まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:減速

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/18(金) 14:53:36.55 ID:CAP_USER
    【北京=原田逸策】中国国家統計局が18日発表した2019年7~9月の国内総生産(GDP)は物価の変動を考慮した実質で前年同期比6.0%増えた。伸び率は4~6月より0.2ポイント縮小し、2期連続で減速した。四半期で統計を遡れる1992年以降の過去最低を更新した。米国との貿易戦争で輸出が低迷し、消費や投資にも力強さがない。成長減速は世界経済の波乱要因になりそうだ。

    中国の四半期の成長率は18年1~3月期(6.8%)を直近のピークに減速傾向が続く。1年半の減速幅は0.8ポイントに達しており、成長率がほとんど動かない中国としては異例の大きさだ。

    成長率は中国政府の19年の目標「6~6.5%」の下限だった。日本経済新聞社と日経QUICKニュースが実施した市場予想の平均(6.1%)を下回った。

    前期比の伸びは1.5%で4~6月より0.1ポイント減速した。先進国のように前期比の伸びを年率換算した成長率は6%程度になる。景気の実感に近い名目成長率は7.6%で4~6月(8.3%)より減速した。

    18日はGDP以外の経済統計も公表した。工業生産は1~9月の累計で前年同期比5.6%増え、伸び率は1~6月(6.0%)から減速した。自動車や携帯電話の生産が不振だった。これまで好調を維持してきたサービス業の生産指数も1~9月に同7.0%増にとどまり、1~6月(7.3%増)から減速した。

    以下略
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51118780Y9A011C1MM0000/

    引用元: ・【中国】GDP6.0%成長に減速 7~9月、過去最低を更新 貿易戦争が打撃[10/18]

    【この数値だとやべえと思うが 【中国】GDP6.0%成長に減速 7~9月、過去最低を更新 貿易戦争が打撃[10/18] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/27(木) 09:47:23.82 ID:CAP_USER
    中国経済は6月に入っても減速が続いている。20カ国・地域(G20)首脳会議(大阪サミット)に合わせてトランプ米大統領との会談を予定している習近平国家主席は交渉を前進させ、中国からのほぼ全ての輸入品への追加関税を回避することがいかに重要かが浮き彫りとなった。

    ブルームバーグ・エコノミクスは業況や市場センチメントに関する先行指標をまとめ、独自に指標を作成している。規模が小さめの企業の見通しが前月から悪化しており、貿易摩擦が販売先行きの重しになっている。不動産株や韓国の輸出、生産者物価が軒並み鈍化を示唆する一方、主要本土株や鉄鉱石、銅価格は持ち直した。

    習主席にとって交渉に向けた環境がトランプ大統領に比べて良くないことが示されている。中国政府と中国人民銀行(中央銀行)は小規模企業や民間セクターに刺激策を行き渡らせようとしているが、米中首脳会談が不調に終わり、米国向け輸出品のほぼ全てに25%の追加関税が賦課されることになれば、大企業や国有企業よりも民間・小規模企業に影響が真っ先に及ぶ。

    ブルームバーグ・エコノミクスの万千エコノミスト(香港在勤)は「米中首脳会談の結果、貿易戦争の激化に歯止めがかかっても、規模が小さめの企業への圧力はなお根強く残るだろう」と指摘。「対象を絞った刺激策ではこうした企業への波及効果は小さい」との見方を示した。

    小規模企業は中国経済や雇用の多くで屋台骨を支えている。スタンダードチャータードの申嵐エコノミスト(北京在勤)はリポートで、内需減速による影響は生産や販売に表れており、投資意欲も低迷したままだと記述した。


    2019年6月27日 8:59
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-06-26/PTQA8L6K50XT01

    引用元: ・【ブルームバーグ】 中国経済、6月も減速続く-習氏にとって首脳会談の重要性浮き彫り [06/27]

    【よっぽど景気悪いのかもな 【ブルームバーグ】 中国経済、6月も減速続く-習氏にとって首脳会談の重要性浮き彫り [06/27] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/01(月) 13:18:07.87 ID:CAP_USER
    昨年の韓国経済の対外依存度が4年ぶりの最高水準となった。世界景気が減速する中で対外依存度が高まり、マイナスの影響が強まるという懸念が出ている。

