基準値を上回る抗生物質成分が検出された。

    動物自由連帯は「劣悪な飼育環境などのせいで病気に対する抵抗力が落ち、抗生物質が乱用されているのだろう」と主張している。

    「食用犬肉が依然として存在している現実を考れ、畜産物衛生法上の『家畜』に犬も入れるべきだ」という主張もあるが、動物保護団体などは「犬肉を合法化しようというのか」と反対している。

    専門家は「食用犬の飼育場を段階的に閉鎖することも必要だが、今すぐなくせないなら、まずは衛生管理・監督を可能にする根拠から整えるのが合理的だ」と指摘している。

    イ・ギフン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400311.html

    引用元: ・【韓国】食用犬肉、韓国に法規制なし[10/07]

    【【犬にとっても「ヘル朝鮮」】法規制がない韓国の食用犬肉「調理する前に3分ほど煮て食べるといい」【朝鮮日報】】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/05(金) 22:25:02.32 ID:CAP_USER
    no title

    資料写真。

    2016年8月5日、韓国・フォーカスニュースによると、韓国で同日、食用犬の農場主らが「犬食反対」をテーマに開かれた国際カンファレンスに抗議し、会場に侵入しようとする騒動が起きた。

    同日午前10時、ソウル市内で「犬食終息のためのカンファレンス」が開かれた。動物保護団体「KARA」は、「慢性的な動物虐待の温床、犬食」「犬食産業への国内外の対応活動」「犬食産業終息に向けた代案模索」の3つの内容をテーマにカンファレンスを主催。
    会場には約300人の聴衆と報道陣が集まった。

    しかし、カンファレンスが始まる前、会場に大韓肉犬協会の会員である食用犬の農場主ら30人余りが押しかけ、「私たちもカンファレンスに参加する」と抗議し、騒ぎ立てた。
    農場主らは「犬肉は韓国の伝統食品」などと書かれたプラカードを掲げ、「動物保護団体のせいで食用肉の価格が50%以上下落した。このようなイベントが私たちの命を脅かしている」と主張した。

    この報道に、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せた。

    「屠殺方法の問題の方が深刻ではないか?」
    「そこまでして犬を食べたいの?」
    「昔は食べる物がなかったから仕方なく食べていたけど、今の時代に家畜でもない犬を残忍な方法で殺してまで食べる必要がある?」

    「最近は犬肉を販売する店がどんどん減っている。人々の認識が正常になったということだ。こんな状況で食用犬農場を続けてもうまくいくはずがない」
    「農場主らの顔を絶対に忘れない。来世では必ず犬に生まれてほしい」

    「犬肉を食べるか食べないかは個人の自由。禁止することも食べろと強要することも間違っている」
    「犬肉が体にいいということは事実。医者も手術を受ける患者に犬肉を勧めている。いっそ合法化して、屠殺から流通までしっかりと管理しよう」
    「犬食の合法化は動物虐待の予防につながる。禁止するから非人道的な屠殺が行われる。動物保護団体は反省するべき」

    「ペットを息子や娘と呼ぶ人の方が理解できない」
    「犬肉を食べることには賛成。ただ、合法化すると国際社会から非難を浴び、多大な悪影響を受けることになる。犬肉を売る食堂はたくさんあるのだから、食べたければこっそり食べればいい」(翻訳・編集/堂本)

    http://www.recordchina.co.jp/a146857.html

    引用元: ・【韓国】「犬肉は韓国の伝統食品!」韓国の農場主らが”犬食反対”カンファレンスに抗議=韓国ネット「動物保護団体は反省すべき」[8/05]©2ch.net

    【「犬肉は韓国の伝統食品!」韓国の農場主らが”犬食反対”カンファレンス会場に押しかける】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/07/24(金) 09:49:47.32 ID:???.net
    夏に食べ、病み上がりに食べる犬肉料理を「補身湯」という。猛暑に暑気払いとして
    食べる参鶏湯など、滋養を摂る「伏日」には、とりわけ犬肉の人気が高まる。伝統と
    言っていい。ところが、今、犬肉食に風当たりは強い。「残酷すぎる」という声が韓国
    の食文化を変えようとしている。(ソウル=高正基)

    伏日は、さしずめ日本では「土用の丑の日」だ。韓国では参鶏湯や犬肉などを食べる。

    7~8月にかけて伏日は3日ある。今年は7月13日が初日だった。これに合わせ、
    ソウルの中心街で、動物愛護団体の「犬肉に反対する友人たち」が「伏日反対キャン
    ペーン」を展開した。1000万人を超えるとされる動物愛好家たちはインターネット上でも
    「動物を大量虐殺する伏日を廃止せよ」と訴えた。彼らの主張によれば、毎年200万匹
    の犬が食用にされており、このうち8割の160万匹が伏日に食べられている。

