まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:消費

    1: まぜるな!キケン!! 2022/12/01(木) 08:57:07.09 ID:IVigoSfc
     韓国経済の根幹を支える生産が過去2年6カ月で最大の減少を示した。韓国統計庁が30日発表した産業活動動向によると、10月の生産は前月を1.5%下回った。新型コロナの流行が本格化した2020年4月(1.8%減)以来最大の減少幅だ。 7月(0.2%減)、8月(0.1%減)、9月(0.4%減)に続く4カ月連続の減少で、景気減速の危機感が高まった。4カ月連続の減少はコロナ初期の20年1-5月以来だ。

     サービス業の生産は0.8%減で、20年12月(1.0%減)以来1年10カ月ぶりの大幅な減少となった。消費動向を示す小売売上高指数は0.2%下落した。消費は3月(0.7%減)から7月(0.4%減)まで5カ月連続で減少し、8月(4.4%増)には一時増加に転じたが、9月(1.9%減)と10月は再び減少した。

     生産が減少する一方、在庫が増え、投資と消費は低迷する全体的な経済危機局面に陥っているという診断も聞かれる。

    ■低下する工場稼働率

     洋式トイレ部品を製造するワトスコリアは、今年の生産量を昨年より15%減らした。ソン・ゴンソク代表は「建設景気が良ければ、トイレ工事が増え、売り上げも伸びるが、不動産市場が低迷し需要がなくなった」と話した。大手企業も生産が減り、稼働率が下落している。サムスン電子の第3四半期(7-9月)のモバイル機器工場稼働率は72.2%で、昨年同期(80.3%)に比べ8.1ポイント低下した。工場稼働率の公表を開始した2010年以降で最低だ。LG電子の洗濯機工場稼働率も第3四半期に昨年の105%から88%へと急落した。

     主要企業の工場稼働率が大幅に低下したのは、世界需要の減少で在庫が積み上がっているためだ。9月末時点のサムスン電子の在庫資産は57兆3198億ウォンで、6月末に比べ10%増加した。同じ期間に半導体部門(DS)の在庫は22.6%増の26兆3652億ウォンに達した。LG電子の在庫資産は15.7%増の11兆2071億ウォンだった。企業分析を行うリーダーズインデックスが売上高上位500社のうち在庫資産を公表した195社を分析した結果、9月末時点の在庫資産は165兆4432億ウォンで、昨年末(121兆4922億ウォン)に比べ36.2%増加したことが分かった。同社が統計を取り始めた2010年以降で最大だ。

     韓国中堅企業連合会の崔鎮植(チェ・ジンシク)会長は「急激な利上げで需要が低迷し、在庫が積み上がり、主要企業の工場稼動率はますます低下するだろう。さらに大きな問題はそうした悪循環が始まり、来年からさらに本格化することだ」と指摘した。

    ■生産・消費・投資・在庫に全て警告灯

     最大の危険シグナルは生産の減少だ。韓国企画財政部は「輸出不振などで鉱工業生産が大きく減少する中、景気回復を主導した消費も伸び悩み、回復の流れが弱まる兆しを見せている」とした。9月は「全般的な回復の流れが維持されている」との表現だったが、1カ月ぶりに悲観的なトーンに転じた。

     経済成長の軸である主力分野で問題が発生したことで、経済全体の低迷につながる可能性も高い。最大輸出品目である半導体の価格が下落し、最大の貿易相手国である中国への輸出も減少している。年初来11月20日までの期間に対中貿易赤字は4億9900万ドルに達した。通年で赤字を記録すれば、1992年の国交正常化以来初となる。シティバンクのチーフエコノミスト、キム・ジンウク氏は「半導体景気崩壊に伴う製造業輸出景気の低迷は既に7月ごろから始まった」とし、「来年は1%台の成長も困難かもしれない」と述べた。

     投資も危うい。10月の設備投資は前月並みの水準を維持したが、建設分野の先行指標である建設受注が前年同月比で40.5%も減少した。13年2月(44.4%減)以来9年8カ月ぶりの減少幅だ。