    韓国銀行(韓銀)によると、昨年の国民総所得(GNI)に対する輸出入比率は86.8%だった。2014年(98.6%)以降で最も高い。GNIに対する輸出入比率は2011年の113.5%から2016年には80.9%と5年連続で低下した。その後、2017年に84.0%に反騰したのに続き、昨年も上昇した。

    昨年、GNIに対する輸出入比率が上昇したのは、半導体景気の好況で輸出が増え、これに関連して原材料と中間財輸入が増加したためと分析される。国際原油価格の上昇も輸出入額の増加に影響を与えた。昨年の輸出額は6049億ドル、輸入額は5352億ドルと共に過去最大となった。

    対外依存的な経済構造は外部の環境を大きく受ける。今年は米国と中国の貿易摩擦、世界経済の減速で韓国国内の経済成長の勢いも弱まるという見方が多い。現代経済研究院のホン・ジュンピョ研究委員は「貿易依存度が高ければ世界景気が好況ならプラスの影響を受けるが、反対の場合はマイナスの余波が大きい」と話した。


    2019年04月01日11時52分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/893/251893.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【韓国経済】 対外依存度、4年ぶり最高…「世界景気の減速で打撃も」 [04/01]

    【それヤバすぎない? 【韓国経済】 対外依存度、4年ぶり最高…「世界景気の減速で打撃も」 [04/01] 】の続きを読む

    1: ばかばっか ★@無断転載は禁止 2016/10/25(火) 08:51:38.97 ID:CAP_USER
    韓国銀行(中央銀行)が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、季節調整済み前期比0.7%増で市場予想(0.6%)をわずかながら上回ったものの、第2・四半期(0.8%増)からは若干減速した。
    前年比は2.7%増で、こちらも市場予想(2.6%)をわずかに上回ったものの、第2・四半期(3.3%増)から減速した。

    個人消費は前期比0.5%増で、第2・四半期(1.0%増)から減速。
    設備投資は前期比0.1%減で、第2・四半期(2.8%増)からマイナスに転じた。
    建設投資は前期比3.9%増で、第2・四半期(3.1%増)から加速した。

    http://jp.reuters.com/article/idJPZVN89V000

    ニュース速報+ http://daily.2ch.net/newsplus/
    政治ニュース+ http://karma.2ch.net/seijinewsplus/
    ビジネスニュース+ http://potato.2ch.net/bizplus/
    元気ニュース+ http://potato.2ch.net/wildplus/
    ローカルニュース+ http://potato.2ch.net/femnewsplus/
    ニュース国際+ http://potato.2ch.net/news5plus/
    科学ニュース+ http://potato.2ch.net/scienceplus/
    痛いニュース+ http://potato.2ch.net/dqnplus/
    PINKニュース+ http://phoebe.bbspink.com/pinkplus/
    お詫び+ http://potato.2ch.net/owabiplus/

    引用元: ・【経済】第3四半期の韓国GDP速報値 前期比+0.7%に減速[10/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【プラス成長なら全く問題ない】第3四半期の韓国GDP速報値 前期比+0.7%に減速】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/05(水) 12:06:42.83 ID:CAP_USER
     世界銀行は5日、日本などの先進国を除く東アジア地域の経済見通しを発表し、2016年の実質国内総生産(GDP)成長率を15年より0・1ポイント低い6・4%と予測した。中国の景気減速傾向が続く一方、東南アジア諸国連合(ASEAN)など多くの国の経済は、内需の伸びなどに支えられ堅調だとした。

     世銀は、中国の成長減速は「今までのところ秩序だったものだ」と指摘し、地域全体の経済の底堅さにつながっているとした。

     英国の欧州連合(EU)離脱決定の影響については「東アジア地域は、英国との貿易や金融取引が限られており、影響は小さいだろう」と分析した。ただリスク回避の動きが広がり、円高が一段と進めば、日本の金融機関がタイやマレーシアから資金を引き揚げるといった恐れがあるとした。

     世銀は、中国の16年の成長率を15年より0・2ポイント低下の6・7%と予測。東アジア地域の17年と18年の成長率はそれぞれ6・2%、6・0%と見込んだ。(共同)

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161005/mcb1610051158030-n1.htm

    引用元: ・【経済】東アジアの成長率、今年は6.4%へと減速 世銀調査、中国低下で来年以降さらに減速へ[10/05] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【経済】東アジアの成長率、今年は6.4%へと減速 中国の減速がASEANの足を引っ張る状況】の続きを読む

    このページのトップヘ