    犬肉を食べる人たちも黙ってはいない。「犬を食べる人より、犬を捨てる人の方が悪い」、
    「他の肉は食べるのに、犬肉だけ反対するのはおかしい」――などと動物愛好家を批判する。
    一方で、世界の反対の声にもめげず、鯨肉を食べ続ける日本のように、伝統料理を認める
    べきだと主張する声も小さくはない。

    韓国で犬肉をめぐる論争は古くから続いてきた。

    1988年のソウル五輪開催前にも海外からの批判を意識して、一時販売禁止措置が
    取られたことがある。もちろん、それで犬肉が消えたわけではない。路地裏に店を移させ、
    「ケジャングク」と呼ばれていた犬肉の名前を、外国人が分かりにくい「補身湯」に変えた
    だけだった。

    犬肉をめぐっては食用を禁ずる法的根拠がないため、手の打ちようがない状態がその後
    も続いた。

    農林畜産食品部によると、食用として飼育されている犬は、鶏、豚、牛に次いで4番目に
    多い。しかし、犬は畜産物衛生管理法で「家畜」と指定されていない。つまり、鶏、豚、牛
    などは家畜だが、犬は「その他の家畜」となっている。

    犬肉を食べる人たちは犬も家畜として扱い「安全に」食べられるようにと訴える。

    これについては食用として政府が認めることになるため、動物愛好家たちが反対している。
    政府も消極的だ。「中国も犬肉祭りで国際社会から批判を受けている。政府が法制化に
    乗り出すことは難しい。だからといって食用を禁止にするのも不可能だろう」というのは
    農林畜産食品部関係者の話だ。

    ソース:統一日報 2015年07月23日 00:00
    http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=79102&thread=01r04

    引用元: ・【韓国】犬肉「食用禁止」はムリ、鯨肉を食べ続ける日本のように伝統料理を認めるべき[07/24]

    【事ある毎に日本を出すのはやめろ 【韓国】犬肉「食用禁止」はムリ、鯨肉を食べ続ける日本のように伝統料理を認めるべき[07/24]】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 22:10:21.51 ID:???.net
     韓国に犬肉をめぐる問題がないのであれば、なぜ関係行政機関のトップが犬肉を食べるのを止めたのだろうか。

     食品医薬安全処(MFDS)の責任者、Chung Seung氏は8日の議会公聴会で、1年前に現職に就任した後、犬肉を食べるのを止めたと
    発言した。理由は明らかにしなかったが、MFDSの当局者は食品衛生が問題となり違法な犬の食肉処理が横行するなかで、MFDSの
    責任者が犬肉を食べ続けるのは適切ではないと述べた。

     動物保護団体はかねてから韓国の不衛生でぎゅうぎゅう詰めの犬の養殖場や動物輸送、残酷な屠殺(とさつ)慣行などに抗議して
    きた。

     韓国では犬の養殖や消費はグレーゾーンで、規制がほとんど行き届いていない。これはある意味、韓国が引き続き先進国と途上国
    との境界をまたいでいる現状を表している。

     ソウルでは犬肉が正式に禁止されている。韓国の法律で犬は家畜として分類されていないことから、全国的には規制の及ばない
    飲食店や犬養殖場が数多くある。

     状況の改善を図るため犬肉産業を合法化させようという動きもあるが、政治家や動物愛護団体からの反対で進んでいない。愛護団体
    は産業の規制ではなく、禁止を優先している。

     韓国の動物保護団体の1つKAWAの幹部は「そもそも、犬肉産業は残酷で非情だ。産業を合法化すれば(犬)肉の衛生改善につながる
    だろうとの議論もあるが、過去に照らしてみても食用に犬を適切に飼育することは不可能なことが分かっている」との見方を示した。

     MFDSの当局者は非衛生的な犬肉レストランを取り締まっていると述べたが、ソウルの飲食店で犬肉を売れば法律で罰せられるのか
    との質問には「難しい問題」なのでコメントできないと述べた。

     2018年に開かれる平昌冬季五輪の組織委員長は今年に入り、韓国人が犬肉を食べることを否定し、議論を回避しようとした。

     韓国では蒸し暑い夏を乗り切るために「犬肉スープ」などスタミナ料理を食べる習慣がある。KAWAをはじめとする動物保護団体は
    一緒に11日にソウル市長を訪問し、犬肉産業への反対を表明する計画だ。

    ソース(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
    http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303379504580020750340240156
    写真=釜山の家畜市場でケージに入れられた犬(2014年3月)
    no title

    引用元: ・【韓国】ソウルでは犬肉が正式に禁止されているはずなのに?…韓国の行政トップ、「犬肉断ち」発言して物議醸す[07/10]

    【【韓国】ソウルでは犬肉が正式に禁止されているはずなのに?…韓国の行政トップ、「犬肉断ち」発言して物議醸す[07/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