まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:犬

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/17(金) 00:14:53.33 ID:CAP_USER
    no title


    <朝鮮日報>は16日、北朝鮮当局が昨年「大陸間弾道ロケット(ICBM)」と「水素弾」保有を誇示して米国と韓国を「ヤマイヌ」「サプサル犬」と嘲弄・非難する童子詩集を発行したと報道した。北朝鮮内部図書のタイトルは『チュクポソン』で約190ページ分量だ。

    800万北朝鮮青少年の思想教育の責任を負うキム・イルソン・キム・ジョンイル社会主義青年同盟直属の金星青年出版社が昨年(2018年)出したもので『米国産サプサル犬』という詩は、昨年だけで三回首脳会談を持ったムン・ジェイン大統領をバカにする内容を含む。

    「うちのサプサル犬/一日中チョロチョロと私(北)だけに従うというけれど/おかしいな/あいつ死ぬなんて思わず/ヤマイヌ(米国)だけに従ってら」「バーンバーン火の雷に/ヤマイヌの奴らが即殺されたら/青瓦台のサプサル犬/プルコギになってしまうね」という内容だ。

    「非核化意志」を前に出して韓・米と連鎖首脳会談を持つなど波状的な平和攻勢を展開する渦中でもムン大統領を嘲弄、非難したのだ。

    注目すべき点は金正恩(キム・ジョンウン)が文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫妻に「犬」をプレゼントしたことだ。キム・ジョンウンは南北首脳会談当時、文大統領夫妻に豊山(プンサン)犬「コミ」と「ソンガン」をプレゼントした。

    2018年9月30日、大統領府報道官だったキム・ウィギョム氏は書面ブリーフィングで「豊山犬は9月18日夕方、牡丹(モクラン)館での晩餐前にキム・ジョンウン委員長夫妻がムン大統領夫妻に豊山犬一組の写真を見せて贈り物をすると話した約束を履行した」とし、「当時、李雪主(リ・ソルジュ)女史は『二匹は血統証明書もあります』と話した」と伝えた。

    当時、北朝鮮は犬がちゃんと適応するように餌3キロも一緒に送ってきた。オスの「ソンガン」は2017年11月生、メスの「コミ」は2017年3月生まれだ。名前は北朝鮮が決め意味は分からない。コミは2018年11月9日、6匹の子犬を産んだ。ムン大統領は当時、ツイッターを通じて「二匹の贈り物が六匹に増えたのは大きな幸運に違いない。犬は普通、2カ月の妊娠期間を持つので、コミは妊娠した状態で南に来たのに違いないようだ。南北関係もこのようになることを願う」と明らかにした。

    ムン大統領を「米国産サプサル犬」とバカにする状況でキム・ジョンウンが「犬」をムン大統領夫妻に贈った理由は何だろうか。

    文=チェ・ウソク月刊朝鮮記者.

    ソース:月間朝鮮(韓国語) キム・ジョンウンはなぜムン・ジェイン大統領に豊山(プンサン)犬を贈り物に与えたのだろうか?
    https://monthly.chosun.com/client/mdaily/daily_view.asp?Idx=6968&Newsnumb=2019056968

    関連スレ:【南北韓】 北朝鮮、童詩で文大統領を嘲弄? 「青瓦台のサプサル犬、プルコギになるだろう」[05/16]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1558017191/

    引用元: ・【南北韓】 「青瓦台のサプサル犬、プルコギに」と言う詩、そう言えば金正恩は文大統領に犬をプレゼントしていた[05/17]

    【犬が普通にプルコギになる国【南北韓】 「青瓦台のサプサル犬、プルコギに」と言う詩、そう言えば金正恩は文大統領に犬をプレゼントしていた[05/17] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/23(土) 23:33:34.25 ID:CAP_USER
    光化門「犬肉合法化」デモ 
    「廃業補償必要ない…合法化しなければ大統領府に食用犬を返納する」

    no title

    動物の権利団体「ケア」の会員たちが今月22日午後、ソウル鍾路区孝子路で大韓肉犬協会が食用犬を率いて「犬肉合法化を訴える集会」の後、大統領府の方向に行進する間、プラカードを持ってデモを行っている=キム・ジョンヒョ記者//ハンギョレ新聞社

