まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:深刻化

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 21:22:36.59 ID:CAP_USER.net
     中国で労働者によるデモやストライキが深刻化している。今月5~16日に北京で開かれた全国人民代表大会(全人代=国会)の期間中、
    黒竜江省で発生した数万人規模ともされる炭鉱労働者の賃金未払いへの抗議活動は、省幹部や中国共産党を批判するなど「まれにみる
    政治的に大胆なデモ」(国際紙インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ)に発展した。経済減速で大規模なリストラなどの構造改革が迫られる中、
    “労働者たちの反乱”に習近平政権は神経をとがらせている。

     ■省長の発言に猛反発

     「陸昊(りくこう)(黒竜江省長)は嘘つきだ」「共産党は金を返せ」

     米国に本部を置く中国語ニュースサイト「博訊」などによると、中露国境に位置する黒竜江省双鴨山(そうおうざん)市で9日から数日間、
    国有企業「双鴨山鉱業集団」の炭鉱労働者や家族らが街頭で抗議活動を展開した。

     双鴨山鉱業集団では2014年以降、賃金の一部未払いや遅延が発生。6日に全人代で陸昊省長(48)が「賃金の未払いはまったくない」
    と発言したことが、労働者の怒りに火を付けたとされる。

     あるデモ参加者は英紙フィナンシャル・タイムズに「陸昊は全人代で、黒竜江省の8万人の炭鉱労働者に対する賃金の未払いはないといったが、
    われわれは4カ月間も賃金を受け取ってない」と語った。地元当局はデモに対して数千人の警官を派遣、多数の労働者が拘束されたもようだ。

     事態を重く見た陸省長は12日、賃金未払いについて「誤った情報を伝えられていた」と前言を撤回し、未払い分の早急な支払いを約束。
    15日までに少なくとも1月分の給与が支払われたという。

     ■政治的ジレンマ直面

     香港を拠点に中国本土の労働環境を監視している非営利団体「中国労工通訊」によると、2015年に発生した労働者のデモやストライキは
    2774件で、前年(1379件)に比べ倍増した。

     ここ数カ月は特に増加傾向が顕著で、昨年12月1日から今年2月8日までに発生したストライキなどは1050件に上り、このうち9割が
    賃金の未払いに関連したものだったという。こうした労働争議は工場労働者が多い広東省をはじめ、河南省や山東省、河北省などで
    集中的に発生している。

     これらのデモのほとんどが私営企業の労働者によるものだったのに対して、黒竜江省のデモは国有企業の労働者が立ち上がったという点でも異質だ。

     インターナショナル・ニューヨーク・タイムズは、「習政権が国有企業の大規模なダウンサイジングを考慮しているのと時を同じくして労働者のデモが
    わき起こった」と指摘。資本主義を取り入れつつも社会主義者として「労働者の守護者」を標(ひょう)榜(ぼう)してきた共産党が、「政治的なジレンマ」
    に直面していると指摘している。

     ■「ゾンビ企業」にメス

     中国の経済成長を支えてきた石炭産業は現在、急激な投資増による生産能力過剰と石炭価格の低下により危機を迎えている。

     中国の経済紙「華夏時報」(電子版)は昨年12月、炭坑が集中する山西省で県レベルの自治体のうち8割以上で炭坑労働者への未払いが
    発生していると報道した。

     一方で、不採算事業を整理したり、他業種に転換したりする「退場」の枠組みが整備されていないことが、赤字を垂れ流しながら生きながらえる
    「ゾンビ企業」の増殖につながってきた。

     こうした生産過剰の国有企業統廃合に向けて、習政権は石炭と鉄鋼業界だけで180万人のリストラを断行する方針だ。

     もっとも中国の国有企業の大規模なリストラは今回が初めてではなく、1990年代後半から2000年代前半にかけて多くの民営化が進められた。
    ただ当時は高度成長期のまっただ中にあり、余剰労働力を吸収するだけの新たな産業と雇用が生まれていた。

     さらに現在はインターネットやソーシャルメディアの普及により労働者の権利意識が覚醒し、抗議活動は増加の一途にある。労働者の権利を求める活動と、
    取り締まりを強める当局とのせめぎ合いが今後は激しさを増しそうだ。

    (国際アナリスト EX)

    zakzak 2016.04.02
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160402/frn1604021548003-n1.htm

