まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:流行

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/10(月) 16:35:38.12 ID:CAP_USER
     マスク姿の新郎新婦──。2月7日、韓国北部の加平という都市で統一教会(世界平和統一家庭連合)の合同結婚式が開かれた。新型コロナウイルスの流行を懸念し、教団側が参加者らにマスクを配布した。

     当日は約60か国からおよそ6000組の新郎新婦が集まった。式場に入る前には参加者たちの体温を確認するなど、新型コロナウイルスの流行を警戒。手などを殺菌するための消毒薬も配布されたという。

     全員がマスクを着用したわけではなかったが、マスク姿の多くのカップルが顔を寄せ合ったり見つめ合ったりする様子は、やや異様な光景だった。

     韓国では2月9日までに27人の感染者が確認されており、中国や日本などへの観光を自粛するよう呼びかけている。

    NEWSポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20200210_1541341.html?DETAIL

    2/10(月) 16:00配信

    引用元: ・【統一教会】韓国で「マスクだらけの合同結婚式」 新型コロナ流行を懸念[2/10]

    【カルト似非ウリスト教なのに 【統一教会】韓国で「マスクだらけの合同結婚式」 新型コロナ流行を懸念[2/10]】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/11/02(金) 23:10:32.80 ID:CAP_USER
    毎年10月31日に「今も覚えています、10月の最後の夜を」と歌う「忘れられた季節」を思い出した場合、あなたは旧世代だ。これに対して最近の若い世代は欧米のハロウィーンをすぐ連想する。この日も江南や梨泰院、弘大前などではお化けなどに仮装し通りを歩く大勢の人たちが目に付いた。ハリウッド映画主人公のコスプレをする若者もいた。中でも今年はトランプ大統領の仮面が特に人気だったようだ。

     ハロウィーンはキリスト教の「オール・ハロウズ・イブ」を短くした言葉で、11月1日の万聖節の前日を意味する。これと古代ケルト族が10月31日に行っていたサウィン(Samhain)が一つになったというのが定説だ。ケルト族は「この日は死者の霊魂が集まる」と考え、互いに食事を振る舞い悪霊を追い出す儀式を行ってきた。欧米ではこの日夕刻に子供たちがお化けに扮(ふん)して家々を訪ね「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないといたずらするぞ)」と言ってはキャンディーやチョコレートなどを受け取るそうだ。

     韓国ではこれまで在韓米軍部隊でささやかなパーティーが行われる程度だったが、2000年代に入ると外国語スクールで働くネイティブの英語講師らがパーティーをするようになり、それがここ数年で若者たちの文化として広まった。ハロウィーンが近づくと、仮装しないと中に入れないパーティーが多くの飲食店で行われるようになった。英語を教える幼稚園のハロウィーンパーティーは母親たちにとって新たなストレスだ。大型スーパーなどで販売される帽子やマントでは目立たないので、それらを海外からわざわざ取り寄せるケースも出てきたという。

     一昨日江南のあるクラブで行われたパーティーで、一人の男性が5万ウォン(約5000円)の札束をばらまいた。この男性は昨年からこのクラブに来るようになり、現金をばらまくことが知られたため、多くの人が待ち構えていたようだ。この日札束が空中にまかれると、数百人が紙幣をつかみ取ろうと大騒ぎになった。事故でけが人を出ることを心配した人が警察に通報したが、中には実際に病院に担ぎ込まれるケースもあった。自らを個人投資分析家と説明するこの男性の正体と札束をばらまいた理由は今も明らかになっていない。

     文化評論家は欧米のハロウィーンが韓国で突然流行したことについて「やることがないから」と説明する。韓国の休日は歴史的な記念日で家族が集まるだけのケースが多いため、仮装を楽しんで遊ぶ欧米の文化が最近の若い世代に受け入れられやすかったというのだ。以前はクリスマスイブになると各地で事故に備え警察がパトロールに力を入れていた。それが最近はハロウィーンに取って代わられたようだ。

    韓賢祐(ハン・ヒョンウ)論説委員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/02/2018110201189.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2018/11/02 21:01

    引用元: ・【お金お化け/萬物相】ハロウィーン、なぜ韓国で突然流行したのか[11/2]

