まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:爆弾

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/06/24(土) 20:40:00.23 ID:CAP_USER
    2017年、私たちは誰でも自由と幸福を享受できる大韓民国に住んでいる。しかし、これは現在を生きる私たちの努力で作られたのではない。1945年8月15日、解放を迎えるまで変節者などの懐柔と日帝の無慈悲な弾圧を耐え抜いた独立活動家たち、そして愛する家族を離れて国を守護する執念を見せた数多くの参戦勇士たちがもたらした結果だ。

    1910年、韓日併合条約で国権を喪失した後、侵奪された国権を取り戻すために多くの独立活動家の犠牲が相次いだ。柳寛順(ユ・クァンスン)烈士は17才で独立万歳運動を主導した容疑で西大門(ソデムン)刑務所に収監され、尹奉吉(ユン・ボンギル)義士は24才の時に日王誕生祝い記念式場に爆弾を投げて国内外で独立のために闘う人々に希望と勇気を与えた。

    限りない日帝の侵奪と独立運動に背を向ける人々に対し、多くの人々が闘争に飛び込み独立のために命を捧げる人の数は減らなかった。独立活動家の犠牲で光復の喜びをむかえてほどなく、1950年6月25日早朝、北朝鮮の南への侵略で6・25韓国動乱(朝鮮戦争)が勃発した。6・25韓国動乱による被害は想像できないほどだった。

    参戦した国軍兵士の数は60万に達っし、そのうち13万人余りが戦死し、45万人余りが負傷を負った。彼らにも戦争という状況は途方もない恐れであっただろう。しかし、命を捧げて国を守護するという彼らの「殺身成仁」精神で私たちは自由な大韓民国に生きている。私たちはこれらの犠牲を決して忘れてはならないだろう。

    解放から70年余り、休戦から60年余りが過ぎた今、私たちはどれほど胸深く彼らの犠牲を賛えているだろうか。残念なことにますます私たちの社会から護国英雄たちに対する関心が弱くなっている。過去を忘れた民族に未来はないという言葉がある。国のために自身を犠牲にした方々の殺身成仁精神を記憶し継承していかなければならない。

    その時代を直接経験しなかった現代人は愛国精神を継承することが難しいと考えるかも知れない。しかし、これは大層なものではなく日常生活でも十分に実践することができる。少し後なら、国軍将兵と殉国烈士の忠誠を賛える韓国殉国烈士の日だ。近づく韓国殉国烈士の日に国家のために犠牲になった方々を記憶して正しく太極旗を掲揚することが、すなわち愛国精神を継承する出発点ではないか。

    京畿東部報勲支庁補償科、パク・ジヘ主務官
    no title


    ソース:京畿日報(韓国語) [寄稿]護国英雄らの愛国精神を賛えて
    http://www.kyeonggi.com/?mod=news&act=articleView&idxno=1366428

    引用元: ・【韓国】 護国英雄たちの愛国精神を賛えよう~自由と幸福を享受できる今の大韓民国があるのは彼らのおかげ[06/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【思いっきりテロリスト賞賛】「尹奉吉(ユン・ボンギル)義士は日王誕生祝い記念式場に爆弾を投げて人々に希望と勇気を与えた」京畿道の京畿日報(韓国語)】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/07/05(水) 20:25:10.16 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ネオフォニックオーケストラ音楽監督チョン・ウンデ氏が李奉昌(イ・ボンチャン)義挙を挿絵で描いた1932年1月17日付フランス新聞を上げて見せている。/ソン・ヒョンジュ記者

    1988年、フランス留学中だったチョン・ウンデ(63) ネオフォニックオーケストラ常任指揮者兼音楽監督はパリのセーヌ川河畔の古書露天商一帯を散歩していた。過去の新聞が置かれた仮屋台を見ていたところ、たった今描かれた様な、韓服を着た人物が馬車に向かって爆弾を投げて人々がびっくり驚天する挿絵を発見した。馬車の割れた窓ガラスからおびえた人の顔が見え、馬に乗った警備兵の一人は地面に倒れている。

