まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:歪曲

    1: HONEY MILKφ ★ 2018/03/23(金) 11:53:58.79 ID:CAP_USER
    ■ VR体験・展示会・発表会など、様々な参加型イベントを展開

    (写真)
    no title

    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    日本政府の領土・歴史歪曲に対応するための学生・市民参加型の教育プログラムが増える。

    教育部は22日に発表した『2018年独島(トクド)教育基本計画』で、来月から全国の学校で『独島教育週間』を運営する。市・道教育庁または一線の学校が地域条件を反映して、独島関連教育を一週間行う。独島教育週間にはソウル光化門(クァンファムン)とKTX東大邱(トンデグ)駅で、学生・市民が参加する『訪問する独島展示会』も行われる。日本が主張する独島領有権の不当性と、独島が我らの領土という根拠となる展示物を見る事ができる。特に北東アジア歴史財団は来月18日まで、光化門で韓国語と英語で独島に対する領土主権を伝える独島パンの配布、独島等高線模型作り、独島仮想現実(VR=バーチャルリアリティ)体験など、様々なイベントを行う。

    教育部は体験中心の教育が行われるよう、全国の独島展示館を始めとする独島体験先を発掘して案内する。遊び中心の学生用の独島学習資料、独島の自然と歴史をテーマにした映像資料を製作し、理解と関心度を高める計画である。

    中高校生対象の独島体験発表大会も行われる。独島教育週間などを活用した独島体験活動を共有するための目的であり、来月30日まで参加申請を受け付ける。小学校20校、中学校40校、高校30校などを独島守護学校に指定して支援する。独島守護学校は独島の領土守護キャンペーン、東海(トンヘ)独島表記広報活動を展開する。教員の専門知識の向上のため、『独島教育実践研究会』を拡大運営する。独島教育が教育課程の中に自然に溶け込めるよう、昨年の25の研究会から今年は30に増やして支援を拡大する事にした。

    ソース:NAVER/国民日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=005&aid=0001082978

    引用元: ・【韓国】日本の『歪曲』に対抗・・・来月、小中高で『独島』集中教育[03/23]

    【【韓国】日本の『歪曲』に対抗・・・来月、小中高で『独島』集中教育[03/23] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/08/01(火) 06:28:27.03 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=186058&ph=0

    2017年7月30日、韓国日報によると、20代のエジプト人男性らがソウル市内のMBCテレビ社屋前を訪れ、このほど同局がテレビ放送を開始したドラマ「死んでこそ生きる男」(原題)の放送中止を求めた。

    SNSでの呼び掛けに対してはイスラム教徒50人余りが抗議活動への参加意思を示していたが、この日実際に現れたのはエジプト人男性ら3人。彼らは「『死んでこそ生きる男』によるイスラム文化の深刻な歪曲(わいきょく)は、韓国が危険にさらされるのではないかと心配になるほど」とし、「MBCが責任を取ってすぐに放送を中止すべき」と主張した。

    同作は今月19日の放送開始直後から「イスラム文化を歪曲している」との批判を受けてきた。仮想のアラビア国家で伯爵になった男性が主人公なのだが、そのせりふや行動の一つ一つがイスラム教徒を滑稽に描いていると指摘されている。MBCは問題を受けて21日に自社サイトに謝罪文を掲載したが、抗議に訪れた男性らは他にも、「ヒジャブ(イスラム教徒の女性が身に着ける布)を着けた女性たちのビキニ姿」や「コーランの横に足を載せたポスター」などイスラム教に関する誤りを挙げ、「謝罪文1枚では足りないほどの深刻な問題」だと指摘した。

    男性らは抗議について、「韓国が好きだからこそ行った警告」だと述べ、同作をイスラム過激派が見た場合に韓国もテロの脅威にさらされかねないと不安を覚えたと訴えている。30日は警察やMBC関係者らの説得に応じ帰宅、翌週も抗議活動を続けるかどうかは今後の放送内容を見て判断するとした。

    韓国のネットユーザーからはこの報道に多数のコメントが寄せられているが、男性らの主張に同調する意見が大勢のようだ。「MBCがまたやっちゃったね」「ドラマの作家は正気なのか?僕も心配になるほどだよ」「僕らだって目を細めるシーンが出ればアジア人嫌悪だと騒ぐくらいだ。ドラマだから許されるというのはおかしい」とMBCを批判する意見や、「韓国は中東への貿易依存度が高い。あちらの文化を尊重してこそ僕らも中東でもてなしてもらえる」との声が共感を得ている。

    しかし一方では、「ローマではローマの法に従え。イスラム教徒諸君、ここは自由民主主義国家だ」「自分たちだって韓国を中国と勘違いしたり、おかしな風に描写してるくせに」「文化の歪曲は明らかな間違いだ。しかし、こういう問題で紛争やテロの心配をしなきゃいけないのか?」など、抗議に反発するようなコメントも少なからずみられた。