    【【お金お化け/萬物相】ハロウィーン、なぜ韓国で突然流行したのか[11/2] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/10/04(水) 10:29:58.45 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】

    一時、大ブームを巻き起こしたマッコリ(韓国伝統の濁り酒)の消費が、3年連続で減少したことが明らかになった。

    韓国統計庁が4日発表した資料によると、今年4~6月期のマッコリの韓国内での消費量は8万8000キロリットルで、前年同期比3.1%減少した。

    2000年代半ばから後半にかけてのマッコリブームが去ってから久しく、国内消費量は2014年4~6月期以降、3年連続でマイナス成長を続けている。

    マッコリの消費量は、08年10~12月期から毎期2桁の増加率を記録した。09年10~12月期には94.6%増と2倍近くに消費が増え、10年1~3月期には前年同期比139.3%の増加率を記録した。

    しかし12年1~3月期(11.8%)を最後に成長傾向がストップし、以降はほぼ毎期マイナス成長を続けている。15年7~9月期にはマイナス7.7%まで減少幅が拡大した。

    2000年代半ばから後半に発酵食に対する関心が高まったことでマッコリも人気を集めたが、一過性の流行に終わった形だ。

    マッコリの人気は韓国だけでなく、海外でも落ちている。

    今年4~6月期のマッコリの輸出量は2000キロリットルで、前年同期比17.5%減少した。4~6月期のマッコリ消費量が最も多かった11年(1万1000キロリットル)に比べると、5分の1程度に過ぎない。

    マッコリの輸出量は、2010年代には前年比2~3倍ずつ増加していたが、12年1~3月期(マイナス18.7%)以降は5年以上減少を続けている。 

    不景気になるとよく売れる、庶民の酒の代表格である焼酎もマッコリと同じ境遇だ。

    今年4~6月期の焼酎の国内消費量は33万7000キロリットルで、前年同期と同水準だった。だが、消費量は16年4~6月期から今年1~3月期まで4期連続で減少するなど、低迷を続けている。


    2017/10/04 09:30
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2017/10/03/0500000000AJP20171003001200882.HTML

    引用元: ・【聯合ニュース】マッコリブーム今は昔 国内消費・輸出とも減少続く[10/04]

    【【ごり押しバッタ売り】韓国伝統のマッコリ、一過性の流行に終わった】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/06(木) 06:26:40.14 ID:CAP_USER
    2017年7月3日、韓国・朝鮮日報によると、韓国の若者の間で「きれいなごみ」を集める人が増えているという。

    大学生のイさん(23)は最近、「きれいなごみ」集めに没頭している。これまで集めたのは人気テレビ番組のステッカーや眼鏡の形をしたストロー、ミニ扇風機付きのネックレスなど。いずれも「もったいなくてまだ使ったことがない」そうだ。

    90万ウォン(約8万8000円)余りの月給のうち家賃と公共料金を差し引いた40万ウォン(約3万9000円)ほどで生活するイさんにとって、「きれいなごみ」は一見ぜいたくに見えるかもしれない。しかし、実用性はなくとも感性を満たしてくれるため、買ったことを後悔したりもったいないと思ったりしたことはないという。ぜいたくをしたくてもあまりお金を使えない現実の中で、「これくらいならいいだろう」と思えるものを買って「自らを慰めている」そうだ。

    イさんのように、余裕のない日常の中で、たとえ実用性に欠けようともこまごまとしたかわいいものを集める若者が増えているという。「一人暮らしの必需品」とは懸け離れたこれら一風変わった商品は、若者の間で「きれいなごみ」と呼ばれている。

    最近ではインスタグラムにも「#きれいなごみ」のハッシュタグとともに1万6000件以上の写真が投稿されており、フェイスブック「きれいなごみ」専用ページの「使い道はないけど欲しいと思わない?」「きれいなごみは、きれいなことでその役目を果たしたも同じ」という言い回しはユーザーらに人気だという。動画投稿サイトYouTubeでも「天下第一きれいなごみ選抜大会」の動画が32万件の視聴回数を記録するなど、「きれいなごみ」ブームはかなり盛り上がっているそうだ。