    1932年1月17日フランス週刊誌「L'illustre du Petit Journal」の表紙だった。挿絵の下の説明には「東京で起きた襲撃」と記されていた。その年の1月8日、東京桜田門で李奉昌(イ・ボンチャン、1900~1932)義士が日王ヒロヒト(裕仁)に向かって爆弾を投げた事件だった。偉業は失敗したが日本内閣を総辞職させ独立運動に活気を吹き込んだ。

    チョン監督は「朝鮮青年が日本の首都のど真ん中で王に向かって爆弾を投げたことが世界的に大きな衝撃を与えた事実を知ることができた」と言う。チョン監督は「誰かが先に買ってしまったらまずい」と考えて急いでこの資料を購入した。帰国して居間の壁にかけておいたところ、訪問客が「あれは何か」と不思議がった。

    彼は朝鮮日報紙令3万報発行をむかえてこの資料をソウル銅雀区(トンジャクク)にある朝鮮日報ニュース博物館「ニュージアム」に寄贈した。「若い学生たちの教育資料に活用できたら良いです。私たちの烈士の独立運動が韓国だけでなく、世界的な影響を及ぼしたことが分かるようにですね。」

    ユ・ソクチェ記者

    ソース:朝鮮日報(韓国語) 「イ・ボンチャン義士爆弾投擲、世界に衝撃与えた」
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/07/03/2017070302993.html

    前スレ:http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1499170039/
    ★1の立った時間:2017/07/04(火) 21:07:19.60

    引用元: ・【韓国】 「東京の真ん中で日王に爆弾投擲した李奉昌(イ・ボンチャン)義士、世界に衝撃与えた」~仏紙の挿絵★2[07/04] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【英雄はテロリスト。ヒロインは慰安婦】「若い学生たちの教育資料に活用」李奉昌(イ・ボンチャン)義士の、日王に爆弾投擲した偉業】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/04/27(木) 14:53:19.02 ID:CAP_USER
    29日は梅軒(メホン)尹奉吉(ユン・ボンギル)義士(1908-32)の中国上海虹口公園義挙85周年となる日だ。日帝強占期間に踏みにじられた韓国人の心を晴らした快挙であることを知らない人はほとんどいない。25歳の青年・尹奉吉は85年前のその日、天皇誕生日を記念した日本軍首脳部に水筒型爆弾を投げた。1909年10月に安重根(アン・ジュングン)義士(1879-1910)のハルビン義挙に続き、大韓独立に対する熱望を表出した。

    尹義士は中国人にも大きな衝撃を与えた。中国国民党を率いた蒋介石(1887-1975)がそうだ。義挙の直後、「中国の100万の大軍もできないことを朝鮮の一人の青年がしたのだから感激だ」と述べた。尹義士に対する感謝から中国にあった大韓民国臨時政府を全幅支援したりもした。このような流れは1943年12月に韓国の独立が国際的に初めて合意されたカイロ宣言まで続いた。尹義士と中国の縁は今でも続いている。尹義士の故郷の忠清南道礼山郡(イェサングン)で毎年開催される「尹奉吉平和祭り」に中国は8年連続で参加している。29、30日の2日間行われる今年の祭りにも、ハルビン安重根記念館、ハルビン731部隊罪証陣列館の関係者ら4人が訪れる。細菌マルタ部隊など日帝の蛮行を説明し、北東アジア平和音楽祭など付帯行事にも参加する予定だ。

    しかし今年は少し違う。何よりも訪韓団規模が以前の半分ほどに減った。昨年は大韓民国臨時政府所在地の上海・杭州・重慶記念館、安重根義士が殉国した旅順監獄の関係者など約10人が訪問した。その前も状況は似ていた。韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備決定に対する中国側の反発という声が聞こえる。

