まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:無関心

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/08(水) 09:17:20.38 ID:CAP_USER
    ■実名公開した公式声明いまだなく 
    ■ホワイトハウス報道官は定例記者会見でとんちんかんな答え


    米国のドナルド・トランプ政権が、激しさを増しているTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備に対する中国の報復には手を拱いたまま、
    韓国を矢面に立たせてTHAAD配備の加速化に乗り出している。
     
    米政府が中国の対韓国報復処置と関連して公式立場を示したのは、今月2日、ハンギョレの要請に国務省報道官室の関係者が
    「(中国が)自衛的な防御処置を放棄するように韓国に圧力を加えたり、批判するのは不合理であり不適切だ」と述べたのが初めてだ。

    中国の報復が可視化して以降、米政府の実名を明記した公式声明すらなかった。

    THAAD配備を「韓米の共同決定」と強調しながらも、中国との関係を意識して「ローキー」(low-key:低いレベルの対応)で行くことを意味するものと言える。

    さらに、ホワイトハウスのショーン・スパイサー報道官は6日(現地時間)、非公開の記者会見で
    「THAADの韓国配備と関連した中国の報復に対する米国の立場は」という記者の質問に、状況をよく把握できなかったのか
    「何に対する報復ですか?」と聞き返した。

    質問した人が「THAAD部隊に対する報復」と再度確認しても、「THAAD部隊ですって?」と、質問の趣旨を全く理解していない様子だった。

    結局、スパイサー報道官は「北朝鮮のミサイル発射は我々の友人である韓国を危険に陥れる」とし、
    「この問題を解決するため、韓国政府と協力していく」と全く無関係な答弁をした。

    THAAD配備と関連した韓国に対する中国の報復措置について、ドナルド・トランプ政権がどれほど無関心なのかを示す場面だった。
     
    トランプ政権は、バラク・オバマ政権よりも頑なにTHAAD配備にこだわってきた。
    東北アジアで米中間の戦略的競争の手段としてTHAADを活用しようとする意図が、オバマ政府よりも強いからだ。

    また、朴槿恵(パク・クネ)政権の積極的なTHAAD誘致とともに、朝鮮半島周辺の緊張を高める北朝鮮の行為などが、その口実を提供してきた。

    米国政府の外交関係者たちは「THAADは韓米同盟の試金石」という言葉を繰り返してきた。

    “THAADを導入するか否か”が韓米同盟の基準という点を強調することで、
    韓国で進歩政権が誕生してもTHAAD配備は白紙化できないことを明確にしようとしたのだ。

    むしろTHAADの追加配備の話まで取りざたされた。

    しかし、北朝鮮のミサイル防衛の概念を超えて、米中間の戦略的問題の側面が大きいTHAADをめぐって、
    責任ある対応ができない朴槿恵政権を矢面に立たせて米国がTHAAD配備を加速化するのは、度が過ぎる“私利私欲の追求”との批判の声も上がっている。

    THAAD問題によって、次期韓国政府との関係も最初からぎくしゃくする可能性がある。


    2017.03.08 07:38
    http://japan.hani.co.kr/arti/international/26729.html

    引用元: ・【ハンギョレ】中国の報復には無関心な米国、韓国を矢面に立たせてTHAAD強行[03/08]©2ch.net

    【【肉壁だからな】ハンギョレ「中国の報復には無関心な米国、韓国を矢面に立たせてTHAAD強行」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/26(金) 11:08:08.53 ID:CAP_USER
    韓国の経済学者に韓国経済を尋ねることに冷やかな時代だ。景気浮揚と借金調整のジレンマが当局者を困らせ構造調整に国民のお金をどれほど投じなければいけないのかで論争が広がっている時も、学界は無関心だった。
    政府が役割を果たせない時に果敢に「苦言」を投げかけるべき学界には「ポリフェッサー(politics+professor、現実政治に積極的に参加する教授)」と御用学者だけがあふれているという自嘲も出てくる。
    グローバル金融危機から9年が過ぎたが学界の診断力は後退したという指摘だ。論文実績中心の評価システム、非主流を敬遠する学界、批判が自由ではない文化などが韓国経済学の危機を招いている。

