まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:海洋

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/14(水) 21:31:24.61 ID:CAP_USER
    no title


    無分別に捨てた海洋ゴミにより、韓国では年間数千億ウォンに達する被害が発生していることが分かった。韓国政府は海洋ゴミによる汚染被害、船舶事故を減らす対策を推進することにした。

    海洋警察庁(海警)は14日、船舶浮遊物巻き付き事故、幽霊漁業、マイクロプラスチックなど、廃漁具や海洋ゴミで発生する被害を予防するための対策を推進すると明らかにした。幽霊漁業や廃漁具により、年間漁獲量の約10%(3787億ウォン(約364億円))ほどが減少することが分かっている。幽霊漁業(ghost fishing)とは、海に捨てられた網などの廃漁具に魚が入っても出られずに死んでしまうことを意味する。

    海警は、廃漁具被害予防基本計画を樹立し、事前予防、管理強化、官民協業を推進することにしている。海警は事前予防のため、教育・広報などのキャンペーンを推進することにした。廃漁具は海に捨てずに返却し、釣り客や海洋レジャー客にはゴミを持ち帰るよう広報を行うという。また、小・中学校の授業課程と連携した海洋環境教育も行われる。この他、 放送、公募展など、多様な方式で廃漁具の深刻性も知らせることにした。

    さらに、海警は韓国漁村漁港工団、環境団体、企業と協力して海洋ゴミの回収に乗り出す方針だ。名誉海洋環境監視院制度を運営し、国民参加を通じた海洋ゴミ削減にも乗り出す計画だ。漁具不法投機行為に対しては徹底的に取り締まるという。

    チョ・ヒョンジン海洋汚染防除局長は「漁具が海に長時間放置されるとマイクロプラスチックが発生し、魚がこれを摂取すると結局は我々が食べることになる」とし「魚資源を保護して船舶の安全を担保することに最善を尽くす。きれいな海洋環境づくりに国民の参加をお願いしたい」と述べた。

    WOWKorea 2021/04/14 20:37配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/295539/

    引用元: ・【ゴミ拾い】海洋ゴミにより年間3787億ウォンもの被害…海洋警察庁「幽霊漁業を阻止する」=韓国[4/14] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【日本の処理水より遥かに問題【ゴミ拾い】海洋ゴミにより年間3787億ウォンもの被害…海洋警察庁「幽霊漁業を阻止する」=韓国[4/14] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/10(土) 14:57:56.79 ID:CAP_USER
    no title

    写真説明「海洋文化大国大韓民国」サイト ホームページ

    サイバー外交使節団バンクは韓国の海洋領土を世界に知らせるサイト「海洋文化大国大韓民国」(ocean.prkorea.com)を開設したと8日明らかにした。

    全国の小・中・高校生に海と海の領土の重要性も教育する。「海洋領土」はある国の主権と主権的権利が及ぼす領海、排他的経済水域(EEZ)、大陸棚などを含む、と国立海洋調査院は定義する。

    サイトは「21世紀の海洋文化大国」「歴史の中の海洋英雄」「海洋領土を正しく知る」「私たちが海洋英雄」「グローバル請願」で構成される。

    特に「21世紀海洋文化大国」では我が国は陸地面積10万平方キロであり海洋領土は陸地の4.4倍である43.8万平方キロだと知らせる。

    しかし、世界的に影響力が大きい米国中央情報局(CIA)の国家情報紹介ホームページの韓国地図には独島(ドクト、日本名:竹島)はリアンクール・ ロックス、東海は日本海(Sea of Japan)と間違って表記されており、海洋領土も縮小されていると説明する。

    合わせて「歴史の中の海洋英雄」では死んでも東海の龍になり国を守った新羅・文武大王から于山国(鬱陵島)を新羅領土に編入し、新羅の歴史上初めて海洋領土を切り開いた異斯夫(いしふ)将軍、「海上王」張保皐(チャン・ボゴ)、李舜臣将軍、朝鮮時代の鬱陵島と独島を守った安竜福(アン・ヨンポク)などを紹介する。

    「私たちが海洋英雄」では動画、カード ニュース、ポスターを通じて国内と海外の次世代に我が国の海洋領土を知らせ、周辺に知らせる方法を伝授する。

    [聯合ニュース]

    ソース:毎日経済(韓国語)バンク、韓海洋領土知らせるサイト構築
    https://www.mk.co.kr/news/politics/view/2021/04/337783/

    引用元: ・【VANK】 バンク、海洋領土知らせるサイト「海洋文化大国大韓民国」開設~「歴史の中の海洋英雄」「私たちが海洋英雄」など[04/08] [蚯蚓φ★]