    22日昼、ソウル光化門(クァンファムン)広場一帯で、犬農家の集まりである「大韓肉犬協会」所属の会員250人余り(警察推算)が集会を開いた。会員らは犬の食用合法化を主張し、全国から集まった。

     同協会の会員たちは犬農家の転業・廃業補償もいらないとし、強硬な立場を示した。京畿道圏の農場で飼育されている60~70キログラムの食用犬9匹も貨物車に乗せられてきた。犬が乗った貨物車には「これは食用犬、私たちはペットを飼わない!」「犬肉の合法化を」という言葉が書かれた横断幕がかかっていた。農業者らは貨物車に乗せられてきた犬について「市民たちが私たちの連れてきた犬を見て、家で飼うペットとどれほど違うか知ってほしい」と話した。集会現場の騒音を貫いて犬たちが吠えた。

     国民儀礼で始まった集会現場でキム・サンヨン大韓肉犬協会代表理事は「動物団体の主張は善良な食用犬関係者を愚弄するものだ。この集会は私たちの権利と生業のための闘争だ。犬食肉はわが国固有の文化と伝統だ。動物保護法は悪法」と主張した。

    no title

    大韓肉犬協会の会員たちが今月22日、ソウル光化門世宗路公園で集会を開き「犬肉合法化」を求めている。京畿地域の農場から連れてきた食用犬も共にした=キム・ジョンヒョ記者//ハンギョレ新聞社

    農業者たちは早朝から全国各地から上京して集会に参加した。キム・パンギ大韓肉犬協会組織理事は、全羅南道霊岩(ヨンアム)から午前3時に犬700匹にえさを与えてソウルに来た。キム氏は「引き下がるところがなくて来た」と話した。済州で20年間犬を飼っている同協会済州支部長のイ・チャンソクさん(63)は、朝9時の飛行機に乗って集会に参加した。平均600匹の犬を育てる彼は「この仕事をやめたら他にやることがなく、子どもの養育と母の生活費をまかなえないため」集会に参加したと明らかにした。朝6時に起きて犬にえさを与え、天気と関係なく夜10時まで働くというLさんは、動物保護団体のために消費が萎縮し生活が苦しいと強調した。「以前には済州島から半島に肉をたくさん売ったが、今は済州でのみ消費する」とし、済州道で食用犬を飼っているところは80の農家であり、通常少ないところで300~400匹、多いところで1000匹を飼っていると話した。また、許認可を受けるのがますます難しくなるため生活が厳しいと話した。

     集会に出席した会員たちは、政界と市民世論、動物保護団体に深い不信と露骨な不満を表わした。「国民が農民に銃を向けている。私は(食用)犬を飼って生計を立てているが、一生懸命汗を流す自分は堂々としている。政府と国会議員はこの国のために考えなければならないときに、ペットを家族として保護しなければならないという。こんなことは話にならない。私が納めた税金をペットに使うな」。ある農業主が発言の演壇に上がって叫ぶと、農業主たちは拍手をして支持を送った。

     農業主たちはいわゆる「犬肉禁止法」を発議する考えを明らかにした共に民主党のピョ・チャンウォン議員と犬農場補償と段階的な閉鎖など社会的合意を提示した正義党のイ・ジョンミ代表に対しても怒りを示した。両議員の所属政党である共に民主党と正義党に反対する発言をして旗を振った。農業主が掲げた旗には「犬共和国の国犬議員、犬民主党を打ちのめせ」「ピョ・チャンウォンの犬肉禁止悪法を命かけて阻止する」などの言葉が書かれていた。

    https://i.imgur.com/dw2xBQj.jpg
    警察を挟んで大韓肉犬協会の会員たちと動物保護団体の会員たちが対立している=キム・ジョンヒョ記者//ハンギョレ新聞社

    続きます。
    2017.09.23 07:14
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28551.html

