まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:消えた

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/26(月) 07:00:11.94 ID:CAP_USER
    2021年7月25日(日) 7時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b879757-s25-c30-d0201.html

    一般人も宇宙観光を楽しむ「ニュー・スペース(New Space)」時代が到来し、韓国でも宇宙旅行に対する関心が高まっている。韓国メディア・アジア経済が伝えた。

    記事によると、韓国人で初めて宇宙を旅したのは韓国航空宇宙研究院(KARI)に所属していた李素妍(イ・ソヨン)博士。李博士は2008年4月8日、ロシアの「ソユーズTMA-12」に搭乗して国際宇宙ステーション(ISS)へ到着し、10日間滞在した。これにより李博士は韓国人初、そして女性では世界で49人目の宇宙飛行士として認められ、韓国は宇宙飛行士を輩出した36番目の国になった。

    2006年に韓国政府が実施したこの宇宙飛行士選抜プロジェクトには3万6204人の応募があったという。3.5キロメートルのランニングテストをはじめ、8カ月にわたって行われた選考過程では、総合常識から言語、社会、宇宙への適応力まですべての面で「完璧な」人物が求められ、熾烈な競争の末、李博士と高山(コ・サン)さんの2人が宇宙飛行士候補に選抜された。2人は翌年3月からロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センターで1年間訓練を受けたが、最終的に高さんが保安規定違反で脱落したため、李博士が宇宙行きの切符を手にしたという。

    李博士と高さんの訓練や飛行に韓国政府が費やした金額は260億ウォン(約24億8000万円)にも達したとのこと。しかし李博士は宇宙飛行から数年後の2012年、米国でMBA(経営学修士)過程に入学。翌年には韓国系米国人と結婚し、現在も米国で暮らしているという。記事は「本来ならば韓国の宇宙開発のアイコンとして研究開発(R&D)を率いるべきでありながら、260億ウォンをかけて育てた宇宙飛行士は国を去り、有人宇宙飛行のノウハウも消えてしまった」と報じている。

    一方で2017年には、2024年に実施される米航空宇宙局(NASA)の月着陸プロジェクト「アルテミス」のチームに、1万8000倍の競争率を突破して韓国系米国人のジョニー・キムさんが選ばれたことも韓国で話題になったという。キムさんは米国ではマイノリティーであるアジア系移民の出身である上に、家庭内暴力の常習者だった父親が銃を乱射し、出動した警察に銃殺されたという悲痛な過去も持つ。その後、キムさんは米海軍の特殊部隊「Navy SEALs」に入隊し銀星章を受賞する活躍を見せた後、ハーバード大学医学部に進学し外科医に。そして最終的には最高のスペックを必要とするNASAの宇宙飛行士になった。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「李素妍は食い逃げしたようなものだな。韓国籍まで捨てて、今や米国人だ。二度と同じ失敗を繰り返してはいけない」「私企業でさえ留学させる時は逃げられないよう条件を課すのに。黙って米国に行かせたの?」「だから重要な仕事は女性に任せるべきじゃない」「祖国を裏切った者として国家情報院が処罰してほしい」など、李博士に対する批判の声が多く寄せられている。

    一方では「全国を回って講演すること以外、李さんに任せる仕事がなかったんだよ。だから韓国で居場所を見つけられずに国を去ってしまった」「インタビューで『韓国では仕事がないから専攻を変えて勉強し直す』と語ってた。ただ悪口を言うのではなく、人材を活用できない韓国社会に目を向けて反省すべき」など、李博士を擁護するコメントも見られた。

    引用元: ・【宇宙人】260億ウォン(約24億8000万円)を費やし36番目の保有国になったのに…消えた「韓国人宇宙飛行士第1号」[07/25] [Ttongsulian★]

    【どうでも良すぎない?w 【宇宙人】260億ウォン(約24億8000万円)を費やし36番目の保有国になったのに…消えた「韓国人宇宙飛行士第1号」[07/25] [Ttongsulian★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/20(日) 09:40:38.11 ID:CAP_USER
    中国当局が4日に施設で隔離中の韓国人の旅券を回収したがずさんな管理が原因で焼却していたことが確認された。

