まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:特許

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/10/17(火) 11:23:37.59 ID:CAP_USER
      京都に本社があるバイオベンチャー企業メガカリオン。役職員が29人にすぎないこの会社は最近、献血でのみ得られていた血小板を次世代幹細胞で大量生産する技術を開発した。メガカリオンの三輪玄二郎代表は「血液分野では血液型発見以来およそ100年ぶりの革新」と強調した。 

      日本が次世代幹細胞に挙げられる誘導多能性幹細胞(iPS細胞)を活用した再生医療分野で次々と成果を出している。パーキンソン病、血小板減少症、心臓病など難病治療薬も開発している。iPS細胞で死んだ細胞を再生し、疾患を治療するという原理だ。 

      iPS細胞を作る方法を発明した山中伸弥京都大教授が2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した後、日本政府が集中的に支援してきた結果だ。 

      日本は2014年に世界で初めて黄斑変性症の患者にiPS細胞で作った幹細胞を移植するのに成功した。今年初めには他人の細胞から作ったiPS細胞を利用した臨床試験を行った。幹細胞治療の時間と費用を画期的に減らすと期待されている。一方、韓国ではiPS細胞など次世代幹細胞研究が遅々として進まない。軟骨再生など第1世代幹細胞に分類される成体幹細胞研究にとどまっている。「黄禹錫(ファン・ウソク)教授ES細胞(胚性幹細胞)論文不正事件」以降、生命倫理法などが強化されたうえ、次世代幹細胞分野の政府の支援が減ったからだ。登録されたiPS細胞関連特許は日本が37件であるのに対し、韓国は6件にすぎない。 

      チャ病院幹細胞研究所のソン・ジファン教授は「日本政府は数百億円の支援金を注ぎ込み、次世代幹細胞技術の確保に熱を上げている」とし「韓国も基礎研究活性化のための環境を築く必要がある」と述べた。


    [ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]2017年10月17日 09時23分
    http://s.japanese.joins.com/article/450/234450.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【韓経/中央日報】:「次世代幹細胞」特許 日本37件vs韓国6件[10/17]

    【【日本と比べるのが間違い】「日本政府は数百億円の支援金を注ぎ込でいる」次世代幹細胞の特許 日本は37件なのに韓国は6件【韓経/中央日報】】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/10/12(木) 20:47:14.83 ID:CAP_USER
    Record china配信日時:2017年10月12日(木) 20時40分
    http://www.recordchina.co.jp/b191883-s0-c20.html

    2017年10月12日、中国メディアの証券日報が、ファーウェイとサムスンの特許を巡る訴訟で、サムスンの62%の特許が無効とされたと伝えた。

    記事によると、サムスンは2016年に中国市場で、ファーウェイを相手取り16件の特許侵害を訴えていたが、このうち15件が特許有効性再審査の決定が下された。10件は完全無効となり、無効が62.5%の割合を占めた。

    これより前の2016年5月25日、ファーウェイが先にサムスンを特許侵害で訴え、カリフォルニア州北区裁判所と深セン中級人民法院で、サムスンを相手取り知的財産権の訴訟を起こした。これに反撃する形でサムスンはファーウェイに対して特許侵害で合計16件の訴訟を起こしていた。

    中国政法大学知的財産権法研究センターの李俊慧(リー・ジュンホエ)氏は、今回の結果について「これはサムスンがファーウェイを相手取って特許侵害を訴えた防御措置が、全面的に失敗したという苦しい局面になった可能性を意味している」と指摘した。

    これに対し、中国のネットユーザーから「この判決は非常に愛国的だな」「共産党を相手に戦うなんて死にに行くようなものだ」などのコメントが寄せられた。

    しかし、「表面的には勝ったように見えるが、実際には負けている」「でも4割の特許をファーウェイはパクったということだろ」「パクリ大国の名に恥じないな」などと指摘するユーザーもいた

    引用元: ・【中国ネット】ファーウェイとサムスンの特許争 サムスンの特許の62%が無効に=「非常に愛国的判決」「でも4割はパクったんだろ?」

    【【中国が勝つに決まっているだろう】ファーウェイとサムスンの特許争 サムスンの特許の62%が無効に】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/10(月) 13:25:35.39 ID:CAP_USER
    歴史的な会談というトランプ米大統領と習近平中国国家主席の会談が終わった。ところが私たちが待っていたすっきりとする知らせはない。

