まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:減少

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/14(土) 21:24:05.45 ID:CAP_USER
     韓国銀行(中央銀行)は今月3日、わが国の昨年の1人当たり国民所得が3万2047ドルで前年より4.1%減少したと発表した。統計の算出を担当した韓銀は、同日午前の説明会で「昨年は半導体の単価下落によって、物価を反映した名目GDP(国内総生産)成長率が下落した。この影響で国民所得も下落し、為替レートという要因も一部作用した」と説明した。これを受けて「4年ぶりの国民所得減少」「所得主導成長の失敗」などのタイトルの記事があふれた。

     すると韓銀は同日午後、異例となる追加参考資料を出し、昨年わが国の国民所得が減少したのは為替レートの影響が大きかったという点を強調した。昨年の為替レートが2018年と同じだったなら、1人当たりの国民所得が3万3951ドルで前年比1.5%上昇していたとの資料も添付した。

     その上で「市場によって決定され変動性も大きい為替レートを利用するドル換算の1人当たりGNI(国民総所得)の下落については、解釈に留意する必要がある」との要請まで追記していた。ウォン換算では1人当たりの国民所得が増加しているため、ドル換算の国民所得が減少したことを激しく批判するのはやめてほしいという意図に読み取れた。昨年のウォン換算の1人当たり国民所得の上昇幅は、為替危機以降で最も小さかった。

     韓銀の対応は内容の面でも意図の面でも釈然としない。ドル建ての1人当たり国民所得がウォン安のせいで減少したと言い訳する前に、なぜウォン安になったのかについて、まずは原因を突き止めるべきだ。昨年末時点でウォンは前年比で3.5%安くなり、主要13か国の通貨のうち2番目に下げ幅が大きかった。ウォンより価値が下がった通貨は、金融不安に直面しているトルコ・リラ(-11.1%)だけだった。

     通貨価値に国の経済基礎体力(ファンダメンタル)が反映されるという点を考慮すれば、ウォンの下落には昨年の我が国の成長鈍化が溶け込んでいるといっても過言ではない。グローバル金融市場では、輸出悪化によりわが国の成長が鈍化するとの見方が広がった。外為市場でウォンは、輸出の25%を依存する中国の人民元に同調し、変動幅はより大きくなった。米中貿易紛争の当事者である中国の人民元は、昨年1.2%の下落にとどまった。

     韓国銀行が指標に関する報道に異議を唱えるのは異例のことだ。韓銀は客観的に指標を集計して算出するだけで、解釈を加えることには消極的だった。さらに、ドル建ての国民所得を発表しておきながら、解釈に注意するよう要請したことは皆無だった。もちろん、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年の経済状況に対する懸念が高まる中、不安心理を落ち着かせるための意図だった可能性もある。

     それでも不必要な仮定を動員し、すでに発表された指標に肯定的な解釈を付け加えようとする行為は、その意図に対する疑念を増幅させるだけだ。昨年、政府と足並みをそろえて「上底下高(上半期は低調で下半期に景気改善)」の見通しに固執したこと、最近では新型コロナ問題の「3月にピークを迎えてその後鎮静化」のシナリオに基づいて通貨政策・経済展望を樹立し、楽観論だとして批判を受けたことなど、韓銀は機関の信頼性について省みるべき点が山のように積み重なっている。

    チョ・ウンイム記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020031380134

    2020/03/14 21:00

    引用元: ・【韓銀】国民所得の後退を為替レートのせいにする韓銀 ドル換算の国民所得が減少したことを激しく批判するのはやめてほしい[3/14]

    【無能な証 【韓銀】国民所得の後退を為替レートのせいにする韓銀 ドル換算の国民所得が減少したことを激しく批判するのはやめてほしい[3/14]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/04(水) 22:02:17.30 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が4日に発表した2月末の外貨準備高は4091億7000万ドル(約44兆1600億円)で、前月比4億8000万ドル減少した。前月まで4カ月連続で過去最高を更新していたが、昨年8月以来の減少に転じた。

     韓国銀行は、ドル高の影響でドル以外の外貨建て資産のドル換算額が目減りしたと説明した。

     内訳をみると、有価証券が全体の90.7%にあたる3712億2000万ドルで、前月比72億3000万ドル減少。預金は271億ドルで、68億ドル増えた。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は6000万ドル減の32億7000万ドル。IMFリザーブポジションは1000万ドル増の27億9000万ドル。金保有は2013年2月から変動がなく、47億9000万ドルとなっている。