    北京の外交消息筋などが19日に明らかにしたところによると、中国防疫当局は4日に仁川(インチ ン)を出発し北京到着後に施設に隔離された韓国人31人から書類作成を名目に旅券を回収していった。

    旅券の回収から数日が過ぎても返却されず、確認したところ韓国人の旅券はすべて焼却された状態だった。

    中国防疫当局関係者は韓国人の旅券を封筒に入れていたが、施設職員がごみと勘違いして廃棄したというのが中国側の説明だ。

    知らせを受けた在中韓国大使館はすぐ中国側に抗議し、中国も謝罪の意向を明らかにしたという。

    また、中国側は謝罪の意味で3週間の隔離費用全額を負担し、無料でビザを発給すると明らかにした。

    韓国大使館もすぐに韓国人の旅券発給手続きを始めた。

    ただ新しい旅券発給により旅券番号が変わるだけでなく、一部韓国人は旅券についていたビザがなくなり新たな発給を受けなければならない不便を体験しなければならなかった。

    韓国大使館関係者は「あきれる返るような大型事故が発生し関連するすべての人が驚いた。韓国僑民に不便がないよう多角的に努力している」と話した。


    https://japanese.joins.com/JArticle/279855?servcode=400§code=400

    引用元: ・【中央日報】消えた韓国人の旅券…「ごみと勘違いして焼いた」中国のあきれたミス [6/20] [昆虫図鑑★]

    【まあゴミだわな 【中央日報】消えた韓国人の旅券…「ごみと勘違いして焼いた」中国のあきれたミス [6/20] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/09/08(火) 22:43:43.56 ID:CAP_USER
    (単独)コロナロックダウン…毎日、1100カ所ずつ店を閉めた
    2020.09.08|5:01

    ソウルの銅雀区新大方洞でサムギョプサル屋を運営するソン某氏(59)は「今月19日付で廃業する」と話した。彼は「今年初めにコロナが拡散して売上が半減し、最近、夜9時以降の営業が制限されてからまた半減した」とし「家賃が滞り、保証金もすべて使い果たした。これ以上耐えることができず、店を閉める」と話した。

    コロナ事態による自営業者たちの「連鎖廃業」が統計で確認された。今年の第2四半期、全国で10万カ所を超える店舗が消えた。7日、小商工人市場振興公団が「公共データポータル」に掲載した全国17の市道の商店街・商圏情報を本紙が分析した結果、第2四半期の全国の商店街の店舗は256万9824カ所だった。第1四半期(267万3767カ所)より10万3943カ所(3.9%)減少した。全国で第2四半期の間に、1日に1142カ所、自営業者の店舗が消えたわけだ。

    ここ数年間、急激な最低賃金の引き上げ、週52時間勤務制などの影響で苦しんでいた小商工人たちが、コロナ発の景気萎縮に耐え切れず廃業に追い込まれているものと分析される。コロナ事態で営業ができない「ロックダウン経済」の衝撃が如実に表れているのだ。よく小商工人・自営業者は国家経済の「毛細血管」と比喩される。3ヶ月の間に店舗が10万カ所以上なくなったのは、底辺の実体経済が事実上「壊死」寸前に至ったものと見られる。

    地域別では、ソウル2万1178カ所(5.4%)、京畿2万5932カ所(4.1%)、仁川7650カ所(5.4%)など首都圏だけでも第2四半期に5万4760の店舗が減少した。地域別の減少率を見ると、蔚山が6.2%と全国で最も大きく、江原(1.1%)、世宗(マイナス1.9%)は相対的に減少幅が小さかった。

    商店街の空き店舗も増えている。韓国鑑定院によると、今年第2四半期の全国の中大型(3階以上、または延べ面積330㎡超)商店街の空室率は12%で、2002年に関連統計を取り始めて以来、最高値を記録した。ソウル(7.9%)、京畿道(9.8%)などの首都圏より、慶尚北道(17.7%)、全羅北道(16.6%)、忠清北道(16.3%)など、地方の空室がより深刻であることが分かった。

    http://naver.me/x5LrItGl

    引用元: ・【韓国経済崩壊】全国で10万店舗が消えた [9/8] [動物園φ★]

