まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:歌手

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 12:17:09.59 ID:???.net
    著作権者と収益を分配する「提携コンテンツ」なら合法

    韓国の市民団体「自由青年連合」は23日、ファイル共有サイトで映画を違法にダウンロードしたとして、歌手のキム・ジャンフンさん
    (47)を著作権法違反の疑いでソウル中央地検に告発した。同団体は「誰よりも著作権に敏感でなければならない現役歌手のキム
    さんが映画を違法にダウンロードしたとすれば、映画関係者にぬぐい切れない被害を与えたことになる」と主張した。検察は近く
    この件の捜査に着手する方針だ。

    事の発端は、キムさんが18日に自身のツイッターに掲載したツイートだった。キムさんは「1カ月ぶりの休みなので『Taken 3(邦題:
    96時間/レクイエム)』をダウンロードしたが、予想外にも字幕がアラビア語。悲しくてシリアスなシーンも集中できない」と書き込んだ。
    キムさんが言及した映画『Taken 3』は、先月1日に韓国で封切られた最新作だ。この書き込みが広がり、インターネット上ではキム
    さんが映画を違法にダウンロードしたという疑惑が持ち上がり、非難が相次いだ。

    自らのツイートが波紋を呼んだことから、キムさんは20日、フェイスブックで「(検索サイトの)ネイバーでも○ダウン、○ファイルなど
    が国内最大の共有サイトとして掲載されている。マネジャーが会員登録して数年間使用しており、料金も全て支払い済みのため、
    違法だとは想像もしていなかった」と釈明した。共有サイトから有料でダウンロードしたため、違法だとは思わなかったという言い分だ。

    ファイル共有サイトは一般的に、月に1万ウォン(約1070円)ほどを払えば定額制会員としてファイルを無制限でダウンロードできる。
    問題は、共有サイトに有料会員として登録したとしても、ダウンロードが合法ではない場合が多いということだ。著作権を専門とする
    弁護士は「ファイル共有サイトで払う料金は、ほとんどがサイトの一般サービスを利用するためのもの。有料会員であっても、払った
    料金が著作権者に渡らなければ著作権法違反に当たる」と説明した。

    著作権専門機関の韓国著作権委員会は、合法ダウンロードと違法ダウンロードを区別する基準として「提携コンテンツ」であるか
    どうかを挙げている。同委員会のチョン・ジェウ先任研究員は「著作権者と収益を分配する正式な提携契約を結んでいる場合に限り、
    提携コンテンツと表示する。提携コンテンツではない違法ファイルをダウンロードすれば、著作権法違反に該当し得る」と説明した。

    大手のファイル共有サイトを見ると、最近封切られた映画には「提携コンテンツ」という表示があった。提携コンテンツは著作権者
    に収益の一部が渡るため、定額制会員であってもダウンロードに1000-5000ウォン(約110-540円)の追加料金が必要になる。
    キム・ジャンフンさんがダウンロードした映画は、インターネットテレビとは提携を結んでいるが、ファイル共有サイトとは契約して
    いないとされる。現行の著作権法第136条は、著作権を侵害した者は5年以下の懲役または5000万ウォン(約540万円)以下の罰金
    に処するとしている。

    ソク・ナムジュン記者

    ソース:朝鮮日報 2015/02/24 11:21
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/24/2015022401381.html
    no title

    引用元: ・【韓国】ファイル共有サイトの映画、有料でダウンロードしても違法!?[02/24]

    【朝鮮では違うのか? 【韓国】歌手キム・ジャンフンさん (47)を著作権法違反の疑いで告発。ファイル共有サイトの映画、有料でダウンロードしても違法!?[02/24]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/20(火) 14:33:01.86 ID:???.net
    歌手キム・ウジュ(29)が精神疾患者のふりをして兵役を逃れていたことが分かった。

    20日、ソウル中央地方検察庁刑事7部(部長検事:ソン・キュジョン)は偽りの精神疾患者診断で兵役の義務を回避した疑い(兵役法違反)で歌手キム
    ・ウジュを在宅起訴したと明かした。

    検察の調査結果によると、キム・ウジュは診療中に「8年前から幽霊が見え始めた」「幽霊のせいで驚いて倒れ、救命救急室に運ばれたこともある」
    などと嘘をつき、精神疾患者のふりをしてきたことが明らかになった。

    キム・ウジュに騙された担当医は、彼が幻視、幻聴、不眠症を患っていると報告し、1年以上の薬物治療と精神科治療が必要であるという内容の
    兵士用診断書を発行していたことも分かった。

    キム・ウジュは病院から受け取った診断書を兵務庁に提出し、昨年10月に現役兵の入隊対象者から社会服務要員対象者へ兵役処分が変更された。
    検察によるとキム・ウジュには2012年3月から昨年7月まで計42回にわたって嘘の症状を訴えて精神科治療を受け、現役兵としての服務を回避した
    疑いが持たれている。

    キム・ウジュは韓国や日本で活動し、昨年11月に3rdフルアルバムを発売した。

    ソース:Kstyle 2015年01月20日11時55分
    http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2012387
    no title

    引用元: ・【韓流】「幽霊が見える」と精神疾患のふりをして兵役逃れ…日韓で活動する歌手キム・ウジュを兵役法違反で在宅起訴[01/20]

    【朝鮮人の愛国心なんてこんなものww【韓流】「幽霊が見える」と精神疾患のふりをして兵役逃れ…日韓で活動する歌手キム・ウジュを兵役法違反で在宅起訴[01/20]】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/01/20(火) 13:16:53.96 ID:???.net
    歌手のキム・ジャンフン氏(51歳)が航空機でタバコを吸って、乗務員に摘発された。検察は
    キム氏を略式起訴した。

