まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:歴史歪曲

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/10/16(火) 23:40:50.17 ID:CAP_USER
    ■ 保坂祐二世宗大学校教授、「外交的に有利な状況・・・会話を主導しなければ」

    1998年10月8日。日本は『金大中(キム・デジュン)-小渕共同宣言』を通じ、過去史について反省、謝罪した。韓日は両国関係を未来志向的に発展させる事で合意した。それから20年が過ぎた今、その約束は実現されなかった。日本は未だに「慰安婦は彼女たちの自発的な行動だった」と主張し、軍国主義を象徴する旭日旗掲揚に固執して、過去に対する反省を自ずから無視している。最近、韓国政府が和解・治癒財団の解散方針を明らかにして、韓日関係は一層危うくなった。日本政府は財団の解散は2015年に行われた韓日慰安婦合意を破棄するものだと言いながら、強硬な立場である。

    自他共に認める学界トップの独島(トクド)・慰安婦研究者として数えられる保坂祐二・世宗大学校教授(62歳)に、現在の韓日関係について尋ねた。彼は韓国人である。日本の東京大学卒業後の1988年に韓国行きを選択して、高麗大学校で政治学修士・博士の学位を取得した。2003年には韓国に国籍を変えた(帰化という表現は日本式表現と言って自ら使わない)。しかし日本の名前はそのまま固守した。 日本出身で日本の名前の学者が出す韓日問題研究発表が、より集中を受けるはずだという判断だった。実際に彼が出す独島と慰安婦歴史歪曲に関する研究結果は、韓国と日本のみならず、国際社会に多大な影響を与えている。

    彼は韓国が外交的に『弱者』の位置ではなく、今は日本との十分な対話を通じて韓日関係を改善して行かなければならないと助言する。また、それらと別個に慰安婦や独島など、歴史的に歪曲された日本の主張を覆す事ができる、すなわち『論理的反論』ができる研究と積極的な動きが韓国内で行わなければならないと指摘した。特に、「慰安婦問題は日本政府に責任があるという事実を国際的に伝えられるよう、現在登録が保留されている慰安婦記録物がユネスコの世界記録遺産になるよう、政府次元で努力しなければならない」と強調した。

    (写真)
    no title


    ■ 文在寅(ムン・ジェイン)政権が慰安婦合意後に作られた和解・治癒財団の解散方針を伝えた。

    「慰安婦問題は日本に法的責任がある。過去の政権はむしろそれを無視し、韓国に不利な協定を結んだ。国際的な合意形式を取ったが、慰安婦問題は解決されていない。 歴史的真実が歪曲され、被害者の立場も歪曲された。国際的で普遍的な正義に即しなければならないという事が、慰安婦問題に対する現政権の立場である。誤った合意によって作られた、事実上いかなる活動もしない和解・治癒財団は勿論解散されなければならない」

    ■ 日本は財団の解散が両国関係はもちろん、韓米日の共助にも影響を及ぼすだろうと主張する。

    「2015年の慰安婦合意当時と今とは状況が大きく異なる。当時、慰安婦合意は北韓(北朝鮮)を圧迫して核問題を解決するため、アメリカが強く要請して行われたのである。その内容は日本のマスコミで数多く報道された。今は核問題の解決を行っている状況で、北米関係も数多く改善した。経済中心の新たな北朝鮮路線が始まり、非核化が進んでいる。南北間の平和的な方向が見え始めた状況で、和解・治癒財団の解散が韓米日の共助の障害になるという主張自体が成り立たない。当時の無茶な合意を見直せる雰囲気が作られたので、日本がいくら協定違反と主張しても国際社会は日本の主張を受け入れないだろう」

    ソース:NAVER/時事ジャーナル(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=586&aid=0000003489

    >>2につづく

    引用元: ・【インタビュー】保坂祐二、「日本の歴史歪曲を論理的に反論して国際社会に知らせよう」[10/16]

