まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:減る

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/05/26(木) 17:05:55.87 ID:CAP_USER
    中国で人件費が上昇しており、メーカーにとって最大のメリットであったコストメリットが失われつつある。ただでさえ日本企業にとって中国は政治的リスクのある国であるうえ、コストメリットが失われれば、中国から撤退もしくは移転を選択するメーカーが増えるのは当然だ。

    中国は世界の工場としての立場を失う一方で、人件費の上昇に伴って人びとの消費能力は上昇しており、市場としての魅力は増している。だが、メーカーとしては中国で生産し続けるよりも、人件費の安い東南アジアで生産し、中国に運んで販売したほうが利益率が高くなるということだろう。

    事実、世界的なメーカーの一部はすでに中国での生産を減らし、東南アジアでの生産比重を高めてきている。

    中国メディアの一財網はこのほど、中国社会科学院日本研究所や全国日本経済学会がこのほど、研究成果をまとめた報告書を発表したことを伝え、「今後、日本メーカーの対中投資規模はさらに減少する可能性がある」と分析したことを紹介した。

    記事は、中国経済の減速や人件費、さらには各種調達コストの増加、激化する競争に伴う売上高の減少といった要素により、中国から撤退もしくは対中投資を抑える日本企業が増えつつあることを指摘。

    中国商務部によれば、2015年1-10月における日本の対中投資は前年同期比25.1%減と大幅に減少したが、報告書では日本の対中投資は今後さらに減少する可能性があり、日本の対中輸出にも影響が及ぶ恐れがあると伝えた。

    中国の地方部は今なお製造業が経済の柱という地域も多い。製造業が多くの雇用を現地にもたらしているわけだが、製造業以外の産業が育っていない地域にとっては企業の撤退は雇用の喪失を意味するため、そう簡単に諦めることはできない状況だ。

    中国メディアの捜狐は3月、中国の地方政府関係者が日本を訪れ、日本企業に対して中国へ投資するよう呼びかけるのに必死になっていると伝えている。中国の各地方政府にとっては、雇用を創出し、技術も導入してくれる日本企業の力が今なお必要なのだ。

    サーチナ 2016-05-26 (編集担当:村山健二)
    http://biz.searchina.net/id/1610640?page=1

    引用元: ・【中国】まだ減るのか・・・日本製造業の対中投資、さらに減少の恐れ[5/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【まだまだ減るよ、日本製造業の対中投資】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 21:07:49.28 ID:CAP_USER.net
        中国発「需要ショック」予測

    (グラフ画像:中国発「需要ショック」で輸出減少)
    no title


     中国の2年間の経済成長率が展望値より1%ポイント下がると、韓国は5年間で、年間国内総生産(GDP)の8.9%に当たる
    輸出が減少するとの試算が出された。中国の先月の輸出額が、前年比25.4%、輸入額で13.8%減少したと集計された中で
    出された見通しだ。

     9日、国際通貨基金(IMF)が出した報告書によれば、中国の成長率の下落で輸入が10%減少すると、世界の輸出額は
    全総生産比で1.2%減少するものと予想された。2017年には2.0%まで減少幅が大きくなるが、2020年には0.2%で影響が
    減るものと予想された。このシナリオは、中国の成長率が国際通貨基金の予測値(2016年6.3%。2017年6.0%)を1%ポイント
    下回る状況を仮定したものだ。

        IMF、中国の成長率展望1%p下落時
        世界の総生産、来年1.1%縮小予想

     中国が最大輸出市場となる韓国には、影響がさらに深刻になると予想された。韓国の国内総生産比の輸出減少幅の予測値は、
    2016年に2.64%、2017年に3.72%で、世界全体の減少幅の2倍だ。韓国の減少幅は2018年に1.63%、2019年に0.63%、
    2020年に0.25%に下がると予想された。報告書では金額は示されなかったが、昨年の国内総生産(約1463兆6千億ウォン=約158兆円)
    に代入して、5年間130兆ウォン(約12兆円)の輸出減少を予想した。韓国のような周辺国、中東やアフリカの資源輸出国が中国の
    需要低迷に大きな影響を受ける国に選ばれた。

     報告書は、この「需要ショック」が世界の総生産を2016年に0.4%、2017年に1.1%縮小させるものと見た。世界全体が中国ほどの
    成長率の下落を経験するという予想は、貿易中心国である中国から始まる。貿易相手国の中国に対する輸出だけでなく、その影響を
    受ける第3国間の貿易縮小も計算に入れた。中国に対する輸出が減ることになれば、輸入余力も減少する“ネットワーク効果”からに
    他ならない。香港、シンガポール、韓国のように貿易が活発な国が、中国の輸入削減効果を外部に積極的に伝播させると予想された。

     報告書は中国の成長率が下落するとの見通しが続いていると指摘し、「輸入ショックの危険が増大しており、これは輸入にあまり
    依存しないようにする(中国政府の)消費主導の成長モデルとも連結されている」とした。

    イ・ボンヨン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

    韓国語原文入力:2016-03-09 21:16

    http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/734170.html訳Y.B

    ハンギョレ新聞 2016.03.10 12:07
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/23554.html

    引用元: ・【韓国】中国で輸入10%減ると韓国の輸出は5年間で12兆円減少[3/10]

    【宗主国様と一緒にボカンできるな【韓国】中国で輸入10%減ると韓国の輸出は5年間で12兆円減少[3/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