まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:滑稽

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/11(土) 15:26:55.09 ID:CAP_USER
     9日夜、ルノーサムスン自動車釜山工場の生産職社員は会社からテキストメッセージと無料通信アプリ「カカオトーク」のメッセージを受け取った。タイトルは「部分職場閉鎖公告」。「10日から別途に告知があるまで釜山工場を部分閉鎖する。即時に組合員たちは工場から退去し、許可なく事業場に立ち入ることができなくなる」という内容だった。社内向けホームページにも公告が掲載された。

     しかし、これは工場の完全閉鎖するための措置ではない。最小限でも工場を回すための会社側の『窮余の策』だ。なぜ工場を稼動させるために部分閉鎖をするという事態になったのだろうか。

    ■工場を稼働させるため部分閉鎖

     10日午後、釜山市江西区にあるルノーサムスン自動車の工場。午後4時になるとジャンパーを着た人々が通勤用バス20台に乗って工場の門を出た。この工場はもともと昼夜交代で一日18時間稼働だった。しかし、この日は昼間の作業のみ行われた。工場は勤労希望書を出した約1720人が稼働させた。同社労働組合はストライキを宣言したが、これらは「仕事をする」と言ってストライキに賛同せずに出勤した人々で、全社員の約80%に当たる。

     ルノーサムスン労働組合は賃金および団体協約交渉が決裂すると、先月20日に全面ストを宣言した。初日の参加率は43.5%だったが、最近は30%まで下がった。「ストではなく工場を稼働させる方が優先だ」としてストライキから離脱する人々が増えたのだ。同社は、これらの人々を中心にし、工場を部分的ながら稼働させることができた。

    イム・ギョンオプ記者
    ※続きは元ソースでご覧ください。

    ソース
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2020/01/11 10:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/11/2020011180016.html

    引用元: ・【韓国自動車】工場回そうと職場閉鎖…ルノーサムスンの「悲しくも滑稽な現実[01/11]

    【まんま朝鮮王朝の歴史だな【韓国自動車】工場回そうと職場閉鎖…ルノーサムスンの「悲しくも滑稽な現実[01/11]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/28(火) 09:23:00.33 ID:CAP_USER
    韓国の古代史をめぐる在野の歴史学界と講壇(大学)の歴史学界の論争が再び激しくなっている様相だ。
    「殖民史学の批判」を共同目標に掲げた在野史学連合体である「未来に向けた正しい歴史協議会」(略称:未史協、常任代表ホ・ソンクァン元行政自治部長官)が26日にスタートした。
    講壇の史学界は在野の史学界を「いんちき歴史学」と批判する寄稿を今年2月と5月に雑誌『歴史批評』に載せた。

    双方が低劣な表現を動員して攻防を行っている争点は、古朝鮮の大きさの問題に集約することができる。中国の司馬遷が書いた『史記』の「朝鮮列伝」に出てくる朝鮮がまさに古朝鮮だ。
    当時はそのまま朝鮮と呼ばれていたが後になって李成桂(イ・ソンゲ)の朝鮮が建国しながら区別するために「昔の朝鮮」という意味で古朝鮮だと呼ぶことになった。

    在野の史学界は「大古朝鮮」を提示し、講壇の史学界では「小古朝鮮」を前面に出す。こうした大きさの差がなかなか狭まらないでいるのだ。

    在野の史学界では、古朝鮮の勢力範囲を中国北京の東側と内モンゴルの南側に位置した遼西地域まで広げてみている。
    日帝強制占領期間の歴史学者であるシン・チェホやチョン・インボ両氏、北朝鮮歴史学者のリ・ジリン氏、韓国のユン・ネヒョン檀国(タングク)大名誉教授らが在野史学の論理を後押ししている。

    これとは違い講壇の史学界では古朝鮮の中心地を現在の北朝鮮の平壌(ピョンヤン)の大同江(テドンガン)周辺とみている。
    在野史学界では、講壇史学の論理が日帝時代の朝鮮史編集会の編修官だったイ・ビョンド元ソウル大学史学科教授(元文教部長官・学術院会長)からその弟子までずっと続いていると主張する。

    漢の武帝が衛満朝鮮(衛氏朝鮮)を滅亡させて設置した4つの行政区域である漢四郡がどこにあったのか、
    また古朝鮮と漢の境界として歴史書物に記録されたバイ水がどの川なのかなど複雑に思われるさまざまな古代史の問題は全て古朝鮮の実体をどのあたりまでみるかによって変わる。
    漢四郡とバイ水の位置を在野では遼西地方だとみて、講壇では大同江流域だとみているのだ。

    未史協が発足することになったきっかけとして東北アジア歴史財団の問題点を取り上げたことも同じ脈絡だ。
    東北アジア歴史財団がこの8年間に47億ウォンをかけて製作してきた北東アジア歴史地図に楽浪郡をはじめとする漢四郡の位置が日帝殖民史学の論理にしたがって描かれたということだ。
    また、このような地図を東北アジア歴史財団が米国議会調査局(CRS)に基礎資料として渡したことも批判されている。

    古代史をめぐって講壇と在野が争ったのは昨日今日のことではない。光復(解放)後に続いている「長年の論争」だ。在野では「国土は解放されたが、歴史の解放はまだだ」と話す。
    だが講壇の史学界は「偉大な上古史」の幻想を植えつける恐れがあるとして心配している。「漢四郡の韓半島(朝鮮半島)説=殖民史学」という在野の主張に対してもそうではないと反論する。
    「漢四郡の韓半島説」は中国の歴史書物、チョン・ヤグヨン氏をはじめとする朝鮮末期の一部の実学者、そして日本人の歴史学者に至るまで長年受け継いできた学説だという話だ。

