まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:特有

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/12(木) 06:02:27.15 ID:CAP_USER
    火病

    1983年、米カリフォルニア州ロサンゼルス大学医療院のある医師は、自分が火病にかかったと信じている韓国人3人を治療した。そして、その結果を米国の精神医学会誌に発表した。この時から韓国の火病が国際的に知られ始めた。 1996年に米国精神医学協会は火病を、「韓国民俗症候群の一つである怒り症候群と怒りの抑制に起因する病気」と定義して、その病名を韓国語のまま「Hwa- Byung」と表記した。こうして米国で火病についての議論が起こり、韓国でも関連研究が活発になった。

    火病は西洋ではもちろん、同じアジア文化圏でも見られない韓国特有の精神医学的症候群である。簡単に言えば悔しい感情が積もった後、火のような様態で爆発する疾患である。内部で熱が上がったり下がったりするのを感じるとともに、大きな石が胸を押すような感じ、そして大きな塊が喉に入っている感じなどがある。具体的な症状をみると、まず身体的には不眠症と胃腸障害、食欲不振、不快感、頭痛等があらわれる。また、精神的には怒りと憂鬱、悲観、虚無感などの症状が伴う。

    この疾患は、苦しみを我慢して生きなければならない人に多く発生する。韓国文化では我慢することが美徳である。そのせいか、大抵の事はただ黙々と耐えることが上策だという風潮だ。苛酷な嫁入り暮らしや大金を踏み倒されたとき、信じていた人に裏切られたとき、職場の上司から侮辱と抑圧を受けたときなどの場合に、ギュウギュウ押して我慢するために火病が出る。これまでは主に中年女性に多いことが知られているが、最近では年齢も低くなって男女問わない傾向にある。

    健康保険審査評価院の資料によると、火病の患者数は祝日がある月に年間最高値を記録することが分かった。この機関がビッグデータを分析した結果、昨年、韓方病院を訪れた火病患者は全部で1万3263人で、女性患者が80%を占めた。また、昨年の秋夕があった9月に2016人の患者が出て、年間で最も多かった。このように、祝日の後に患者数が増加するのは、ストレスによる祝日症候群が主な原因であると分析される。

    専門家は、このように韓国で火病が一般的なことについて、伝統的な感情である「恨(ハン)」と関連があるものと見ている。極まりない怒りとなって、これが積もって発症するというものである。そのため、根本的な対策が出にくい。個人的にも社会的にも火病を防ぐための努力が大きな効果を上げることは難しい。ただ、無条件に悔しいとか不当な仕打ちに堪えることが能ではないということを留意する必要がある。特に祝日に経験するストレスをどのように賢明に解決するかという問題について、もっと真剣な議論が伴わなければならないようだ。

    ソース:全羅日報 2017.10.10(韓国語)
    http://www.jeollailbo.com/news/articleView.html?idxno=523285

    引用元: ・【全羅日報】火病[10/12]

    【【「Hwa- Byung」と表記】「火病は、韓国特有の精神医学的症候群である」全羅日報(韓国語)】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/06(日) 12:07:02.61 ID:CAP_USER
     「西欧の社会を基にして作られた社会科学の理論で、非西欧の経験を説明するのには限界がある。韓国の社会科学者は、韓国を基にして理論を作り、独自の学問体系を打ち立てなければならない」

     韓国社会学界の重鎮、キム・ギョンドン・ソウル大学名誉教授が、東アジアの近代化と発展を東洋の思想を利用して解釈した英文の学術書3冊を、有名学術出版社「ポールグレイブ・マクミラン」から出版した。

     3冊は韓国研究財団の支援を受けて著され、それぞれ『Alternative Discourses on Modernization & Development』(近代化と発展に関するオルタナティブな議論)、『Korean Modernization & Uneven Development』(韓国の近代化と不均衡発展)、『Confucianism & Modernization in East Asia』(儒教と東アジア近代化)というタイトルが付いている。

     キム教授が東洋思想に基礎を置いたオルタナティブな(代替の、従来の主流と異なる)社会科学理論を模索し始めたのは、1960年代からだった。

     儒教の本場・安東出身の金教授は、米国ミシガン大学で修士号を取って韓国に戻った後、64年に米国ハーバード大学燕京研究所の支援で、韓国社会の近代化プロセスにおける価値体系の変化を分析した論文『韓国社会の儒教価値研究』を発表した。

     その後、再び米国へ渡ってコーネル大学で博士号を取り、ノースカロライナ州立大学の教授を務めた。ここで儒教や道教について尋ねる同僚から刺激を受け、オルタナティブな東洋的理論にますます関心を持つようになった。

