まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:欧米

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/12(日) 18:01:12.59 ID:CAP_USER
    中国の台湾産ハタ輸入停止 農業委、欧米市場開拓へ WTOに提訴も示唆

    (台北中央社)中国が台湾産ハタの輸入を13日から一時停止すると発表したのを受け、行政院(内閣)農業委員会の陳吉仲(ちんきちちゅう)主任委員(閣僚)は11日、主要生産地の南部・屏東や同・高雄などにコールドチェーン(低温物流)を構築し、欧米市場を開拓するなどの対応を明らかにした。また中国の一方的な輸入停止は国際的なルールに反しているとし、世界貿易機関(WTO)へ提訴する可能性も示唆した。

    陳氏は、台湾産ハタの品質が良く、2019年と20年には基準値以上の薬物は検出されていないと強調。昨年には中国側から台湾の養殖場2カ所で養殖されたハタから基準値を超えた薬物の検出があったとしながらも、同委の追跡調査で安全性に問題ないことが確認され、規定に合致していると語った。

    また中国のやり方は国際貿易の国境検査の慣例やWTOが定める衛生植物検疫措置(SPS)のルールに違反すると指摘。近日中に科学的なデータを中国に提供して迅速な回答を求め、反応がない場合はWTOのSPS委員会への提訴を排除しないとした。

    漁業署の范美玲代理署長は、販売促進のためのキャンペーン強化に取り組む他、米国、ニュージーランド、カナダ、欧州連合(EU)などの市場に対して業者などを通じて、販売拡大の働き掛けをする考えを示した。

    同委の統計によると、ハタの養殖場の面積は昨年の時点で全国に1526ヘクタールあり、生産量は1万6940トンだったという。そのうち海外に輸出されたのは6681トンで、売り上げは約16億8100万台湾元(約76億1400万円)。約9割の輸出先は中国だった。

    (呉欣紜/編集:齊藤啓介)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7a2ae72dba07bfee6e08704ab6ad6c1f2f4b5d57

    【食品】 中国、今度は台湾の高級魚ハタを禁輸 パイナップルに続き圧力か[06/11] [LingLing★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1654898005/

    引用元: ・【食品】 中国の台湾産ハタ輸入停止 台湾農業委、欧米市場開拓へ…WTOに提訴も示唆[06/12] [LingLing★]

    【スーパーに並ぶ日が来るのだろうか 【食品】 中国の台湾産ハタ輸入停止 台湾農業委、欧米市場開拓へ…WTOに提訴も示唆[06/12] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/12/20(月) 09:16:57.35 ID:CAP_USER
    (まとめ)
    ┃欧米で人気のモチ(餅)・アイスクリーム
    ┃百貨店、大型スーパー、コンビニなどで需要が高まる
    ┃冷凍デザート人気、新しい味、ベタつきが少ない餅などが人気の要因
    ┃「甘さのフュージョン」トレンドが続いていく見通し
    ┃「韓国の餅、新たな輸出戦略が必要」

    (写真)
    no title

    ▲ 欧米で人気のモチ(餅)・アイスクリーム
    _______________________________________________________

    『世界を征服したフュージョン食品の象徴だ(フランス料理月刊誌Cuisine Actuelle)』

    美食に対する自負心で有名なフランスで、このように絶賛された食べ物は、日本のモチ(餅)・アイスクリームである。現在、欧米では『モチ病』という表現が出るほど、デザート市場でブームを巻き起こしている。

    ■ モチ専用冷凍庫の登場、流行る『モチ・アイスクリーム』のレビュー作成

    (写真)
    no title

    ▲ ヨーロッパの主要メディアで紹介されたモチ・アイスクリームブーム

    Cuisine Actuelleやles echosなど、フランスのメディアはモチ・アイスクリームのブームを報道して、代表ブランドであるLittle MoonとExaquis Mochiなどの人気を紹介した。イギリスのメディアThe Grocer、beseanでは、今年の始めから流通企業のTescoなどで関連製品の販売が急上昇し、新鮮食品売場のAmazon Freshで品切れの事態が起きたと報道した。SNSのTikTokでLittle Moonを購入した現地の動画は3,100万以上の爆発的アクセス数を記録している。Little Moonの共同設立者であるHoward Wongは、現地メディア通じて「ロックダウンを機会に作った」とし、「スーパーマーケットに行く以外に楽しみがあまりない消費者にとって、独特なモチ製品は興味を引くことができた」と述べた。

    彼の言うとおり、モチ・アイスクリームは新型コロナウイルス感染症の拡散以降、ヨーロッパの人たちの間で人気が高まった。今年の始めにはヨーロッパのコンビニ(Franprix)にモチ・アイスクリーム専用の冷凍庫まで登場し、SNSではモチ・アイスクリームのレビュー作成が流行のように広まった。