    【間抜けな屁理屈【インタビュー】保坂祐二、「日本の歴史歪曲を論理的に反論して国際社会に知らせよう」[10/16] 】の続きを読む

    1: Ikh ★ 2019/01/26(土) 23:32:23.94 ID:CAP_USER
    no title

    ▲去る18日東京で松谷好明牧師が中央SUNDAYとインタビューしている。[チャ・セヒョン記者]

    18日、東京で会った松谷好明(マツタニ・ヨシアキ・75)牧師は自身を大きな教会の現役牧師ではなく引退した牧師であり、勉強する人だと自己紹介した。韓日関係に関心が高く、一民間人として様々な話をしたいと言う。しかし、彼の人生を見れば単なる一民間人ではない。15年間、日本の植民支配と戦争犯罪を反省するために韓国・中国・台湾と東南アジア出身のアジア学生160人余りを日本に招待し無料で教えて後援した。1985~92年7年の間は故郷の福島国際交流センター(FIFC)で後援事業を継続した。

    彼は日本の知識人の献金と後援支援金で運営してきたセンターを様々な理由で7年で終える他なかったことが自身の人生で最も残念だったと回顧した。FIFCは2011年、東日本大地震の直撃を受けて建物全体が数メートルもぽっかり凹み、このような類例ない惨事の中で彼は保管中だった資料の大部分を失ったと言う。

    最近の韓日関係をめぐり一部では1965年韓日基本協定締結以後最悪の状態という憂慮が提起されている。安倍晋三政府とムン・ジェイン政府の残った任期内には回復が難しいほど悪化したという診断も少なくない。彼に「現在の韓日関係をどのように評価するか」と質問してインタビューを始めた。

    松谷牧師は不意に「日本はローマカトリック法王庁と似ている」という返事から話し始めた。

    質問:どういう意味か。
    「1990年代、英国で神学を勉強した時、同僚らに日本とローマカトリックは500年過ぎればやっと少し変わることができるだろうという冗談を言ったりした。ローマカトリックの教皇制度と日本の天皇制度は基本的に変わることが難しいから500年はかかる、いう意味だ。」

    質問:なぜ変化が大変なのか。
    「最近、相次いで起きた慰安婦と強制徴用労働者論議、レーダー照射攻防などは表面的な問題にすぎない。根本的な問題は日本の歴史認識が誤っているという事だ。懸案別に是是非非を問い詰めることはあるだろうが、歴史認識、特に韓国と在日韓国同胞に対する偏見を直さずには変化はありえない。」

    質問:歴史認識の変化がなぜそんなに難しいと見るのか。
    「二種類の観点で見ることができる。一つは神道という名前で宗教化までされた天皇制だ。日本を中心にアジア共栄圏を作って韓国と中国をリードしなければならないというのが一つの宗教として席を占めた。他の一つはとても幼い時から天皇を神であり日本の中心と教える教育システムだ。いわゆる「天皇民族主義」だ。アジア地域で日本は優れた民族で、ずっと存在しなければならず、天皇を敬うのが日本人の使命だと教育することが問題だ。」

    それと共に彼は第二次世界大戦以後ドイツが見せた姿と日本を比較した。
    「ドイツの歴史にはキリスト教が席を占めている。ナチズムがキリスト教を活用しようと試みたが相当数は抵抗した。ドイツの国家リーダーらは戦後この様な宗教的基盤を土台にナチズムが再生産されることを防ぐために自分たちが犯した暴圧について徹底して反省した。また、幼い時からナチの蛮行を詳細に紹介する教育システムを作った。日本は正反対だ。なぜ戦争を起こし、戦争時期どれほど他の国に暴圧的であったかほとんど教育しない。かえってそのような統治について優越感を持たせる方式で戦争を正当化する雰囲気が残っている。」
    (後略)