    【どんな妄想だよwwwww 【VANK】 バンク、海洋領土知らせるサイト「海洋文化大国大韓民国」開設~「歴史の中の海洋英雄」「私たちが海洋英雄」など[04/08] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/05/05(火) 01:22:53.74 ID:CAP_USER
    ユン・ミョンチョルの韓国、韓国人の話(4)韓国人の本性と変成

    no title

    ▲中国遼東地方建安城近くの古朝鮮支石墓(ドルメン)。墳墓で天に法事を行う古朝鮮の文化を示す。長さ9メートル近い規模で韓民族の度量が大きく豪放な気勢を感じることができる。ソクハ写真文化研究所提供

    私は還暦を越えた年齢でも気がかりなことは我慢できない。そのために苦悶するほどだ。いったい私はどんな性格を持ったのだろうか?私が好きな単語でもある「韓民族」はどんな性格を持っているのだろうか?国内外が騒がしいこの頃はさらに深く掘り下げるほかはないテーマだ。

    韓民族は兇暴だったり事大的という外国人の視線

    中国人は<三国志>東夷伝などで「高句麗人は性質が凶暴、短気で、略奪を好む、さらに語り口がいやしい」と伝えた。日本人たちは私たちの意識をかく乱させ、飼い慣らすために韓民族の本性を作為的に規定して洗脳した。植民史観によれば私たちはいつも事大的であったし、党派性が強く、周辺的な存在であった。

    自らは「情があふれてこぼれる恨を持った民族」であり「パンソリや歌・踊り・東洋画などは民族文化に内在する恨を昇華させた芸術」と自賛する。朝鮮美学の師匠のように祭られる関野貞と柳宗悦が言った「哀想」「悲哀の美」「怨恨」の影響のせいだ。呆れ返る様な不正確な事実に基づくが、私たちの頭の中を占領した。

    たとえ正しくとも、それは朝鮮時代の「異常現象」であって、全時代に一貫した文化や情緒ではない。
    (中略:高句麗人の説明)

    私たちが習い、いまだに感じる私たちの文化と民族性はどういうわけか否定的なイメージで満たされている。自然環境論さえも不正確な事実に基づいて否定的な側面だけ強調した。朝鮮の性理学者などは土地が狭くて人口が少ない小国であるから大国に仕えるほかない(以小事大)と自己合理化までした。

    日本人たちは「半島的性格論」を持ち出して古代から中国の、南側では日本の植民地になったと教えた(任那日本府説)。柳宗悦は大陸の恐ろしい北風のため、朝鮮は苦難の歴史になったと残念な主張で私たちを規定した。

    この主張の問題点は多い。事実でない場合も多いが、分析の対象としたのも歴史全体ではなく、比較的肯定的な面の少ない朝鮮時代と暗い日帝強制占領期間だけから民族性を作り出し強要した。実際の歴史を具体的に調べれば、いわゆる民族性に該当する良い性格をいくつか持っていたことを発見できる。

    遊牧・海洋・農耕文化融合した探険精神が私たちの民族性

    まず民族性の最も大きな特性として「探険精神」を挙げる。探険は類人猿を人類に変換させた動力だ。また、歴史の原動力であることは西洋の発展が証明する。しかし、近代以前には東アジアも躍動的な遊牧文化と海洋文化、森文化、農耕文化があわさり探険精神がみなぎる場所だった。そのまん中に私たちの民族がいた。

    新石器時代から私たちの土地を目標に広大なユーラシア世界の8つ以上の地域から多数の人々が出発した。人々は新しいものが好きかと思えば(ネオフィリア)、同時に恐れる属性もある(ネオフォビア)。ところで個人でない集団が、運命を天に任せて不確実性でいっぱいの新天地を訪ねて行くことは探険を考える余裕もなければ不可能だ。

    険しい大長征の途中、一部は病気や苦痛、戦争と死、挫折感で失敗し、大多数は途中にとどまった。それでも最後まで旅程を成功させ、この場所に定着した探検家は韓民族の根元を成し遂げた。その後えいは安住せずに大陸と海洋に再び進出した。

    ユン・ミョンチョル<東国(トングク)大名誉教授・ウズベキスタン国立サマルカンド大教授>

    ソース:韓国経済(韓国語)全ユーラシア連結された開放性が'韓民族DNA'…探険精神あふれ出て大陸と海洋進出しましたよ
    https://www.hankyung.com/news/article/2020042942051