    (写真)
    no title

    ▲ ヨーロッパのSNSでは、モチ・アイスクリームのレビュー作成が流行のように広まっている。

    アメリア状況も似ている。人工知能(AI)基盤の食品リサーチ企業であるTastewiseも最新の報告書を通じて、来る2022年のトレンド食品の一つにモチを選定しながら、「日本の甘~いデザートであるモチへの関心が著しく高まった」と述べた。 Tastewiseの調査の結果、アメリカのスーパーマーケット冷凍カテゴリーで、今年のモチの販売は去る2019年に比べて79%上昇した。

    ■ 「新たな甘さ」のトレンド・・・ベタつきのない食感、様々な味と色、冷凍保管

    (写真)
    no title

    ▲ モチアイスクリームのブランド、Little Moon

    (この辺り、まるごと省略)

    ソース:ヘラルド経済(韓国語)
    http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20211216000826

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】欧米で人気のモチは韓国ではなく日本の餅・・・「韓国のトック(餅)、新たな輸出戦略が必要」[12/20] [ハニィみるく(17歳)★]

    【餅の起源は韓国とか言い出すな 【韓国】欧米で人気のモチは韓国ではなく日本の餅・・・「韓国のトック(餅)、新たな輸出戦略が必要」[12/20] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/04(木) 18:38:10.75 ID:CAP_USER
    韓国紙が、欧米において日本の評価が下がり、韓国がその地位を代替しようとしていると主張する記事を掲載した。

    統一経済ニュースは3日、コラムニストであるマ・ソンギ氏の記事『日本を圧倒する韓国の位相、G20首脳会談で再確認』を掲載した。マ氏は「最近、世界で日本が無視されていることが続いている。特に、米国で日本に対する失望があちこちで見られるようだ」とし、「北東アジア安保の軸を韓国に移さなければならないという声がすでに聞こえ始めた」と伝えた。

    マ氏は、米国が韓国へのミサイル制限を解放したことが「日本には非常に不快」であるとし、韓国のSLBM発射成功には「日本はカッとなった」が、「米国は日本の雰囲気は無視したまま韓国の軍事大国化を支持して祝う姿を見せた」とし、「むしろ日本軍を信じることができないと日本自衛隊の評価を切り下げ、日本の防衛産業の落後性とシステム的問題点を指摘した」と伝えている。

    マ氏は、去るG7会談で文在寅大統領が菅元首相よりも脚光を浴びたことや、G20でも文在寅大統領がローマ法王と会談し「活発な外交力を見せている」と主張した。

    マ氏は日本の韓国に対する輸出規制(輸出管理強化)が「事実上失敗したことが明らかになっている」とし、米国や西側諸国もそのことを認識し日本への評価を下げていることや、米国も対中国牽制において日韓の協力が必須であるにも関わらず、そうならない事に不満を感じていると指摘した。

    日本の輸出規制に踏み切ったのは、当時のトランプ大統領の態度が曖昧だったことから、「日本は韓国を十分に制圧できると見たから」であるとし、「日本はいつも韓国を一つ下に見て、自分たちが勝手にできる国だと思っていた」と指摘した。しかし「結果は見事に日本が逆襲された形になった」とし、「米国が再び韓国に傾倒している」と述べた。理由として「このまま放置すれば韓国が自分たちから遠ざかるという緊急の見方」が浮上していることを挙げた。米国は一方で、「日本の無気力と無戦略、盲目的韓国攻撃などの低劣さは同盟国としての資格に疑いを呼び起こすのに十分だった」と分析した。
    また、「莫大な海外資産と円という基軸通貨地位のため日本は絶対滅びない」という意見は「これまでは正しかった」としつつも、やがて「この状況が続くと日本はその位置を失う」「すでに地位を失っているのかもしれない」とマ氏は主張した。

    かつてアジアで圧倒的だった経済力や軍事力が相対的に低下する日本に代わり、欧米諸国が韓国を「日本に代わる戦略的仲間として見ている」とし、韓国の勢いを評価していることや、「中国に付かれたら困る」という理由でそのような構図を表れていると説明している。

    マ氏はまた、「IMFは韓国のウォンが日本円に代わる新しい基軸通貨の役割を果たすかもしれないという話をしている」と述べた。また、日本の円安はかつてのように輸出増に結び付いていないことや、円安によって日本の資産価値が下落し、「日本人がさらに貧困に落ちる悪循環が続いている」と指摘している。そして「嫌韓をあおって自分たちの政権だけ維持しようとした自民党と極右によって日本の地位がこのように墜落した」と伝えた。