    [中央サンデー]東京=チャ・セヒョン記者

    ソース:中央日報(韓国語) 日歴史歪曲ばら撒く天皇制、それが変わろうとするなら500年かかること
    https://news.joins.com/article/23324451
    前スレ
    【日韓】 「根本的な問題は日本の歴史歪曲、その背景にある天皇制、変わるには500年かかるだろう」~松谷好明牧師[01/26]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1548484513/

    引用元: ・【日韓】 「根本的な問題は日本の歴史歪曲、その背景にある天皇制、変わるには500年かかるだろう」~松谷好明牧師[01/26] ★2

    【頭悪いなあ 【日韓】 「根本的な問題は日本の歴史歪曲、その背景にある天皇制、変わるには500年かかるだろう」~松谷好明牧師[01/26] ★2 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/02/22(水) 15:39:58.04 ID:CAP_USER
    no title

    ▲映画'高麗葬'スチールカット

    「高麗葬」(姥捨て)は年老いた両親を山の穴に放置して死んだ後、葬儀を行う風習で、現在も老いて衰弱した両親を見慣れないところに遺棄する行為を指す用語に使われることがある。

    高麗という名称のために我が国の高麗時代にあった葬儀風習のように認識されているが、このような風習があったという歴史的資料や考古学的証拠は発見されていない。そして、このような風習と関連した説話はただ我が国だけでなく世界の様々な国でも見られる。

    説話を伝える過程で、あたかもこのような風習が実在したかのように見なされ、日帝強制支配期を経て高麗葬という名称が固まったと推定する意見が支配的だ。また、高麗葬という名称は20世紀始めまで老父母を遺棄する葬儀風習より縁故を確認できない「古墳」を言う言葉として一般的に使われ、高麗塚・高麗山・高麗谷・高麗墳とも言った。

    大韓毎日新報1908年11月11日付には「最近は日人が高麗葬を掘って陶器を掘り出していくので完全な古塚がない」という文が載ったこともある。1916~17年に朝鮮総督府殖産局が調査した'古蹟台帳'にも高麗葬は古墳を指す用語に使われている。

    高麗葬という用語が老父母を山に捨てる葬儀風習を示す言葉として初めて使われたことが確認される記録は米国のグリフィス(William Elliot Griffis)が日本に留まって1882年に発行した「隠者の国:韓国(Corea:The Hermit Nation)」という本だ。
    no title


    この本でグリフィスは韓国の古代社会で老人を生きたまま埋めてしまう高麗葬と山神や海神に人を供える人祭が盛んに行われたと記述した。しかし、グリフィスは歴史学ではなく自然科学を専攻した学者で日本政府の招へいで東京帝国大学の前身である東京開成学校で講義し、日本が主体になって朝鮮における迷信と専制王権を追放して西欧文明とキリスト教を導入しなければなければならないと主張した人物だ。

    彼は韓国を一度も訪問しない状態で日本の資料だけに依存して韓国の歴史と風習について記述したが、韓国に対する偏見に基づいて一部説話の内容をあたかも歴史的事実のように歪曲して記述した。

    そして日帝強制支配期に棄老説話が各種説話集と童話本などで紹介されながら高麗葬という風習があたかも歴史的事実のように扱われ始めた。1919年、三輪環が出した「伝説の朝鮮」と1924年と1926年朝鮮総督府と中村亮平が出した「朝鮮童話集」などでこの説話が収録された。(二冊の本に載った話は中国'孝行息子伝'にある話に由来したと伝えられる。すなわち、中国の伝説を我が国のことのように変身させた日本によって刻印されたのが高麗葬という話だ。)その後、1948に発行されたイ・ビョンドの「朝鮮史大観」、1963年に発表されたキム・ギヨンの「高麗葬」という映画等を通してその様な認識がより一層広がった。

