まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:法

    1: まぜるな!キケン!! 2022/08/27(土) 16:39:02.83 ID:CAP_USER
    国際司法裁判所(ICJ)元所長の小和田恆(89)氏より華麗な経歴を持つ日本人はまれだ。ICJ所長だけでなく外務事務次官、ハーバード・ロースクール教授などを歴任した。いずれも国際裁判、外務官僚、法学の分野で上り得る最高のポストだ。さらに、小和田氏は天皇の義父としても有名だ。1993年に皇室へ嫁いだ長女の雅子は、2019年に夫・徳仁の即位と共に皇后となった。

     生涯にわたりエリート外交官だった小和田元所長の活動の舞台は、米国・欧州・ロシアなどの大国と国連だった。韓国では勤務したことがない。ところが、そんな小和田氏を抜きにしては韓日交流を説明し難い部分がある。1993年、韓国の金泳三(キム・ヨンサム)大統領と日本の細川護熙首相=肩書はいずれも当時=の韓日首脳会談に合わせて、韓日民間対話のための韓日フォーラムが発足した。小此木政夫・現日本側会長(慶応義塾大学名誉教授)は「韓日の知的交流の第一歩だった」と語った。小和田元所長は熱心に韓日の知識人を糾合してフォーラム発足を主導し、日本側の初代会長を10年にわたって務めた。

     このフォーラムは、韓国国際交流財団と日本国際交流センターの主催で、韓日両国で交互に毎年開催されている。新型コロナ危機の3年間はテレビ会議方式でフォーラムを維持した。30周年を迎える今年、対面式の会議を再開し、25日に小和田元所長が東京で「第7回韓日(日韓)フォーラム賞」を授与された。林芳正外務大臣が授賞式に出席し「現役の目から見て、小和田氏は神のような存在」「先生の意思を受け継ぎ、日韓関係改善のため韓国の朴振(パク・チン)外相と緊密にコミュニケーションを取りたい」と語った。

     柳明桓(ユ・ミョンファン)現韓国側議長(元外相)は、小和田氏について「国際法の専門家だが、韓日関係を法に局限せず、人間的に解きほぐしていこうという方」と評価した。小和田元所長はかつてこう語った。「外務事務次官をする際、慰安婦問題が持ち上がった。日本政府は日韓請求権協定を持ち出し、法的に解決したとする立場を整理した。だがそれで終わりなのか。法的に終わったからと言って、人間的にも終わったのか。政府は危機管理の機能だけを備えているに過ぎない。それでは解きほぐせない。国を構成する国民が協力しなければ、平和で永続可能な関係には到達できない。日韓外交をする中で、それを知った」。長女が皇室に嫁いだことで外務省を辞した小和田氏は、韓日関係発展に力を注いだ。フォーラム発足翌年の1994年、国連大使に任命されたが、フォーラム議長の仕事は放棄しなかった。小和田氏は「フォーラム出席を許すという政府の約束を受けて、国連大使に行った」と語った。

     小和田氏は受賞所感で、韓日ワールドカップ共同開催に関連して多くを語った。1995年にフォーラムは、韓日政府に共同開催を求める声明を発表した。日本が単独開催方針を取り下げていない時期だった。「抗議の電話が殺到した。日本が有利な局面で、一体なぜそんなことをするのかという電話だった。私はその言葉に耳を傾けなかった。メンタルに良くないので。私たちが主張する共同開催が実現した。そこで韓国が準決勝に上がると、今度は『共同開催なんだから日本も韓国を応援しよう』という電話がきた。よかったと思った」。ワールドカップ共同開催と共にフォーラムが提案したビザ免除も、翌年に実現した。

     小和田氏は、今の韓日関係を「blessing in disguise」と表現した。のろいだと思っていたら実は祝福だった、という意味だ。「韓日関係が悪いというが、(前回の対面会議があった)3年前よりはるかに楽観的だ。現実を分析してばかりでなく、希望を見つけて、その道に進めるように行動すればいい」

    鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員

    Yahoo!Japan/朝鮮日報 8/26(金) 14:06 配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/552d5a7adf4867a343e3ce8bdb3045aadcf19f51

    引用元: ・【鮮于鉦】小和田恆氏「韓日関係、法だけでなく人間の問題として解きほぐさねば」 [Ikh★]

    【法以外の解決なんて戦争しかねえよ 【鮮于鉦】小和田恆氏「韓日関係、法だけでなく人間の問題として解きほぐさねば」 [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/11(土) 21:34:36.59 ID:CAP_USER
    By - NEWS ONLINE 編集部
     公開:
    2022-06-09
     更新:
    2022-06-09

    キャスターの辛坊治郎が6月9日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。中国で施行された“密告奨励法”について、「先祖返り」「悪夢の再来」と危惧を示した。



    no title

    中国・北京の天安門広場で開かれた中国共産党創立100年を記念する式典で演説し、拳を突き上げる習近平党総書記(国家主席)[中国政府のニュースサイト「中国網」の中継動画より]=2021年7月1日 写真提供:時事通信


    中国の国家安全省は国家の安全に関わる通報を奨励する法律を施行した。匿名でも特別重大な情報には10万元、日本円で200万円以上の報奨金を払う。

    辛坊)中国、だんだんヤバくなってきているよね。この法律は、国家の安全に対する危害防止に貢献するということなんだろう。法律では、(1)一定の効果(2)重要な効果(3)重大な効果(4)特別重大な効果-の4段階に分けて報奨金をくれるみたいです。
    私が中国でタクシー運転手をしていて、後ろの乗客が「習近平(国家主席)のコロナ対策はどうなってんだ」なんてことを言ようものなたら、即通報して、お金をもらっちゃいますね。

    現実に、中国をはじめとして共産主義社会はみんなそうでした。中国も文化大革命のときは、「チクるのは国家のために良いことだ」というふうに教育されていました。だから、「おやじが毛沢東(党主席)を批判した」みたいなことを小学生が学校でポロっと言ったために、
    お父さんが死刑になっちゃうようなことが文化大革命時代には中国でしょっちゅうありました。今の中国は先祖返りだよね。家庭内の会話で子供が親を密告するような悪夢が、もしかすると再来するよね。200万円欲しさに。

    https://news.1242.com/article/366394

    引用元: ・【解説】 辛坊治郎「文化大革命時代に先祖返りだ」 中国の“密告奨励法”施行に危惧 [朝一から閉店までφ★]

    【中国とはそういう国ですw 【解説】 辛坊治郎「文化大革命時代に先祖返りだ」 中国の“密告奨励法”施行に危惧 [朝一から閉店までφ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/19(水) 13:36:12.89 ID:CAP_USER
    韓国では 「女性の徴兵」を求める “国会 国民同意請願”が、同意の条件である10万人を満たした。これにより「女性徴兵制」問題は、国防委員会に公式回付される予定である。

    先月22日 国会 国民同意請願の掲示板には「女性の義務軍服務に関する兵役法の改定に関する請願」があげられた。

    この請願人は「人口減少により軍兵力が減り続ける中、国防力の弱体化が懸念される」とし「戦争も技術をもって戦うとはいうが、結局は この地を占領するのは機械ではなく軍人だ。軍兵力の減少を防ぐためには、女性の軍服務を “選択ではなく義務”へと 法を改定してくださることを願う」と伝えた。

    つづけて「兵務庁は 頭数を揃えようとして、軍隊に送るべきでない健康面で適さない男性たちも軍隊に送ろうとしている」とし「そのような男性たちを強制的に軍隊に送ることより、健康な女性たちを軍隊に送るほうがよい」と主張した。

    請願人は、北朝鮮・イスラエルなどが行なっている女性徴兵制の事例も紹介し、兵役法の改定を求めた。

    国民同意請願は 30日以内に10万人以上の同意を得れば、所管の常任委員会に公式に回付され、審査を通じて本会議で採択されれば、国会または政府が必要な措置をとることになる。しかし 今年1月 国民請願同意を得て以降 国会常任委員会に回付された10件余りの請願のうち、本会議に付議された請願はないことが伝えられている。