    コリア・エコノミクス 2021年11月4日
    https://korea-economics.jp/posts/21110404/

    ※前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1635996876/

    引用元: ・【韓国紙】「欧米は韓国を日本に代わる戦略的仲間と見る」「日本は国力劣化と盲目的嫌韓で資格失う」★2 [11/04] [新種のホケモン★]

    【ちゃんと薬飲めや 【韓国紙】「欧米は韓国を日本に代わる戦略的仲間と見る」「日本は国力劣化と盲目的嫌韓で資格失う」★2 [11/04] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/26(月) 18:16:58.75 ID:CAP_USER
    1957年に旧ソ連が人類初の人工衛星であるスプートニク1号を打ち上げた後、米国とソ連間の宇宙競争が本格化した。米国は1960年にタイロスという初の気象衛星を打ち上げ、続いて有人宇宙船のジェミニやアポロなどを宇宙に送った。1972年には地球資源観測衛星という名前の観測衛星を打ち上げた。後に「ランドサット」と改名されたこの衛星はいまでも解像度30メートルの格子単位で地球を隅々まで観測している。

    民間企業でも超精密地球観測衛星を開発している。1999年に打ち上げられた1メートルの高解像度観測衛星イコノスはグーグルアースを通じて全世界の位置・映像情報サービスを提供している。「ニュースペース時代」を迎えイーロン・マスクが設立した宇宙開発ベンチャーのスペースXは地球軌道に小型通信衛星数百個を打ち上げ、全世界の人々の情報をリアルタイムで編み出している。

    ◇韓国は欧米にGPS依存

    韓国は1992年にウリビョル衛星をはじめ、これまでに3兆4000億ウォンをかけてアリラン衛星シリーズと2基の千里眼衛星などを相次いで軌道に上げた。来年には道路のマンホールのふたまで見ることができる解像度50センチメートル級の国土観測衛星1・2号を打ち上げる予定だ。農地・山林・河川・市内のような国土の様子と位置情報、そして道路・建物・交通量などの映像を撮影する衛星だ。この衛星が撮影し収集・加工した空間情報は国土と都市をコンピュータの中にそのまま再現する「デジタルツイン」と未来スマートシティ運営の基礎資料などとして活用される。

    韓国は韓国型衛星航法システム(KPS)事業も推進している。現在ナビゲーションなどに使うGPSは米国や欧州などの衛星情報を活用している。簡単に言えばこれを国産化して精密度を高める「GPS独立」がKPS事業だ。これもまた主要な空間情報のひとつだ。いまや宇宙から撮影した精密映像を基にあらゆるデータを結合し多様な空間情報を作り出す時代が到来したのだ。

    空間情報とは自然物と人工物の位置と特徴(属性)情報だ。川の位置・幅・深さ・水量のようなものだ。ビルディングならばフロア数・面積と駐車可能台数、現在空いている駐車スペース、1階に入店した店舗、さらには地下の飲食店の訪問者レビューまでも含む意味だ。新型コロナウイルス感染者の動線もまた空間情報だ。

    空間情報という概念ができたのはいつ頃だろうか。19世紀当時だけでも人々は伝染病の原因を非科学的なところから探した。人の間で邪悪な気が移りながら流行病を起こすという形だった。1854年に英国の衛生学者であるジョン・スノウ博士はコレラの原因をある給水ポンプから見つけ出した。患者の位置を細かく記録することにより患者が特定地域に密集しており、さらには特定のポンプを飲料水源として使っていたという事実を明らかにしたのだ。空間情報を活用した古典的事例だ。

    1900年代に入り測量技術が発達し、正確な地図を容易に利用できるようなった。時は流れ1990年代前後には地図をデジタル化した地理情報(GIS)技術が活用され始めた。「空間とデジタルの結合」だ。企業は効率的な物流センターの位置を決め手建設する作業などにGIS技術を利用した。

    過去の空間情報が単純に地理情報を提供して人が利用するのにとどまったとすれば、情報通信技術(ICT)を基盤とした第4次産業革命時代は違う。空間情報は人工知能(AI)・ビッグデータ・モノのインターネット・拡張現実・ドローン・デジタルツインのような先端技術と融合・複合し付加価値を作る核心インフラとしての位置を確立している。代表としてナビゲーションと自分の周辺の美味しい店情報を考えてみよう。身近なものに空間情報が溶け込んでいる。

    (続く)

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.10.26 18:03
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/271594?servcode=100&sectcode=120

