まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:法廷

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/18(月) 23:11:56.44 ID:CAP_USER
     サムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長が偽装系列会社を運営した疑惑で法廷最高刑である罰金1億ウォン(約1000万円)に略式起訴された。 

      ソウル中央地検の公正取り引き調査部(部長ク・サンヨプ)は公正委が告発したサムスングループ大株主の李健熙氏の「相互出資制限企業集団指定資料の虚偽提出」事件に対して李会長を略式起訴したと18日、明らかにした。 

      検察は捜査の過程でサムスンが2014年、相互出資制限企業集団に指定された当時、所属会社であるサム総合建築事務所とソヨンエンジニアリングなど2社を外した虚偽指定資料を提出した事実を確認した。 

      公正委調査結果、サムは1979年法人設立直後から2014年サムスン物産が買収する前までサムスン総合建設(現、サムスン物産)の所有だったが、借名株主であるサムの役員の所有に偽装した。ソヨンは1994~2014年、サムが持分の100%を保有していた会社だった。 

      李会長側は公正委調査の段階では疑いを否認したが、検察捜査で弁護人を通じて疑いを認めたという。

    https://japanese.joins.com/article/394/251394.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年03月18日 17時51分

    引用元: ・【中央日報】検察、サムスン会長の虚偽指定資料提出の疑いで法廷最高刑…罰金1億ウォンの略式起訴[3/18]

    【言う事聞かないとぶち込むぞ!って事w 【中央日報】検察、サムスン会長の虚偽指定資料提出の疑いで法廷最高刑…罰金1億ウォンの略式起訴[3/18] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/01/24(火) 19:05:28.85 ID:CAP_USER
    【光州聯合ニュース】戦時中に女子勤労挺身隊員として日本に強制徴用された韓国人女性らが、法廷で自らの被害について証言することになった。

    韓国・光州地裁は24日、80代の強制徴用被害者キム・ヨンオクさんと、強制徴用された後に死亡した故チェ・ジョンレさん(当時15)の親族が三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟の2回目の弁論を開いた。この訴訟は原告と被告の代理人選任問題などが影響し、提訴から1年半後の昨年11月にようやく初弁論が開かれた。

    原告側は、次回の弁論(4月25日)にキムさんらを証人として呼び、徴用による被害を証言させてほしいと求めた。次回はキムさんのほか、80代の徴用被害者ヤン・グムドクさんがチェさんに代わり証人として出席する。

    キムさんとヤンさん、チェさんは小学校を卒業して間もない1944年5月、三菱重工の名古屋航空機製作所に強制徴用された。チェさんは同年12月の東南海地震で犠牲となり、帰国できなかった。

    光州では、2012年から徴用被害者や遺族11人が三菱重工を相手取り3件の訴訟を行っている。

    被害者5人が起こした訴訟は、一審と二審で三菱に対し一部賠償を命じる原告勝訴の判決が言い渡されたが、三菱側が上告し、大法院(最高裁)の判断を待っている。

    被害者3人と遺族1人が起こした別の訴訟は、提訴から約3年を経て今月13日に初弁論が開かれた。

    ソース:聯合ニュース 2017/01/24 15:48
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/24/2017012402065.html

    引用元: ・【韓国】三菱重工への損賠訴訟、強制徴用被害者が法廷で証言へ[01/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ウソのつき放題 】韓国の三菱重工損賠訴訟、強制徴用被害者が法廷で証言へ】の続きを読む

    このページのトップヘ