まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:特別展

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/25(火) 10:08:42.79 ID:CAP_USER
     大韓民国歴史博物館が最近主催した6・25戦争70周年特別展で、北朝鮮の南侵に言及しないまま、当時の韓国軍の残虐性を浮き彫りにしていたことが24日までに判明した。

     韓国の保守系最大野党「未来統合党」に所属するシン・ウォンシク議員によると、歴史博物館は今年6月19日から開催中(ただし現場展示はコロナ19により現在のところ休館)の6・25戦争70周年特別展「さびたフェンスを取りのけて」で、6・25戦争開戦時の状況について説明した。同博物館側は、展示物で「1950年6月25日・日曜日、戦争が始まった」「戦争は見慣れた形で到来した」「人々は、38度線で繰り返されている交戦だと思い」といった記述をしつつも、北朝鮮の「南侵」には言及しなかった。逆に「南へ向かう国軍敗残兵と人民軍の姿」など、韓国軍に対する否定的記述を盛り込んだ。北朝鮮の人共旗の実物を掲げて「北朝鮮の人民共和国旗」という説明も付けた。

     戦争直前の分断の状況を南北の「双方の過失」に帰する記述もあった。「深まる38度線」という展示物では「人々は南と北、あるいは資本主義と社会主義、どちらかの選択を強要された」と記した。国連が1948年12月12日に韓国を韓半島唯一の合法政府として承認した事実は見当たらなかった。開戦直後、国連安全保障理事会が北朝鮮の南侵を「侵略行為」と規定し、16カ国が参戦した歴史への言及もなかった。シン議員は「韓国のアイデンティティーを無視して一方的な内戦のように6・25を描写した」と語った。

     また歴史博物館は、6・25当時起こった民間人虐殺の責任を韓国軍にのみ負わせる記述も行った。「昼間は軍人たちが自首したパルチザンを連れて回り、村の人々を、罪のない人々をアカだと追った」「後で聞いたところでは、軍人たちが後退する中で、その自首したパルチザンも殺したってよ」というような証言も紹介した。

     シン議員は「人民軍の大量虐殺に言及すらしないのは、バランスの取れた歴史叙述ではない」と指摘した。さらに歴史博物館は、北朝鮮がソウル占領記念として発行した切手を「朝鮮民主主義人民共和国ソウル解放記念切手」と紹介したり、北朝鮮による土地改革、女性の権利向上などを説明する資料も北朝鮮の体制賛美と受け取られかねない形で展示した-とシン議員は主張した。

    ウォン・ソンウ記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2020/08/25 09:30
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020082580018
    Copyright (c) Chosunonline.com

    未来統合党シン・ウォンシク議員「人民軍の虐殺ではなく韓国軍の残虐性ばかり浮き彫りに」
    no title

    引用元: ・【朝鮮日報】「大韓民国歴史博物館6・25戦争特別展、南侵への言及なく『国軍敗残兵』描写」 [08/25] [新種のホケモン★]

    【こうやって乗っ取るんだ【朝鮮日報】「大韓民国歴史博物館6・25戦争特別展、南侵への言及なく『国軍敗残兵』描写」 [08/25] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: 【B:101 W:89 H:97 (D cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/07(土) 07:38:21.82 ID:CAP_USER
    (関連写真)
    no title

    https://imgnews.pstatic.net/image/001/2018/07/06/AKR20180706011700371_02_i_20180706080304348.jpg
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    韓国の広報活動に取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が7~28日に中国・上海の韓国文化院で、広報コンテンツとともに25年の活動を振り返る展示会「大韓民国広報展」を開く。上海を皮切りに、世界の主要都市でも開催する計画だ。

    徐氏はこれまで、独島や東海、旧日本軍慰安婦、日本による植民地支配時代の強制徴用などの問題を訴える広告をニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ウォール・ストリート・ジャーナルといった米有力紙に掲載したり、米ニューヨークや英ロンドンの繁華街、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)が開かれるスイス・ダボスなどで韓国料理、ハングルをはじめとする文化コンテンツを紹介したりしてきた。
     
    広報展のテーマは「Watch(目撃)」。7日午後3時から開幕式を行う。徐氏は文化番組の司会として活躍する趙洙彬(チョ・スビン)KBSアナウンサーと韓流文化についてトークする。
     
    徐氏は6日、聯合ニュースに、「グーグルやユーチューブなど世界中の人たちが見るサイトに掲載した広報コンテンツと、フェイスブックなどの会員制交流サイト(SNS)を活用した広告もお見せする」と述べた。来年の2019年は、植民地時代の「三・一独立運動」と上海での「大韓民国臨時政府」発足から100年を迎えることから、上海の韓国文化院展示が特別にこうした場を設けたと説明した。
     
    同文化院のソ・ドンウク院長は「上海は韓国の独立運動の象徴で、歴史的にも大変縁が深い都市。この展示が中国人にわれわれの文化と歴史を知ってもらう契機になれば」と語った。

    ソース:朝鮮日報/ソウル=聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/06/2018070601024.html

    引用元: ・【徐敬徳】慰安婦問題広報など四半世紀・・・韓国人教授あすから上海で特別展[07/07]

    【【徐敬徳】慰安婦問題広報など四半世紀・・・韓国人教授あすから上海で特別展[07/07] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/17(火) 18:50:23.28 ID:CAP_USER
    【南海聯合ニュース】韓日の史料を比較しながら日本の独島領有権主張の虚構性を伝える特別展が、韓国南部・慶尚南道南海郡の南海流刑文学館で17日に始まった。7月31日まで。同館と独島を管轄する慶尚北道鬱陵郡の独島博物館が共同企画したもので、独島を巡るさまざまな事件と韓国の領有権の立証史料を歴史の流れに沿って展示している。

     展示されている韓国の史料のうち「大朝鮮国全図」は「朝鮮八道地図」「朝鮮全図」が収録された地図帳で、朝鮮全図と江原道編にそれぞれ鬱陵島と独島が朝鮮の領土として表記されている。

     一方、朝鮮の地理情報を詳細に記した日本の史料「朝鮮国細見全図」は、鬱陵島と独島を朝鮮の領土として表記している。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/04/17/0400000000AJP20180417003600882.HTML

    引用元: ・【韓国】日本の独島領有権主張の虚構性伝える特別展 韓国南部で始まる[04/17]

    【【韓国】日本の独島領有権主張の虚構性伝える特別展 韓国南部で始まる[04/17] 】の続きを読む

    このページのトップヘ