     企画財政部は運送業界の労働組合連合である貨物連帯の集団輸送拒否を今後の懸念材料として挙げ、今回のストで1日3000億ウォンの損失が出ると試算した。檀国大経済学科のキム・テギ教授は「貨物・鉄道ストで物流網が崩壊すれば、部品・商品の供給に支障が生じ、物価が上昇し、景気はさらに厳しくなる」と話した。

    崔炯碩(チェ・ヒョンソク)記者、イ・ギウ記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    2022/12/01 08:28
    Copyright (c) Chosunonline.com
    https://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2022120180003

    引用元: ・【朝鮮日報】サムスンのスマホ工場稼働率は過去最低、LGは在庫急増 生産・消費・投資・在庫に全て警告灯 [12/1] [新種のホケモン★]

    【選択と集中の行く末 【朝鮮日報】サムスンのスマホ工場稼働率は過去最低、LGは在庫急増 生産・消費・投資・在庫に全て警告灯 [12/1] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/08/31(水) 10:40:21.11 ID:CAP_USER
    7月の生産と消費、投資がすべて減り、3カ月ぶりに「トリプル減」を記録した。

    統計庁が31日に発表した産業活動動向によると、7月の消費動向を示す小売り販売額指数(季節調整)は117.9(2015年=100)で前月より0.3%減った。

    消費減少は3月の0.7%、4月の0.3%、5月の0.1%、6月の1.0%に続き5カ月連続となった。

    消費が5カ月連続で減少したのは1995年に消費販売統計の作成を始めてから初めてだ。

    7月の全産業生産(季節調整、農林漁業除外)指数は117.9で前月より0.1%減少した。

    全産業生産は4月に0.9%減少し、5月に0.7%、6月に0.8%と2カ月連続で増加を記録したが、7月には再び減少に転じた。

    半導体景気が萎縮し製造業をはじめとする鉱工業生産が1.3%減った影響だ。

    サービス業生産は宿泊・飲食が4.4%増など好調を示し0.3%増加した。

    設備投資も前月より3.2%減少した。

    生産、消費、投資がすべて減ったのは4月から3カ月ぶりだ。

    統計庁のオ・ウンソン経済動向統計審議官は「鉱工業生産が調整を受け生産全体が減少に転換し、小売り販売など内需指標も減少して景気改善または回復の流れがやや停滞する姿を見せた」と話した。

    https://japanese.joins.com/JArticle/294993?servcode=300§code=300

    引用元: ・【中央日報】韓国、7月の生産0.1%減・消費0.3%減・投資3.2%減の「トリプル減」 [8/31] [昆虫図鑑★]

    【k-減 【中央日報】韓国、7月の生産0.1%減・消費0.3%減・投資3.2%減の「トリプル減」 [8/31] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/30(土) 11:46:22.84 ID:CAP_USER
    消費が4カ月連続で減少した。1998年の通貨危機以来24年ぶりだ。

    韓国統計庁は29日、こうした内容の「産業活動動向」報告書を出した。6月の小売販売額指数(以下、季節調整、2015年=100)は118.3で、前月比0.9%下落した。3月(-0.7%)、4月(-0.3%)、5月(-0.2%)に続いて4カ月連続の下落だ。4カ月連続の消費減少は1997年10月-1998年1月以来初めて。

    「消費氷河期」の原因は物価高・高金利、猛暑や頻繁な雨、貨物運送の支障など複合的だ。乗用車のような耐久財(-2.3%)、娯楽・趣味用品など準耐久財(-0.9%)、飲食料品など非耐久財(-0.3%)の販売がすべて前月比で減少した。

    一方、6月の全産業生産指数は117.9と、1カ月前に比べて0.6%上昇した。企画財政部はこの日、報告書「産業活動動向および評価」で「厳しい対外環境の中でも設備投資が2カ月連続で増加するなど回復の流れを維持している」と診断した。

    問題は今後だ。韓国はもちろん世界的に景気沈滞が懸念され、消費・生産が同時に冷え込む可能性が高まっている。企画財政部は報告書で「世界的な成長減速による輸出への影響などが生産回復の流れに負担として作用する可能性がある」と評価した。