    丈夫出家生不還--。尹義士が故郷を離れてはるか上海へ向かいながら残した言葉だ。「男が家を出れば志を成し遂げるまで戻らない」と誓った。青年尹奉吉の決意を改めて感じる。「男が世の中を生きていくこと、その志は大きい」という安重根義士の「丈夫歌」も思い浮かぶ。個人はもちろん国際関係もそのような大きな志が重要だ。危機の北東アジア情勢を解決していくカギになる。日帝の欺まん策により韓国と中国の農民が流血衝突した1931年の万宝山事件が解決したのも、尹義士の義挙がきっかけになった。目の前の小利に両国の大利を縮小する中国の態度が残念だ。

    パク・ジョンホ/論説委員

    ソース:中央日報/中央日報日本語版【コラム】日本軍に爆弾投げた尹奉吉と韓中関係
    http://japanese.joins.com/article/542/228542.html

    関連スレ:【韓国】 韓中関係、解決法は対日歴史協力にある~日本は韓国と中国の公共の敵、と中国に伝えよ[04/26]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1493197874/

    引用元: ・【韓国】 日本軍に爆弾投げた尹奉吉と韓中関係~「尹奉吉平和祭り」参加の中国人減少、中国の態度は残念[04/27] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【テロ支援国家】 中央日報「日本軍に爆弾投げた尹奉吉の「尹奉吉平和祭り」、中国人の参加が減少したのは残念」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/04/25(火) 01:23:05.47 ID:CAP_USER
    no title

    ▲「パク・ヨル」イ・ジェフンの決然とした意志が込められた強烈なポスターが公開された

    イ・ジュンイク監督の第十二作でイ・ジェフンの出演した「パク・ヨル(朴烈)」がいよいよベールを脱いだ。来る6月封切り予定の映画「パク・ヨル」は1923年、東京で六千人の朝鮮人虐殺を隠そうとする日帝に正面から対抗した朝鮮最高の不良青年「パク・ヨル」と彼の同志であり恋人「フミコ」の信じられない実話を描いた作品だ。

    「パク・ヨル」は1923年、関東大地震を機会に利用して罪のない朝鮮人六千人を殺した関東大虐殺を隠そうとする日本の計略に対抗し、自ら大逆罪人を自任し死刑まで覚悟して法廷に立った朝鮮青年パク・ヨルと彼の同志であり恋人の金子文子の波瀾万丈の人生を土台に作られた。

    映画「パク・ヨル」の1次ポスターはデビュー以来最も爆発的な演技に変身を予告するイ・ジェフンの破格なビジュアルで視線をひきつける。特に、頭からつま先まで朝鮮最高の不良青年パク・ヨルに完ぺきに変身したイ・ジェフンの堂々としていながら自信にあふれた表情は強烈なカリスマを発散して独歩的な存在感を誇示する。

    ここに「俺は朝鮮の犬畜生だ」という破格的なコピーは実存人物であり、日本帝国を揺るがした朝鮮青年パク・ヨルに対する好奇心を呼びおこす。

    1922年、パク・ヨルが「青年朝鮮」雑誌に寄稿した詩「犬畜生」から抜粋したコピーは日本帝国主義に対抗して抗日運動を行った青年パク・ヨルの決然とした意志とまっすぐな気概を感じさせる。また、1次ポスターにあふれる熱い反応に力づけられて公開した映像はパク・ヨルのキャラクターに完全に没頭してきっ抗したエネルギーを吹きだしているイ・ジェフンの多様な姿を公開する予定だ。

    自らを不逞鮮人と称して「不逞社」を組織し、抗日運動を行った青年パク・ヨルは日本皇太子爆弾暗殺計画を自白した後、大逆事件で起訴されて日本では朝鮮人初の大逆罪人となり、朝鮮では英雄と呼ばれた人物だ。

    「王の男」「使徒」「同舟」に至るまで歴史的事実を背景に人物を描く卓越した演出力と定評があったイ・ジュンイク監督は第十二作の「パク・ヨル」について「今回の作品を通じて時代を問わず、若者が持っている純粋な信念について話そうと思った。

