まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:正社員

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/22(火) 11:33:00.85 ID:CAP_USER
    ソウル市の私立大経営学科に通うKさん(24)は昨年、卒業を2学期先送りした。
    昨年1学期に卒業に必要な単位は全て取得したが、まだ就職先が見つかっていない。

    昨年後半には企業10社に願書を送ったが、全て選考を通らなかった。
    Kさんは「大学に入学してから5年たつが、周囲では就職に成功した同期生はなかなかいない。
    次の学期にも卒業を延ばし、真剣に就職活動に取り組む」と話した。

    今年の大卒予定者10人のうち、正社員として就職できた人は1人にすぎないという調査結果が示された。
    非正社員として就職した人を含めても、大学卒業前に職場が見つかった人は10人中2人にすぎないことが分かった。

    政府の公式統計ではなく、就職専門機関が大卒予定者を対象に実施した調査だが、韓国の大学生が直面する現実を物語っている。

    就職情報ポータルサイト「ジョブコリア」が14日から4日間、大卒予定者のうち「就職意思がある」と表明した974人を対象に調べた結果、
    これまでに正社員として就職に成功したと答えた学生は11%(107人)にとどまった。

    インターンやアルバイト、契約社員など非正社員として就職が決まった人も10%(97人)だけだった。
    残る79%(770人)は卒業を目前に控えても就職先が決まっていない。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/22/2019012280052.html

    引用元: ・【調査】 韓国の新卒大学生、正社員就職は10人に1人

    【どう考えても適正じゃないか!【調査】 韓国の新卒大学生、正社員就職は10人に1人 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/28(土) 09:27:13.16 ID:CAP_USER
    韓国雇用労働部(省に相当)がベーカリーチェーン、パリバゲットの本社にパン職人5378人を直接雇用するよう指示した一件は、あるハプニングがきっかけだった。

    パン職人を養成し、パリバゲットに供給する提携企業H社で働くI氏は新人のパン職人の教育を担当する10年目のベテランだ。10週間の研修を受けてきた新人を現場で教育し、加盟店に就職させれば、1人当たり10万ウォン(約1万円)の成功報酬を受け取れる。

    しかし、今年3月に過去1年間に教育課程を終えたパン職人が配属先店舗から3カ月以内に他店舗に移籍したり、退職したりした場合、成功報酬の半額を返納するよう求められ、反感を抱いた。I氏は自身が担当した2人がその条件に当てはまり、10万ウォンを返納した。

    夜遅くまで熱心に教えていたI氏は気分を害した。そして、それが正当な行為なのかどうか知りたいと思い、政界に訴えた。事情を聞いた正義党の担当者は、成功報酬の返納問題とは別に、パン職人の雇用構造に違法派遣の可能性があることを見抜き、雇用労働部に調査を依頼した。結論は既に報じられている通りだ。

    パリバゲットに違法行為があったとする雇用労働部の解釈には検討の余地がある。ただ派遣法(派遣勤労者保護に関する法律)は本社が業務を指示、統制する職員(パン職人)であれば、提携業者経由のう回雇用ではなく、直接雇用すべきだとの趣旨を盛り込んでいる。勤労者の権益を保護するためだ。

    法律が改正されたのは2007年のことだが、パリバゲットは10年間にわたりそれまでの慣行を正さなかった。遅ればせながら雇用労働部がそれを指摘したが、タイミングがちょうど政権交代後だったため、論議を呼んでいる。

    パリバゲット本社は頭を痛めている。5378人のパン職人を直接雇用しなければならないのだが、その数は現在の社員数(5200人)を上回る。このため、子会社を設立した上で、パン職人を子会社の正社員として採用する次善の策、苦肉の策を検討している。

    フランチャイズ加盟店主は不安だ。パン職人も労働組合を結成できる立場となったからだ。パン職人が待遇改善を要求し、ストライキでも決行すれば、3300カ所の加盟店は混乱に陥る。加盟店からは「労働組合に加入していないおパン職人だけ受け入れられないか」との問い合わせが舞い込んでいるという。

    こうした事態を招いた背景には、複雑で非現実的な派遣法の存在がある。例えば、韓国料理、西洋料理、中国料理、日本料理の調理師はパリバゲットが採用してきた方式で派遣が可能だが、パン職人は派遣が認められていない。パン職人もそれが派遣法違反だとは知らなかった。

    それゆえ国会議員から「パン職人も派遣が可能だと一行加えればよいだけのことだ」との声が上がる。

    派遣法は本来と意図とは異なり、企業の雇用を委縮させ、労働者の就職を困難にしているとの指摘が絶えない。政府はパリバゲットにパン職人を直接雇用しろと圧力をかけるだけでなく、これをきっかけに派遣法を現実に合わせて見直す作業に関心を示すべきだ。

    李衛栽(イ・ウィジェ)産業1部次長

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/27/2017102701788.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/27/2017102701788_2.html

    引用元: ・【コラム】韓国の雇用を減らす派遣法[10/28]

    【【チキン職人も正規雇用してやれよ】韓国のパン職人たち、派遣から正社員化に】の続きを読む

    このページのトップヘ