まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:父

    1: えりにゃん φ ★@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 16:33:37.86 ID:???.net
    【AFP=時事】中国の警察当局は16日、天津(Tianjin)で起きた大規模爆発事故で父親が
    死亡したとうその書き込みをインターネットに投稿し、多額の金をだまし取った疑いで少女
    (19)の身柄を拘束したと発表した。

     南部の広西チワン族自治区(Guangxi Zhuang Autonomous Region)防城港(Fangchenggang)
    市の警察当局がマイクロブログの「新浪微博(Sina Weibo)」公式アカウントで明らかにした
    ところによると、少女は天津から遠く離れた防城港市内で拘束された。

     この少女は、新浪微博に父親が爆発で行方不明になったと投稿。その後、フォロワー数が
    急増したことを受けて、父親は爆発で死亡したとの書き込みをした。

     3000人以上に達した少女のフォロワーらは、新浪微博の決済サービスを利用して少女の
    アカウントに総額9万元(約175万円)を超える寄付を送金。これに対し、少女に疑いを抱いた
    微博ユーザーが通報して少女のアカウントが凍結されたため、少女は金を引き出すことは
    できなかったという。

     中国国家インターネット情報弁公室(Cyberspace Administration of China、CAC)に
    よると、爆発事故後に「信ぴょう性が確認できない情報を公開したり根拠のないうわさを
    流布したりしてパニックを引き起こした」として、計50のウェブサイトが閉鎖された。
    また、批判的な投稿をめぐってソーシャルサイトのアカウント360個が凍結されている。
    【翻訳編集】 AFPBB News

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150817-00000028-jij_afp-int

    引用元: ・【中国】天津爆発で「父死亡」とうそ、175万円寄付集めた19歳少女を拘束 [8/17]

    【上も上なら下も下だな【中国】天津爆発で「父死亡」とうそ、175万円寄付集めた19歳少女を拘束 [8/17]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 00:38:41.46 ID:???.net
    no title

    ▲【新刊】下重暁子著、キム・ナンジュ訳『家族という病』(サルリム社)

     著者は、日本の右傾化を支持して母親に暴力まで振るった父親とのコミュニケーション
    を拒否した。父親が老人性結核で入院したときも、面会にすら行っていない。父親が他界
    した後、病室の枕元に著者のインタビュー記事があるのを見た。著者はそのとき初めて、
    父親をはじめ、母親や兄など家族のことが気になった。最も近い存在なのに最も理解し難
    い存在が、まさに家族だ。

     最後には結局一人になってしまう人間に、家族が必要な理由は何か。元NHKアナウンサ
    ーの著者は、ベールに包まれた家族史を明らかにしながら、家族神話について省察した。「家
    族という名が持つ暴力」を力説する著者だが、家族無用論者ではない。夫を「伴侶」と呼
    ぶ著者は、血がつながっていない家族、子どもをもうけない家族などを紹介し、家族をめ
    ぐる新たな定義と観念が必要だと主張する。1万3800ウォン(約1460円)。

    卞熙媛(ピョン・ヒウォン)記者

    ソース:朝鮮日報日本語版<元NHKアナ・下重暁子氏が考察する「家族神話>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/08/14/2015081401223.html

    引用元: ・【書籍】 日本の右傾化を支持して母に暴力を振るった父~元NHKアナ・下重暁子著『家族という病』韓国で出版[08/16]

    【やっぱ日本の左翼、レベル低すぎだよ 【書籍】 日本の右傾化を支持して母に暴力を振るった父~元NHKアナ・下重暁子著『家族という病』韓国で出版[08/16]】の続きを読む

    no title


    1: 東亜+コピペ規制中@なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 06:34:30.13 ID:???.net
    韓国当局の児童保護部門がこのほど発表した調査報告書によると、2014年に同国で報告された児童虐待問題は1万27件に上り、加害者は約8割のケースで実の父母だった。中国・人民網が27日伝えた。

    報道によると、虐待の報告件数は12年に6403件、13年に6796件と推移して昨年、大幅に増えた。急増した背景には、慶尚北道などで起きた継子虐待死事件によって社会の児童虐待への関心が強まったことがあるという。

    虐待で多かったのは身体的虐待、精神的虐待、性的虐待、ネグレクトで、これらが重なるケースが約半数を占めた。実の父母による虐待は全体の77.2%で、虐待の83.8%が自宅内で起きていた。
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/419051/

    引用元: ・【韓国】児童虐待、昨年報告が1万件超に 加害者の8割が実の父母[05/28]

    【行き着く果てはどうなるのか?【韓国】児童虐待、昨年報告が1万件超に 加害者の8割が実の父母[05/28]】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 09:27:20.24 ID:???.net
    聯合ニュース記事 2015-03-10 15:09