    物価も下落する兆しが見えない。この日、方基善(パン・ギソン)企画財政部第1次官は非常経済次官会議で「7月の消費者物価は先月に続いて6%台の上昇率になると予想される」と述べた。

    https://japanese.joins.com/JArticle/293772?servcode=300§code=300

    引用元: ・韓国、4カ月連続で消費減少…1998年の通貨危機以来24年ぶり [7/30] [昆虫図鑑★]

    【とんでもない事になってますなあ - 韓国、4カ月連続で消費減少…1998年の通貨危機以来24年ぶり [7/30] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/04/02(土) 16:48:51.88 ID:CAP_USER
    ハンギョレ新聞

     MZ世代の所得と借金など経済状況が、以前の世代に比べ脆弱なことが分かった。

     韓国銀行経済研究院のチェ・ヨンジュン研究委員は、15日に出した「MZ世代の現況と特徴」報告書で「MZ世代の勤労所得の増加傾向が振るわず、金融資産も停滞している反面、住宅準備のための借金は増え消費性向が下落している」と分析した。報告書は、本格的な所得発生時期を考慮してMZ世代を1980~1995年生まれに狭め、X世代(1965~1979年生まれ)、ベビーブーム世代(1955~1964年生まれ)と比較した。また、資料を利用できる最近年度である2018年基準のMZ世代(24~39歳)と2000年当時の同じ年齢帯(1962~1977年生まれ)の所得と消費などを比較した。他の世代にも同じ方法を適用した。

     まず、2018年基準のMZ世代の勤労所得(既婚の常用職の男性世帯主)は、2000年当時の同じ年齢層の1.4倍と集計され、X世代(1.5倍)、ベビーブーム世代(1.6倍)に比べて低かった。MZ世代が本格的に労働市場に進入する時期に世界金融危機が起こった影響が大きかった。2018年MZ世代の勤労所得は、金融危機以後の2010年の同じ年齢層の1.07倍水準に止まった。

     2018年MZ世代の金融資産は、全調査期間(2001~2018年)で見れば増加傾向が停滞していた。就職難などによりシードマネーの用意が難しかったためと見られる。最近ではMZ世代内の金融資産の両極化まで現れた。2018年MZ世代の金融資産不平等度は0.56(1に近いほど不平等)で、2016年の同じ年齢層(0.49)に比べ格差が拡大した。早期引退への備えを重要に考えるMZ世代の特性もみられた。2018年MZ世代が保有する年金保険などの貯蓄性保険は、2001年の同じ年齢層の1.92倍に達し、同じ期間のX世代(1.72倍)とベビーブーム世代(1.49倍)よりはるかに高かった。

     2018年MZ世代の借金総額は2000年の4.3倍に急増し、X世代(2.4倍)とベビーブーム世代(1.8倍)を大きく上回った。マイホーム取得のための金融機関からの借入が増えたためだ。借金をした原因のうち、住宅準備が占める比重は2018年は34.4%となり、他の世代より高かった。

     2017年MZ世代の消費総額は、2008年金融危機時の同じ年齢帯と比べれば1.03倍でほとんど変化がなかった。所得のゆるやかな増加にもかかわらず消費が停滞し、消費性向は2000年の0.9倍に下がった。余暇や趣味活動などのために必須消費を節約した。2017年MZ世代の必須消費は、2004年に比べ0.85倍に減り、X世代(0.91倍)とベビーブーム世代(1.0倍)に比べて大幅に減少した。

     チェ研究委員は「MZ世代の脆弱な状況が今後の経済に一部否定的な影響を及ぼす可能性がある」として「彼らの所得増加と借金減少などのための政策的努力を継続する必要がある」と提言した。

    ※MZ世代=1980年代初め~2000年代初めに生まれたミレニアル世代と1990年代中盤~2000年代初めに生まれたZ世代を通称する言葉

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9827cb097f043553dfb19e6eda4118e14a2d066e

    引用元: ・【韓国】20-30代の若者、借金が激増し消費停滞 [動物園φ★]