    ◆大きな問いを冷遇する国

    今年4月の総選挙公約から始まったいわゆる「韓国型金融緩和」はせっかく登場した巨大イシューだった。実体が曖昧な話題をめぐって消耗的な論争が続いた。「誰のお金を投入すべきか」という問題で政府と韓国銀行の間で神経戦ばかりが激しかった。
    約2カ月間もめた末に11兆ウォン(約1兆円)規模の資本拡充ファンド設立が決定された。

    金融通貨委員出身のある教授は「韓国経済に突然投げられた大きな問いだった」として「ところが討論もなしに組織間の力争いで沈静化した」と苦々しく言った。そうやって決定された資本拡充ファンドは現在は無用論に置かれている。
    この過程には経済学者の責任放棄もあったと多くの人々が指摘する。

    金融当局のある関係者は「米国だったら景気浮揚や構造調整に政府がどれほど介入すべきかをめぐって学派間または個人の所信によって大変な論理戦が繰り広げられた」としながら「国内ではそのような風景を見かけ難い」と話した。

    ◆「昇進するには米国経済見なければ」

    国内教授の任用と昇進は論文の実績を基準に行われる。国内よりも国際学術誌、その中でも社会科学論文引用索引(SSCI:Social Sciences Citation Index)で認める「トップレベル」学術誌に掲載されてこそ加点される。
    これまでの学界の閉鎖性を克服するために、政府主導で国際基準を導入した。これは経済学界の実力を過去20年間余りで大きく引き上げた。

    だが副作用もあらわれた。オ・ジョングン建国(コングク)大学特任教授は「30~40代の教授が論文争いをする中で大きな視野を持ちにくい」として「韓国経済を熱心に見れば、むしろ国際学術誌に論文を載せるのに不利なのが事実」と指摘した。
    韓国経済を研究すれば国内統計と資料を使わざるを得ないが、これについての国際的信頼性が低い点も障害物だと話した。

    チョ・チャンオク西江(ソガン)大学経済学科教授(韓国経済学会長)と博士課程キム・スギョン氏が4月「韓国経済の分析」に記した論文「韓国経済学者の研究指向に関する研究」に現実があらわれている。
    1990~2013年に国内学術誌に掲載された論文の中で韓国研究は60.9%を占めていた。ところが外国学術誌に行けばその割合は26.0%に落ちる。

    外国研究の59.6%は対象が米国だ。隣国であり経済競合度が高い中国(4.3%)や日本(4.1%)はむしろ少数だ。若い教授は世界の主流経済学界が米国中心の上に国内でも米国留学派が多く評価されるのに有利だと話す。
    学生たちが留学先としてほとんどが米国を選択するのも似たような理由だ。「韓国経済学が米国経済の下請け基地になった」という苦々しい話がここから出てくる。

    http://japanese.joins.com/article/875/219875.html
    http://japanese.joins.com/article/876/219876.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【経済】韓国経済に無関心な韓国の経済学者たち…論争も苦言も消えた[8/26]©2ch.net

    【【経済】韓国経済に無関心な韓国の経済学者たち…論争も苦言も消えた[8/26]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2014/09/17(水) 07:08:09.32 ID:???.net
    ◆上海の寿司屋は鮮度に無関心 寿司はほぼ「マヨネーズ焼き」

    なぜ「中国毒食品」はなくならないのか。その根底には、日本人とは相容れない
    中国人特有の「衛生観念」があるはずだ──そのことを間近で観察するため、
    上海の寿司屋にバイトとして潜入した上海在住のジャーナリスト・西谷格氏が、
    その“無法ぶり”をリポートする。

     * * *

    出勤初日。
    ショッピングビル2階の店舗へと定時15分前に行ってみたが、誰もおらず、
    カギも掛けられたまま。
    しばらくすると5分前になってようやくリーダー風の男性が現われ、カギを開けてくれた。
    時間感覚が相当ユルい。

    作務衣風の縞模様の制服を私服のTシャツの上から羽織り、
    黒い帽子とエプロンを着用する。
    日本で寿司屋の板前というと白衣のイメージだが、
    汚れを目立たなくするためか、すべて黒系で統一されていた。

