まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:減少

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/21(木) 21:03:39.75 ID:CAP_USER
    韓国、日本依存度は減少も中国依存度が大幅増加=ネット「技術独立なんて夢のまた夢」

    2022年7月21日、韓国・ソウル経済は「今年上半期の素材・部品・装備の日本からの輸入額の割合が過去10年で最低を記録した一方、中国からの割合は大きく増加した」とし、「韓国の“素材・部品・装備の国産化”達成への道は遠い」と伝えた。

    記事によると、韓国の今年上半期の素材・部品・装備の輸入額1300億6700万ドル(約18兆円)のうち日本からの輸入額は200億7200万ドル(15.4%)、中国からの輸入額は380億3400万ドル(29.2%)だった。日本からの輸入の割合は、統計が始まった12年以降、半期基準で最低を記録した一方、中国からの輸入の割合は大きく増加した。

    今年上半期の日本からの輸入の割合は、10年前の12年(23.8%)より8.4ポイント減少した。日本依存度は減少傾向にあったが、特に19年7月の半導体材料3品目の対韓輸出規制強化措置後に減少幅が拡大した。専門家は「日本の対韓輸出管理強化以降、韓国に工場を移す企業が増えた影響」と分析したという。

    一方、中国依存度は12年の24.9%から今年上半期は29.2%に4.3ポイント増加。特に尿素水不足事態に陥った昨年下半期は29.7%を記録した。記事は「韓国内で手に入らない二次電池の主要原材料だけでなく、中国がコストパフォーマンスに優れた安価な汎用品を販売し、韓国の輸入市場を蚕食しているため」と説明している。

    こうした状況に専門家らは「中国への高い依存度が韓国の製造業の生態系を崩壊させる可能性がある」と懸念を示しているという。

    これを受け、韓国のネットユーザーからは「日本依存度の減少は文在寅(ムン・ジェイン)政権の一番の功績」「『日本がいなければ韓国は滅びる』と信じる親日派の考えを正せたことが最大の収穫」など、“脱日本”化政策を進めた文前政権への称賛の声が寄せられている。

    一方で「日本からの直接輸入は減ったけど国産化は進まず、日本から第3国を通じて輸入しているというのが現実」「日本の海外法人から輸入しているからね」「これも全て、親中の文前大統領の狙い通り」「韓国を中国に従属させるためにわざとやったこと。これで国と言える?」などと指摘する声や、「技術開発をしたのではなく、あちこちから必要な部品を持ってきて組み立てているだけということか。技術独立なんて夢のまた夢」と嘆く声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_898093/
    957

    引用元: ・【韓国製造業】 日本依存度は減少も中国依存度が大幅増加=韓国ネット「技術独立なんて夢のまた夢」[07/21] [LingLing★]

    【あるべき姿に戻るだけだな【韓国製造業】 日本依存度は減少も中国依存度が大幅増加=韓国ネット「技術独立なんて夢のまた夢」[07/21] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/11(土) 08:23:29.03 ID:CAP_USER
    どの国でもそうですが、外貨準備高が減少してくると危なくなります。理由は簡単で、鎖国しているならいざ知らず、輸入代金の決済ができるのかどうか怪しくなってくるからです。

    韓国の外貨準備高は減少してきています。もちろん表面的には「4,600億ドル近辺の外貨準備高がある」ということになっています。

    しかし、韓国は、

    外貨準備高が4,000億ドルあったはずの2020年03月にドボン寸前になった

    国です。このときはアメリカ合衆国『FRB』(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)が緊急で締結したドル流動性スワップ(韓国側呼称は「通貨スワップ」)によって救われました。

    外貨準備高が減少してくると、韓国という国は慌てだします。

    国際収支統計には「外貨準備高の増減」という項目があります。2022年06月10日に、『韓国銀行』が公表した2022年04月の国際収支統計を見ると、2021年11月から外貨準備高が減少傾向にあることが分かります。

