まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:犠牲者

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/23(火) 11:46:15.78 ID:CAP_USER
    「英語の原文まで要求、安企部時代思い出した」

    先週金曜日(19日)午前、英国人ジャーナリストのマイケル・ブリーン元ソウル外信記者クラブ会長(66)は、KBS記者からの電話に出た。

    ブリーン元会長が6日付の本紙に「光化門広場に(2014年4月に沈没して300人以上の死者・行方不明者を出した)旅客船『セウォル号』の追悼施設を作ることに反対する」という内容のコラムを書いた経緯を尋ねる取材だった。KBS記者はブリーン元会長に「朝鮮日報が書いてほしいと言ったのか」と質問した。

    ブリーン元会長は1982年から37年間にわたり韓国社会を見守ってきたジャーナリストだ。英紙ガーディアンやザ・タイムズ、米紙ワシントン・タイムズのソウル特派員を務めた。韓国社会を最も深く知り、理解している海外の知識人の1人だと言える。今年から本紙のレギュラー・コラム執筆陣に加わった。

    先月「民心も法に従うべき、韓国の指導者は勇気をもって示せ」という最初のコラムを書き、今月初めに2本目のコラム「セウォル号追悼碑設置、果たして光化門は適切なのか」でセウォル号を取り上げた。

    ブリーン元会長はコラムに「2014年のセウォル号事故は壮絶さを極めた。犠牲者のほとんどが同じ学校に通う子どもたちだったということも、悲しみを一層深める要因となった」と書いた。

    だが、その一方で、「セウォル号追悼施設は韓国の歴史上最も尊敬されている偉人の世宗(セジョン)大王と李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像が建てられている光化門広場のテーマと一致しない」として、「ソウル市がここにセウォル号の追悼空間を設置しようとするのは『韓国人は犠牲者』という韓国特有の考え方に由来していて、セウォル号の犠牲者は政治的意図に利用されている」と指摘した。

    ブリーン元会長はKBS記者に「朝鮮日報に毎月1回コラムを書いている。朝鮮日報にはコラムの内容を事前に教えていないし、朝鮮日報は『このようなことを書いてほしい』と要請もしていない」と答えた。KBS記者は「原文を見せてほしい」と要請、ブリーン元会長は原文も送ったという。

    外国人が民間メディアに論争を起こすような内容を寄稿したからと言って、その国の公営放送局が「原文を見せろ」と言ってくるなどというのは極めてまれなことだ。ブリーン元会長は本紙に「私が書いた文だが、原稿をほかの報道機関に送ってもいいか」と了承を求めてきた。本紙は「もちろん大丈夫だ」とブリーン元会長に言った。

    その後、本紙はKBSのその記者に「このようなことは非常に異例だが、どうしたことか」と尋ねた。この記者は「そこまでお話しするのは難しい」と答えた。

    原文を要求した理由については「ブリーン元会長が『英語で書いたが、朝鮮日報が直した』と言ったので…」と説明しかけて、「いや、『朝鮮日報で翻訳をした』と言ったので…」と言い直した。「韓国語で書いたと思っていたのに、英語で書いたと言うから…」とも言った。

    2019/04/23 11:15
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/23/2019042380085.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/23/2019042380085_2.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/23/2019042380085_3.html

    >>多分続きます。

    引用元: ・【朝鮮日報】この国は自分こそ邪悪な「他人」の犠牲者だとアピールしたがる←KBSが本紙に寄稿した英国人ジャーナリストに圧力[04/23]

    【特性をよく理解してるな【朝鮮日報】この国は自分こそ邪悪な「他人」の犠牲者だとアピールしたがる←KBSが本紙に寄稿した英国人ジャーナリストに圧力[04/23] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/12/04(月) 09:32:00.99 ID:CAP_USER
    12/4(月) 8:24配信
    ハンギョレ新聞

    ベルリンで難民女性を慰労したキル・ウォノクさん
    no title


    キル・ウォノクさんが1日(現地時間)、ドイツ・ベルリンの最大の女性団体である「テレデファム」事務所で難民女性たちとともに記者会見をしてナビ基金を渡している=ベルリン/パク・ジョンシク記者
    欧州連合議会の「慰安婦決議案」 10周年を迎えてベルリン訪問 アフリカ難民などにナビ基金

     「恨多き大同江(テドンガン)よー、変わりはないか牡丹峰(モランボン)よー」

     1日(現地時間)、ドイツ・ベルリン市内のある女性人権団体の事務所に卒寿のおばあさんの切々とした歌が流れた。13歳の時に日本軍慰安婦として連れて行かれ、8・15光復後には分断で故郷(平壌)の地を踏むことができなかったキル・ウォノクさん(90)の恨(ハン)のこもった歌だ。