     韓国の外貨準備高は1月末時点で世界9番目の規模だ。中国が3兆1155億ドルで最も多く、次いで日本(1兆3423億ドル)、スイス(8501億ドル)などの順。

    yugiri@yna.co.kr
    聯合ニュース
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200303005500882

    2020.03.04 06:00

    【ドル枯渇するのも時間の問題【聯合ニュース】韓国の外貨準備高 6カ月ぶりに減少 ドル高(ウォン安)の影響でドル以外の外貨建て資産のドル換算額が目減り[3/4]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/08(日) 20:35:37.11 ID:CAP_USER
    韓国・聯合ニュースの中国語版サイトが3月7日付で配信した記事によると、
    新型コロナウイルス感染症の拡散により、韓国の外食業界では客が約6割減少しているという。

    韓国外食業中央会傘下の韓国外食産業研究院は6日、農林畜産食品部と共同で600店を対象に先月25日から28日まで訪問・電話調査した結果、
    客の平均減少率は59.2%に達したと明らかにした。先週の32.7%から26.5ポイント上昇したことになる。

    外食店の95.2%が、1月20日に国内で感染者が発生した後、客が減少したと回答した。

    平均顧客減少率を地域別にみると、確定者数が多い慶尚道が66.8%と最も高かった。以下、江原道65.9%、忠清道65.2%と続いた。
    種類別では、韓国料理の顧客減少率が64.1%と最も高かった。日本料理、洋食、チキン専門店はそれぞれ55.2%だった。

    研究院は「大邱・慶尚北道地域を中心とした新型コロナウイルスの急速な拡散により市民の不安が深刻化し、外食する心理も急激に萎縮している」と分析している
    https://www.recordchina.co.jp/b787632-s0-c20-d0054.html

    【チキン屋があああああ 【韓国】 外食業界、新型コロナで客が6割減少】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/13(木) 10:16:13.40 ID:CAP_USER
    「豊かさの中の貧困」だ。新規就業者は5年5カ月ぶりに多く増え、雇用率は1月基準で過去最高を記録した。だが年齢帯別に見てみれば韓国経済の柱である40代の就業者数は引き続き減っている。依然として就業者増加幅の大部分は60代以上が担っている。財政を投じて作った超短期高齢者雇用に対する依存度がますます大きくなっているという解釈だ。

    統計庁が12日に出した「1月の雇用動向」によると、先月の就業者数は2680万人と集計された。前年同月より56万8000人増えた。2014年8月の67万人以降で最も大きい増加幅だ。先月の15歳以上の雇用率は60%だ。月間統計を作成し始めた1982年7月以降同月基準で最高記録だ。先月の失業者は115万3000人を記録した。1年前より7万1000人減った。失業率は前年同月より0.4ポイント下落した4.1%だ。

    先月の製造業就業者が8000人増え22カ月ぶりに増加したのも肯定的だ。統計庁のウン・スンヒョン社会統計局長は、「2018年に下落傾向を見せた半導体景気が底を打って反騰し、医療精密・金属加工製造業分野でも就業者が拡大した」と説明した。だが雇用の薫風の裏にある影も相変わらずだ。子どもと親を扶養する40代は各年齢帯で唯一就業者と雇用率がともに減った。40代の就業者は先月前年比8万4000人減少し、51カ月連続で減っている。60代以上の就業者が1年前より50万7000人増えて82年7月の統計作成以降で最高値を記録したのと対照的だ。先月の全就業者数増加分の89.2%を占める。

    これは政府が高齢者雇用事業開始時期をこれまで3月だったものを今年から1月に繰り上げた点、旧正月連休を迎えて雇用が一時的に増えた点などが影響を及ぼしたと分析される。産業別の就業者増加を見ると、国の財政に依存した採用人数が多い保健・社会福祉サービス業分野で最も多い18万9000人の就業者が増えた。旧正月連休の宅配などが増え輸送・倉庫業就業者数が9万2000人増え2番目に多く増加した。

    雇用の薫風が2月以降も吹くかは壮語しにくい。中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の余波が来月から本格的に反映される見通しのためだ。洪楠基(ホン・ナムギ)副首相は「新型肺炎によりサービス業などに影響が及び雇用不確実性が大きくなる可能性がある」と話した。

