まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:欧州

    1: まぜるな!キケン!! 2022/03/05(土) 13:17:45.37 ID:CAP_USER
    昨年から度々欧州でリコールされている韓国製ラーメンだが、最近、イタリアに続き、ドイツでも回収命令が下されたことが分かった。

    韓国の経済紙マネートゥデイは4日、農心(ノンシム)がドイツで販売した「辛キムチラーメン」から化学物質である2-クロロエタノールが基準値を超えて検出され、EU(欧州連合)全域に製品回収命令が下されたと報じた。

    同製品に関しては、つい最近もイタリア食品当局が回収命令を下し、イタリアのスーパーマーケットなどから一斉に姿を消したと現地紙などが報じていた。

    マネートゥデイは「今回の措置は昨年8月の欧州連合によるラーメン有害物質調査の延長線上にある」とし、当時、同基準を超過した韓国製ラーメンがリコールされたことを伝え、「新キムチラーメンの場合、昨年のリコール対象ではなかったが、欧州基準に合わせることが出来ず、自ら回収を行った」ものの、「しかし、一部の製品が回収されていなかったために、再び回収措置が出たものと見られる」と伝えている。

    同紙は、これら製品が現地の輸入業者を通じて流通されていることから、徹底した回収措置が行われておらず、それがリコールに繋がったとの見方を示している。

    2-クロロエタノールについて同紙は、「日本、オーストラリア、ニュージーランドなどは関連基準がなく、米国とカナダでは940ppm以下に設定する」としつつ、「一方、ヨーロッパは2-クロロエタノールをエチレンオキシドと区別せずに合算し、0.02~0.1ppmを超える製品の流通を禁止」しているとし、欧州の基準が非常に高いことを伝えている。


    https://korea-economics.jp/posts/22030405/

    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1646435679/

    引用元: ・なぜ欧州は韓国製ラーメンを販売禁止にするのか? 仏伊に続き独も全量リコール ★2 [3/5] [昆虫図鑑★]

    【ゴミだからだろ - なぜ欧州は韓国製ラーメンを販売禁止にするのか? 仏伊に続き独も全量リコール ★2 [3/5] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/01/29(土) 17:09:01.30 ID:CAP_USER
    【チ ン・チョルファンのユーロ・フォーカス】
    K-POP・韓流ドラマで韓国の認知度アップするや
    中国人が韓国料理店を開業・営業
    パリだけで20店、値段安くて人気
    「ニセ韓国料理」で韓国のイメージ下がる恐れ
    「日本のように『料理店推奨制』にすべき」という意見も

    (略)

    世界の文化と芸術の中心地パリで、中国系の人々が経営する韓国料理店が増えている。韓国系の人々は「現在、パリで営業中の中国系韓国料理店だけでも20店余りある」と話す。韓国系の人々が経営する200店以上の韓国料理店に比べると、それほど多くはない数字だ。だが、最近の韓流ドラマやK-POPの人気に代表される韓国文化ブームに乗って、その数は急増している。韓国系が多く暮らす15区で料理店を経営している韓国系在住者は「先日も近くに中国人が経営する韓国料理店ができた。本当に『雨後の竹の子』のように増えている気がする」と言った。

     パリだけではない。リヨンやマルセイユといったフランスの地方都市、ドイツのベルリンとフランクフルト、チェコのプラハなど、ヨーロッパのほかの大都市でも同様の現象が起こっている。ドイツ在住のある韓国人は「中国人観光客を相手に繁盛していた中国料理店が、新型コロナウイルス流行以降、売上が急減してしまったため、現地の人々が好む韓国料理店にメニューを変えている」と言った。「韓国式チキン」が大人気であることから、中国系の「チメク(チキン+ビール)ハウス」も誕生した。韓国を意味する「K」を店名に入れ、「ソウルから来た」とハングルで書いている店もある。

     これらの人々は現地の人々に合わせた味とサービスで急速に成長している。韓国料理の辛さを和らげ、甘辛い味にした。また、フードデリバリーサービスの「Uber Eats(ウーバーイーツ)」や「Deliveroo(デリバルー)」などはもちろん、「HungryPanda(熊猫外売)」や「ALORSFAIM(方円食里)」など中国系デリバリー・アプリを利用して積極的な配達営業を行っている。単品中心のメニューが多い韓国料理店とは違い、ランチメニューやセットなどのお得なメニューもある。営業方式をテイクアウト専門に変えた店もある。パリ2区のある中国系テイクアウト韓国料理店では、ランチタイムになると3-4メートルも行列が出来ているのを見かける。

     これら中国系韓国料理店では、物流や食材調達も中国のネットワークを利用している。各種の野菜や肉類はもちろん、韓国料理に欠かせないしょうゆ・トウガラシ・みそなども中国系スーパーから調達している。かなりの数の食材が中国産だ。ある韓国系の韓国料理店経営者は「最近、フランス北西部の海岸ノルマンディーに中国系キムチ工場ができた。中国系韓国料理店はそこからキムチを調達している」と語った。従業員には韓国系もいるが、中国系や東南アジア出身者が多い。価格も韓国系料理店と比べて10-20%安い。

