まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:次世代

    1: ガラケー記者 ★ 2018/07/03(火) 08:20:41.96 ID:CAP_USER
    2018年7月2日、環球時報は、韓国の次世代戦闘機がF22戦闘機に酷似しており、性能としては4.5世代戦闘機にとどまると報じた。

    韓国KBSテレビによると、韓国防衛事業庁が6月29日に同国の次世代戦闘機KFXについて「外形などの基本性能が完全に軍の要求を満たしており、これから細かい設計段階に入ることになる。2019年に細かい設計が完了し21年に試験1号機が完成、22年下半期には初飛行を行う予定だ」と発表した。

    記事は、韓国メディアが「作戦性能はステルス戦闘機にかなわないが、韓国軍が現在装備しているKF16をはるかに上回るものだ。今後、核となる技術で進展があれば、韓国型戦闘機は引き続きステルス機へと進化していくことだろう」との認識を持っていると伝えた。

    その上で「今回発表されたKFXのパラメータを見ると、当初の構想から2つの大きな変化が生じたことが見て取れる。まず、機体が約1メートル長くなり、エンジンが単発から双発に変わっている点。もう1つは、外観がますますF22に似通っており、『ミニF22』と呼ぶ人さえいるほどだ」と指摘している。

    また、「多くの韓国軍事マニアたちはKFXが第5世代の基準に到達することを望んでいるが、実施は4.5世代機の性能にとどまっている。操縦席前部の敵味方を識別する装置はKF16戦闘機に外観が似ている。また、4発の空対空ミサイルが半ステルス式である以外、全ての武器は機外搭載であり、そのステルス性能に大きな影響を及ぼす」と指摘した。
    Record china
    2018年7月3日(火) 1時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b620975-s0-c10-d0135.html

    引用元: ・【ミニF22】韓国の次世代戦闘機はF22に酷似も、実際の性能は「4.5世代」[07/03]

    【【ミニF22】韓国の次世代戦闘機はF22に酷似も、実際の性能は「4.5世代」[07/03] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/10/17(火) 11:23:37.59 ID:CAP_USER
      京都に本社があるバイオベンチャー企業メガカリオン。役職員が29人にすぎないこの会社は最近、献血でのみ得られていた血小板を次世代幹細胞で大量生産する技術を開発した。メガカリオンの三輪玄二郎代表は「血液分野では血液型発見以来およそ100年ぶりの革新」と強調した。 

      日本が次世代幹細胞に挙げられる誘導多能性幹細胞(iPS細胞)を活用した再生医療分野で次々と成果を出している。パーキンソン病、血小板減少症、心臓病など難病治療薬も開発している。iPS細胞で死んだ細胞を再生し、疾患を治療するという原理だ。 

      iPS細胞を作る方法を発明した山中伸弥京都大教授が2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した後、日本政府が集中的に支援してきた結果だ。 

      日本は2014年に世界で初めて黄斑変性症の患者にiPS細胞で作った幹細胞を移植するのに成功した。今年初めには他人の細胞から作ったiPS細胞を利用した臨床試験を行った。幹細胞治療の時間と費用を画期的に減らすと期待されている。一方、韓国ではiPS細胞など次世代幹細胞研究が遅々として進まない。軟骨再生など第1世代幹細胞に分類される成体幹細胞研究にとどまっている。「黄禹錫(ファン・ウソク)教授ES細胞(胚性幹細胞)論文不正事件」以降、生命倫理法などが強化されたうえ、次世代幹細胞分野の政府の支援が減ったからだ。登録されたiPS細胞関連特許は日本が37件であるのに対し、韓国は6件にすぎない。 

      チャ病院幹細胞研究所のソン・ジファン教授は「日本政府は数百億円の支援金を注ぎ込み、次世代幹細胞技術の確保に熱を上げている」とし「韓国も基礎研究活性化のための環境を築く必要がある」と述べた。


    [ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]2017年10月17日 09時23分
    http://s.japanese.joins.com/article/450/234450.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【韓経/中央日報】:「次世代幹細胞」特許 日本37件vs韓国6件[10/17]

    【【日本と比べるのが間違い】「日本政府は数百億円の支援金を注ぎ込でいる」次世代幹細胞の特許 日本は37件なのに韓国は6件【韓経/中央日報】】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/03/21(月) 21:07:06.11 ID:CAP_USER.net
     日本政府はどうも次世代の韓日友好・協力増進を望んでいないようだ。歪曲(わいきょく)された
    歴史認識に基づいて記述された教科書はそれだけで終わるのではなく、長い目で見れば次世代
    の韓日対立・衝突を助長する。過去の植民地支配や戦争を正当化する教科書で教育を受けた日
    本の戦後世代は、日本の帝国主義や軍国主義により一方的な被害を受けた国々の若い世代と歴
    史認識で対立することになるからだ。正しい歴史教科書を作らなければならないという日本政府の
    責任はこの点にある。

     日本の文部科学省が18日に検定結果を発表した教科書には、独島(日本名:竹島)が日本固有
    の領土と記述されているなど、韓国の領土主権を侵害する記述が拡大・強化された。その一方で、
    昨年12月28日の韓日政府間合意で認められた「従軍慰安婦」問題への軍の関与や日本政府の
    責任を記述した教科書は一部にすぎない。むしろ軍の関与を削除した教科書の方が目につく。