    全世界で作戦を展開する米軍には衛星利用測位システム(GPS)衛星などの宇宙資産は必須。[米空軍]
    no title


    韓国の次世代中型衛星第1号は白黒0.5メートル、カラー2.0メートル級解像度の光学カメラを搭載して高度497.8キロメートルで観測任務を遂行することができる。開発総予算は2015年から2434億ウォンが投入された。
    no title

    引用元: ・【中央日報】韓国、超精密映像撮影する先端人工衛星が急がれる 韓国は欧米にGPS依存 空間情報を支配する者こそが未来の主人 [10/26] [新種のホケモン★]

    【いつまで経っても【中央日報】韓国、超精密映像撮影する先端人工衛星が急がれる 韓国は欧米にGPS依存 空間情報を支配する者こそが未来の主人 [10/26] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/21(日) 20:44:27.65 ID:CAP_USER
    「ラガーが薄いというのは否定的な見方から始まったものです」。 

      ハイト真露マーケティング室のオ・ソンテク常務はラガーに対する偏見が残念だと話した。ハイト真露は3月に発売されてから100日で販売1億本を記録した「テラ(TERRA)」ブームの震源地だ。テラは韓国のラガービールの品質をアップグレードさせたという評価を受けている。オ常務は「ラガーとエールは互いに敵ではない」とし、ラガーとエールを対決構図に追い立てる一部の動きに懸念を示した。 

      ――テラの人気が激しい。差別化のポイントは。 

      「テラはオーストラリアのゴールドトライアングルから空輸してきた100%清浄麦芽を使う。炭酸も人工で入れるのではなく発酵過程で出たものを使う。こうした戦略がうまくいった。清浄麦芽を探すのが容易でなかった。オーストラリアで農場を探し5~6時間奥地を歩き回って結局もとの場所に戻ったこともある。『アルバ』(道に迷うという意味の隠語)をものすごくした」 

      ――消費者の好みが変わったのか。 

      「好みは徐々に変わる。数十回のブラインドテストを数千人を対象に行った。韓国の消費者は清涼感が好きで苦味は好まないという結論を下しテラに反映した。私たちは消費者より半歩だけ先に進んで好みを反映する。もっと進めば消費者を教える格好になる」 

      ――韓国のラガーが薄いという。 

      「偏見だ。否定的な見方で見れば薄い。肯定的に見れば清涼な味だ。もちろんエールより濃くはないが、それが薄いのではない。エールとラガーは対称点にあるビールではない。雰囲気と状況によって飲み方が違う。少数が対決構図に追い込むが正しくない。ビールごとに本来の味がある。米国や欧州でも輸入して飲む韓国ラガーの水準が低いのではない。コストを下げようと麦芽をわざと少なく使っているという主張もあるが消費者はすぐに気付く。いい加減なことをすれば企業生命が危うくなる」 

      ――クラフトビールが流行のようだ。 

      「クラフトビール専門店が少し増えたが、以前はとてもに少なかったために多くなったように見えるのだ。クラフトビール市場はニッチ市場だ。消費者の好みが多様化したためクラフトビールが求められているのだ。私たちも市場に参入するタイミングをうかがっている」 

      ――小規模業者と対立が起こりかねない。 

      「協業が優先だ。市場に参入する案には共生案も含まれている。小規模業者はクラフト固有の価値を生かすことができる。新しいビールの味を研究・開発する機動力がある。私たちはすでにクイーンズエールというブランドを作ったノウハウがある。小規模業者とウィンウィンできなくてはならない」 

      ――酒類税改編にどのように対処するだろうか。 

      「施行は5カ月後だ。いま対応策をまとめている。消費者がどのように受け入れるかが未知数だ。競合会社がどのように出るかもシミュレーションを描いてみなければならない。苦心している」 

      ――日本製ビール不買運動が行われている。 

      「キリンビールを輸入する。一部店舗で返品もすると聞いた。韓国のビールが反射利益を得られるだろうが競争力あるブランドに該当する話だ。テラは競争力に自信があるのである程度反射利益があるだろう。私も毎日テラで一杯やるたびに味で自信をかみしめている」。(中央SUNDAY第644号)

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=255748&servcode=300&sectcode=320
    [ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]2019年07月21日 13時17分

    no title

    ハイト真露のオ・ソンテク常務は「私もテラを飲むたびに品質に対する自信を感じる」と話した。

    引用元: ・【偏見だ】「韓国産ビールが薄い? 欧米でも輸入して飲んでいます」[7/21]

    【ゲテモノ好きはどこにでもいる 【偏見だ】「韓国産ビールが薄い? 欧米でも輸入して飲んでいます」[7/21] 】の続きを読む

    このページのトップヘ