まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:照射

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/02/07(木) 19:41:34.31 ID:CAP_USER
    日本が引き起こした韓日哨戒機葛藤は日本側の追加挑発がなく、ひとまず潜伏した状況だ。鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官の強力な対応指示など私たち側が初期のぬるい態度から抜け出して断固たる姿勢を見せたのが功を奏した。

    国際社会に向けた日本のプロパガンダを放置していれば、日本の主張が定説と受け入れられ、韓半島近海で国軍の作戦活動が大きく萎縮する可能性があった。

    今回の事件は南側からの安保脅威を再認識する契機になった点で「禍転じて福となす」だ。北米対話が劇的に進み、韓半島平和体制が可視化しても新しい安保脅威に直面する可能性があることを思い起こさせた。

    問題は対北安保と同じように対南安保も言葉だけではないという点だ。今回の事態を通じて外交安保戦略と関連していくつか再点検する時ではないかと思う。先に北側からの脅威緩和と別個に私たちの外交安保の基本軸である韓・米同盟を強化しなければならない事が逆説的に再確認された。韓・米同盟という安全弁がなければ、南側からの脅威はさらにはやく現実化する可能性がある。韓・米聨合軍事訓練中断や大規模縮小が憂慮される理由だ。

    日本国内では韓半島平和体制が構築され、駐韓米軍が撤収されれば日本列島が最前線だという点を強調して軍事力強化を要求する雰囲気が醸成されている。安倍晋三総理の念願の「戦争できる日本」実現もこの様な流れで急流に乗ることができる。

    過去の中国勤務時「韓・米同盟がなければ韓国は何でもない」と話す中国側関係者を何度も見たことがある。日本も事実、そのような立場に見える。特に韓・米軍事同盟弱化は私たちの外交的孤立を自ら招来する愚行になりかねない。

    最近の状況と関連して「日本の外交安保戦略の目標は韓国が米・中から孤立し、日本に頼るようにすること」というイ・ヒョンジュ元駐大阪総領事(元東北アジア歴史財団事務総長)の指摘を吟味する必要がある。韓・米聨合訓練が韓半島全体の安寧のために必要だという点を北側にも周知させるべきではないだろうか。ベトナム戦以後、大規模戦闘経験がない国軍の実質的な作戦能力強化のためにも世界最精鋭の米軍との聨合訓練経験は大切だ。

    二番目は友軍を増やすこと。ドナルド・トランプ大統領執権後、可視化した米国の孤立主義は貿易はもちろん安保面でも憂慮するに値する。現在の米国の全体的雰囲気を見る時、「ポストトランプ」時代にもこの様な傾向は続く可能性がある。私たちの希望と関係なく、米国がアジア太平洋に対する関与を弱化する可能性を冷静に認識しなければならない。この様な側面で日本が英国、オーストラリアなどと準同盟関係を設定していることを参考にし、米国が参加する多者枠組み内だけでなく、両者次元でも友軍作りに積極的にでる必要がある。

    三番目は結局、力だ。対南安保体制強化のための軍事力確保はそれ自体意味があるだけでなく、私たちの外交政策を実質的に保障する力にもなる。外交安保分野の伝説的存在であるヘンリー・キッシンジャー博士が2003年7月訪韓時「効果的外交交渉のためには結局、軍事力に後押しされなければならない」としたというシン・ポンギル元インド大使の伝言がまた思い出される理由だ。現在の海軍力の場合、艦艇トン数基準で韓国が1ならば中国6.47、日本は2.42の戦力差という。周辺国と有事の際、開戦と同時に壊滅的打撃を受けかねない状況では、自主的な外交安保空間の確保は虚像にならざるをえない。

    キム・チョンジュン東京特派員
    http://www.segye.com/content/image/2019/02/06/20190206001824_0.jpg

    ソース:世界日報(韓国語) [特派員リポート]「対南加えない「末路だけはならない
    https://www.segye.com/newsView/20190206001568

    引用元: ・【レーダー照射】 今回の日本の挑発やプロパガンダは韓国の「対南安保脅威」を再認識させてくれた[02/07]

    【東京に駐在しててもこの程度【レーダー照射】 今回の日本の挑発やプロパガンダは韓国の「対南安保脅威」を再認識させてくれた[02/07] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/15(火) 00:30:38.14 ID:CAP_USER
    先日、困難に直面している弟と飲食店で会って話を交わしている時のことだった。偶然、昔の学生時代に友人々を非常に困らせたにもかかわらず、今に至るまで申し訳ないという言葉一つない野郎がそばのテーブルに座っていた。彼は私を発見し私たちのテーブルに近づくといきなり文句をつけた。私はやめて自分の席に戻ってと要求して手で遮った。すると自分の顔を殴ろうとした、とけちをつけて私に謝罪を要求してきた。翌日には当時、自分が受けた脅威の証拠として動画までSNSに上げた。動画にはむしろ自分が顔をつっこんでけんかを売る姿があるだけだった。保険詐欺団でもなく、ばかばかしい。

    昨年12月20日、東海(トンヘ、日本名:日本海)上の中間水域であった私たちの海軍艦艇と日本哨戒機間の脅威的な行動に対する論議が簡単に消えずにいる。日本は我が艦艇が砲やミサイルを発射する時使うレーダーで日本哨戒機に照準したとし謝罪を要求してきたし、私たちはそのレーダーをつけることもなかったと対抗している。日本は相互誤解を解くための韓日間実務テレビ会議を開催してわずか一日後に映像をインターネットに載せた。後頭部を打ったのだ。