    【k防疫上手く行ったんでしょ? 【韓国経済崩壊】全国で10万店舗が消えた [9/8] [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/12(日) 08:48:52.72 ID:CAP_USER
     1963年9月、数人の日本の政治家が韓国へやって来た。その中にいた自民党幹部で、閣僚も務めた松浦という人の話だ。

     ソ連のフルシチョフ書記長から日本の池田首相に問い合わせがあった。シベリア地域の木材と日本が作るトラクターを交換しようという提案だった。松浦大臣が池田首相の指示を受け、実現できるようにするためフルシチョフ書記長を訪ねた。フルシチョフ書記長が「シベリアに行ってみるつもりか」と尋ねた。松浦大臣は「行く必要はない。可能な地域の山林サンプルの写真があればいい」と、数日待った。

     写真を見ると、自然の状態そのままに育った雑木だったので「こんな木は木材にならない。植林して育てた木でなければ」と拒否した。フルシチョフ書記長は「代わりにたくさん提供したらどうだ?」と尋ねた。「製材費用がかかるからもっと駄目だろう」と返事をした。そうして今度は松浦大臣が「全世界が国際航空路線の拡張のため競争している。ソ連とインドネシアを行き来する飛行機が東京に止まれるようにして、日本航空がモスクワを経て西ヨーロッパに行けるように、航空協定を結ぼう」と提案した。するとフルシチョフ書記長は、壁に掛かったロシアの地図を示しつつ「狭い日本の国土とこの広い大陸を同等に見ることはできない」と拒絶した。

     ソ連が日本よりどれほど遅れていて、国際情勢を理解していなかったかを教えてくれる一例だ。当時、一緒にやって来た自民党の政策室長に私は尋ねた。「日本の大学生や若い世代は、かつて世界で最も熱烈なマルクス主義の支持者だった。米国のアイゼンハワー大統領がその勢力のせいで、予定されていた訪日を取り消したほどだ。なのに今は左派や共産主義の支持者は見当たらないというくらいに変わった。そういう変化の原因は何だと思うか」

     彼の答えは、やや意外なものだった。その問題は政府の政策では解決できないので、数年間、夏休みに海外旅行をするよう30万人程度の大学生に対し後押ししてやったという。当時、日本は中立国で、ソ連や共産国への旅行が自由だった(原文ママ)。幾つもの国を見て回った若い世代は、世界のどこへ行っても、日本より自由で豊かな国は米国とつながりのある民主国家であることを発見した。ソ連や共産主義国が日本より遅れているのを実際に見て体験したから、自然と解決した-という説明だった。旅をしてみた人は誰でも皆認めている事実だ。

     1980年代、西江大学のK名誉教授が国際会議で共産国家のユーゴに出掛けた。会議場の国営特級ホテルの施設は韓国の大学寮にも劣るものだった、という話をしていた。

     コロナ問題さえなければ、韓国の若者も大いに旅行をする。どの国が幸せで、未来を引っ張っていけるか見てきたらいいと思う。進歩を自認する社会主義指導者らの子どもたちがどの国への留学を好んでいるかも、見れば分かる。これからも、自由民主主義の国々が世界を導いていくだろう。自由と人間愛が後押しするからだ。

    ?亨錫(キム・ヒョンソク)延世大学名誉教授

    ソース
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2020/07/12 07:00
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/10/2020071080143_2.html

    引用元: ・【韓国の左傾化】日本の学生運動世代からなぜマルクス主義者が消えたのか[07/12] [Ikh★]

    【気づかない韓国の学生がアホなだけ【韓国の左傾化】日本の学生運動世代からなぜマルクス主義者が消えたのか[07/12] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/19(日) 19:10:04.22 ID:CAP_USER
     江原道春川市新北邑でトマトを栽培するイ・スンギュさん(55)は最近焦っている。4月末から収穫期を迎えるが、外国人労働者が見つからないからだ。トマトのビニルハウス11棟では収穫を控えた青いトマトが育っていた。イさんは「今月初めに外国人労働者2人を申請したのだが、コロナウイルスの影響で割り当てを受けられなかった。3カ月間大切に育てたトマトを収穫もできずに廃棄することになりはしないかと心配だ」と話した。 