    引用元: ・【ハンギョレ】犬農業主たち「引き下がるところがないから犬を連れて光化門にきた」[9/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【世界遺産登録してみたら?】ソウルで「犬肉合法化」集会の犬農業主たち「引き下がるところがないから犬を連れて光化門にきた」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/11/18(土) 10:20:02.00 ID:CAP_USER
    【萬物相】犬小屋に押し込めるように韓国を手なずける中国

    no title


     かつて駐韓中国大使などを歴任した武大偉氏が中国外交部(省に相当、以下同じ)副部長(次官級)に就任してから3日後、2004年8月に急きょ来韓した。当時、中国は高句麗の歴史を歪曲(わいきょく)するいわゆる「東北工程」を進め、韓国との関係が非常にぎくしゃくしていたため、その問題について韓国側と話し合うためだった。韓国側は崔英鎮(チェ・ヨンジン)外交部次官(当時)が対応に当たり、夜7時からソウル市内の飲食店で武大偉氏との交渉が行われた。中国はそれなりに誠意のある案を提示したが、崔次官は交渉を深夜0時ごろまで引き延ばし韓国側の主張を押し通した。その結果、発表されたのが5項目からなる「東北工程口頭合意」だった。

     この合意には「中国は高句麗史問題が重大な懸案となったことに留意する」「必要な措置を取ることで政治問題化させない」などの内容が含まれていた。もちろん韓国としては100パーセント満足できる内容ではなかったが、それでも韓国の立場をある程度守りながら、中国との関係悪化を防ぐことはできた。中国が当時、韓国国内の世論が非常に強硬だったことを負担に感じていたことも大きかった。今のTHAAD(高高度防衛ミサイル)問題のように一部の国会議員らが中国の側に立つようなこともなかった。

     その中国が先日のTHAAD合意では韓国からほぼ「降伏文書」とも言えるような内容を勝ち取った。韓国企業と国民に莫大(ばくだい)な被害をもたらしたのは中国側だが、その責任には一切触れられなかった。これを国際社会はどう評価するだろうか。例えば英国の週刊誌『エコノミスト』の最新号は中国が韓国を屈服させた戦略を「ドッグハウス・アプローチ」と評した。エコノミスト誌はこのドッグハウス・アプローチについて「中国は相手の行動が気に入らなければ、それが変わるまで相手にプレッシャーをかけ続ける。それでも変わらなければ、相手を犬小屋に押し込めて罰を与える。それでも変わらなければ、適切な処罰期間をおいてから相手を犬小屋から引き出し、何事もなかったように対応する。そうすれば相手は中国をありがたがるようになる」と説明した。

    李河遠(イ・ハウォン)論説委員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/17/2017111701870.html

    引用元: ・【コラム】犬小屋に押し込めるように韓国を手なずける中国

    【【犬の扱いが上手いw】「犬小屋に押し込めるように韓国を手なずける中国 」朝鮮日報】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/07(土) 04:03:53.09 ID:CAP_USER
    「何がどれだけ入っているのか分からない」

    8月23日、ソウル・東大門の京東市場。ある食用犬肉店の前に、スーパーでよく見るアイスクリーム用冷凍庫が置かれていた。その中はアイスクリームではなく、毛を取っただけでほかには何の加工もされていない犬肉でいっぱいだった。この状態のままでも売れるというのが店側の説明だ。

    食用犬の飼育場で自ら食肉処理をしてきた店主は、「食肉処理工程は毛を抜いてから(おいしそうに見せるため)皮を火であぶるだけ。(この過程で)衛生検査を受けることは特にない」と言った。別の犬肉業者パクさん(53)も「食肉処理する時の衛生基準は特にない。調理する前に3分ほど煮て食べるといい」と言った。

    革新系野党「正義党」の李貞味(イ・ジョンミ)議員室と市民団体「カラ」によると、韓国の食用犬飼育場は2862カ所、食用として流通している犬は年間78万-100万匹と推定される。しかし、犬肉にどんな有害成分がどれだけ含まれているかなどについて、食品当局は全く管理していない。

    現行の畜産物衛生管理法は牛や豚などの家畜を飼育する畜産業者を規制しているが、犬は同法が規制する「食用を目的とする動物」に含まれていないからだ。このため、飼育・食肉処理・流通過程などで何の規制を受けないのだ。また、公式統計で犬肉の輸入は「0件」だが、街中では「中国産犬肉もかなりある」という話が絶えない。

    各市民団体は「犬肉は『抗生物質まみれ』だ」と主張する。動物愛護団体の「動物自由連帯」が建国大学獣医学部3R動物福祉研究所に依頼し、犬肉サンプル93件について抗生物質の残留検査を行ったところ、42件(45.2%)から基準値を上回る抗生物質成分が検出された。