    先月19日に青瓦台(韓国大統領府)国民請願掲示板にあがった「女性も徴兵対象に含めてください」というタイトルの請願も、28万人を越える同意を得たことで、青瓦台からの答弁条件を満たした。

    ただ 国防部(防衛省)は、最近あがっている “女性徴兵制導入”の要求に対して、事実上「時期尚早だ」という立場を伝えている。

    WOWKorea 2021/05/19 08:48配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/299911/

    引用元: ・【女性徴兵制】国会請願10万人を突破…国防省「時期尚早」 「選択ではなく義務へと法を改定してくださることを願う」=韓国[5/19] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【国家慰安婦の誕生である 【女性徴兵制】国会請願10万人を突破…国防省「時期尚早」 「選択ではなく義務へと法を改定してくださることを願う」=韓国[5/19] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/05(水) 11:00:05.51 ID:CAP_USER
    1970年代初め、米国で有料トイレ反対運動が起きた。理由のひとつが男女差別だった。小便器だけ使う時には金を取らなかったことが問題だった。同じ用を足すのに女性は有料、男性は無料だった。これを指摘したのがトイレの男女平等運動「ポッティ・パリティ」の始まりだった。20年近く過ぎた1989年、カリフォルニア州が初めて「トイレ平等法」を制定した。アーサー・トレス州上院議員が主唱した。妻と娘が公演会場のトイレに長時間並んでいる姿を見た後だった。趣旨は「女性がトイレの前ではるかに長く待つ不平等をなくすため」だった。女性用トイレの便器を男性用トイレの大・小便器の合計より30%以上多く設置するようにした。女性がトイレによく行き、平均使用時間も長いという点を考慮したものだった。 

      その後トイレ平等法は世界に広がった。韓国も2004年に「公衆トイレなどに関する法律」で女性用トイレの便器を男性用トイレより多く設置するようにした。1000人以上集まる公園・公演会場などは女性用が50%以上多くなければならない。それでも不足と感じるからなのか。女性用便器が男性の2倍以上なくてはならないという法案を最近与党議員が発議した。ニューヨーク市と似た規定だ。 

      だが場所の特性を考えずに同じように2倍の割合を適用するのはちょっとどうだろうか。米ナッシュビルのアメリカンフットボール場である日産スタジアムの事例がある。新築時にテネシー州法に基づき女性用便器を男性用の2倍設置した。すると男性用トイレだけ列が長く並ぶ珍風景が見られるようになった。観衆のほとんどが男性という現実を無視したために起きたことだ。その後スポーツ競技場などには男性用便器をさらに設置するようテネシー州法が変わった。千編一律の規制が生み出した光景だ。他山の石として韓国のトイレ法改定案ももう少し整えなくてはならないのではないだろうか。 

      クォン・ヒョクジュ/論説委員 

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254139&servcode=100&sectcode=120
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年06月05日 10時50分

    引用元: ・【トイレ平等法】=韓国[6/5]

    【道端にウンコすれば問題解決【トイレ平等法】=韓国[6/5] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/24(金) 21:00:40.96 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00010003-fnnprimev-int

    「事の重大性を理解していない大変な発言である。こうしたことが日韓関係を非常に難しくしているという事を認識、共有してもらいたい」

    【画像】カメラの前で厳しい表情で韓国側を批判する河野外務相

    厳しい表情で韓国側にこう語った河野太郎外相。5月23日にパリで開かれた日韓外相会談の冒頭、いわゆる徴用工を巡る問題について、報道カメラの前であえて韓国側を強く批判した異例の発言だった。

    河野外相が批判したのは、同じ日に韓国外務省のスポークスマンが定例会見で「日本企業が韓国最高裁の判決を履行すれば何の問題もないと考える」と発言したためだ。スポークスマン発言を補足説明すると、徴用工訴訟が大きな問題になっている責任を日本側に転嫁するとともに、賠償を支払うよう日本企業に求めたものと解釈出来る。