    引用元: ・【韓国】 全ユーラシアとつながった開放性が「韓民族のDNA」…探険精神あふれ大陸と海洋に進出[05/04] [蚯蚓φ★]

    【なんか可哀そうになってきた。 【韓国】 全ユーラシアとつながった開放性が「韓民族のDNA」…探険精神あふれ大陸と海洋に進出[05/04] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/10(木) 18:07:53.29 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、中部の忠清南道庁で開かれた「海洋水産新産業の発展戦略報告会」に出席し、「海洋バイオと海洋観光、エコシップ、先端海洋装備、海洋エネルギーの五つの海洋新産業を積極的に育成する」として、3兆ウォン(約2700億円)水準の国内海洋新産業市場の規模を2030年には11兆ウォンに引き上げる方針を明らかにした。

    報告会への出席は地域経済に活力を与え地域の均衡発展を図るため、昨年末から行っている「全国経済ツアー」の一環で、今回が11回目となる。

     文大統領は「海洋バイオクラスターを構築し、有望な企業や人材を集め、沿岸中心の海域調査を排他的経済水域まで拡大し、海洋資源を確保する」と宣言したほか、海洋観光を活性化させ、地域の発展をけん引させる考えを示した。

     また、「水中建設ロボットや液化天然ガス(LNG)運搬船など先端海洋装備や海洋エネルギー、エコシップへの支援も惜しまない」と強調。「海洋水産業をスマート化する」として、スマート港を建設するほか、自動運航船舶を開発し、海運・港湾産業の競争力を高める方針を表明した。現在、国の研究開発(R&D)の3%水準にとどまっている海洋水産関連のR&Dを2022年までに5%の1兆ウォンまで増やすと明言した。

     その上で、「海はわれわれの未来」として、「海洋水産の新産業革新戦略でグローバル海洋富国を実現する」と力説した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191010002600882?section=politics/index
    聯合ニュース 2019.10.10 17:06

    引用元: ・【文大統領】海洋新産業市場の育成表明 「海は我々の未来」「グローバル海洋富国を実現する」[10/10]

    【地図が見えないのか? 【文大統領】海洋新産業市場の育成表明 「海は我々の未来」「グローバル海洋富国を実現する」[10/10] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/08/20(月) 12:42:54.71 ID:CAP_USER
    全世界が月をはじめ、宇宙探査をめぐり激しい競争に乗り出している。

    領土と海洋に続き「第3の領土」と呼ばれる宇宙空間を先取りするのは自尊心の問題だけでなく、軍事的、経済的にも非常に大きい意味があるためだ。何より米国が最近宇宙軍創設計画を明らかにしたことで、米国、ロシア、中国、日本など強大国間で宇宙覇権をめぐる競争が火を吹いている。

    米国は2020年までに空軍とは別に独立した宇宙軍を創設すると今月初めに明らかにした。宇宙覇権競争でロシアや中国に押されないという意志を明らかにしたものだ。ロシアはソ連崩壊後に解体された宇宙軍を2001年に再創設し、2015年には航空宇宙軍に改編した。

    中国は年内に嫦娥4号を打ち上げて月の裏面を探査し、2020年には火星探査機を打ち上げる計画だ。日本は2030年、インドは2022年ごろに月の有人探査を推進する。

    これに対し韓国の宇宙開発は後退している。今年初めに発表された宇宙開発振興基本計画によると、一時2019年と2020年に前倒しされた韓国型ロケットプロジェクトの1・2次本打ち上げ日程が2021年に延期された。

    月探査2段階事業も2020年から2030年に10年延ばされた。

    宇宙開発は国レベルで緻密に、長期的視点から推進されなければならない。ところが現実は政権により一進一退する姿を見せた。韓国型ロケットだけでも李明博(イ・ミョンバク)政権で2021年、宇宙開発を公約に掲げた朴槿恵(パク・クネ)政権では2020年、文在寅(ムン・ジェイン)政権で再び2021年に変わった。

    そうでなくても足踏み段階である宇宙探査がこのように随時変化するならば競争で押されるのは言うまでもない。政権レベルではない、国レベルの宇宙探査の百年大計が切実だ。


    2018年08月20日09時37分
    http://japanese.joins.com/article/165/244165.html?servcode=100&sectcode=110

    引用元: ・【中央日報/社説】 領土・海洋に続き宇宙先取り競争加熱…韓国はどこにいるのか [08/20]

    【果てしなく出遅れだろうに【中央日報/社説】 領土・海洋に続き宇宙先取り競争加熱…韓国はどこにいるのか [08/20] 】の続きを読む

    このページのトップヘ