    以下をご覧ください。

    no title


    ↑ドル円換算は2022年06月10日の「1ドル=134.07円」

    2021年11月から2022年04月を累計すると「-95億3,470万ドル」(約-1兆2,783億円)にもなります。国際収支統計はフローを示しているので、6カ月で約1.3兆円もの外貨が抜けたことになります。

    以前にもご紹介しましたが、韓国はこのように外貨準備高の増減が連続してマイナスを記録しだすと危ないのです※。韓国経済に警告灯がともっていることは、このように国際収支統計の数字も証明しています。

    >>1997年のアジア通貨危機時には1997年01~12月で外貨準備の増減は「▲119億2,170万ドル」。2008~2009年の韓国通貨危機時には2008年01~12月で外貨準備の増減は「▲564億4,600万ドル」でした。
    念のために以下に『韓国銀行』のECOSから切り出したデータを貼ります。

    no title


    no title


    Money1では毎月月初に公開する外貨準備高をご紹介していますが、国際収支統計の方も見ておく必要があります。なぜかというと、『韓国銀行』が毎月月初に公開する外貨準備高に表れる増減額と国際収支統計の増減額がまるで合わないからです。

    なぜ合わないのかは置くとしても、どちらのデータでも韓国の外貨準備高が減少していることは確かです。危なくなってきたのは間違いありません。

    (柏ケミカル@dcp)

    https://money1.jp/archives/82074

    引用元: ・韓国の外貨準備が累計「95億ドル」減少! 国際収支に見る赤信号 [6/11] [昆虫図鑑★]

    【嘘つきが本当の発表するわけない - 韓国の外貨準備が累計「95億ドル」減少! 国際収支に見る赤信号 [6/11] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/10(火) 12:10:37.99 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が10日発表した国際収支(速報値)によると、3月の経常収支は67億3000万ドル(約8770億円)の黒字だった。2020年5月から23カ月連続の黒字ながら、前年同月(75億ドル)に比べると7億7000万ドル少ない。原油や原材料などの価格高騰により商品収支(貿易収支に相当)の黒字が大幅に減ったことが響いた。

     3月の商品収支の黒字は前年同月(78億5000万ドル)から25億4000万ドル減り、53億1000万ドルにとどまった。輸出額(645億1000万ドル)は石油製品や半導体などの好調を追い風に16.9%増加したが、輸入額(592億ドル)の増加率が25.1%と輸出の伸びを上回った。中でも原材料の輸入額(通関ベース)が52.3%急増した。ガスの増加率は163.8%、石炭は106.2%、原油は83.9%、石油製品は50.6%に上った。

     サービス収支は前年同月の赤字(11億ドル)から3億6000万ドルの黒字に転換した。

     輸送収支の黒字が15億5000万ドルと、前年同月(5億7000万ドル)から拡大したため。船舶コンテナの運賃指数が急上昇し、国際貨物収入が増加した。

     一方、韓国からの海外旅行が徐々に増えており、旅行収支の赤字額は前年同月(3億6000万ドル)を上回る4億7000万ドルとなった。

     給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支(第1次所得収支)は11億5000万ドルの黒字だが、前年同月に比べると1億4000万ドル少ない。外国親会社への配当金支払いが増えて配当所得収支の黒字が減ったことが影響した。

    聯合ニュース 2022.05.10 09:03
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20220510000400882?section=economy/index

    引用元: ・【韓国】3月の経常黒字67.3億ドルに減少 資源高で輸入額急増 [Ikh★]

    【内需ない国は大変やのー。(ハナホジ) 【韓国】3月の経常黒字67.3億ドルに減少 資源高で輸入額急増 [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/03/27(日) 07:57:42.81 ID:CAP_USER
    ■中国市場 2022年1月~2月販売台数

    中国車   165.75万台 (前年比+19.6%)

    日本車   80.45万台 (前年比+13.0%)

    ドイツ車  75.87万台 (前年比+8.5%)

    米国車   35.07万台 (前年比+20.1%)