    引用元: ・【韓国】イスラム教徒が韓国ドラマの放送中止を求めテレビ局へ「韓国がテロの危険にさらされる」=韓国ネットからは賛否の声[08/01] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【今までにもコーラン燃やしたり】「イスラム文化を歪曲している」イスラム教徒が韓国ドラマの放送中止を求めテレビ局へ】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/28(金) 09:16:57.63 ID:CAP_USER
    日本人にとって軍艦島(端島)は特別なところだ。脱亜入欧、すなわち日本が近代化にどれほど苦労して成功したかを見せる歴史そのものであるからだ。日本の右翼が、軍艦島で酷使されて死亡していった朝鮮人の歴史を消そうとする理由でもある。

    日本と日本人はディテールに強い。嫌韓に没頭したネット右翼は誤謬や失敗を逃さない。強制労役のような日帝侵略期の蛮行を否認するのにそのような誤謬を動員する。

    今月初め米ニューヨークのタイムズスクエアで上映された『軍艦島の真実』という広報映像の写真が間違って使用されたことに対する日本極右の反応もそうだ。なかった歴史を作り出そうとしたため日本人を朝鮮人に変えたという式だ。すでに数多くの証言と文献資料で立証された歴史的事実であってもとぼける。

    しかし我々にも省みる点がある。すでに以前から各種メディアで同じ写真を軍艦島の強制労役の象徴のように使ってきた。国内の公共施設でさえもでたらめな説明をつけてこの写真を展示している。

    一度間違って引用された資料が安易に繰り返し使用され、定説のように固まった事例だ。専門家らはこの写真のほかにも誤って使用された資料が少なくないと指摘する。

    根本的な問題は日本の強制動員に関する研究と史料がかなり不足している点だ。

    むしろ軍艦島をはじめとする強制動員の歴史に関する日本の研究は多い。すでに1970年代に強制労役朝鮮人の労働実態を扱った論文が出てきた。朝鮮人死亡者の記録を初めて発掘したのも長崎県の市民団体だ。

    我々の研究はまだまだだ。政府レベルの研究は2012年5月に出てきた真相調査報告書が唯一だ。それも80年代に日本の市民団体が調査した内容を土台にした。報告書に「基礎調査」という札がついた理由だ。

    研究者の能力や熱意が足りないだけではない。存在する資料にさえ接近できず苦労するほど研究環境が劣悪だ。税金を投入して日本から持ってきた徴用被害者の名簿など生きた資料が国家記録院の収蔵庫で眠っているという批判もある。

    日本の歴史歪曲は執拗だ。感情でなく論理とファクトで接近してこそ、日本の主張を崩すことができる。ディテールにはディテールに対抗しなければいけない。


    2017年07月28日07時47分
    http://japanese.joins.com/article/770/231770.html?servcode=100&sectcode=140&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【中央日報】韓国が日本の歴史歪曲に対抗する道 日本の強制動員に関する研究と史料がかなり不足している[07/28]©2ch.net

    【【つまり、根拠もなく日本が『歴史歪曲』してると】中央日報「日本の歴史歪曲は執拗。 韓国は感情でなく論理とファクトで接近してこそ、日本の主張を崩すことができる」】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 15:05:05.37 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=177819

    2017年7月29日、実話を基に韓国の従軍慰安婦を描いたとされる映画「鬼郷」に関し、「ここまで慰安婦の話を歪曲(わいきょく)した映画も珍しい」と発言した韓国の歴史家シム・ヨンファン氏が、バッシングを受けて謝罪した。韓国・マネートゥデイなどが伝えた。

    シム氏は28日、自身のフェイスブックに掲載した韓国映画「軍艦島」の評論で、「数年前に数百万人の人が見た映画『鬼郷』ほど、駄作で慰安婦の話を歪曲した映画も珍しい」と「鬼郷」を批判した。また、「強制動員の現実は『軍艦島』の方がはるかに正確」とし、「軍人が村に来て家族関係がいい家の娘を連れて行った?そんな証言録を見たことがありますか?」と、「鬼郷」で描かれた内容に疑問を提起、「私はこれまで数年間慰安婦の関連資料を見てきたが、『鬼郷』の半分以上は慰安婦問題を歪曲することだらけだった」とつづった。

    これに対し、元慰安婦が共同生活を行う施設「ナヌムの家」は、「映画『鬼郷』は日本軍性奴隷被害者のおばあさんたちの証言と実証資料を通じて制作されたものだ」と反論、「(シム氏の発言は)歴史を否定する悪意ある発言で、反歴史的、反人権的な詭弁(きべん)」「被害者の名誉を毀損(きそん)するもの」とする報道資料を出し、シム氏に対して公開謝罪を要求した。

    また、シム氏の発言は韓国のネット上でも話題を呼び、「歴史家じゃなくて歴史作家でしょ?」「『軍艦島』広報からいくらもらったんだ?」「こんな人が歴史講師をしてるなんて、彼の講義で学ぶ学生がかわいそう」など非難の声が相次ぎ、結局シム氏は29日、フェイスブックで「慰安婦のおばあさんに謝罪申し上げます。理由のいかんを問わず、おばあさんたちが傷付いたのだとしたらすべて私の過ちです。誠に申し訳ない」と謝罪を表明した。