    逆反動効果も懸念される。高麗(コリョ)大学経済学科のカン・ソンジン教授は「先月の雇用指標の改善には昨年1月に就業者数が前年同期比1万9000人しか増えなかった反動効果のおかげでもあった。しかし昨年2月には前年比26万3000人増加して回復傾向を見せ始めたが、これが今後前年比増加幅を縮小しかねない」と説明した。政府は今年度予算で昨年より13万件多い74万件の高齢者雇用を作ったが、逆反動効果を最小化しようとしたという分析が出ている。

    人為的に雇用を作るのではなく、民間雇用活性化に政策の焦点を移すべきとの指摘が出ている。西江(ソガン)大学経済学部のホ・ジョン教授は「政府主導の雇用政策が長期間続くならばこれに対する依存度が高まり国全体の成長潜在力にも否定的。民間企業が新しい事業開拓を通じて雇用を増やせるよう政府の規制革新などが必要だ」と話した。

    中央日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000023-cnippou-kr

    2/13(木) 8:28配信

    引用元: ・【中央日報】韓国、新規就業者56万8000人のうち50万人が60歳以上 40代の就業者は先月前年比8万4000人減少[2/13]

    【どれだけ無能なんだろ 【中央日報】韓国、新規就業者56万8000人のうち50万人が60歳以上 40代の就業者は先月前年比8万4000人減少[2/13]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/01(土) 08:16:37.61 ID:CAP_USER
     韓国経済をリードしている製造業が急速に弱体化している。米中貿易紛争により輸出が減少している上、最低賃金引き上げや週52時間勤務制などの政策で企業の競争力まで下がっているためだと分析されている。

     統計庁が31日に発表した「2019年12月および年間産業活動動向」によると、昨年の造船・自動車・半導体などの製造業生産能力は、前年に比べ1.2%減少した。これは、統計作成が開始された1971年以降の48年間で最大の減少幅だ。製造業生産能力とは、通常の操業環境で製造会社が製造できる最大の生産量のことをいう。製造業生産能力が下がるということはそれだけ設備投資が減少したということで、このような傾向が長期化すれば潜在成長率の低下につながる。製造業生産能力が減少したのは、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後の2018年(-0.2%)が初めてで、昨年は2回目だった。昨年は製造部門だけで雇用が8万1000件減少した。景気悪化は製造業にとどまらず、産業全般に及んでいる。昨年の全産業生産増加率は前年比で0.4%の増加にとどまった。これは、統計の作成を開始した2000年以降で最低の値だ。統計庁は、製造業・鉱業などを含む鉱工業と建設業の不振が産業生産増加率の足を引っ張っていると見ている。

     鉱工業生産は電子部品(-12.1%)や機械装備(-3.6%)などの分野が不振で、前年比0.7%の減少だった。これは、アジア通貨危機時の1998年(-6.4%)以来の最低値だ。製造業の平均稼働率も前年比0.6ポイントダウンの72.9%で、1998年(67.6%)以来、21年ぶりの最低値だった。それだけ景気が悪く、稼働していない工場が増えているという意味だ。

     設備投資の増加率は機械類(-8.8%)と船舶などの輸送機器(-4.1%)投資が共に減少し、世界金融危機時代の2009年(-9.6%)以降で最も低い-7.6%を記録した。建築工事(-9.4%)実績が減り、既に行われた工事実績を表す建設既成(完成工事高)は前年より6.7%減少した。消費を示す小売販売額指数は2.4%増加したが、2018年(4.3%)と比較すると増加幅は半分だった。

     このように最悪の経済指標が出ているのにもかかわらず、政府は景気楽観論ばかり展開している。昨年12月の生産・消費・投資などが11月に続き2カ月連続で増加したためだというのだ。洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相は同日、フェイスブックに「景気改善のサインがより顕著に現れている姿だ」と投稿した。

     だが、今年の経済展望は政府の言葉のように明るいものばかりではない。米中貿易紛争が完全に解決したわけではない上、最近になって「武漢肺炎」という悪材料まで重なり、中国の成長率が急落するものと予想されているからだ。

    ユン・ヒョンジュン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020020180002

    2020/02/01 08:02

    関連スレ
    【韓国】ドルウォン1193(+5.52 +0.46%)  KOSPI 2119(-28.99 -1.35%)
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1580453347/

    引用元: ・【朝鮮日報】昨年の韓国製造業生産能力、統計開始以来最大幅の減少[2/1]

    【大丈夫、新型肺炎のせいにするから 【朝鮮日報】昨年の韓国製造業生産能力、統計開始以来最大幅の減少[2/1]】の続きを読む

    このページのトップヘ