    果たして現在を生きている私たちすべてが日帝強制支配期の『パク・ヨル』ほど世の中を正面から見て生きているのか問いかける映画だ。」と前年、知られていない人物「パク・ヨル」の激しくて波瀾万丈な人生とその中に感じられる深みある響きに対する期待感を一層高めさせている。

    シン・ミレ記者

    ソース:毎日経済(韓国語) 「パクヨル」イ・ジェフン、決然とした意志入れられた強烈なポスター
    http://news.mk.co.kr/newsRead.php?year=2017&no=276766

    引用元: ・【映画】 朝鮮人六千人を殺した関東大虐殺を隠蔽しようとする日帝と戦った青年の実話描いた映画『パク・ヨル』のポスター公開[04/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【また捏造か】「パク・ヨル」朝鮮で英雄と呼ばれた、日本皇太子爆弾暗殺を計画した人物の映画】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/02/20(月) 22:43:32.43 ID:CAP_USER
    no title

    ▲1931年韓人愛国団に入団当時の尹奉吉義士の姿/義挙直後、日本軍警に連行されていく尹奉吉義士の姿、国家報勲処

    [インサイト]ムン・ジヨン記者=二十五の年に祖国のために命を捧げた尹奉吉(ユン・ボンギル)義士の話が国民の募金を通じて映画化される。

    最近、尹奉吉義士の「弁当爆弾」義挙を扱った映画「鋼鉄の虹」製作スタッフはクラウド・ファンディング・サイトを通じて映画製作のための1次ファンディングに成功し3000万ウォンを集めた。イ・ミニョン監督の映画「鋼鉄の虹」は尹奉吉義士が志を抱いて家を出て1932年12月19日、中国上海虹口公園で日本騎馬隊と憲兵隊など1万人の日本軍に向かって爆弾を投げた義挙を描く。

    演出を引き受けたイ・ミニョン監督は2年余りの間「梅軒ユン・ボンギル記念事業会」「梅軒ユン・ボンギル月進会」など関連団体を訪ね歩き収集した資料からシナリオを完成させた後、昨年12月15日からファンディングに出た。「鋼鉄の虹」は80億以上の予算が必要とされる大型プロジェクトで中国上海文化投資有限公司と80億ウォンの投資契約を結んだ。

    しかし、韓国内THAAD配置発表以後、中国政府の投資許可保留で難航しており、イ監督が直接(株)鋼鉄の虹を設立して製作費の募金を始めたと伝えられた。1次ファンディングに成功した「鋼鉄の虹」関係者はインサイトとの電話通話で「3月1日頃開設されるサイトを通じて第二次ファンディングを始める予定」と明らかにした。

    「鋼鉄の虹」は来る4~5月中にキャスティングとメイン投資作業を終えて2018年8月15日封切りを目標に製作中であることが分かった。

    一方「鋼鉄の虹」のイ・ミニョン監督は2004年から10年間、1950年代初め独島(ドクト、日本名:竹島)を占領しようとする日本艦隊に対抗して体だけで独島を守った鬱陵島(ウルルンド)青年33人の「独島義勇守備隊」の実話を素材にした映画「独島守備隊」への投資を受けようとした。しかし、企業が日本市場から不利益を受けるか心配して投資を敬遠し結局「独島守備隊」プロジェクトは無期限保留された状態だ。

    ムン・ジヨン記者

    ソース:インサイト(韓国語) 日帝に対抗して'爆弾'投擲した尹奉吉義士扱った映画出てくる
    http://www.insight.co.kr/newsRead.php?ArtNo=94446

    引用元: ・【韓国】 日帝に対抗し「爆弾」を投げた尹奉吉義士(ユン・ボンギル)を扱った映画『鋼鉄の虹』、製作開始[02/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【悪質なテロリストじゃん】韓国国民の募金で映画化「尹奉吉義士の日本軍に向かって爆弾を投げた義挙を描く」】の続きを読む

    このページのトップヘ