    no title

    ▲「伝説の朝鮮」(左側)と「朝鮮童話集」/放送キャプチャー

    日本が私たち民族の自負心を落として劣等感を与えるために高麗葬という悪習があったとまき散らしたという意見が多い。それなら日本はなぜ高麗葬を利用したのだろうか?我が国の文化財を強奪するためならどんな行為もはばからなかった日本は私たちの殉葬風習を知っており、墓の中の物を強奪するために高麗葬を利用したのだという。儒教文化が強かった我が国で墓を暴くのは有り得ないことだった。これに対し、日本は'朝鮮は高麗葬という低級な文化があったし、この墓は高麗葬を通じて作られた墓だから暴いてもかまわない'という見せ掛けの形で盗掘を行ったという。
    (後略:学者「高麗は孝の国だから親を捨てるなどありえない。日帝の歴史歪曲だ))

    ソース:朝鮮日報ニュースQ(韓国語) 私たちが老いたご両親を山に捨てたと?
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/16/2017021603110.html

    引用元: ・【韓国】 私たちが年老いた両親を山に捨てた?~『高麗葬(姥捨て)』は日帝が説話を事実とし、墓荒らしに利用した[02/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本のせいにするなよ】朝鮮日報「老父母を山に遺棄する高麗葬は、日帝の歴史歪曲」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/05(日) 09:15:40.29 ID:CAP_USER
    歴史小説や歴史ドラマの歴史歪曲(わいきょく)問題は、昨日今日始まったことではない。
    歴史ドラマが放送されると、ドラマの主人公を取り上げた歴史小説も争うように出版される。

    脚本の基になった小説は再版され、放送に合わせて急いで書かれた本も出てくる。最近だと『花郎』がそうだ。
    かつての『淵蓋蘇文』や『善徳女王』、『大祚栄』もそうだった。

    歴史小説にせよ歴史ドラマにせよ、歴史の大衆化に寄与するというのはよいことだ。韓国の歴史を広く伝えて自負を持たせるという面で、前向きな現象ともいえる。
    しかし、歴史的実体を作家が恣意(しい)的に解釈してゆがめてはならない。

    歴史小説は歴史の本ではないのだから想像力が割り込む余地はあるが、想像力を発揮し過ぎて、あったことをなかったかのように、
    なかったことをあったかのように、実体をゆがめてよいだろうか。

    高句麗の大武神王を主人公にした歴史小説を読んで、あきれてしまった。夫余の将帥が身分を明かせと言うと「われ、大武神王!」と言い返す場面があった。
    大武神王とは死後にささげられた尊号であって、生前用いられた称号ではない。

    また、ある歴史小説では「来週見よう」というせりふが出てくる。1週間という単位が登場するのは、キリスト教が入ってきた後の話だ。

    李舜臣(イ・スンシン)将軍を主人公にしたある小説では、李舜臣が三道水軍統制使を罷免されてソウルに連行される際、
    逮捕に来た人々を「禁府都事」と表現していた。実際は禁府都事ではなく、宣伝官と呼ばれる武官だった。

    この程度なら、枝葉末節なミスといえるだろうが、基本史料たる『宣祖実録』を読んでいれば犯さない誤りだ。
    このように小説が考証をしないので、歴史ドラマの歴史歪曲となるともはや言うまでもない。

    『不滅の李舜臣』では、亀甲船が進水式当日にひとりでに沈んだと描写され、あっけにとられてしまった。

    数年前に放送された『女人天下』では、文定王后の弟のはずの尹元衡(ユン・ウォンヒョン)を「兄」にしてしまっていた。
    よその家系にまで手を加えておいて、制作責任者が「ドラマを面白くするため」と言っているのを見て、あきれてしまった。

    例を挙げるとごまんとある。高句麗の将軍・淵蓋蘇文が新羅の将軍キム・ユシンの家で下働きをしていたとか、
    その時期なら既に老いて死んでいるはずの新羅の女性貴族・美室宮主が依然として美しい姿で登場するとか、
    実際にはまだ生まれてもいない大祚栄(初代の渤海国王)が淵蓋蘇文の家で召し使いをしていたとかいう設定はただのでっち上げだ。