    韓国車   6.54万台 (前年比-27.0%)

    フランス車 2.99万台 (前年比+137.1%)

    https://www.marklines.com/ja/statistics/flash_sales/automotive-sales-in-china-by-month

    引用元: ・【経済】中国で売り上げ激減中の韓国車、今年は更に売り上げ減少 [動物園φ★]

    【一人負けじゃんw 【経済】中国で売り上げ激減中の韓国車、今年は更に売り上げ減少 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/02/03(木) 02:35:17.43 ID:CAP_USER
    2/2(水) 9:39配信
    WoW!Korea

    韓国ソウル市内にあるマンションの取引量が急減している。住宅価格が頂点に達したという認識や融資規制などが主な原因だ。また、来月に行われる大統領選挙を前にして、マンション投資でなく、マイホームを必要とする人々でさえ購入を控えている。そのために、少なくとも選挙までは不動産取引量の減少傾向が続くものとみられる。

     1日、ソウル市で運営する不動産情報サイト「ソウル不動産情報広場」によると、1月のソウル市内マンションの取引量はこの日まで537件に上っている。昨年1月の5795件と比べると、92%減少した数値だ。1月の取引届出期間が2月末までということを考慮しても、現在の傾向が続くことになれば、1000件前後になる見通しだ。

     昨年、ソウル市内のマンション取引量は8月まで月約4000件あったが、9月から急激に減少し始めている。9月の2705件からはじまり、10月2205件、11月1371件、12月1117件と、どんどん下がった。これはソウル市内マンションの最低取引量を記録した2008年11月、金融危機直後の1163件より少ない数値だ。

     減少が続き、年間取引量も前年の8万1198件に比べ半分の約4万件に減った。2012年の4万1079件以降、9年ぶりの最低値だ。

     ソウル25自治区のうち4自治区は、この日までマンションの取引量が10件にも及ばなかった。龍山区4件、道峰区7件、中区や西大門区は各々8件だ。

     取引量が大幅に減少したのは「住宅価格がもはや値上がりしない」という認識や、現政権の融資規制政策のために資金調達ができないという点などが、最大の原因とみられる。

     韓国不動産院によると、1月第4週(24日時点)ソウルのマンション価格動向は87週ぶりに初めて下落に転換し0.01%減を記録した。これは裏返して言えば86週間も連続で価格が上昇したことを意味する。86週間、ソウルのマンション価格は7.7%、全国のマンション価格は18.97%上がった。

     取引量の減少傾向はしばらく続く見通しだ。ある不動産業者は「買うという電話も売るという電話もない」とし、「つい最近まで買収に関心を示していた客も、住宅価格が大幅に調整されるという期待感からもう少し待ってみたいという。相場よりも安い物件が出たら、連絡してほしいと頼まれている」と述べた。

     通常、マンションの取引は不動産価格の先行指標で、取引が増加すれば住宅価格が上昇し、逆に減少すれば住宅価格が下落するシグナルとされている。

     しかし、最近、取引量が激減したのは、今年の大統領選挙に続き、来年に地方選挙が控えているからだ。選挙の結果によっては、不動産の規制緩和が期待できると専門家らは見込んでいる。

     韓国金融研修院のイ・ジェグク兼任教授は「現在、(有力な)大統領選挙候補者の譲渡税緩和公約がそのまま履行されても、急に取引が増えることはないだろう」とし、「複数住宅保有者への譲渡税、取得税に大幅な税制優遇を与えない限り、現在のような取引減少傾向は続く可能性がある」と述べた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5ad23e681428460ba31d608c4b1aca6727e8221f

    引用元: ・【韓国】ソウル市内のマンション取引量が1年で90%減少…閑古鳥が鳴くソウルの不動産 [動物園φ★]

    【暫くは誰も買わなくなるな 【韓国】ソウル市内のマンション取引量が1年で90%減少…閑古鳥が鳴くソウルの不動産 [動物園φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