まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:汚染水

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/13(火) 21:27:07.91 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は13日の定例会見で、「福島原発の汚染水放出問題に積極的に対応していく」との方針を明らかにした。日本の経済報復措置で両国の対立が深刻さを増す中、日本の態度変化を引き出すためのカードとみられる。

    金氏は「政府としては国民の健康や安全を最優先とし、福島原発の汚染水の管理状況や処理計画などを持続的に確認していく一方、日本に対し、より具体的な立場の表明や情報公開などを積極的に要請していく」と表明した。

     また、「政府は2018年8月、日本の汚染水の海洋放出計画に関する情報を入手して、10月にわれわれの憂慮や要請事項を盛り込んだ文書を伝達し、2カ国、または多国的な観点から議論を進めるよう提案した」として、「多国間会議やさまざまな2国間会議などの際に、日本側にわれわれの憂慮を持続的に表明し、説明を要求してきた」とこれまでの経緯を説明した。

     これに対し、日本側は汚染水の最終的な処理の方法や時期はまだ検討中で、汚染水の現況や処理計画などについては今後、国際社会に誠実に説明していくという基本的な立場だけを伝えているという。

     金氏は「今後、必要な場合、国際機関や被害が懸念される太平洋沿岸諸国とも緊密に協力し、福島原発の汚染水放出問題に積極的に対応していく」と強調した。

     韓国政府は9月の国際原子力機関(IAEA)総会や11月に中国で開かれる韓中日原子力安全上級規制者会合などで同問題を提起する方向で検討を進めている。

     一方、汚染水の処理問題に関する情報共有が十分に行われなかったり、その危険性が予想より大きいと判断したりする場合、福島など日本8県の水産物の禁輸措置を拡大するとの見方も出ている。ただ、外交部当局者は「汚染水問題に関連し、農水産物の輸入規制の拡大を検討する状況ではない」と述べた。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190813004400882?section=japan-relationship/index
    聯合ニュース 2019.08.13 18:53

    引用元: ・【聯合ニュース】福島原発の汚染水放出問題に「積極対応」 対日圧力カードか=韓国外交部[8/13]

    【日本人は許さんよ【聯合ニュース】福島原発の汚染水放出問題に「積極対応」 対日圧力カードか=韓国外交部[8/13] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/02(火) 08:55:49.13 ID:CAP_USER
    韓国電力子会社の韓国東西発電の蔚山(ウルサン)火力本部が有害液体物質が混ざった冷却水を数年間にわたり海に投棄していたことが海洋警察に摘発された。
    蔚山海洋警備安全署は1日、海洋環境管理法違反などの容疑で蔚山火力本部環境管理チーム所属のA氏(45)とB氏(54)を在宅で立件するとともに、蔚山火力本部法人も立件し調査していると明らかにした。

    蔚山火力本部は2011年1月から昨年7月までジメチルポリシロキサン500トンと冷却水が混ざった汚染水45億トンを海に排出した容疑を受けている。
    環境管理部署所属のA氏は2013年2月から昨年7月までジメチルポリシロキサン290トンが混ざった汚染水30億トンを投棄していた容疑を受けている。

    海洋警察はまた、A氏の前任者がジメチルポリシロキサン210トンと汚染水15億トンを無断放流したとみて調査中だ。
    発電技術部署所属のB氏は2013年10月に発電機から発生した油性混合物(水と油が混ざった廃油)を海に捨てるために油水分離槽の中に揚水機の役割をする潜水ポンプを設置した容疑を受けている。

    ジメチルポリシロキサンは消泡剤の一種だ。稼動中の発電設備を冷却させるのに使った水が海に排出されると温度差により周辺に泡が発生するが、これを除去するために使われる。
    海洋環境管理法上、海洋に排出されると海洋資源や人間の健康に害を及ぼす恐れがあり排出を制限しなければならない有害物質で、「Y類」物質に分類されている。

    海洋環境管理法は有害液体物質をX類、Y類、Z類に区分している。X類物質は深刻な水準の被害を、Z類物質は軽微な水準の被害をもたらす恐れがある物質で、Y類はその中間水準だ。
    蔚山大学のヤン・ソンボン化学科教授は「ジメチルポリシロキサンが長期間多量に海に排出されたとすれば海洋生態系に否定的な影響を及ぼしたものとみられる」と話す。

    蔚山海洋警察は3月に発電所周辺の漁民などから「海水からの悪臭が激しい」という被害報告を受け担当チームを設けて捜査に着手した。海洋警察は4月中旬に蔚山火力本部を家宅捜索し関連資料を確保した。
    蔚山海洋警察関係者は「A氏とB氏の個人不正レベルなのか公企業の組織的レベルなのかに対しても綿密に調査中」と付け加えた。

    韓国東西発電側は「ジメチルポリシロキサンは海洋環境管理法上の禁止物質ではなく制限物質に分類されており担当職員が使ったとみられる。現在は親環境素材の消泡剤に変えた」と話した。

    http://japanese.joins.com/article/945/218945.html

    引用元: ・【韓国】韓国電力子会社の韓国東西発電、有害物質500トンを5年間にわたり海に投棄[8/02]©2ch.net

    【韓国電力関連会社、100億トンの汚染水を日本海に違法投棄】の続きを読む

    このページのトップヘ