     ドイツの平和・人権団体であるドイツ・コリア協議会の招待でベルリンに到着したキルさんはこの日、記者会見に出席した人々の要請で、自分の人生を代弁するような歌「恨多き大同江」を物悲しくうたった。幾人かの参加者は涙を流した。キルさんは欧州連合議会の日本軍慰安婦問題解決を求める決議文採択10周年を迎えベルリンを訪れた。欧州連合議会は2007年12月12日、日本政府に慰安婦犯罪の公式認定と謝罪および歴史的・法的責任を問うことを求める決議文を採択している。

     キルさんはこの20年余りの間、日本をはじめオーストラリア、オランダ、英国、ベルギー、ドイツ、カナダを巡りながら日本の蛮行を告発し、被害賠償を要求する活動を行ってきた。特に紛争地域などで、性暴力に苦しむ女性たちの人権回復にも先頭に立った。キルさんは彼女たちを支援するために2012年3月、同じ被害者であるキム・ボクトンさんなどとともに「ナビ(蝶)基金」を作った。慰安婦被害賠償金を受け取る場合は全額寄付することも約束した。最近は「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団」の女性人権賞の賞金5000万ウォン(約518万円)も財団に寄付した。この日、キルさんはベルリンに居住するアフリカ難民女性たちの支援に1000ユーロ(約13万円)を寄付した。寄付金を渡されたコンゴとカメルーン出身の難民女性活動家らは涙ぐみながら感謝の気持ちを伝えた。また、この日キルさんを訪ねてきたシリア難民出身のアビアー・マバスは、シリアの女性抑圧の実態も告発した。彼女は「シリアの女性たちは性暴力と強制売春に苦しんでいる。黒い靴下を履かなかったという理由で、爪にマニキュアを塗ったという理由で、男性がおらず一人で外出したという理由で、水拷問などを受けている」と暴露した。

     キルさんは「(世界各地に)性暴力被害に苦しみながら生きる女性が多いという。これから私たちのような犠牲者が生まれないよう皆さんが努力して、良い結果を結ぶことを願う」と話した。さらに、「(慰安婦問題の)真実がすぐには明らかにされなくても、いつかは明らかになるだろうと信じている。私が(真相究明を)成し遂げられなくても、(水曜集会に参加する)若い人たちが成し遂げてくれるだろう」と話した。

     「今回が生涯最後の海外訪問になるだろう」というキルさんは、飛行機を乗り換えたフィンランドのヘルシンキで体調が悪くなり、韓国に帰ることになるかもしれなかった。キルさんは8日までベルリンに滞在し、「軍事衝突の中の女性暴力」をテーマにしたカンファレンスとドイツのフリードリヒ・エバート財団が韓国のろうそく集会に授与する人権賞授賞式にも出席する予定だ。

    ベルリン/キム・ドンフン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00029148-hankyoreh-kr

    引用元: ・【国際】慰安婦おばあさん、ベルリンで難民を慰労「これから私たちのような犠牲者が生まれないよう皆さんが努力して」

    【【日韓友好なんて有り得ないな】慰安婦おばあさん、ベルリンで難民を慰労「これから私たちのような犠牲者が生まれないよう皆さんが努力して」 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/03(日) 09:56:42.48 ID:CAP_USER
    「歴史的事実を忘れずに伝えることは、無念のうちに犠牲になった524人の朝鮮人に対する日本人の責任です」

    8月24日、京都府北部の舞鶴市で開かれた「浮島丸犠牲者追悼行事」に出席した余江勝彦・追悼会長(76)が、震える声で語った。余江さんは40年にわたり、浮島丸沈没事件の朝鮮人犠牲者を追悼する行事を開いている。

    敗戦直後の1945年8月21日午後10時、青森の大湊港で、朝鮮人徴用工やその家族など3735人(日本政府発表)が旧海軍の輸送船・浮島丸(4740トン)に乗り込んだ。戦時中の非人間的な生活から抜け出して夢に描いた故郷へ戻る、釜山行きの帰国船だった。

    しかし3日後の8月24日午後5時20分、舞鶴沖を航行していた浮島丸で謎の爆発が発生した。船は一瞬で中央部から真っ二つになり、海中へと姿を消した。近くの村の人々が救助作業を行ったにもかかわらず、524人の朝鮮人と25人の日本人乗組員が命を落とした。舞鶴に暮らす82歳の住民は「船から出た油が海を黒く覆い、住民はエンジンもかからない船に乗って、夜更けまで人を助けた」と語った。

    余江会長は78年、浮島丸の沈んだ海が見える場所に朝鮮人犠牲者を追悼する銅像を建て、毎年追悼行事を開いている。大学で彫刻を専攻し、舞鶴市で美術教師をしてきた余江さんは「朝鮮人犠牲者を悼む銅像を作ってほしい」という村の人々の頼みを聞き、銅像を作った。