     中国系韓国料理店に対する韓国系の人々の見方はさまざまだ。今のところはまだ「韓国文化に対するイメージがアップし、地位が上がっているから起こっている現象だ」と大目に見ている人が多い。「かつて日本料理が流行した時、猫もしゃくしも日本料理店を開業していたのと同じ状況だ」という声もある。だが、一部の韓国系在住者たちは「中国系韓国料理店は『ニセ韓国料理』をヨーロッパの人々に出している」「韓国料理の地位をおとしめ、本物の韓国料理を駆逐する『悪貨』になる恐れがある」と懸念している。

     「韓国料理店に対して『認証制』を実施すべきではないか」という意見もある。日本の場合、いわゆる「ニセ日本食」に対抗して、きちんとした日本食文化を知らしめようと、2006年に海外の日本食料理店に対する認証制導入を推進した。しかし、欧米のメディアが「文化国粋主義的な発想だ」と批判すると、日本政府は手を引いた。その代わり、「日本食レストラン海外普及推進機構(JRO)」という民間非営利団体(NPO)が登場、推奨マークを出している。

    パリ=チ ン・チョルファン特派員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/01/29/2022012980025.html
    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1643429209/

    引用元: ・【朝鮮日報】中国人が経営する「ニセ韓国料理店」、欧州で増加 ★2 [1/29] [昆虫図鑑★]

    【ニセ日本料理店やってる韓国人のほうが多い件 【朝鮮日報】中国人が経営する「ニセ韓国料理店」、欧州で増加 ★2 [1/29] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/01/30(日) 10:44:14.68 ID:CAP_USER
    ややこしい有害物質検出基準に戸惑う
    国内基準には問題ない…

    世界的に人気の「K-ラーメン」が欧州市場で注目を集めている。 欧州連合(EU)の有害物質検出基準が国内に比べて厳格に適用され、輸出製品のリコール事態が相次いでいるためだ。EUは「K-ラーメンのブルーオーシャン」と評価されるなど、輸出が期待されていた状況なので、国内業界は戸惑っている。

    28日、フランス消費者リコール統合ポータルによると、昨年11月15日から12月24日までフランス全域で販売されていたオットゥギ「真ラーメン辛口」がリコール措置された。 2-クロロエタノールが過度に検出されたという理由からだ。 同製品の2-クロロエタノール検出量は2.8ppmで、EU基準値の0.05ppmを大きく上回っている。 数値上ではEU基準を超えたものだが、国内基準に照らしてみれば、特に問題にならないというのが、オットゥギの釈明だ。

    2-クロロエタノールは、有害物質であるエチレンオキサイドの副産物だが、エチレンオキサイドと違って発がん物質に分類されず、自然状態で存在する物質である。 オットゥギ側は「国内では2-クロロエタノールの基準を置かないほど人体に全く害がない」とし「EU基準が過度に厳しいためこうした問題が発生した」と説明した。

    これに先立ち、農心と八道(パルド)で作ったEU輸出用ラーメンも、このような理由でリコール措置されたことがある。 農心が輸出する「盛り合わせ海鮮タンメン」では0.11ppmが検出された。 同製品の内需用は2.2ppmだという。 八道が作った「八道ラッポッキ・米州用」からは12.1ppmが検出され、内需用からは発見されなかった。

    当時、食品医薬品安全処は該当製品を現場・回収して調査したが、該当物質が人体に危害を加える恐れはない水準だと判断した。 しかし、EUは当該製品に対する回収措置に踏み切り、このことを契機に今月6日から韓国産ラーメンと食事補充剤に対してエチレンオキサイド検査証明書をもらって輸出するようにした。 このような措置内容は、韓国企業に後になって知られ、すでに検査証明書なしに船積みされ、欧州に向けて出発した輸出物量が全量廃棄される危機に直面していた。 食薬処はEUに検査証明書提出規定の施行日を延期するよう要請し、EUがこれを受け入れて来月17日までに猶予された。

    https://cutt.ly/cOsIGs8

    前スレ
    【韓国】韓国ラーメンから有害物質が検出され、欧州への輸出が途絶える 相次ぐリコール・販売中止 [動物園φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1643469290/

    引用元: ・【韓国】韓国ラーメンから有害物質が検出され、欧州への輸出が途絶える 相次ぐリコール・販売中止 ★2 [昆虫図鑑★]

    【日本はどうするのこれ 【韓国】韓国ラーメンから有害物質が検出され、欧州への輸出が途絶える 相次ぐリコール・販売中止 ★2 [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/10(水) 09:06:07.07 ID:CAP_USER
    欧州で今週中に韓国製薬会社セルトリオンの新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)抗体治療薬の販売承認が下りるだろうとの見通しが出てきた。K-治療薬のデビューが目前に近づいたという見方もある。

    ロイター通信は9日(現地時間)、欧州医薬品庁(EMA)がセルトリオンが自主開発した「レッキロナ(Regkirona)」と米国製薬会社リジェネロンの「ロナプリーブ(Ronapreve)」など2種類の抗体治療薬の販売を今週承認すると欧州連合(EU)消息筋を引用して報じた。

