まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:消滅

    1: 鴉 ★ 2017/11/28(火) 00:22:32.62 ID:CAP_USER
    薄れつつある韓国代表の伝統文化…主婦の多くが「キムチ作り」を放棄=韓国ネットも共感「キムチ作りはストレス」「共働きが多いから」


    2017年11月21日、韓国・KBSによると、あるアンケート調査の結果、韓国の主婦の半数以上が「キムチ作り」をしないことが明らかになった。越冬準備1号、おふくろの味の代名詞だった韓国伝統のキムチ作りが、時代とともに変わってきている。

    韓国ではキムチ作りのことを「キムジャン」と言い、毎年この季節になると「キムジャンしましたか」というあいさつが慣習的に行われていた。しかし最近はだんだんとキムチを作る主婦が減少し、今年は半数以上の55%が「計画していない」と回答、昨年より8%上昇したという。つくる量も減少傾向にあり、回答者の40%が白菜10株以下と答えたとのこと。キムジャンを放棄(ポギ)した人を意味する「キムポ族」という新造語が誕生するほどだ。

    最近ではキムチ作りを目的とした主婦対象の観光バスツアーも登場した。塩漬けの白菜にヤンニョムソ(調味液)などすべての材料がそろうキムチ工場に行くもので、ここではかつて1泊2日かかっていた大変な作業を1時間以内で完成させられるという。


    また、大型スーパーのキムチコーナーで好みに合った味付けをその場で注文することもできる。自分で漬けるより買って食べるキムチに慣れた人々が増え、高菜キムチに白キムチ、水キムチなど数十種類にもなるキムチ市場は毎年20%以上の伸び率を記録するなど、競争はますます激しくなっているという。そのほかにも、オンライン上では若い1~2人世帯を狙ったオーダーメード型のキムチが登場、健康飲料メーカーの配達品目にキムチが追加されるなどさまざまだ。

    これを受け、ネットユーザーからも「この時代に誰がキムチ作りなんてする?年配の人はキムチを漬けるかもしれないけど、若者はみんな買って食べるだろう」「共働きが多い時代だから仕方ない。家でご飯を食べる時間も減ったし、昔よりキムチを食べなくなった」「材料費や労働力を考えたら買った方が安い。高いキムチ冷蔵庫を買うくらいなら少しずつ買って食べた方が経済的」と共感を示すコメントが目立つ。



    また、実際に伝統的なキムチ作りをしている主婦からの苦労話も寄せられているが、「キムジャンは本当にストレス。確かにやった感はあるけど、子どもを連れて夫の実家に行って100株以上作るのは『離婚したい』と思うくらいつらい」「キムジャンに呼ばれても、男たちはみんなゴロゴロしてるだけで、でき上がるころに部屋からでてきて『肉はできたか?』と食べることしか考えていない(※キムジャン後に、切れ端の白菜やヤンニョムで即席キムチと肉を食べる習慣がある)」「嫁にもスケジュールがあります。どうか『キムチ作り』の連絡を送らないでください。キムチは食べなくてもいいから」など怒り爆発寸前の様子。

    中には「世の中は変わっていくもの。昔の大家族の時のようにはできない」「将来的にキムジャンは博物館でしか見られなくなりそう」など「世の流れ」と捉えるユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)
    https://a.excite.co.jp/News/chn_soc/20171126/Recordchina_20171126020.html

    引用元: ・【国際】薄れつつある韓国の伝統文化・・・主婦の多くが「キムチ作り」を放棄

    【【何が残るんだ】韓国の伝統文化が消滅・・・主婦の多くが「キムチ作り」を放棄 】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@無断転載は禁止 2016/07/26(火) 21:33:43.31 ID:CAP_USER
    (資料画像)
    no title


    2016年7月24日、韓国・KBSテレビは、韓国で出生率の低い状態がこのまま続けば、30年後には80もの地方都市が
    消滅すると予測した研究結果について報じた。

    韓国のここ5年の出生率は平均1.24人、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最低水準が続き、今年も
    「史上最低」を更新すると予測されている。政府は少子化対策に過去10年間で80兆ウォン(約7兆4700億円)の
    予算を投じたが、目立った成果が出せていない状況だ。結婚年齢は男女とも上がり続け、結婚しない人も急速に
    増えている。結婚した後も育児にかかる負担を理由に子どもを望まない夫婦も少なくない。

    こうした中、韓国雇用情報院などがこのほど行った研究で、30年後には韓国の80の街から「人が消える」危険性があると
    分析された。全国262の自治体(市・郡・区)のうち人口の極端に少ない地域を除いた252カ所について調査したもので、
    実に全体の3分の1の街に消滅の危険があると判断されたことになる。また一方で、120年後の2136年には現在5000万人余りの
    韓国の人口が1000万人を切るとの予測も出された。