    東北アジア歴史財団は今年に入ってから2回「古代史討論会」を開催した。3月の初めての討論会では楽浪郡の位置問題を扱い、今月21日に開かれた討論会では「古朝鮮と漢の境界、ハイ水はどこなのか」を扱った。
    在野と講壇の歴史学者が2人ずつ出てきて発表して討論する方式だ。今年はさらに2回開く予定だ。互いにひざを突き合わせ、頻繁に対話をして問題を解決していくこと以外に良い代案はないようだ。

    http://japanese.joins.com/article/530/217530.html

    引用元: ・【韓国】大古朝鮮か小古朝鮮か、古代史論争が再び激化[6/28]©2ch.net

    【韓国人同士の歴史論争の滑稽さといったらwww】の続きを読む

    BlogPaint


    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 00:02:22.47 ID:???.net
      金賢姫 日本文学研究者

     最近の新聞や放送メディア、そしてソーシャルネットワークサービス(SNS)を熱い雰囲気にしている話題の一つが
    小説家シン・ギョンスクさんの盗作問題だ。去る22日、ついにシンさんは盗作を認める発言を出すことによって、
    日本の言論でもニュースで扱い始めた。韓国のベストセラー作家が日本作家の作品を盗用したことかという疑惑が
    強く提起されたのだ。国際的な恥さらしも恥さらしだが、日本を色々な面で批判してきた私たちの立場が滑稽になった。

     日本で最も近い外国が韓国だという点を勘案する時、韓国を舞台にした小説が明治・大正・昭和にかけて
    敗戦に至るまで現れないでいるということは、日本文学の性格をそのまま物語っている。 日本人が韓国人に対して持つ
    偏見は、ヨーロッパ人がユダヤ人に対して持つ偏見のように色褪せることはなかった。

     江戸時代以前には敬意を持って韓国に接していた時代があった。江戸時代後期には交渉が途切れたので、
    日本人は韓国に対して無関心だった。明治維新以後、アメリカが日本に帝国主義的な姿勢と役割を、日本は韓国に
    そのまま適用したため、この時から韓国人に対する保護者意識と共に蔑視の歴史が始まったということができる。

     以後、日本は韓国を強制的に植民統治して支配することによって両国関係は今日まで解決できない多くの課題を
    そのまま抱いたまま、迷宮に陥っている。 日本が「自分の民族をどのように自覚するか」という問題で、韓国は省けない存在だ。
    それにもかかわらず、この事実を見逃そうとする日本の姿勢が、事態をより一層迷宮の中に追い詰めている。
     このように韓国・日本関係で問題の糸口を握っている日本は、明治維新以来、西欧列強を文明の規格として近代化にだけ
    関心が集まっているために、韓国は蔑視と差別の対象を越えて、もはや嫌悪の対象になった。

     事態がこの有り様に至ったが、本来、韓国の知識人集団(段落と学界)は日本の大衆文学を、あたかも韓国文学の
    滋養強壮制のように先を争って紹介するのに忙しかった。それが韓国人の情緒にどんな影響を及ぼすことが出来るかに対しては、
    すなわち薬の効能だけを宣伝して、その副作用や後遺症に対しては責任を負わない、非常識な慣行を守ってきたわけだ。
    片方では日本軍慰安婦問題とか独島(ドクト)問題で私たちの民族の自尊感を最後まで守るという意志で闘争に立ち向かう
    人々がいるかと思えば、一部では日本の大衆文化があたえる甘みに陥って、抜け出すことができない人々がいる。
    その人々の立場で見れば、外国文化を楽しむのに何の法や思想があるだろうか、と言うだろうが、まだ私たちの社会が日本文化を
    外国文化として楽しむには、両国間の関係はそれほど平坦でないのである。
     しかも、今回のシン・ギョンスク盗作問題のような作品が広がってはいけない。36年の恥辱の歴史が今も立ちはだかっているが、
    盗作という汚名まで受けるならば、その分だけ私たちが日本に対して身動きする幅が減ることだろう。

     韓国文学は他人の文学を真似てはいけないが、特に日本文学を扱う時は、私たちの古代先祖の魂に墨を塗ることにならないのか、
    そこから確かめてみなければならない。過去の百済の使節・阿直岐と王仁博士ではなかったとすれば、彼らに「ガーナ」という文字が
    妥当するのにやしただろうか(記者注:すみません、訳せませんでした)。
     考えて見れば、三島由紀夫も村上春樹もその庶子に過ぎないのに、なぜ本来の赤子である私たちが彼らの毒文に感染してばかりいるのか、
    じっくり振り返る時期である

     これまで私たちは、日本文学そのものに対する深い理解なしで、日本の小説や詩、または俳句等を翻訳してきた。単純に文章とか
    表面的な理解だけを持って日本文学に対してきた私たちの文学界の風土が、今回、盗作という形で明るみに出て来たのならば、
    その問題は大きいと言わざるをえない。

    Khan.co.kr 2015-06-25 21:06:47 (原文は朝鮮語)
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201506252105375

    関連スレ
    【「憂国」盗作騒動】「今は私も、自分の記憶を信じられない」 韓国のベストセラー作家・申京淑氏が、 疑惑を指摘され謝罪[6/23] [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1435059707/

    引用元: ・【韓国/「憂国」盗作騒動】日本文学感染症[6/25]

    【物凄く一生懸命「すべては日本が悪い」【韓国/「憂国」盗作騒動】日本文学感染症 - 韓国の立場が滑稽になった。日本の毒文に感染、振り返る時期[6/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