    【もっと借金をしろ。 【韓国】20-30代の若者、借金が激増し消費停滞 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/13(水) 22:33:57.06 ID:CAP_USER
    即席めん消費1位のベトナムで韓国のラーメンが売れない理由は=韓国ネット「プライドが傷つく」

    2022年7月12日、韓国・KBSは「即席めん消費1位のベトナムで韓国のラーメンはなぜ人気がないのか」と題する記事を掲載した。

    世界ラーメン協会によると、昨年のベトナムの1人当たりの即席めん年間消費量は87食で、不動の1位だった韓国(73食)を初めて上回った。ベトナムの1人当たりの消費量は毎年20~30%増加しているという。

    ベトナムの即席めん市場の急成長を受け、韓国農水産食品流通公社は昨年9月に報告書「ベトナムラーメン市場の動向」を発刊した。報告書は「ベトナムが世界の即席めん市場のハブに成長している」と評価し、「麺類の消費量が多く韓国ラーメンの進出の必要性が高い」と強調した。

    ベトナムで即席めんの人気が高まっている理由について、世界ラーメン協会の韓国代表パートナー社である農心は「最近ベトナムは高い経済成長率を記録し購買力が高まった上、新型コロナにより自宅で食事をする傾向が強まったため」と分析している。

    韓国の今年上半期の農畜産食品の輸出品目のうち、即席めんは単一品目として最大規模を占めた。昨年同期比20%増の3億8370万ドル(約527億円)を輸出し、伝統の強豪である海苔(3億7590万ドル)を上回った。

    韓国の即席めん輸出国1位は中国(9190万ドル)、2位は米国(4790万ドル)で、この2カ国が全体の36.3%を占める。ベトナムは15位で、輸出額は700万ドルほど。フィリピンやタイ、マレーシア、インドネシアなど東南アジアの他の国に比べて少ないという。

    ベトナムの即席めん市場は自国メーカーが中心となっている。20年基準で市場シェアはエースコック(Acecook Vietnam)が33.2%で1位。2位以下には20.7%のマサングループ(Masan)、Uniben(10.8%)、Asia Cook(7.6%)が続き、韓国の4大即席めんメーカーの農心、八道、三養、オットゥギは現在まで目に見える成果は挙げられていないという。

    韓国メーカーは商品の現地化やマーケティングに力を入れているものの、いまだにベトナム内の韓国人市場にこだわる傾向が強いという。現在ベトナムには20万人ほどの韓国人が住んでいる。

    あるメーカー関係者は「ラーメン輸出の最大市場は中国であるため、東南アジア市場に合わせて麺やスープのレシピを変えるのは難しい」と話した。専門家は「食品メーカーは韓国ならではの辛い味にこだわり、韓流マーケティングに頼っているが、それには限界がある」とし、「短期的な成果に縛られず、まずはベトナムの食文化への理解を深めることが大切」と指摘したという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは「即席めん大国のプライドが傷つく」と落ち込む声が上がっている。また、韓国のラーメンが売れない理由については「値段が高すぎる。ただそれだけ」「現地に生産工場がないから現地のラーメンより価格が3~4倍高い。ベトナムでは韓国ラーメンの牛肉ベースより鶏肉ベースの方が好まれる。唐辛子ベースの辛い味を好む韓国人と違い、ベトナム人はパクチーなど現地の香辛料の味を好む。売れないのは当然」「彼らは米粉麺に慣れているからね」「韓国のラーメンの人気が昔に比べて上がったのは事実だけど、それでも期待に及ばない商品も多い」「正直、韓国のラーメンは辛すぎて胃もたれする」「ベトナムのような暑い国は香辛料メインの食文化。熱くて辛い韓国のラーメンは合わない」「ベトナムのラーメンの方が種類も豊富でおいしいから」などさまざまな声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_897548/

    引用元: ・【越韓】 即席めん消費1位のベトナムで韓国のラーメンが売れない理由は=韓国ネット「プライドが傷つく」[07/13] [LingLing★]

    【インスタントラーメンごときで傷付くプライドって 【越韓】 即席めん消費1位のベトナムで韓国のラーメンが売れない理由は=韓国ネット「プライドが傷つく」[07/13] [LingLing★]】の続きを読む

    このページのトップヘ