まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:毀損

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/22(月) 12:23:23.44 ID:CAP_USER
    青瓦台(チ ンワデ、韓国大統領府)の鄭義溶(チ ン・ウィヨン)国家安保室長が、「最初の米朝首脳会談を提案したのは金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長ではなく鄭室長」というジョン・ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の主張に対し、「事実を大きく歪曲している」と反論した。

    鄭室長は22日午前、青瓦台で会見し、「ボルトン前補佐官は回顧録で、韓国と米国、そして北の首脳間の協議内容に関する状況を自身の観点で見たことを明らかにした」とし「(回顧録は)正確な事実を反映しておらず、かなりの部分で事実を大きく歪曲している」という立場を明らかにした。

    ボルトン前補佐官が政府間協議の内容を一方的に公開するのは外交的欠礼とも指摘した。鄭室長は「政府間の相互信頼に基づいて協議した内容を一方的に公開するのは外交の基本原則を違反するものであり、今後の交渉で信義を深刻に毀損するおそれがある」と批判した。

    回顧録に対して措置を取ることも米国政府に促した。鄭室長は「米国政府がこうした危険事例を防止するための適切な措置を取ることを期待する」とし「こうした不適切な行為は、今後の韓米同盟関係で共同の戦略を維持・発展させ、両国の安保利益を強化する努力を深刻に阻害しかねない」と強調した。

    青瓦台もボルトン前補佐官の回顧録は不適切だという立場を表した。青瓦台は「韓半島(朝鮮半島)の平和と南北関係の発展に関する韓米首脳間の率直かつ建設的な協議内容を自身の偏見と先入観で歪曲するのは、基本を欠いた不適切な行為だ」と指摘した。

    青瓦台関係者は「鄭室長はその間、ボルトン前補佐官のカウンターパート(外交的パートナー)だった。(回顧録に)鄭室長と交わした言葉もあり、鄭室長が立場を表した」と説明した。

    続いて回顧録の主張については「ボルトン前補佐官の自身の偏見と先入観に基づくものであり、首脳間の対話や外交関係において協議の過程を明らかにしないという基本原則を忘却したものだ。一種の虚偽事実」と非難した。

    青瓦台はこうした立場を前日、米国家安全保障会議(NSC)に伝えたと明らかにした。まだ米国は特に対応を見せていないという。

    ボルトン前補佐官は23日(現地時間)出版予定の回顧録『それが起きた部屋』で、「2018年4月12日、シリア事態の中で私は鄭室長に会った。鄭室長は(2018年)3月に金委員長の招待状をトランプ大統領に渡し、トランプ大統領は衝動的にこれを受諾した」としながらも「逆説的に鄭室長は後日、金委員長にトランプ大統領を招待するようにしたのは自分だったことをほぼ認めた」と主張した。


    中央日報/中央日報日本語版2020.06.22 12:08
    https://japanese.joins.com/JArticle/267299

    関連スレ
    【国際】文大統領、トランプ大統領に「金正恩、1年以内に非核化」…安倍首相「信じてはいけない」 [動物園φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1592795296/
    【ボルトン回顧録】 「日本は南北と米国の接近を妨害した」…ソン・ヨンギル議員「やっぱり日本のせいでハノイ会談失敗」[06/21] [蚯蚓φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1592757528/

    引用元: ・【韓国】 国家安保室長 「ボルトン回顧録は事実歪曲…交渉の信義を毀損」 [06/22] [荒波φ★]

    【いつも韓国がやっている事じゃん。【韓国】 国家安保室長 「ボルトン回顧録は事実歪曲…交渉の信義を毀損」 [06/22] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: Ttongsulian ★ 2018/12/07(金) 18:32:28.78 ID:CAP_USER
    集会の演説で故盧武鉉元大統領が大企業から数千億ウォン台の不法資金を受け取ったという虚偽事実に言及して起訴されたキム・ギョンジェ元韓国自由総連盟総裁が1審に引き続き2審でも懲役刑の執行猶予を宣告された。

    ソウル中央地方法院刑事控訴5部(ハン・ジョンフン部長判事)は7日、名誉毀損及び死者名誉毀損の疑いで起訴されたキム元総裁に1審と同じく懲役8ヶ月に執行猶予2年を宣告した。

    キム元総裁は朴槿恵政権の国政壟断疑惑が大きな社会的波紋を起こした2016年11月と去年2月、保守団体の集会で「2006年頃、盧武鉉元大統領がサムスンから8千億ウォンをまき上げて、イ・へチャン元総理がこれを主導した」と演説した。

    検察は盧元大統領とイ元総理の名誉を毀損した疑いでキム元総裁を裁判に掛けた。

    裁判部は「被告人の演説は事実関係と合わない部分が余りにも多く、被害者や遺族たちが大きな精神的被害を負ったものと見られる」と明らかにした。

    また「基本的な事実関係を十分に確認することができて、被告人自身も間違っているのが分かっていた」と、名誉毀損の故意もあったと判断した。

    裁判部は「単純に演説で終わったことではなく、その内容がメディアで報道されて名誉毀損が酷くなって、被害者も今なお謝罪を受け入れていない」と、処罰が必要だと明らかにした。

    ただ、キム元総裁の年齢と家族関係、一部の内容を直ぐに訂正しており、謝罪の意思を表明した点などを考慮して、1審と異なり社会奉仕命令は下さないことにした。

    2018/12/07 10:44
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20181207060600004

    引用元: ・【韓国】『盧武鉉元大統領の名誉を毀損』保守団体会長に懲役8ヶ月・執行猶予2年[12/07]

    【北朝鮮化してきたな【韓国】『盧武鉉元大統領の名誉を毀損』保守団体会長に懲役8ヶ月・執行猶予2年[12/07] 】の続きを読む

    このページのトップヘ