    通信はまた、別のEU関係者が「承認が目前だが、具体的な日は決まっていない」と話したと付け加えた。これら抗体治療薬は新型コロナ感染者が軽症から重症に病状が悪化しないようにするために使われる。

    2社は10月初めにEMAに販売承認を申請したが、当時EMAは2カ月以内に意見を明らかにすることにした。セルトリオン側の広報担当も、今月末ごろ承認の有無が決まるのではないかとみていると通信に明らかにした。

    EMAはこれら抗体治療薬2種の販売承認に関する質問に「ノーコメント」としながらも、今月8日から11日まで開かれる月例治療承認委員会で議論が行われると説明した。

    一方、これに先立ち、米国製薬会社イーライリリーはEUに提出した新型コロナ治療薬の条件付き販売承認申請を先週撤回したことがある。需要不足が理由だった。だが、欧州ではワクチン接種が行われているにもかかわらず、歴代最高速度で感染が拡大している。

    2社の治療薬が販売承認されれば、これら抗体治療薬は欧州では初めて治療に投入される見通しだ。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    2021.11.10 08:30
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/284657?servcode=400§code=410

    引用元: ・【中央日報】今度はK-治療薬? 「欧州でセルトリオン治療薬がまもなく承認されるもよう」 [11/10] [新種のホケモン★]

    【なんで半島で売らないの? 【中央日報】今度はK-治療薬? 「欧州でセルトリオン治療薬がまもなく承認されるもよう」 [11/10] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/18(土) 22:52:45.45 ID:CAP_USER
    フランスの研究者が、韓国でコロナ死亡率が低いのはキムチのおかげだと発言した。

    毎日経済新聞によると同新聞が主催した第22回世界経済フォーラムにおいて、ジャン・ブスケ仏モンペリエ大学肺医学名誉教授が14日、このように発言したと報じた。

    同紙によるとブスケ教授は「キムチのグローバル化は可能か」をテーマに行われたセッションで、「韓国で数千年の歴史を持つキムチは白菜のような野菜を様々な調味料と一緒に発酵させた食品」であると定義し、「白菜はもちろん唐辛子粉、生姜、ニンニクなどキムチに入る材料がコロナ19の症状を緩和させる機能をする」と説明した。

    ブスケ教授によると、白菜はソルポラパン(抗酸化物質)、ニンニクはアリシン、唐辛子にはカプサイシン、ショウガはゲンケロールなどの栄養成分がある上、キムチが発酵する過程で生じる乳酸菌が人体内抗酸化システムであるNrf2(Nuclear factor erythroid 2 -related factor 2)と相互作用しながら、人体内の有害な活性酸素を除去する。また、炎症反応を誘導するTRPA1(痛み受容体)が引き起こす問題を緩和させる作用をするというものである。 TRPA1は、咳、鼻づまり、下痢、肺損傷などの原因となることが知られている。
    ブスケ教授がこのようにキムチに注目するようになったのは新型コロナウイルス(コロナ19)の死亡率が地域別に差があることに注目したものであり、ブスケ教授は「ヨーロッパでコロナ19が猛威を振るう中、東欧と地中海諸国での死亡率が低かった」とし、「その理由を追跡してみると、発酵野菜をたくさん食べるからだという事実を発見した」と述べた。

    また、イタリア北部の工業地域では死亡率が高い反面、南部の農村地域では死亡率が低かったが、その理由も野菜を摂取するかどうかであったと指摘。アフリカの内でも死亡率が低い地域を見ると、ほとんどキャッサバなど根野菜を発酵させて多く摂取するところだった彼は説明した。特にインドのムンバイのスラム街では、全人口の50%がコロナ19に感染したにもかかわらず、死亡率は非常に低かったが、その理由も発酵野菜とスパイス摂取からだったと彼は述べている。

    ブスケ教授は「ブロッコリーと唐辛子、生姜などの野菜を活用した臨床実験でも、これらの野菜を摂取した後、わずか数分で、咳や疲労などの症状が緩和されることを確認した」とし「キムチはコロナ19の予防に明らかな効果があると考えている」と伝えた。

    この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

    「キムチの世界化は可能だ」

    「SARSの頃が思い出されるな。あの時もキムチのおかげだとw」

    「マスクやソーシャルディスタンス、防疫のおかげだろう」

    「韓国最高の国宝はハングルとキムチ」

    「キムチ専用の冷蔵庫まである国だが、キムチは中国産って笑わせるだろ」

    などのコメントがネット掲示板に投稿されている。

    http://korea-economics.jp/posts/21091709/

    引用元: ・【仏医学者】「韓国はキムチがコロナ死亡率を下げた」「欧州でも発酵野菜とる国は低い」[9/18] [首都圏の虎★]

    【本当に学者か?www 【仏医学者】「韓国はキムチがコロナ死亡率を下げた」「欧州でも発酵野菜とる国は低い」[9/18] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    このページのトップヘ