    北朝鮮の核に対し危機状況だという点を相互認識し、協力して解決することにしたという。10年前から聞いている話だ。
    そして中国のTHAAD報復に対しては明確な言葉がなかったことから見て、議論されていないとみられる。

    13億人の中国と力で戦って勝つこともできず、お金で戦って勝つこともできない境遇なので本当に恨めしい。中国の急所を刺す何か一発がほしい。

    「いつもやってきたことをすればいつも得ていたものだけ得る」。
    近代経験論の先駆者とあがめられる17世紀の英国の哲学者フランシス・ベーコンが残した名言だ。

    人々はよく行動は同じにしながらも結果は異なることを期待する矛盾の中に暮らす。勉強はしなくても成績がよくなることを期待する学生たちのようにだ。

    国家政策も別段変わるところはない。大統領選挙候補も多少の差はあるが、だれもが雇用を話し、ベンチャーと創業、革新生態系、国家成長を話す。

    前回の大統領選挙でも、前々回の大統領選挙でも似たような公約が掲げられ、5年、10年が流れたが
    1人当たり国民所得は依然として2万ドル台に閉じ込められている。

    10年間ほとんど足踏み状態で2万ドル台に閉じ込められているなら、いまはその根本原因を調べなければならない。
    これまでにした方式を継続すれば十中八九ほとんど同じ結果が出るためだ。

    国の成長は2種類の車輪によって回っていく。最初は研究開発で2番目は知的財産だ。研究開発の重要性に対しだれもが同意し熱心に支援している。
    しかし研究結果を知的財産化し国の財産として作れずにいるという指摘が多い。

    いくら良い研究開発成果が出てきてもこれをしっかりと保護しないために価値を発揮できないのだ。

    韓国で生まれたMP3と、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の元祖だった「アイラブスクール」が
    しっかりと権利を確保できなかったことが痛恨の事例だ。

    韓国のベンチャー企業はこの技術を先取りしたが、その技術を市場で独占的地位にする能力が不足していた。

    市場で独占的地位を得る方法は意外に簡単だ。特許など知的財産権を強く保護すれば良い。
    しかし韓国は特許権を持ったところで特に効果がないというのがほとんど通説だ。

    だれもが知っているワットの蒸気機関が世の中で光を放ったのも英国政府の特許保護政策が重要な役割をした。
    特許による独占権が延長され、投資を受けた後に産業全般に蒸気機関が普及し、結局産業革命にまで発展した。

    米国・日本・中国など主要国が国家首班直属の汎政府知的財産総括機能を大幅に強化し、強力な政策・通商手段として活用する理由は明確だ。
    知的財産確保は国家財産確保と同なためだ。

    日本は2002年に科学技術立国戦略を捨て知的財産立国を宣言した。
    総理室傘下に知的財産戦略室を設置し、研究開発・法律・金融・教育・文化芸術など汎政府的に知的財産関連政策を総括調整している。

    米国は2008年に大統領直属で知的財産権政策調整官を新設し、各長官と52州が参加する長官級知的財産権諮問委員会で政策調整をしている。

    韓国も知的財産権政策を総括調整するために2011年に国家知識財産委員会を発足させたが、2013年に事務局が総理室から未来創造科学部に移管され、
    専門性のある人材の補強が簡単にできない構造になり政策総括機能が花開くこともなく失踪してしまった。

    また、閣僚会議に知的財産専門家が参加できず国政全般にわたる知的財産問題に先制的で総合的な対応も困難になっている。

    これまでやってきた通りにしながら新しい結果が出るのを望むことはできない。言葉だけで雇用を増やす、国家成長を導くと話しても役に立たない。

    先進国がどのようにするかを見ればすぐ知ることができる。

    武力やお金で勝つことはできない国も勝つことができる方法も知的財産から出せる。
    韓国が中国の産業のアキレス腱に相当する特許を持てば韓国をむやみに無視できないだろう。