    仁川(インチョン)地検刑事2部(部長検事=クォン・スンチョル)は20日、航空保安法違反の
    疑いでキム氏に罰金100万ウォンの略式起訴を19日に行ったと明らかにした。

    キム氏は先月15日の午後12時 30分頃、フランスのド・ゴール空港を出発して仁川空港に
    向かう大韓航空の航空機のトイレで、タバコを吸った疑いを受けている。

    キム氏がタバコを吸うと機内で警告灯が点灯して、乗務員はキム氏がトイレでタバコを
    吸っているのを確認した。

    大韓航空は直ちに仁川空港警察隊に伝え、キム氏は仁川空港に到着した後任意同行の
    形で調査受けて帰宅した。

    警察関係者は、「キム氏は最近の公演が失敗に終ってストレスを受けていて、パニック
    障害で不安になってタバコを吸ったと供述した」と話した。

    検察の関係者は、「キム氏は初犯で、乗務員が制止すると直ちに“‘申し訳ない”と謝罪
    した点などを考慮して、正式裁判には回付しなかった」と話した。

    ソース:NAVER/京郷新聞(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=106&oid=032&aid=0002564059

    引用元: ・【韓国】「歌手キム・ジャンフンが航空機で喫煙」~罰金100万ウォンの略式起訴[01/20]

    【誰だよ機内に韓国人持ち込んだの【韓国】「歌手キム・ジャンフンが航空機で喫煙」~罰金100万ウォンの略式起訴[01/20]】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/01/09(金) 10:35:55.35 ID:???.net
    歌手のボビー・キムが飛行機の中で乱暴を働き、アメリカ連邦捜査局(FBI)の調査を受けた
    事が分かった。

    大韓航空によれば、ボビー・キムは7日の午後4時49分に仁川(インチョン)を出発して米国・
    サンフランシスコに向かう大韓航空KE023便のエコノミークラスで出発から約5時間後、
    酒に酔って大声を上げながら約1時間ほど乱暴を働いた。

    彼はこの過程で女性乗務員の身体も触った事が分かった。

    大韓航空の申告で、ボビー・キムは航空機が7日の午前10時13分(現地時間)にサンフラ
    ンシスコ空港に到着した後、米国FBIの調査を受けた。ボビー・キムの他、大韓航空の
    乗務員2人とボビー・キムの横の座席の乗客2人も調査を受けた。

    ボビー・キムと乗務員らは、まだサンフランシスコに滞在している事が分かった。

    ボビー・キムは米国の市民権者のため米国で処罰される可能性があり、国内領土と見な
    される航空機の中で乱暴を働いたため国内で航空保安法などの適用を受けて処罰される
    可能性がある。

    ソース:NAVER/ソウル経済(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=011&aid=0002624647

    引用元: ・【大韓航空】歌手ボビー・キムが機内で乱暴→FBIが調査[01/09]

    【キムのくせに、ボビーだってさwww 【大韓航空】歌手ボビー・キムが機内で乱暴→FBIが調査[01/09]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 16:39:49.97 ID:???.net
    歌手イ・スンチョルが日本の空港で足止めされたのち入国を拒否されるという辱めに遭った。

    最近、独島(ドクト)で統一ソングを発表し、これに関する各種マスコミの報道が相次いだことに対する報復および標的性入国拒否と思われ、
    韓国内での公憤を呼び起こしている。

    イ・スンチョルは9日午前、日本現地の知人の招待でアシアナ航空便を利用して羽田空港に到着した。その後、釈然としない理由で出入国
    事務所に4時間ほど抑留された。

    当時、出入国事務所の職員はイ・スンチョル側に入国を断って待機させた理由を尋ねると、「最近、マスコミから出た記事のため」という立場
    を先に示した。特に夫人のパク・ヒョンジョン氏を一緒に抑留したことに対してはこれといった説明を出さないままごまかした。

    これに先立ち、イ・スンチョルは光復節を翌日に控えた今年8月14日、脱北青年合唱団と共に独島を訪問して統一を願う楽曲『その日に』
    (原題)等を発表したことがある。

    イ・スンチョルが抑留当時、日本側の不当な処置を問題にすると言って強硬な立場を示すと、突然独島関連の言及は伏せつつ「あなたは有名
    な歌手ではないのか」と話しながら20年ほど前の大麻草喫煙事実を取り出した。

    日本の出入国事務所は当初からイ・スンチョルに対してすでに多くのことを把握していたという点で「事前資料調査」および「標的入国拒否」
    が疑われる。

    イ・スンチョルは大麻草事件以降20余年間、これまで日本に15回入国しながらも入国時にいかなる制裁も受けたことがない。
    さらに、2000年代初期には日本現地でコンサートを開催するなど活動にいかなる制約も受けたことはなかった。過去、日本で大麻所持容疑
    で逮捕されたポール・マッカトニーも今年4月、日本に入国して公演したことがある。

    ソース:中央日報 2014年11月10日15時06分
    http://japanese.joins.com/article/481/192481.html?servcode=700&sectcode=740
    http://japanese.joins.com/article/482/192482.html?servcode=700&sectcode=740
    no title


    続きます

    引用元: ・【中央日報】歌手イ・スンチョル、日本で入国拒否の辱めを受ける…「独島で統一ソングを発表した報復だ、屈服しない、戦い抜く」[11/10]

    【 まーた、ウリこそ被害者ニダ 作戦かよwwww 【中央日報】歌手イ・スンチョル、日本で入国拒否の辱めを受ける…「独島で統一ソングを発表した報復だ、屈服しない、戦い抜く」[11/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