    謝罪後もネットユーザーの間ではさまざまな議論が起こっており、「鬼郷」について、「確かに評論家や観客から駄作と言われたけど、慰安婦という素材を表に引き出したこと自体に意味がある。それに、どんなに資料を見ても実際の経験談より正確さで勝るものはない」との指摘も。

    さらに、「僕らは植民地時代を生きていないから、人が作ったものを見たり聞いたりするしかない。実際に目にして経験したわけじゃないなら、『正しい』とか『間違い』とか主張するのはやめよう」「謝罪してももう遅い」「結局傷つくのは被害者だ」など、元慰安婦らを気遣う声も上がった。

    引用元: ・【韓国】韓国の歴史家「慰安婦描いた映画は歪曲だらけ」発言で猛批判受け謝罪韓国ネット「被害者の経験談より正確さで勝るものはない」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【南朝鮮反日原理主義人民共和国 】韓国の歴史家「慰安婦描いた映画は歪曲だらけ」発言で猛批判受け謝罪】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 00:00:37.61 ID:CAP_USER
    no title

    ▲日帝強制占領期間の仏国寺(プルグクサ)の姿. [国家記録院提供=聯合ニュース資料写真]
    no title

    ▲「日帝強制占領期、メディアの新羅像歪曲」288ページ.1万6千ウォン.

    (ソウル=聯合ニュース)「慶北慶州は三南の有数な花柳郷として晋州に劣らない数のキーセン(妓生)がおり、油頭粉面(油をつけた頭とおしろいをつけた顔)の群れが至る所に散らばっている。」

    日帝強制占領期間の1929年10月12日、ある日刊紙に載った記事を見れば慶州は「花柳郷」と描写されている。歴史遺跡が多い新羅の千年首都を料理屋とキーセンが多い土地と規定したのだ。10年後も「北方の平壌(ピョンヤン)と南方の慶州は歴史文化の発祥地として、色郷としても名高いところ」と表現の程度を高めた。

    慶州は日帝の国権侵奪後、いつのまにかキーセン観光の中心地になった。韓国学中央研究員が出した「日帝強制占領期間、メディアの新羅像歪曲」はメディアで明らかになったこのような新羅のイメージ操作事例を集めた本だ。

    1880年代末から解放前まで朝鮮総督府の官報や新聞、雑誌に掲載された記事を学者6人が分析した。カン・ヒジョン西江(ソガン)大教授は「新羅、慶州の神話歪曲像」という文で日帝が慶州を表現した矛盾した容貌を暴く。彼は日本人たちが慶州を寄生都市にする一方、意欲的に古蹟を強調して慶州を「朝鮮遺産の宝庫」と広報したと指摘する。

    当時、新聞と雑誌が観光地を紹介するとき、慶州はを必ず行ってみるべき場所にもれなく挙げた。これに合わせて日帝は道路と鉄道をしいて宿泊施設を整備し、慶州を観光名所に育成した。カン教授は「日帝は新羅の首都、千年の古都・慶州という明白な事実を隠さなかったし、かえって誇張した」として「これは自分たちの政治功績を誇るための意図的操作だった」と批判する。

    それと共に「慶州の市街を整備して遺跡を復元することにより、あたかも先進文明国の日本が野蛮の植民地朝鮮に恩恵を与えたように広報した」と強調する。カン教授は日帝の「慶州強調」の裏には、きらびやかな過去とみすぼらしい現実を対応させようとする下心が隠れていると指摘する。

    彼は日帝が慶州の遺跡を強調したことについて「現実への自嘲と悔恨を呼び起こすためのもので、過去との格差を認識し、強制的に占領された現実を認め、安住させるための意図であった」と主張する。

    日帝は新羅の場所だけでなく、新羅の人物や歴史の歪曲も試みた。キム・トグォン明智(ミョンジ)大学講師は日帝強制占領期間にメディアで「新羅の人物」を分析すると花郎道(ファランド)の戒律中でも「臨戦無退」を強調する傾向が唯一強く現れるが、これは天皇に対する「忠」を実現しようとする意味だったと批判する。

    今回の研究の責任者であるキム・チャンギョム韓国学中央研究院首席研究員は「日帝は慶州から多くの文化財を収奪し、慶州駅周辺に日本風の建物を大々的に建設した」として「日帝強制占領期間に新羅の歴史文化が歪曲された過程を具体的に確認するためにはメディアを几帳面に見て回わらなければならない」と話す。

    ソース:聯合ニュース(韓国語) 慶州がキーセン観光の都市?…日帝が歪曲した新羅イメージ
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/07/24/0200000000AKR20170724098600005.HTML

    引用元: ・【書籍】 新羅千年の首都、慶州がキーセン観光の都市?日帝が歪曲した新羅のイメージ[07/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【根拠が想像以外にまるでない】聯合ニュース(韓国語) 「慶州をキーセン観光の都市と歪曲し、日帝が観光名所に育成した」】の続きを読む

    このページのトップヘ