    小学校の時から実父などから性暴行された女子高生が二日連続で麻浦(マポ)大橋に上がって
    自殺を企てて警察に救助された。

    事件を内密調査してきた警察はこの学生を保護措置に置いた一方、被疑者に対する捜査のスピードをあげている。

    10日、京義地方警察庁とソウル永登浦(ヨンドンポ)警察署などによれば去る9日午後11時頃、
    ソウルのある性暴行被害者保護センターから「保護している女子高生1人が行方不明になった」という
    112申告電話がかかった。

    指令を受けた永登浦警察署汝矣島(ヨイド)地区隊所属キム某警偉とパク某警長はすぐに麻浦大橋に出動し
    中間地点に立って川を眺めているA(16)さんを発見して救助した。

    二人の警察官は前日午後7時30分頃巡回査察している間、麻浦大橋の上で川を眺めて立っていたAさんを
    発見してお母さんに引き渡し、事件の指令を受けるやいなやAさんであることを直感して迅速に措置することができた。

    近隣地区から来たAさんは前日には何も言わなかったのと異なり「お父さんから性暴行された。それで
    自殺しようとした」という話を繰り返した。

    Aさんの不幸な理由は小学校時代に遡る。

    小学校2年の時、実父(45)は初めてAさんの体に手をつけた。

    お母さんには内緒に行われたことでAさんは何も言うことができなかった。

    小学校4年の時に両親が離婚した後、お父さんの悪い行動はより一層激しくなった。

    お母さんが家を出て行った後、お父さん、叔母、兄さん(17)と一緒に暮らしてきたAさんは
    お父さんからされるたびに頼りにして信じていた兄さんにまで数回性暴行された。

    こうした地獄とも同じだった記憶は小学校2学年の時から中学校2学年の時まで6年間Aさんが体験したことだ。

    Aさんは昨年11月初めて学校相談教師に勇気を出してこのことを打ち明けた後、初めて家を出て憩い場で過ごしている。
    以下略

    http://news.nate.com/view/20150310n30896?mid=n1006

    引用元: ・【韓国】小学生の頃から父と兄に性暴行された女子高生、自殺を計画も警察が保護

    【韓国人に生まれなくて本当に良かった【韓国】小学生の頃から父と兄に性暴行された女子高生、自殺を計画も警察が保護】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2015/01/15(木) 17:05:23.07 ID:???.net
     「父さん、僕、元気にやってるよ」――昨年4月、韓国のセウォル号沈没事故で死んだはずの息子から、父親にこんなメッセージが届いた・・・

     リーさんは最近、息子が持っていたチャットアプリ「カカオトーク」のアカウントに、「元気でやっているか? 私が年を取ってお前のところに
    行っても、私のことを忘れないでいて欲しい」というメッセージを送った。

     同じ日の夕方、「晩飯は食べたか?」とも聞いた。すると、1時間半後に、リーさんの元に返信メッセージが届いた。

     「僕は大丈夫だよ。お父さんにはそっちで幸せに暮らして欲しい。僕は本当に大丈夫だから、お父さんはそっちでゆっくり過ごし、健康な生活
    を送ってからこっちに来てよ。お父さんのこと、とても愛している」

     リーさんは12日遅く、このやり取りを写したスクリーンショットをネットに公開。画像はたちまちネットユーザーの間に広がった。

     リーさんに返信した男性は、リーさんの息子の携帯電話番号を引き継いだため、チャットアカウントにもアクセスできたのだと説明した。

     返信を見たとき、一瞬「息子が本当に戻ってきたのかと思った」とリーさん。リーさんは12日夜、テレビニュース番組に出演し、電話に残された
    二人のチャット画面を紹介した。

     韓国のメディアでは今、この話題で持ちきりになっている。インターネット上の交流サイト(SNS)でも二人の会話に感動したとの声が出ている。
    ツイッターでは「この話をバスの中で読んで思わず涙が出た」との投稿もあった。

     リーさんに返信を送った男性は、「息子が恋しくなったら、いつでもこの番号宛てにメッセージを送ってほしい」と述べているという。

    ソース(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
    http://jp.wsj.com/articles/SB10518782267286904602304580398883237019858
    写真=韓国の旅客船が同・珍島沖で沈没した現場で救出活動にあたる韓国海洋警察(2014年4月17日) Getty Images
    no title

    引用元: ・【韓国】「父さん、僕、元気にやってるよ」…天国からの返信?韓国フェリー事故で死んだはずの息子から父へのメッセージ[01/15]

    【LINEの捏造を思い出した 【韓国】「父さん、僕、元気にやってるよ」…天国からの返信?韓国フェリー事故で死んだはずの息子から父へのメッセージ[01/15]】の続きを読む

    このページのトップヘ