    国家経営を知的財産中心に改編することがその第一歩になるだろう。

    イ・グァンヒョン/KAISTバイオ・脳工学科教授兼未来戦略大学院長  2017年04月10日13時05分
    http://japanese.joins.com/article/882/227882.html?servcode=100&sectcode=120&cloc=jp|main|breakingnews

    引用元: ・【中央日報/コラム】中国に一発食らわせる特許がほしい=韓国[04/10]©2ch.net

    【【願望かよw】中央日報「韓国が特許を持てば、中国は韓国を無視できないだろう 」】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/04/06(水)18:26:13 ID:CeU

    一部を抜粋

    リウマチ関節炎治療剤ヒュミラの物質特許は欧州で2018年に満了する予定だった。

    同じ物質に対し乾癬などの適応症特許を追加した。そして特効終了時期を2022年に延長した。

    サムスンバイオエピスのコ・ハンスン代表は、「元祖医薬品開発会社が満了する抗体医薬品特許期間
    を延長する方式で特許障壁を積み上げ後発企業の市場参入を阻止しようとしている。攻勢的な特許訴
    訟で突破したい」と話した。

    省略部の詳細はソースで
    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/112/214112.html

    引用元: ・【韓国】「特許満了する薬品特許延長するな」…サムスンが多国籍製薬会社相手取り初の訴訟[4/5]

    【常とう手段だからな 【韓国】「特許満了する薬品特許延長するな」…サムスンが多国籍製薬会社相手取り初の訴訟[4/5]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/10/30(金) 11:01:43.79 ID:???.net
    no title

    ▲地下鉄のドアに貼られた安重根の手形ポスター(別ソース:ビジュアルダイブ)

     「安重根(アン・ジュングン)の手形」のイメージを利用して作られた「韓国史教科書国定化反対」
    ポスターが、ソウルを走る地下鉄の車内に張られたことを受け、安重根義士崇慕会が憤然としてい
    る。同崇慕会は、安重根をたたえる記念・追悼事業を行う非営利の社団法人だ。

     安重根死去106周年に当たる今月26日から、ソウルを走る地下鉄の窓などに張られたこのポスタ
    ーには「権力の思い通りに歴史の本に触れてはならない」というタイトルが付けられ、その下に、安
    重根の手形と「禁止」マークを重ねた図案が大きくプリントされている。

     このポスターは、ソウル地下鉄労組など6労組の連合体「ソウル市投資機関労働組合協議会」の
    名義で作られた。またこのポスターは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを通しても
    拡散している。

     しかし安重根義士崇慕会は29日、この団体が自分たちの同意を得ずに安重根の手形を使った
    ことは特許・商標法などに抵触するとして「当該団体に対し、印刷物を速やかに撤去するよう公文を
    送った。こちらの要求を受け入れない場合、法的措置を取る」と発表した。同崇慕会は「安重根の
    手形」イメージの無分別な使用を防ごうと、商標登録を行っている。

     同崇慕会の安応模(アン・ウンモ)理事長は「安重根は、国のため正しい道だけを選ばれた方で
    あって、(教科書国定化を阻止しようと)自分たち(労組協議会)に都合よく、政治闘争でむやみに
    利用するのは話にならない」と語った。

     しかし、ソウル地下鉄労組のイ・ホヨン宣伝部長は「ポスターに使われた安重根の手形のイメージ
    は、一般の商品レベルで活用されたものではないので(商標法などに抵触するという)指摘は納得
    し難い。ポスターは撤去しない」と反論した。しかしソウル・メトロ(会社側)は、国定化反対ポスター
    の独自撤去を始めた。

    金成謨(キム・ソンモ)記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<教科書国定化反対ポスターに安重根関連団体が激怒>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/30/2015103001038.html

    関連スレ:【韓国】 歴史教科書国定化反対、よみがえった「安重根義士の手形」(写真)[10/28]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1446026186/

    引用元: ・【韓国】 教科書国定化反対ポスターに安重根関連団体が激怒~同団体の同意得ない使用は特許・商標法などに抵触[10/30]

    【あのテロリストは登録商標だったの? 【韓国】 教科書国定化反対ポスターに安重根関連団体が激怒~同団体の同意得ない使用は特許・商標法などに抵触[10/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