    余江さんは「最初は、浮島丸事件については知らなかった。銅像作りのため資料調査をする中で、無念のうちに死んでいった朝鮮人に申し訳ないという気持ちを抱いた」と語った。

    余江さんは「戦争でさえなかったなら、植民地支配や強制連行さえなかったなら、こんな悲惨な事件は起きなかっただろう。浮島丸事件がこのまま忘れられてはならないという思いにとらわれた」と語った。

    余江会長は「追悼行事は、思想・信条・宗教の違いを乗り越え、人道的観点から犠牲者を悼むために開いている。普段は対立している民団と総連も、この日は心を一つにする」と語った。

    15年前に退職してからは、日本の各地を回り、浮島丸沈没事件について講演を行っている。朝鮮人徴用工が日本に連れてこられて直面した苦難や、無念のうちに死んでいったことなどを盛り込んだ小さな絵本も作った。余江会長は「日本の人はもちろん、韓国の人も浮島丸事件についてよく知らない。痛ましい歴史を繰り返さないためには、われわれみんなが歴史の真実を知るべき」と語った。

    舞鶴=イ・ドンフィ特派員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/01/2017090101765.html

    no title

    引用元: ・【朝鮮日報】余江勝彦氏「浮島丸犠牲者追悼、524人の朝鮮人に対する日本人の責任」[9/03] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【それをイチャモンって言うんだよ】余江勝彦氏「浮島丸犠牲者追悼、524人の朝鮮人に対する日本人の責任」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/14(金) 02:07:10.50 ID:CAP_USER
    日本政府「要請あれば協力する」発言にも、韓國は7カ月も無対応
    待ちきれなかった遺族代表、もう3回目の日本側と直接交渉
    担当省庁の関係者「2700万円の予算要請したが予算審議で編成されなかった」

    no title

    アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会が2015年12月28日、韓日外相会談が開かれているソウル世宗路の外交部庁舎の後門前で、日本強制占領期の徴用被害者の写真を持って損害賠償責任などを求めている=資料写真//ハンギョレ新聞社

     日本政府が、第2次世界大戦の時に犠牲になった軍人・軍属らの遺骨を収集する過程で進めているDNA検査対象を、韓国人遺族まで拡大してほしいという要求に対し、「韓国から具体的な提案があれば肯定的に検討する」という立場を明らかにしているにもかかわらず、韓国政府は関連予算を削減するなど7カ月以上も特別な動きを見せていない。

     日本厚生労働省援護局関係者は12日、東京の参議院会館でイ・ヒジャ太平洋戦争被害者補償推進協議会会長など韓国人遺族らに会って、「政府の要請があれば遺族の気持ちに配慮するためにも、真剣に受け止め、政府内で適切な対応策を検討していく」と述べた。遺族代表が日本政府との直接交渉に乗り出したのは、今回が3回目である。日本政府は今年2月、塩崎恭久・厚生労働相の国会答弁を通じてこのような立場を公式表明したが、これと関連した韓国政府の提案はいまだに示されていない。

     日本の安倍晋三首相は今月4月「戦没者の遺骨収集の推進に関する法律」を制定し、あまり進展が見られなかった第2次世界大戦の戦死者の遺骨収集に積極的に乗り出している。日本では発掘された遺骨を遺族のもとに返すため、遺骨のDNAを抽出してデータベースを作り、遺族たちにはDNA情報の提供を呼びかけている。遺骨から出たDNAと遺族のDNAが一致したら、遺骨を返してもらえる。日本政府は沖縄那覇市真嘉比など4地域を対象にモデル事業を行なった後、その結果を見て、対象地域を拡大する予定だ。

     問題は韓国人たちの遺骨だ。イ・ヒジャ会長は「日本政府が発掘された遺骨のDNA情報をデータベース化すると言っており、(韓国)政府は国内の遺族からDNAの提供を受け、これを対照するだけでいい。日本政府が協力するという肯定的な信号を何回も送ったのに、政府がなぜ乗り出さないのかが分からない」と話した。待ち切れなかったイ会長は同日、厚生労働省側に「政府の対応を待たずに、日本政府が先に韓国側に提案をしてみたら、どうか」と話した。

     この問題を担当する行政自治部「過去事関連業務支援団」関係者は12日、ハンギョレと電話インタビューで「来年度予算で、遺族たちのDNA情報を収集するための費用3億ウォン(約2749万円)を要請したが、予算審議過程で関連費用が全額削減された」と明らかにした。

     この問題の解決に向けて活動している日本市民団体である「戦没者遺骨を家族のもとへ連絡会」の上田慶司氏は、「韓国政府の要請がなければ、日本政府は動けない。政府があるのに、遺族がなぜ自ら乗り出さなければならないのか」と尋ねた。