    引用元: ・【zakzak】中国でデモやストライキが深刻化 黒竜江省で炭鉱労働者数万人が「共産党はカネ返せ!」 石炭・鉄鋼不況はますます…[4/2]

    【目の上の炭坑夫だな【zakzak】中国でデモやストライキが深刻化 黒竜江省で炭鉱労働者数万人が「共産党はカネ返せ!」 石炭・鉄鋼不況はますます…[4/2]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 20:02:45.02 ID:CAP_USER.net
    no title

    仮面姿で反朴政権を訴えるデモ隊。厳しい国内事情もあり、政権への不満は高まっているようだ(AP)
    no title

    OECD加盟国の自殺率ワースト20 ※「OECD健康統計2015」から抜粋して作成。単位は10万人あたりの自殺者数。数値は各国の13年統計あるいは直近のものによる

     急速に進む高齢化社会。どの国も頭を抱える難題だが、朴槿恵(パク・クネ)政権下のお隣、韓国では日本以上に深刻な影を落としている。
    高齢者が抱える借金の多さに始まり、人生の晩年になっての離婚・犯罪・自殺率が尋常ではない高さなのだ。自殺率3位の日本にとっても他人事ではない。何がそうさせているのか。現地事情に詳しいノンフィクションライター、高月靖氏がリポートする。

     韓国で11月に発表された数字が、また同国の将来への不安を色濃くしている。

     60代以上の高齢者の家計負債比率が、161%に達し、全年齢の平均128%を上回ったというのだ(韓国開発研究院・KDI調べ)。

     「つまり年寄りになるほど借金が増えるということ。このままでは高齢者の貧困問題が一層深刻化するのは避けられない」(現地日本人メディア関係者)

     日本が「超高齢化社会」(高齢化率=65歳以上の人口比率が21%超)を迎えたのは2007年。一方、韓国は2026年と見込まれ、まだ時間的な余裕があるようにみえる。

     「だが韓国は、その速度が群を抜いている。日本は、高齢化社会(高齢化率14%)から超高齢化社会への移行に13年かかった。一方、韓国はこれが7年と予想されている」(同)

     すでにこの急激な変化は各種の社会問題として表れている。代表的なのは65歳以上の貧困率だ。

     今年5月発表のOECD(経済協力開発機構)統計によると、韓国は半数に迫る49・6%。OECD平均は12・6%、高いとされる日本でさえ19・4%にとどまる。

     「短期間で高度成長を遂げた歪みで、年金制度の整備が追いついていない。国民年金制度が始まったのは1988年、農漁村地域を経て、都市自営業者にまで行き渡ったのが99年だ」とは韓国政府関係者。

     現在でも老齢年金受給者は、60歳以上人口の35・3%(2014年)で、平均額は33万ウォン(3・5万円)。受給者の半数超が月25万ウォン(2・7万円)との報道もある。
    韓国は1人あたりの最低生活費が月63万ウォン(6・7万円)とも言われるだけに、年金だけでは生きてはいけない計算になる。

     「漢江の奇跡」と呼ばれた1970年代の高度成長。これを支えた世代が、低収入や借金に苦しんでいるわけだ。

     高齢者をめぐる経済苦は、熟年離婚、高齢者虐待、高齢者犯罪、自殺-など深刻な問題も招いている。

     韓国の自殺率は、OECD加盟国の中で10年以上ワースト1位として知られる。その主因は高齢者で、「高齢者自殺率」に着目すると10万人あたり81・9人(2012年)、全年齢平均の3倍近くに相当する。

     「高齢者の犯罪も如実に増えている。警察に摘発された人数は、11年の6万8836人に対して14年は8万7583人。この間の高齢者人口は12%増、摘発者数は27%増となった」(先のメディア関係者)

     そのほか高齢者虐待は、38・8%が息子によるもの(13年、保健福祉部=厚生労働省)。近年は高齢化した子供、高齢夫婦間による「老々虐待」の増加も目立つ。

     背景にあるのは、扶養する側の負担増で、虐待を受ける親は子供を犯罪者にさせまいと通報を控えるため、これでも氷山の一角と言われる。

     「朴政権は年金の減額や支給開始年齢の引き上げに着手する一方、雇用の確保をテーマに掲げる。だが若年層の就職難問題などもあり、決め手には乏しい」(同)との指摘は多い。