     慶尚南道居昌郡でリンゴを栽培するミン・チ ンホンさん(35)は、外国人労働者7人など作業員10人を必要としている。リンゴの花を間引きする摘花作業を進めなければならないのだが、人手がいなくて全くはかどらない。ミンさんは「韓国人を雇うとしても、外国人に比べ日当があまりに高く、高齢の場合が多いため、作業速度が遅い。一家4人で早起きして乗り切るしかない」と話した。京畿道抱川市でパプリカ、キュウリ、トマトなどをハウス栽培するHさん(40)は、外国人労働者がいないため、80代の両親まで農作業に動員している。全羅北道完州郡高山面で面積7000坪の農園を営むイム・ソッキさん(74)も「人手がないので、自分より高齢の80代、90代の人もつえを突いて働きに出ているのが実情だ」と話した。

     農繁期を迎えた農村がコロナウイルス事態の長期化による外国人労働者の空白で対応に苦慮している。農作業が一番忙しい4月になっても、今年上半期に入国予定だった外国人季節労働者4532人のうち1人も入国していないからだ。このため、江原道の春川市、洪川郡、楊口郡、忠清北道の鎮川郡、堤川市、全羅北道の鎮安郡、茂朱郡、慶尚北道の栄州市、英陽郡、聞慶郡、京畿道の楊平郡、利川市、慶尚南道の居昌郡、南海郡など全国各地から人手不足を訴える声が上がっている。特に4-6月の農作業が重要な白菜、ニンニク、タマネギなど野菜類、梨、リンゴなど果物類が問題だ。収穫を控えた施肥、ビニールや土で覆う作業、人工受粉などを集中的に行う時期に当たるからだ。

    農林畜産食品部は「外国人季節労働者ゼロ」に対応するため、国内労働力を供給する農村労働力仲介センターを13日、従来の70カ所から92カ所に増やした。しかし、国内労働者は人件費が高く、実際の雇用は期待できない。農林畜産食品部は最近、思い切った方策を取った。訪問同居(F-1)外国人5万7688人と雇用許可制(E-9)労働者のうち、就職後に事業所の変更を希望する3925人に対し、一時的に季節労働を認め、3月30日から申請受付を開始した。しかし、現場への投入は遅れており、これまでに107人が就労しただけだ。

     忠清南道天安市成歓邑で梨を栽培するク・ジャイルさん(66)は「外国人労働者10人を雇おうとしても、2-3人しか送ってくれない。先週末の人工受粉作業には友人を呼び、近所の農家からも親族を呼び集めて作業を進めている」と話した。京畿道坡州市統一村で23万平方メートルの農園を営むLさん(67)は「ここは非武装地帯内なので、外国人がいないと農作業が不可能だ。費用をいくら上乗せしても外国人が必要なのだが、働き手が見つからない」と語った。

     タイムリーに労働力が供給されず、生産量が減少し、青果価格が値上がりすることも懸念される。今月初めの冷害による影響もある。韓国農水産食品流通公社は「最近のタマネギに続き、6月にはニンニクなど他の農産物の価格も上昇する可能性がある」と指摘した。農林畜産食品部関係者は「農村では年間で5月が一番労働力が必要とされるが、国内に滞在している外国人だけでは賄いきれない。13日から軍人300人余りを投入するなど、さまざまな方法で労働力不足の解消に努めている」と説明した。法務部関係者は「コロナ事態でビザ変更を容認したが、実効性は高くない。F-1ビザの外国人は大多数が京畿道に住んでいるが、彼らが季節労働を必要とする江原道まで行くケースは少ないからだ」と話した。

    春川=チ ン・ソンウォン記者

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00080168-chosun-kr
    4/19(日) 5:39配信 朝鮮日報

    引用元: ・【韓国】4500人が韓国入国ゼロ、農繁期に消えた外国人労働者[4/19]

    【日本に働きに来たい失業中のバカ者たちを使えよ 【韓国】4500人が韓国入国ゼロ、農繁期に消えた外国人労働者[4/19]】の続きを読む

    このページのトップヘ