    これについて、韓国のネットユーザーからは「これらはごみじゃない。アクセサリーのようなもの」「花も枯れるけどきれいだから買う。それと同じこと」「貧しい中でのぜいたくか…ご飯よりは安いリッチなデザートや、ブランドの口紅が売れるのと同じ」とその心理を主張するコメントや、「『きれいなごみ』ブームと『ミニマリスト』が共存する社会」「結局のところ、お金をためても将来幸せになれるとは限らないから使う。将来に対する否定的な期待と確実性」と韓国社会の現状を伝える声などが上がっている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=183331&ph=0

    引用元: ・【韓国】韓国の若者の間で「きれいなごみ」集めが流行[07/06] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【さらに貧困へ】ぜいたくをしたくてもあまりお金を使えない韓国の若者の間で「きれいなごみ」集めが流行】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/06/18(日) 19:46:51.92 ID:CAP_USER
    2017年6月14日、韓国・朝鮮日報によると、韓国のソウルなどで、留学する娘に対して避妊手術を勧める母親がここ数年増えているという。

    ソウルの江南(カンナム)に住むある主婦(51)はつい最近、米国に留学する娘に避妊手術を勧めたという。

    学生時代から不規則な生理周期と激しい生理痛に苦しむ娘を心配してのことで、「継続的にピルを服用するよりはいい」と判断し、腕に避妊薬を挿入するインプラント手術を受けさせたそうだ。

    こうした避妊手術は、万が一の望まない妊娠などの事態に備えるためでもあるが、毎月の生理痛を軽減する目的でも使われる。

    韓国人留学生の間では有名な産婦人科情報を共有し合うほど「避妊」は身近なテーマで、江南地域の産婦人科には、夏休みを利用し帰国した留学生を対象とした「検診プログラム」もあるほどだ。

    そうした背景もあり、避妊手術の対象は徐々に低年齢化してきている。生理痛を訴える患者のうち10?20代の割合が年々増加し、毎月繰り返される生理痛により学業に専念できないことが最大の理由だという。

    実際、産婦人科専門医には若い女性からの生理痛と関連した避妊手術の問い合わせが増えているというが、避妊手術には不正出血や頭痛、めまい、体重増加などの副作用の可能性も高い。

    専門医らは「医師と十分に話し合ってから、自身に適した治療法を優先すべき。母親や知人が勧めたからという理由で安易に手術を決定してはならない」と指摘する。

    また一方で、子どもの一挙一動に干渉しようとする母親の誤った母性愛の問題点も指摘されている。

    ある医師は「子どもの痛みを見過ごすことはできないだろうが、過度に助けたり、安易な方法だけを提示しようとする意図が、かえって子どもにとって逆効果を生む可能性がある」とし、「子どもを信じず、子どもの生理現象にまで干渉・統制する、いわゆる『ヘリコプターママ(子どもが大人になっても過保護な母親)』になってはならない」と忠告した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは

    「何が悪いの?子どもとの同意の上で手術するんだし、間違った避妊方法で失敗するより、前もって予防した方がいい」
    「避妊目的だとしても悪くはないと思う。妊娠したら女性が苦労するんだから」
    「私も産婦人科の医者に勧められて受けたんですけど?『子どもには逆効果』『ヘリコプターママになってはならない』って?」

    と、避妊手術の意義を認めるコメントが多く寄せられている。

    一方、少数意見として

    「生理痛が増加してるから痛みをなくす手術?医者はすべき仕事をしていないようだ。なぜ生理痛が増加したのか原因を把握すべき」
    「こう指摘しておいて、メディアは後で出生率が低いだのという記事を書くんでしょ?」

    などの声もあった。

    Record china 配信日時:2017年6月17日
    http://www.recordchina.co.jp/b181375-s0-c30.html

    引用元: ・【国技推奨】韓国の親が娘の留学記念に贈る流行のプレゼントは、避妊手術!?=ネットはおおむね肯定的「何が悪いの?」[6/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ほんとどーしようもない】「流行のプレゼントは避妊手術」韓国の親が娘の留学記念に贈る】の続きを読む

    このページのトップヘ