    こうしたでっち上げの極致は『風の絵師』だ。正真正銘男性の申潤福(シン・ユンボク)を男装の女性にしてしまった。
    『花郎』でも、若いころの真興王(三麦宗)が同じ年頃の若者と交流し、首都・徐羅伐の内外を走り回っているが、
    実際には真興王は7歳で即位し、18歳になるまで母親の只召太后が摂政をしていた。

    また、伽耶史を扱った歴史小説に「韓国では18世紀まで、いかなる車も使ったことがない」という記述が登場したが、全くでたらめだ。
    あまたの高句麗古墳の壁画に登場する多くの車を、この作家は本当に一度も見たことがないのだろうか。

    こうした基本的な常識にも合わない歴史小説を書かれては困る。
    本を売り、金を稼ぎ、視聴率を上げたいという商業的な計算を優先して歴史を軽く考える態度は捨てるべきだ。

    歴史を勝手に歪曲し、でっち上げるのは、無責任を通り越して、正しい歴史教育に逆行する犯罪にほかならない。
    でたらめな歴史小説や歴史ドラマを作る行為は、読者の籠絡だ。だから、きちんと勉強して書けと強調しているのだ。

    2017/02/05 06:07
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/03/2017020301544.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/03/2017020301544_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国小説・ドラマの歴史歪曲は犯罪レベルだ=ファン・ウォンガプ小説家・歴史研究家[02/05]©2ch.net

    【【それより教育の方をなんとかしろよw】韓国人歴史研究家「韓国小説・ドラマの歴史歪曲は犯罪レベル」】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2016/08/10(水) 10:23:37.50 ID:CAP_USER
    (YouTubeキャプチャ)
    no title


    誠信(ソンシン)女子大学校の徐 敬徳(ソ・ギョンドク)教授が光復節(8月15日)を控え、これまで
    5年間に製作した日本の歴史歪曲関連動画を一堂に集め、10日にYouTube( http://tuney.kr/8GnnHg
    に掲載した。

    『日本の歴史歪曲、真実は?』というタイトルの下、独島(トクド)、日本軍慰安婦、日本の戦犯旗
    (旭日旗)、強制徴用、靖国神社、東海(トンヘ)、日本帝国主義の歴史、日本帝国主義に対立した
    英雄などをテーマにした韓国語、英語、日本語の動画37本を一堂に見る事ができる。

    徐教授は、「光復から70年が過ぎた今も、日本は継続的な歴史歪曲でアジアの周辺国を苦しめて
    いる。 誤った歴史を正し、全世界のネチズンに正しい歴史を正しく伝えるため、このチャンネルを
    開く事になった」と話した。

    彼は、「世界中、いつでもどこでも時間と場所を問わず日本の歴史歪曲を確認できる、そのような
    求心点が必要だった」とし、「スマートフォンとSNSに馴染んだ若い世代にもう少し容易に近付くため、
    YouTubeを活用する事になった」と付け加えた。

    現在までこれらの動画37本の再生数は計50万件に達し、FacebookやTwitterなどのSNSで広報
    した物まで合わせると800万件になる。

    陸軍将兵の正訓教育時間や全世界に出ている留学生、各国のハングル学校および韓国学校など
    でも多く活用した。

    徐教授は、「今後は中国語、スペイン語、ドイツ語など、様々な言語で動画を製作して、日本の
    歴史歪曲を全世界に持続的に広く伝える」と明らかにした。

    ソース:NAVER/聯合ニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=103&oid=001&aid=0008600945

    引用元: ・【韓国】「日本の歴史歪曲を一堂に・・・」~YouTubeチャンネルオープン[08/10] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【コリアン・ナチズム】ソ・ギョンドク教授「世界中、いつでもどこでも時間と場所を問わず日本の歴史歪曲を確認できる」YouTubeチャンネルオープン】の続きを読む

    このページのトップヘ