    動物自由連帯は「劣悪な飼育環境などのせいで病気に対する抵抗力が落ち、抗生物質が乱用されているのだろう」と主張している。

    「食用犬肉が依然として存在している現実を考れ、畜産物衛生法上の『家畜』に犬も入れるべきだ」という主張もあるが、動物保護団体などは「犬肉を合法化しようというのか」と反対している。

    専門家は「食用犬の飼育場を段階的に閉鎖することも必要だが、今すぐなくせないなら、まずは衛生管理・監督を可能にする根拠から整えるのが合理的だ」と指摘している。

    イ・ギフン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400311.html

    引用元: ・【韓国】食用犬肉、韓国に法規制なし[10/07]

    【【犬にとっても「ヘル朝鮮」】法規制がない韓国の食用犬肉「調理する前に3分ほど煮て食べるといい」【朝鮮日報】】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=11,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/10/01(日)16:19:27 ID:???
    <チベット犬やモンゴル馬を中国豚が駆逐する――民族弾圧は血の殺戮から文化抹殺の段階へ>

    中国は50年代初頭にチベットを侵略した際と、66~76年の文化大革命中に、チベットと内モンゴルでジェノサイド(集団虐殺)を進めた。

    これらの地域を「自治区」として中国の辺境に編入してからは殺戮だけではなく、「文化的ジェノサイド」も行っていると、
    チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は主張する。英オックスフォード大学から2010年に出版された
    『ジェノサイドのハンドブック』もその事実を認めている。

    ダライ・ラマをはじめ、ウイグル人のラビア・カーディル、「世界南モンゴル会議(クリルタイ)」代表のショブチョード・テムチルトと
    いった中国から亡命した3人の民族指導者の話を元に、「文化的ジェノサイド」の実例を挙げてみよう。

    チベットが侵略される50年代以前には2500カ所もの仏教寺院があったが、ダライ・ラマがインドに亡命した59年以降、
    70カ所を残してそのほかは全て破壊された。十数万人いた僧侶と尼僧も97%が還俗を強制され、寺院は減り続けている。
    チベット自治区に隣接する四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州でも、中国政府は最近、世界最大の仏教学府
    「五明佛学院(ラルンガルゴンパ)」に共産党委員会を進駐させた。公安局と政府幹部を常駐させて、昨年7月には数千人もの尼僧を追放。
    共産党の直接支配下に置かれている。
    また新疆ウイグル自治区では、ウイグル語の使用を制限。
    大学などでウイグル語を使ってウイグルの文学や歴史を講義することが禁じられている。
    代わりにたたき込まれる「中国4000年の歴史」は歴代王朝がいかに辺境を征服し、
    どのように「偉大な祖国の統一を促進した」かばかりのあからさまな漢民族中心史観だ。
    13年に私が現地調査したときも、ウイグル人は商売をしようと申請しても許可は下りないのに、外来の漢民族は身分証なしに仕事に就ける、という不公平を目撃した。

    北朝鮮非難に隠れた巨悪

    内モンゴルもまた文革で34万人が逮捕、2万7900人が殺害され、12万人が身体的な障害を負わされた。
    約50人に1人が殺害され、全ての世帯から1人が強制連行された凄惨な結末だ。被害者のモンゴル人に冠された「罪」は「日本の協力者」
    「ソ連のスパイ」だった。
    こうした現代史上の血なまぐさい殺戮と異なり、現在の文化的ジェノサイドは新たな様相を呈している。
    例えば、チベット原産の犬チベタン・マスティフの受難だ。
    体格は大きくてどう猛なこの犬は、遊牧民の家畜を守るのに長い歳月の中で育てられてきた。

    (以下略)

    Newsweek/2017年09月30日(土)13時00分
    http://www.newsweekjapan.jp/youkaiei/2017/09/post-2.php

    関連記事
    【話題/twitter】 チベットで驚いたことまとめ [H29/9/25]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506337672/

    引用元: ・【Newsweek】 チベットの僧侶も犬も大処分、中国の文化的ジェノサイド [H29/10/1]

    【【国連は見て見ぬ振り】 チベットの僧侶も犬も大処分、中国の文化的ジェノサイド】の続きを読む

    このページのトップヘ