     77年、ソウル大学社会学科教授として赴任。本格的に研究に打ち込み、その結果を国際学術会議で発表した。今回の著書は、過去半世紀にわたる研究の集大成だ。

     キム教授は、近代化は西欧でスタートしたが、東アジアの近代化は西欧の技術・文化の波及とそれに伴う工業化・西欧化だけでは説明できないと考えている。

     非西欧地域の近代化は一方的な受容ではなく、伝統に基盤を置いた政治的・文化的「選択」(selectivity)が大きな影響を及ぼす「適応的変化」(adaptive change)であって、そこに各国・社会の近代性が違う形で現れるという。

     キム教授が東洋思想において特に注目しているのは、「周易」に出て来る陰陽の弁証法だ。

     限界(limit)、中庸(moderation)、柔軟性(flexibility)、適応性(adaptability)を重視する陰陽思想は、直線的・単線的で極端な変化を追求する西洋の思想よりも、東アジアの近代化をうまく説明してくれる。

     また、人は仁・義・礼・楽・智・信の「六徳」を兼ね備えるべきだという人性論、天人合一の宇宙論、社会・自然探求において人間の主体性を強調する格物主義などによって儒教は、人間と社会をパーツに分けてアプローチする実証主義とは違い、トータルな理解を可能にしてくれる。

     東洋的観点に立つと、近代化と発展を同一視する立場からは抜け出すことになる。「近代化」が、主に経済成長とそれに伴う社会的変化を指すのに比べ、「発展」は暮らしの質、機会の均等、幸福などの価値を含む概念だ。

     キム教授は「発展かどうかを評価する基準には、その社会の現在の姿だけでなく、未来まで含めなければならない」と語った。

     キム教授は、韓国人の日常用語を、韓国の近代化を説明する社会科学的概念として活用した。韓国社会を理解する上で、普通の人の生活感覚がこもった用語が有用だと思ったからだ。

     貧しく、無視されてきたことに対する「集合的な恨(ハン。晴らせない無念の思い)」は経済成長の動力になり、韓国人特有の「興」は、経済成長を加速させる推進力になった。

     労使交渉でよその労組などの「顔色」を見て、交渉の実質的成果より「名分」を優先するというのは、合理主義を重視する西欧ではなかなか見られない。ライフワークを仕上げてさっぱりした表情のキム教授は「西欧の学者の反応が気になる」と語った。

    李先敏(イ・ソンミン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/04/2017080401491.html

    no title

    引用元: ・【韓国】「集合的な恨(ハン。晴らせない無念の思い)」が経済成長の動力で、韓国人特有の「興」が経済成長を加速させる推進力になった [無断転載禁止]©2ch.net

    【【末期的な症状】ソウル大学名誉教授「「集合的な恨(ハン。晴らせない無念の思い)」が経済成長の動力で、韓国人特有の「興」が経済成長を加速させる推進力」】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/04/10(月)14:02:55 ID:???
    韓国特有の国民性は、一体どこからやって来るのか=中国メディア
    2017-04-09 22:12

    (略)

     中国メディア・今日頭条は7日、「韓国特有の国民性はどうやって形成されたのか」とする記事を掲載した。
    記事は、韓国の国民性を「無恥自己卑下型で横柄」としたうえで、4つの点を挙げてその性質の背景について論じている。

     まず「韓国の歴史研究を行ううえで、中国の歴史を参考にしないわけにいかず、自国に対する強い独立感を持っていない。
    それゆえに焦りを持っているのである」とした。自国の存在が中国なしには説明できないということに対して引け目を感じているということのようだ。

     次に、中国が急速に発展して韓国を軽々と超えていき、無視すらできるようになったことに対する焦りを挙げている。
    この点については、中国の政府やメディアがしばしば日本国内に存在する「中国脅威論」に対して批判を行うのと少々似ている。
     
     続いて「韓国は古代より小さな属国だったため、自信がない。そして、歴史、資源、世界的な地位などあらゆるものが不足するなかで、
    手段を選ぶことなく自分の物であることを主張する。小国は永遠に大国になる方法を理解できない」と論じた。そして最後に
    「韓国は歴史的にいじめられ続けてきたため、またいじめられるのではないかと常にビクビクしている」としている。

    続き サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1633202?page=1

    引用元: ・【中韓】韓国特有の国民性は、一体どこからやって来るのか=中国メディア [H29/4/10]

    【【無恥自己卑下型で横柄】韓国特有の国民性は、一体どこからやって来るのか=中国メディア [H29/4/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