    日本が公開した映像には哨戒機が我が艦艇近く飛行する場面と操縦士の対話だけ含まれているだけで私たちが射撃用レーダーを使ったという証拠は探せない。日本の哨戒機は射撃用レーダーが自分たちをねらっているとし、我が艦艇を回避するどころかかえって我が艦艇側近くに接近する非正常的行動まで見せている。日本が脅威を受けたというレーダーの情報を公開すれば良いのに秘密として拒否している。

    日本が初めから私たちの過剰対応を誘導して問題化しようとした、という陰謀説まで提起されている。日本内部ですら日本の哨戒機がとても近くに接近したという評価とともに動画公開はやはりとても軽率な行動ではないかとの批判が出ている。それでも日本がずっと無理を通しており、支持率が急落した安倍内閣の政治的意図が疑わしいのが事実だ。また、今回の論議が発生する二日前に出した日本の軍事力強化計画の新しい防衛計画大綱の必要性を後押しするためにこうしたことを行った可能性もあるという。

    政治的でも軍事的でもいかなる理由であろうと、私たちを対象にした点で苦々しくて不快だ。今回の事件の本質は私たちの海軍艦艇のレーダー作動可否に対する真実攻防ではない。我が艦艇が日本哨戒機に対し攻撃のための追跡レーダーを運用しなかった事実は変わらない。かえって北朝鮮漁船救助活動をしている状況で日本哨戒機が常識以下の近くに接近したことが問題の発端だ。人道主義的救助活動に集中している艦艇に他国の軍用機が近接飛行をしたことは非常に危険で非紳士的な行動だ。

    日本の哨戒機は私たちの海軍と海上警察艦艇が北朝鮮漁船を救助していることを知っていただろう。日本は友好国の航空機に対しどうしてそのようなことが出来るのか、というが逆に友好国の艦艇が漁船を救助している状況で無理に接近して邪魔することが果たして友好国のすることなのか反問したい。謝罪を要求して謝罪を受けなければならない側は日本ではなく私たちだ。反対に私たちの哨戒機が日本艦艇に同じように接近していれば、日本はどのように反応したかもとても気になる。

    それでもこれから私たちも日本と同じようにしようということではない。ミラーリングと言って相手方の行動をまね、同質感と親近感をもあたえるが、反対に「君も同じようにされてみろ」という式の誤った行動をしてはならないだろう。日本が当初、謝罪を受けるという意図でなく政治的に利用しようと思ったとすれば、私たちが興奮して正面対抗するほど日本の意図に巻き込まれ、助ける格好になる。私たちは毅然として良い姿を見せればそれだけだ。日本の脳にも私たちの姿を見て共感し、まねることを可能にする鏡ニューロンという細胞があることを願う。

    本当に一発撃とうとしたとすればこのようにくやしくもないだろう。振り返ればもう少し堂々と対応できなかったのがこの上なく残念だ。それでも後悔はない。耐える者に福が来る…。

    キム・ドンヨプ慶南(キョンナム)大極東問題研究所教授
    no title


    ソース:ソウル新聞(韓国語) [開かれた世界]安保詐欺団と鏡ニューロン/キム・ドンヨプ慶南(キョンナム)大極東問題研究所教
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20190114030001

    引用元: ・【レーダー照射】 韓国は毅然とした姿を示し、日本の脳に鏡ニューロンがあることを願う/キム・ドンヨプ慶南大教授[01/14]

    【バカの屁理屈寝言以下 【レーダー照射】 韓国は毅然とした姿を示し、日本の脳に鏡ニューロンがあることを願う/キム・ドンヨプ慶南大教授[01/14] 】の続きを読む

    1: Boo ★ 2018/05/04(金) 11:46:07.58 ID:CAP_USER
    (CNN) 中国軍が初の海外拠点として東アフリカのジブチに設置した軍事基地からレーザーを使って米軍機を妨害し、複数の米軍パイロットを負傷させたとして、米国務省が外交ルートを通じて中国政府に抗議した。米軍当局者2人がCNNに明らかにした。

    米国防総省のダナ・ホワイト主席報道官は3日、中国に対し、この問題について自ら調査を実施するよう申し入れたことを確認。「我々のパイロットが真の脅威にさらされている」と位置付け、この数週間で事態は深刻化しつつあるとの認識を示した。

    CNNが入手した米軍パイロットへの通知によると、ジブチでは過去数週間で複数回にわたり、同地の米軍基地所属の米軍機に対してレーザーが照射される問題が相次いだ。

    このうち1回は、近くの中国基地から照射されたと伝えられる軍事用レーザービームによって、飛行中のC130輸送機の乗員2人が目に軽傷を負ったとしている。

    通知ではパイロットに対し、ジブチで特定の空域を飛行する際は注意するよう呼びかけた。

    米軍当局者2人はCNNの取材に対し、こうした行為は重大な事故を生じさせかねないとして、強い懸念を示した。米国務省は中国政府に対し、こうした行為をやめるよう申し入れたという。

    米国防当局者は、中国が南シナ海でもレーザーを使って米軍機を妨害しているとの見方を強めている。

    ジブチでは先月、航空機が絡む事故が相次いだことを受け、米軍が一時的に作戦の中断を余儀なくされていた。同地はテロ掃討作戦の要衝となっているが、作戦の中断はジブチ政府の要請を受けた措置だった。

    https://www.cnn.co.jp/world/35118677.html?tag=top;topStories

    引用元: ・【国際】「中国のレーザー照射で米兵負傷」、米政府が抗議 ジブチ[05/04]

    【【国際】「中国のレーザー照射で米兵負傷」、米政府が抗議 ジブチ[05/04] 】の続きを読む

    このページのトップヘ