    国会に設置された低出産特別委員会は、「人口減少の問題は国家存立の問題」とし、政府に対しさらなる財政投入を
    求める計画だ。

    出生率低下や人口減少の問題は韓国で常に注目度が高く、この記事には4000件を超えるコメントが寄せられているが、
    最も多数の共感を得た声は「金もないのに子どもを産むのは子どもへの罪。社会で踏みにじられ哀れな人生になる」というもの。
    他にも、「子どもを産んでも奴隷になるだけ」「家の値段さえ少し下がれば息もつけるようになるけれど、今の状況で子どもは
    夢のまた夢」「ごはんだけ与えれば子どもが勝手に育つ時代じゃない」「貧しい家を子どもに継がせたくない」と、半ば諦めたような
    声が目立つ。

    他には、「原因はただ一つ、お金がない。国民に分配されるべき富が1カ所に集まっている」「国民が自分たちに合ったレベルの
    大統領を選んでしまった罪。この国で子孫を残したいなんて誰も思わない」「この国が『ヘル朝鮮(地獄の韓国)』だから、
    私たち夫婦は子どもを産まないことにした」「君臨する側にしたら、犬や豚に増えてほしいだろうけど」「開発途上国が
    なぜわざわざOECDなんかに入って自国民を“ビリ”にさせようとするんだ?」など、社会や国への不満を訴える声が多数を占めた。

    (翻訳・編集/吉金)

    レコードチャイナ 2016年7月26日(火) 10時30分
    http://www.recordchina.co.jp/a145772.html

    引用元: ・【韓国】韓国の80都市が今後30年で消滅、国家存立の危機に!? 韓国ネットからは諦めも「金もないのに子どもを産むのは罪」[7/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【韓国の都市の3分の1が消滅、今後30年で】の続きを読む

    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/05/08(日) 21:37:09.81 ID:CAP_USER
    韓国の人口は2020年に5200万でピークを迎えた後、徐々に減少していく。2040年になれば人口全体の中間にいる層の年齢が52.6歳となる。
    2060年には高齢者の人口が現在の2.7倍になり、生産可能人口は今よりも60%減少する。韓国統計庁が今年3月に発表した「2015年
    韓国社会指標」の内容だ。さらに気が重くなる統計がある。

    「中央日報エコノミスト」が分析した結果、30~40年後に人口が消滅する危険がある地方自治体や基礎自治体(市・郡・区・面)は
    80カ所に達する。これらは、出産する女性は今後も減り、高齢者の人口は増える所だ。読者の故郷が消えることもある、という話だ。

      ・日本で出版された「地方消滅」の手法を適用

    少し時間をさかのぼってみよう。今年4月13日に実施された総選挙前の3月2日、選挙区の確定案が国会を通過した。従来の選挙区の区割りに
    変更があったが、前回選挙区が分割された選挙区は16カ所、統合された選挙区は9カ所だった。たとえば韓国南東部・慶尚北道義城(ウィソン)、
    軍威(グンウィ)、青松(チョンソン)郡は近隣の尚州(サンジュ)市に統合された。同南西部・全羅南道高興(コフン)、寶城(ポソン)郡は
    長興(チャンフン)・康津(カンジン)郡と一緒になり、慶尚南道宜寧(ウィリョン)、咸安(ハマン)、陜川(ハプチョン)郡は分割され、それぞれ
    密陽(ミリャン)市・山清(サンチョン)郡と一緒になった。

    上記すべてが、選挙区を維持するための人口最少ラインを下回った地域だ。これで終わりではない。これら地域の大部分は30年後には
    選挙区自体が消えるかもしれない。単純に、人が減るからそうなるのではない。高齢者の人口は増えるが、子どもを産む若い女性が急激に
    減少しているためだ。いわゆる、「人口消滅危険地域」というわけだ。

    本誌が韓国雇用情報院のイ・サンホ博士とともに全国262の市・郡・区のうち、人口のない江原道鉄原(チョロン)郡近東(クンドン)面と
    京畿道坡州(パジュ)市津西(チンソ)面などを除く252カ所の人口を調査した結果、30年後に人口がなくなるリスクが高い自治体が80カ所に達した。
    昨年話題になった本『地方消滅-東京一極集中が招く人口急減』の分析方式を採用して得た結果だ。

    日本でかつて総務相を務めた増田寛也氏が書いた同書は、日本の自治体の49.8%となる896カ所が2040年には消えると予測し、日本国内で
    衝撃を与えた。増田氏は地方が消滅する可能性を推定する指標として、20~39歳の女性人口に注目した。妊娠可能な女性の90%以上が
    この年齢層に属する。20~39歳の女性人口の比重が小さい地域であればあるほど、長期的に人口が消滅する可能性が高まるということだ。