    寿司カウンターに立って周囲を見渡すと、厨房内は一見してそれほど不衛生では
    なかったものの、仔細に観察を続けているとギョッとした。
    寿司を握っていた先輩社員の手元を見ると、マグロとサーモンの切り身の並んだトレーが、
    作業台の上に常温で放置され続けているのだ。

    店内はエアコンが効いているとはいえ、生魚を保存できるような温度ではない。
    サーモンは色がくすんでぐにゃりとしなり、マグロは水分が抜けて赤黒くしなびている。
    品質が劣化しているのは明らかだった。先輩社員に「外に出しっぱなしなんですね」と
    指摘すると、彼は「本当は氷を敷くんだけどね」と口ごもり、いったん冷蔵庫へしまった。
    だが、30分後には元通りになっていた。

    鮮度を気にしないのには理由がある。
    店で出される寿司のほとんどが、マヨネーズ焼きで出されるからだ。
    出来上がった寿司の上からコショウやガーリックパウダーを振り、
    関西風のお好み焼きのように大量のマヨネーズを線状に垂らすのだ。
    さらにガスバーナーであぶるので、鮮度の悪さは完全にごまかせる。
    厨房の中で一口食べてみたが、こってりと油っこくて、寿司とは似て非なるものだった。

    またスタッフは仕事中、手洗いというものを一切しない。
    仕事を始める前やトイレなどに行った後でも、何もせず平然と素手で食材を触る。
    たまに手洗いをするとすれば、サーモンをさばいたあとなど自分の手がヌルヌルして
    不快になったときだけ。基準は自分本位なのだ。

    SAPIO 2014年10月号
    http://www.news-postseven.com/archives/20140915_274959.html 

    引用元: ・【SAPIO】上海の寿司屋は鮮度に無関心…寿司はほぼ「マヨネーズ焼き」[09/15]

    【うわ~www 絶対に食えんなー。【SAPIO】上海の寿司屋は鮮度に無関心…寿司はほぼ「マヨネーズ焼き」[09/15]】の続きを読む

    yaru


    1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 02:41:45.98 ID:???.net
    仁川アジア大会の開催まであと20日もない。主催者は韓流攻勢などでアジア大会の
    周知を進めているが、国民の80%以上は無関心だ。

    仁川アジア競技大会組織委員会関係者によると、韓国では仁川アジア大会は3度目と
    なるアジア大会で、1988年にソウル五輪が開催された。総合的国際体育大会は
    慣れっこになっている韓国人にとって無関心は当然だ。

    今年4月のセウォル号沈没事故は韓国社会を大きく傷つけ、韓国はまだセウォル号に
    よる悲しみから脱出していない。これは、韓国国内でのアジア大会の周知活動に影を
    落としている。

    メディアによる「仁川アジア大会に興味があるか」との世論調査によると、80%以上の
    調査対象者は無関心と示した。新華社の記者の街頭取材で、「いつ開幕するのか知らない」、
    「ワールドカップブームから正常な生活に戻ったばかりで、アジア大会にあまり関心を
    もっていない」、「しばらく会場に行く予定はない」とコメントした調査対象は多くを占める。

    実は、準備の不行き届きもアジア大会に対する国民の無関心につながる。韓国メディアの
    8月19日付記事では、仁川市議会の議員は会場を視察したところ、プールのトイレの
    水があふれ、施設の換気や照明設備の不備が見られ、観客向けの宿泊施設の質が低い
    などの問題に気付いた。
    問題が暴き出されると、国民から準備不行き届きの非難は殺到した。

    仁川アジア大会組織委員会によると、8月28日時点で、売約済みのチケットは全体の
    30%だけだ。

    http://www.xinhuaxia.jp/social/45784

    関連
    【韓国】舛添都知事、19日から韓国訪問 アジア大会開会式出席[09/02]

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1409643611/

    引用元: ・【韓国】韓国で今月開催の「アジア大会」に国民は無関心 プールのトイレの水があふれ、観客向けの宿泊施設の質が低いなどの問題も

    【これを参考にするとかいってる舛添 【韓国】韓国で今月開催の「アジア大会」に国民は無関心 プールのトイレの水があふれ、観客向けの宿泊施設の質が低いなどの問題も】の続きを読む

    このページのトップヘ