     東京/ギルユンヒョン特派員

    http://japan.hani.co.kr/arti/international/25397.html

    引用元: ・【韓国】太平洋戦争犠牲者の遺骨収集、韓国政府は知らん振り[10/14] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【親日派確定調査】太平洋戦争犠牲者の遺骨収集、韓国政府は知らん振り】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/04(火) 23:37:56.08 ID:CAP_USER
    韓ベ平和財団の初代理事長カン・ウイル司教
     
    2002年済州教区担当して「4・3事件」の真相に関心
    「国民に仕えるべき国家が虐殺」に衝撃
    「ベトナム戦争当時の民間人に対する蛮行」も同じ文脈
     
    「我々が先に懺悔すべき」との財団の趣旨に共感
    「真心伝えると、ベトナム人も応えてくれる」
    政府レベルの謝罪が「人間としての道理」

     「歴史を振り返ってみると、これまで私たちは外勢に絶えず侵略され、踏みにじられ、人権を奪われて生きてきました。そうした経験を持った私たちも、似たような過ちをベトナム人に犯したということを認識して謝罪する時、日本や他の国が私たちに犯した罪に対して謝罪しろと叫ぶ資格が生まれるのではないでしょうか」

     2日、済州(チェジュ)市我羅(アラ)洞のカトリック済州教区司教館で会ったカン・ウイル司教(済州教区長)は、このように語った。カン司教は先月19日、ソウル市NPO支援センターで開かれた「韓ベ(トナム)平和財団」創立総会で初代理事長に推戴された。

    no title

    済州教区長カン・ウイル司教=ホ・ホジュン記者//ハンギョレ新聞社

     韓ベ平和財団はベトナム戦争当時、韓国軍による戦時暴力問題の解決に努めると共に、ベトナム人被害者らの支援と韓国の参戦軍人らの苦しみを癒し、平和の道を切り開いていこうという趣旨に賛同した各界の要人によって創立された。

     カン司教は「ベトナム戦争について聞いたことはあったが、済州島に移り住んでから、より直接的に関心を持つようになった」と話した。彼にとって韓国軍によるベトナム戦争での民間人虐殺は、済州4・3事件当時の民間人虐殺と相通じるものがある。だから、彼は済州島に来た知人たちに、観光地だけではなく、必ず済州4・3坪化公園に行って、知られざる4・3事件の悲劇的な歴史を勉強するように勧める。

     「済州に来る前には4・3について少しばかり聞いただけで、これがどのような事件であり、済州道民たちにどのような影響を及ぼしたかについて、あまり知りませんでした。済州島に来てから、道民に会って史料を調べてみて、歴史にこのようなことが繰り返されてはならないと強く思うようになりました」

     2002年10月済州教区長に赴任したカン司教が目の当たりにした4・3の真相は、まさに衝撃的なものだった。彼は「最も大きな衝撃は、国家が国民を無残にも犠牲にしたということだ。単純な論理で、済州道民はアカで、済州島はアカの島と見做し、『根絶せよ』、『根を絶つべきだ』という上部の指示で、手段と方法を問わず鎮圧に乗り出した。結局は、済州道民を同じ国民と認めず、アカという理念の物差しだけで判断し、無差別に虐殺した」と指摘した。

     最近、4・3に対する米国の責任を問う請願運動に参加し、米国を訪れたカン司教は「国家の存在理由は、国民の生命を保護し、国民に仕えるため」とし、「ところが主客転倒し、4・3当時の国家指導者たちの理念の下、数多くの国民をを殺戮したのは、国家が犯した犯罪行為」だと強調した。

     カン司教の4・3に対する歴史認識はベトナム戦争にもつながる。彼は歴史の洞察を通じて反省し、前に進むことを注文した。カン司教は「韓国でも長い間日本軍慰安婦問題が認識されず、無視されつづけていたものの、一人のハルモニ(おばあさん)が証言し始めてから、次第に国民的歴史認識に拡大していったように、ベトナムもそうなる可能性がかなり高い」との見通しを示した

     「相手からの批判され、謝罪を要求される前に、誰かが自発的にベトナム人に謝罪と連帯の姿勢を表明すべきではないだろうか」と語ったカン司教は、「そうしたことを行ってきた方々の考えに共感するという意味で会ったら、理事長を引き受けてくれるよう頼まれて断れなかった」としながら笑った。

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25315.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】カン・ウイル司教「ベトナムの犠牲者に謝罪しなければ日本にも堂々と立ち向かえない」[10/04] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【韓国】カン・ウイル司教「ベトナムの犠牲者に謝罪しなければ日本にも堂々と立ち向かえない」[10/04] [無断転載禁止]©2ch.net 】の続きを読む

    このページのトップヘ