    本誌は、韓国・行政自治省が運営する「住民登録人口統計」を見て、2015年12月末現在の全国自治体の人口現況を調査した。地域別に、
    居住する人口全体における20~39歳女性の人口と、65歳以上の高齢者人口の割合を分析した。

    消滅する可能性が高い自治体は、20~39歳女性が占める割合が10%に満たず、高齢者人口は20%を超える相対比重(20~39歳女性
    人口の割合÷高齢者人口の割合)が0.5未満の場所と設定した。イ博士は「若い女性と高齢者人口の相対費が1対1であれば、人口が維持される
    最小限の防衛ライン。相対費が0.5未満であれば、人口が消滅する可能性がとても高いことを意味する」と説明する。これは、学会でも認められた理論だ。

    >>2以降に続く)

    キム・テユン :韓国『中央日報エコノミスト』記者 / チャン・ウォンソク :韓国「中央日報エコノミスト」記者
    (韓国『中央日報エコノミスト』2016年5月9日号)

    東洋経済オンライン 2016年05月08日
    http://toyokeizai.net/articles/-/116861

    引用元: ・【韓国】若い女性がいない!韓国「地方消滅」の実態 全262自治体のうち80自治体が消滅リスク[5/8] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【韓国】若い女性がいない!3分の1の自治体で30年後に人口消滅】の続きを読む

    yaru


    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/07/08(火)14:16:02 ID:???
    済州(チェジュ)本島の村漁場半分カジメ群落消える危機


    済州島(チェジュド)本島の村漁場半分で水産生物の産卵と棲息場所に利用されるカジメ群落がほとんど消えたり消える危機に置かれたと調査された。

    済州島(チェジュド)海洋水産研究員は済州島(チェジュド)本島4個の圏域(北東・北西・南東・南西)の12個の漁場と付属島嶼域の牛島(ウド)・加波島(カパド)・湫子島(チュジャド)3個の漁場など全15個の村漁場を標本に昨年2月から12月まで寿山洞(スサンドン)植物資源生態環境調査を行った。

    調査の結果、カジメ群落は咸徳(ハムトク)(北東部)と一手(北西部)等2個の漁場では水深10m未満では消失し、三養(サムヤン)(北東部)帰一(北西部)、シンチャン(北西部)、武陵(ムルン)(南西部)等4個の漁場では水深6mまたは、8m下で消失したり分布密度が脆弱で消失する危機にあった。

    多年生海草類であるカジメは村漁場の基礎生態系で最も健康性を現わす生物学的中心種と同時に著書動物の種の多様性に直接的な影響を及ぼして漁場の生物生産性と関連を見せる。

    カジメなど海草類群落が微弱な西部圏域の場合、さざえの平均体長は5㎝以下と非常に矮小でウニ類が多かった。反面海草類群落が発達したハイェ(南西部)、テフン(南東部)、サムダル(南東部)、始興(シフン)(南東部)等はさざえの平均体長5㎝以上と大きく、アワビ、トコブシ、ホンナマコなどの資源量が非常に多かった。

    研究院ヒョン・ザイミン環境資源研究チーム長は「カジメなど褐藻類が島嶼地域漁場では良好な状態を見せている」として「本島の漁場でカジメが消失する理由は水温上昇に港の入り江開発によった潮流変化、都市拡張にともなう副産物流入などによるものと推定している」と話した。

    今回の調査で水深3~5m台は石灰潮流と紅藻類群落が全漁場に拡散することが明らかになった。水深5~10m台は済州(チェジュ)北東部を除いては紅藻類とアワサンゴ、イソギンチャク群集が拡大していた。水深10~15m台はカジメ群落が発達したと調査された。

    また、水温上昇の影響で軟珊瑚群落が済州島(チェジュド)全域と湫子島(チュジャド)まで広がってイラ、オオスジイシモチ、イソカサゴ、キンチャクダイ、ハリセンボン、ハコフグなど亜熱帯性魚種が地域に定着化して全体出現種の40%まで占有すると確認された。

    今回の調査で確認された海草類は170種で紅藻類65.3%(111種)、褐藻類20.6%(35種)、緑藻類14.1%(24種)の分布比率を見せた。

    研究員が済州市(チェジュシ)、新村(シンチョン)、ジョンダル、コネなど都内8個の漁場を対象にした2012年度調査では154種の海草類が確認され、分布比率は紅藻類63.6%(98種)、褐藻類20.1%(32種)、緑藻類16.2%(24種)であった。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201407/dh20140708081532137780.htm

    引用元: ・【韓国】済州本島の村漁場の半分でカジメ群落が消滅の危機[07/08]

    【無差別に取りすぎたんだろ-【韓国】済州本島の村漁場の半分でカジメ群落が消滅の危機[07/08]】の続きを読む

    このページのトップヘ