まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:牽制

    1: 動物園φ ★ 2018/11/14(水) 11:27:31.30 ID:CAP_USER
    2018年11月14日09時33分
    [?韓国経済新聞/中央日報日本語版]

    ラオスはカンボジアとともに東南アジア諸国連合(ASEAN)の代表的な親中国だ。高速鉄道など各種インフラを中国の借款で作っている。そんなラオスが韓国に救援信号を送っている。高利の中国借款を韓国の有償援助資金である対外経済協力基金(EDCF)に変えたいというものだ。

    人口6億人、世界7位の経済圏であるASEANが「脱中国」の代案として浮上している。折しもASEAN各国は日本の長い間の牙城と中国の攻勢から抜け出すため韓国に「ラブコール」を送っている。

    インドネシア政府は製造業基盤構築のパートナーとして韓国を選んだ。キム・ヒョンチョル新南方政策委員長は13日、「未来の青写真を盛り込んだ『インドネシア4.0』の実践案を韓国と共同協議することにした」と話した。ラオス政府は韓国政府に国家発展戦略コンサルティングを依頼した。不良銀行の整理に頭を痛めているベトナム政府は韓国の資本市場開放経験を共有したいという意向を伝えた。

    韓国政府は新南方政策を策定し、企業支援に積極的に取り組むと明らかにした。文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこの日ASEAN首脳会議などに参加するためシンガポールに到着し6日間の外交折衝戦に入った。

    「ポストチャイナ」に死活をかけた企業もASEANに殺到している。だが韓国政府の新南方政策をめぐり、すでに「竜頭蛇尾」で終わるだろうとの懸念が出ている。コンテンツ、予算、推進力がない「3無政策」という言葉まで聞かれる。韓国政府のある高官は、「産業通商資源部で能力を認められた課長が新南方委員会に配属されるや辞表を出した。公務員を動かすインセンティブが必要だ」と話す。タイの韓国人事業家の間では「韓国政府がASEAN進出と関連して信じられるのは韓流しかなさそうだ」という話まで出てきている。

    新南方政策の本質は北朝鮮と外交関係を結んでいるASEAN各国を「文の仲裁外交」で友軍として活用するためのものという指摘も少なくない。

    https://japanese.joins.com/article/093/247093.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【妄想】アセアン各国が韓国に「日本と中国牽制する存在になってほしい」とラブコールを送っている

    【誰もそんなこと言ってないのに 【妄想】アセアン各国が韓国に「日本と中国牽制する存在になってほしい」とラブコールを送っている 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/03/01(水) 23:44:05.95 ID:CAP_USER
    明仁日王が先月28日、自身の生涯で初のベトナム訪問の途についた。昨年7月、譲位を明らかにした後初めての海外訪問でもある今回の旅行日程は様々な面で注目される。表面的には今回のベトナム訪問が自身が即位後、これまで進めてきた日本の過去の歴史反省の延長線上にある。

    日王は即位後の1991年、タイ・マレーシア・インドネシアなど3カ国訪問を始め1992年中国、2005年サイパン、2006年シンガポール、2009年ハワイ、2016年フィリピンなどを訪れ戦争国家日本が残した傷を治癒する歩みを見せた。

    日王は今回のベトナム訪問でも両国の平和と友好増進を前面に出している。それと共に第二次世界大戦に参戦した日本軍人とベトナム女性の間に生まれた日系ベトナム人とも会う。しかし、より注目されるのは今年1月、安倍晋三日本総理がベトナムを訪問したのに続き、二カ月もたたないうちに日王が再びベトナムを訪れる点だ。

    新興投資有望国として脚光を浴びたベトナムはドナルド・トランプ米国大統領の環太平洋経済パートナー協定(TPP)脱退の動きでその地位が急激に揺れている。投資家らはベトナムを抜け出すのに忙しく、ベトナム経済も中進国の罠にはまっている。これに対しベトナム指導部はその突破口を中国で求める姿勢だ。

    ベトナム権力序列1位のグエン・フー・チョン共産党書記長は今年1月、中国を電撃訪問して両国の協力方案について議論した。こうした中、今年に入って安倍総理に続き、日王まで相次いでベトナムを訪問すると、すぐに日王の歩みが過去の歴史に対する反省以上の意味があるのではないかという見方が提起されている。すなわち、中国に対する牽制であり、中日両国のアセアン・ヘゲモニーをめぐる競争と関連あるという解釈だ。

    政治と距離をおいてきた日王の伝統的歩みを考慮すればとても政治的な解釈だという指摘もある。日本国際協力機構(JICA)理事長の北岡伸一東京大名誉教授は「日王夫婦の海外訪問は平和を望む心を抜きには話せない」と話した。

    日王夫婦は来る5日、タイ、バンコクに移動して昨年10月逝去したプミポン前国王の死体が安置された王宮を訪れ、弔問して彼の息子であるワチラロンコン新国王とも会う計画だ。

    [ムン・スイン記者]

    ソース:毎日経済(韓国語) 日王ベトナム訪問、友好増進でない中国牽制すること?
    http://news.mk.co.kr/newsRead.php?year=2017&no=142882

    引用元: ・【日越】 日王ベトナム訪問、友好推進ではなく中国を牽制するため?と韓国メディア[03/01] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【よこしまなかんがえだなぁw】 毎日経済「日王のベトナム訪問は、友好ではなく中国牽制すること」】の続きを読む

    このページのトップヘ