    このスポークスマン発言には伏線がある。
    5月21日に日本政府が韓国政府に第三者を交えた仲裁手続きに入ると通告したのを受け、河野大臣が「文在寅大統領に責任をもって対応して頂きたい」と発言したのだが、韓国側はなぜか「外交非礼」だと言い出したのだ。徴用工問題の対策を取りまとめていた韓国ナンバー2の李洛淵(イ・ナギョン)首相が「対応に限界がある」と発言したために日本政府は仲介手続きに入ったのだが、ナンバー2がダメだと言ったなら大統領に対応を求めるしかない。河野大臣の発言は当然のものだが、なぜか韓国メディアは「非礼」だと言い出した。大臣と大統領とでは格が違うというのがその理由のようだ。李洛淵首相は以前「日本の指導者が反韓感情を利用している」と発言したが、安倍首相を含む日本の指導者全体を批判したこの発言は外交非礼だとの議論は韓国では起きなかった。随分都合がいいものだ。

    話が逸れたが、そのような状況で韓国外務省の定例会見が行われた。その際、スポークスマンは記者の質問に答えるのではなく、質疑応答の途中で唐突に、「日本外務大臣が記者会見で特定発言をしました」 と言い出し、問題の発言をしたのだ。つまり、記者の質問に煽られたのではなく、意図的に発言している。

    こうした経緯と、その発言の重大さから、河野大臣は日韓外相会談の冒頭撮影の時に、カメラの前で韓国を批判したとみられる。

    法よりも 感情を優先する韓国

    韓国外務省が日韓外相会談後に発表した文書には、こんな文言があった。
    「徴用工問題が韓日関係全般に否定的な影響を及ぼさないよう、両外交当局が賢く解決していく必要があるだけに、日本側としても被害者たちの苦痛と傷の治癒のために共に努力する必要がある」

    徴用工訴訟の最高裁判決によって、1965年から続く日韓関係の根幹を韓国側が一方的に傷付けておきながら、日本側に努力を求めてきたのだ。会談後取材に応じた河野大臣は、韓国政府が日本側に努力を求めた事についてこう語った。
    「この問題は国際法に関する問題でありますから、二国間の国交を考えるならば、この国際法違反の状況が是正されなければならないという事であります。個人の感情を優先するのではなくて、やはり国と国との国交の基礎となっている国際法違反という状況を速やかに是正される必要があると思います」

    河野大臣は、外相会談でも同様の発言をし、韓国側に再考を促したという。この河野大臣の発言には「なぜこんなに日韓関係が揉めているの?」という疑問の答えが端的に示されている。それは、法やルール、約束を重視する日本と、法よりも感情を優先させる韓国との根本的な価値観の違いだ。

    国際社会で法やルールを無視し、感情を優先させれば紛争が起きるのは当然だ。感情は日々変わるし、どうすれば感情が良くなるのか、悪くなるのか明確では無いので、いつ約束をひっくり返されるのか分からない。感情を優先する国とは将来を見通す約束を結ぶことは出来ない。法律や条約、ルール、約束を守るという価値観さえ共通していれば、対立する歴史や異なる文化を持つ国同士でも、将来を見通す約束を交わし、双方にとって利益のある関係を目指す事が出来る。

    韓国政府は、国家間の約束である慰安婦問題に関する日韓合意を、元慰安婦や国民の感情を理由に一方的に反故にした。徴用工に関する問題も、「被害者の苦痛や癒し」など感情的な文言を出すだけで、具体的な解決策は一切出していない。残念ながら、感情よりも法やルール、約束を守るという価値観が共有出来ていないと言わざるを得ない。

    以下ソース

    引用元: ・【日韓】河野外相発言で浮き彫りに…価値観が根本的に違う日韓は歩み寄れるのか? 法よりも 感情を優先する韓国[05/24]

    【まともな奴いないと思うけど 【日韓】河野外相発言で浮き彫りに…価値観が根本的に違う日韓は歩み寄れるのか? 法よりも 感情を優先する韓国[05/24] 】の続きを読む

    このページのトップヘ