まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:特派員

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 11:30:27.00 ID:CAP_USER.net
    2015年12月08日09時09分
    [中央SUNDAY/中央日報日本語版]

    少し前に江原道(カンウォンド)の鉄原(チョルウォン)まで行く観光列車「DMZ(非武装地帯)トレイン」に乗った。南北分断の現場を小学生の息子に見せてあげたいと
    思ったからだ。列車内は50代と思われる団体観光客でぎっしり埋まっていた。彼らはゆったりと何かを食べながら話していた。終点の白馬(ペンマ)高地駅に降りた後、
    安保観光ツアーが始まると団体観光客の雰囲気ががらりと変わった。目の前に南方限界線の鉄柵が近づく緊張感の中でも、多くの人々が男女単位で手を握ったり腕や肩を組んだり
    して歩いていた。日本では見られない姿に私は率直に驚き、恥ずかしかった。

    韓国人が、日本人について持っている誤解の1つが「日本人は愛情表現が開放的」というものだ。

    実際ソウルに住む多くの日本人たちは「韓国こそ愛情表現の先進国」と口をそろえる。日本では、子供が生まると夫婦が子供の前で手を握る姿をほとんど見せない。ところが
    韓国の若いカップルは公共の場所でも互いに目をぴたっと合わせて感情を色濃く表現する。こうした場面を見るたびに多くの日本人たちは驚く。

    もちろん韓国もかつては日本のように他人の前で夫婦でも恋人でも大胆な愛情表現をしなかったと韓国の知人らが説明してくれた。それならば、なぜ韓国にこのような変化が
    起きたのだろうか。

    子供のママである韓国人のシンさん(35)は「60年代以降に生まれて80年代の学生時代に民主化を経験した親たちは、概して子供の前で愛情表現をするのはむしろ子供の
    情緒発達にも良いと考えているようだ」と解説した。民主化を体験しながら、隠すことなくありのまま行動して見せた方が良いという価値観が生まれたというのが彼女の説明だ。

    趙世暎(チョ・セヨン)東西(トンソ)大学日本研究センター長は「日本は1945年の敗戦後、米国軍政当局によって民主化が行われたが、韓国は市民の力で民主化を
    成し遂げたし韓国人はこれを(日本より)さらに誇らしく思っている」と話した。

    ふと東京特派員を過ごした韓国の40代のジャーナリストの言葉を思い出す。「日本人たちには感情を率直に表現することを敬遠する文化がある。それで感情の戦いである
    恋愛がとても不得意なようだ」。2年前の彼の話が的をえていて閉口した記憶がある。

    日本はいつになったら韓国のように「愛情表現先進国」になるのだろうか。その可能性を確かめてみるために日本に住む30~40代の女性たちの考えを尋ねた。ところが彼女
    たちの返事から大きな変化の可能性を見つけ出すことはできなかった。「結婚したら男女ではなく子供の母親や父親となる」という従来の認識は相変わらずだったし、
    「子供たちが大きくなれば(夫ではなく)友人たちと旅行でも行きたい」という返事もあった。

    このように似ていそうに見えながらも大いに違う現代史を経験した韓国と日本は、夫婦と恋人の愛情表現においても少なくない社会・文化的な差を見せている。

    大貫智子・毎日新聞ソウル特派員
    http://japanese.joins.com/article/381/209381.html?servcode=100&sectcode=140&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【コラム】毎日新聞ソウル特派員「日本が見習うべき韓国人の愛情表現法」

    【欲望のまま行動してるんだな 【コラム】毎日新聞ソウル特派員「日本が見習うべき韓国人の愛情表現法」】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/07/10(金)12:42:36 ID:???
    最近は韓国メディアの記事が日本語に翻訳され、ネット上で目にすることも多くなった。
    ただ、背景事情の異なる国に向けて書かれた記事は、ときに誤解も生む。どんな人が、どんな視点で日本を見つめているのか。

     日韓関係の悪化が言われる。日本で「嫌韓本」が売れるなど、国民感情も悪化しているように見える。
    そんな日本を、韓国メディアの東京特派員たちはどう見つめ、どう母国に紹介しようとしているのか、聞いてみた。

    【出席者】
    尹熙一(ユン・ヒイル)京郷新聞・東京支局長
    金秀恵(キム・スヘ)朝鮮日報・東京特派員
    吉倫亨(キル・ユニョン)ハンギョレ新聞・東京特派員   

    (略)

    ■翻訳記事で反感も広がる?

    ――最近はネットで日本語版ができて、韓国の新聞記事を日本語で読める機会が増えましたが、日本人からの反応をどう見ていますか?

    吉:ハンギョレ新聞が2014年から、Yahoo! Japanへの日本語の記事配信を始めました。
    本社の先輩が電話で「大成功だよ。月間400万~500万PVだ!」と喜んでいました。
    日韓の相互理解を促し、ハンギョレのいい記事を日本に紹介しようという目的で記事の翻訳を始めたわけですが、
    さほど重要な記事でなくても数百のコメントがついて、それも95%は悪口。私の記事やコラムに「いい内容だった」
    というメールも来るには来ますが、悪口や批判の長いメールも届く。最初は丁寧に対応していましたけど、きりがない。

    韓国の記事は元々、日本人を対象に書いたものではなかったのに、何の説明もなく日本語に翻訳されて日本社会に紹介される。
    産経新聞のソウル支局長がネットに書いた記事を巡って韓国で起訴されましたが、あれも日本人向けのネットの記事が、
    韓国語に翻訳されて問題になった。お互いの背景事情を無視して翻訳してリアルタイムに伝わることで
    「こんなとんでもない記事がある」と言われ、反感が広がることがある。私が朴槿恵大統領を「無能だ」
    と批判するコラムを書いたら、ヤフーのランキングで3位に入りました。自国民だからこその批判もあるわけだけど、
    日本的な文脈では、韓国バッシングになる。それは相互理解の妨げになっているのではないかと、最近思うようになりました。

    金:ネットの朝鮮日報日本語版は、コメント欄をやめました。日本語版の編集長は日本の方ですが、とても見るに堪えないからです。
    たくさん記事があるのに、ヤフーが取り上げるものは、まるで日本批判の記事を選んでいるのかと思うくらい
    「おまえはオレを嫌いだろう」と確認したいような記事ばかり。なぜこんな記事を読みたいのか、その心理が不思議ですね。
    たくさん出ている嫌韓本も、根底に流れているのは、自分を嫌うという心理に敏感で、わざわざそれを探して
    「おまえがオレを嫌いだから、オレもおまえを嫌いだ」と自己防衛的な攻撃に走る心理ではないでしょうか。
    そうでないと説明ができないですね。日本はグローバルな感覚を持っている国だと想像していたので、とても驚きました。

    ちなみに韓国では「反日本」はもうあまり売れません。1970年代から徐々に卒業してきたのだと思います。
    『日本はない』(邦題:『悲しい日本人』)という日本批判本が売れたのは90年代。
    それに反論本が出てベストセラーになるという現象はもう過ぎ去った感がありますね。

    以下略 全文 ハフィントン・ポスト
    http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/30/korean-correspondant-talks_n_7695732.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 23◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1435737718/660

    引用元: ・【社会】韓国の記者は「嫌韓」や日本社会をどう見つめているのか 特派員座談会 [H27/7/10]

    【頭大丈夫か?w【社会】特派員座談会 「韓国は、社会全体に反日感情が根ざしている。韓国は「嫌日」を卒業した」[H27/7/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