     政府は2004年から高齢者の雇用事業に取り組んできたが、その85%を占める公共分野の給与水準が、これまた月20万ウォン(2・1万円)と低い。

     超高齢化社会が間近に迫るなか、朴政権は効果的な対策が取れるのか。韓国内を貧困という暗い影が覆っている。

     ■高月靖(たかつき・やすし) ノンフィクションライター。1965年生まれ。兵庫県出身。多摩美術大学グラフィック・デザイン科卒業。韓国のメディア事情などを中心に精力的な取材活動を行っている。
    『キム・イル 大木金太郎伝説』『独島中毒』『徹底比較 日本vs.韓国』『韓国の「変」』など著書多数。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151216/frn1512161140001-n1.htm

    引用元: ・【韓国】「自殺率ランク」最悪実態 朴政策も効果なし 高齢者「経済苦」深刻化[12/16]

    【死にたくも成るだろうになあ 【韓国】「自殺率ランク」最悪実態 朴政策も効果なし 高齢者「経済苦」深刻化[12/16]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 22:33:08.36 ID:???.net
    2015年7月20日、韓国・モーニングトゥデイによると、韓国で大学進学率の上昇と景気後退がぶつかり、
    雇用ミスマッチ現象が深刻化している。

    韓国銀行(中央銀行)が20日に発表した報告書「主要国と韓国の若年層雇用状況の比較」によると、
    韓国の大学卒業以上の失業者数は、2005年は6万7000人だったが、2014年には12万6000人となり、
    2倍近くに増加。失業率も6.0%から9.3%に急増した。

    韓国銀行国際経済チームのハン・サンウ課長は、「正規職と非正規職、大企業と中小企業間の労働市場の
    二重構造が深化した中で、若年層が好む良質の雇用が減少したことが、若年層の雇用事情悪化の主な原因だ」
    と説明した。

    この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

    「大学が多過ぎることが問題だ」
    「大卒は高学歴ではない。どこにでもある」
    「みんなが大企業に入れたら良いけど、それは不可能だからな」

    「本当にこの国の将来はどうなるのだろう」
    「韓国を先進国と比較するな。発展途上国と比較しろ」

    「自分の努力不足を棚に上げて、会社や政治のせいにするな」
    「こんなに失業率が高いのに、私たちの会社では常に従業員が不足している。採用してもすぐにやめてしまうからだ。
    若いやつらの意識の問題だ」

    「失業統計には就職をあきらめた人は含まれないが、その人たちも含めたら韓国の失業率は何倍も高くなると思う」
    「会社は高学歴な人材よりも、会社のための犠牲の精神が強く、上司にうまく合わせ従ってくれるやつが欲しいのではないか」
    「日本の若者と韓国の若者は人生のスタート地点が違うようだ。日本の若者は軍隊にも行かなくていいし、就職先も多くある」

    (翻訳・編集/三田)

    レコードチャイナ 2015年7月22日(水) 2時48分
    http://www.recordchina.co.jp/a114553.html

    引用元: ・【話題】韓国で高学歴失業者が倍増、雇用ミスマッチ現象が深刻化 韓国ネット「韓国を先進国と比較するな。発展途上国と比較しろ」[7/22]

    【クネクネが中東行ってこいって言ってたニダよ【話題】韓国で高学歴失業者が倍増、雇用ミスマッチ現象が深刻化 韓国ネット「韓国を先進国と比較するな。発展途上国と比較しろ」[7/22]】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 02:23:04.43 ID:???.net
     北京市の李士祥副市長は6日、北京で開かれている全国人民代表大会の分科会で、2020年の市内の人口を2300万人以下に
    抑える方針を明らかにした。李氏は「水不足は(中国の長江流域の水を北部に運ぶ)『南水北調』で緩和されるが、根本的に解決する
    ことはできない」と述べた。

     中国メディアによると、北京市の直近の人口は約2154万人。2004年と比べ、約662万人増えており、水不足が深刻化している。
    (北京=益満雄一郎)

    ソース(朝日新聞) http://www.asahi.com/articles/ASH366GFRH36UHBI01Y.html

    引用元: ・【中国】「水不足は、根本的に解決することはできない」…北京の人口、2300万人以下に抑制へ、水不足深刻化で[03/07]

    【何十兆円を使っても全くの無駄だったな。 【中国】「水不足は、根本的に解決することはできない」…北京の人口、2300万人以下に抑制へ、水不足深刻化で[03/07]】の続きを読む

    このページのトップヘ