     日本の教科書に独島が日本の領土だと記述されても、韓国の独島に対する領土主権行使は全く
    影響を受けない。韓国の主権の行使は歴史的・地理的・国際法的根拠と法令に基づいているから
    だ。問題は、間違った教科書で学ぶことになった日本の次世代の人々が、韓国に対し偏見と不信
    を抱くということだ。日本の高校教科書の従軍慰安婦をはじめとする韓日関係の記述を韓国が問
    題視しているのも同じ理由だ。

     個人の基本的な歴史認識はほとんどが中等教育段階で形成されるため、未来志向的な韓日関
    係を構築するには、歴史教育と教科書の内容が非常に重要だ。過去の日本の植民地支配や戦争
    のような暗い歴史について、学校教育と教科書を通じてしか学んでいない戦後世代が今や日本国
    民の大多数を占めている。日本の次世代の正しい歴史認識形成に緊要な役割をする教科書の内
    容に、かつて日本帝国主義により多大な被害を受けた近隣諸国が関心を注ぐのはそのためだ。

     韓日両国の次世代の明るい未来に役立つ教科書を作るには、どうすべきなのだろうか? まず、
    両国の学者が長期的な視点から教科書の記述を含め歴史認識問題を議論できる安定した場を整
    える必要がある。韓日両国は2001年から2回にわたり韓日歴史共同研究委員会を開催、両国の
    学説や解釈の共通点・相違点について研究・議論してきた。ドイツとフランス、ドイツとポーランドの
    事例を見ても、歴史共同研究は長い時間がかかる作業だ。これまでの経験を基に、第3期韓日歴
    史共同研究委員会を速やかに発足させることを提案したい。

     両国の教師と青少年が直接交流することで相手に対する否定的なイメージを解消し、お互いをよ
    り深く理解できる機会を持つことも重要だ。03年1月、独ベルリンで開催されたエリゼ条約40周年
    記念ドイツ・フランス青少年議会で共同教科書の必要性が提起されたことが、両国の共同歴史教
    科書発行につながったという事実は、青少年交流の意義を示している。教科書問題は次世代の
    人々に取って自分たちの問題なので、青少年がこの問題に関心を持つようにするべきだ。青少年
    は国家の未来であり、教科書は韓日関係の未来だからだ。

    北東アジア歴史財団キム・ホソプ理事長
    http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2016/03/21/2016032101031_thumb.jpg

    ソース:朝鮮日報日本語版【寄稿】日本政府は次世代の韓日和合を壊すつもりなのか
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/21/2016032101031.html

    前スレ:【朝鮮日報】日本政府は次世代の韓日和合を壊すつもりなのか
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1458530511/

    引用元: ・【朝鮮日報】 日本政府は次世代の韓日和合を壊すつもりなのか★2[03/21]

    【何か問題でしょうか? 【朝鮮日報】 日本政府は次世代の韓日和合を壊すつもりなのか★2[03/21]】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 08:47:55.69 ID:???.net
    韓国の次世代ロケット「KSLV-II」、開発の第1段階が完了 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150731-00010002-sorae_jp-sctch


     大韓民国(韓国)の未来創造科学部は7月30日、次世代ロケット「KSLV-II」の開発の第1段階が完了し、今年8月から第2段階に入ると発表した。

     KSLV-II(Korea Space Launch Vehicle-II)は、韓国が2011年から開発を行っているロケットで、2017年12月に第1段、第2段のみの試験機を、2019年12月に第3段も追加した試験機を
    打ち上げるとしている。2009年から2013年にかけて3機が打ち上げられた「KSLV-I」ロケット(愛称「羅老号」)は、第1段にロシア製の機体やロケット・エンジンを用いていたが、KSLV-IIはすべて
    韓国国内で開発、製造することを目指している。

     KSLV-IIの全長は47.5mで、直径は第1段が3.3m、第2段が2.9m、第3段が2.6mと、上にいくほど徐々に細くなっている。打ち上げ能力は高度700kmの太陽同期軌道に1500kg、月軌道への
    打ち上げ能力は550kgほどになるとされる。太陽同期軌道というのは地球の観測に適した軌道のひとつで、多くの地球観測衛星や偵察衛星がこの軌道に打ち上げられており、韓国の「アリラン3号」、
    「アリアン5号」などもこの軌道に乗っている。アリラン3号は日本のロケットで、アリアン5号もロシアのロケットで打ち上げられているが、KSLV-IIが完成すれば、同クラスの衛星を自力で打ち上げることが
    可能になる。

     ロケットは3段式で、すべての段で液体酸素とケロシンを推進剤として使用する。第1段には75トン級のロケットエンジンを4基装備し、第2段には第1段と同じ75トン級エンジンを、高真空用に
    改修したものを1基のみ装備、そして第3段には7トン級ロケットエンジンを装備する。

     未来創造科学部は、大きく3段階に分けてKSLV-IIの開発を進めている。第1段階(2010年3月~2015年7月)ではロケットの第3段に装備される推力7トン級のロケット・エンジンの開発、
    燃焼試験や、エンジン試験設備の建設などを行うことを目標としており、今回の発表によると、すべて完了したという。

     これを受けて、今年8月からは第2段階(2015年8月~2018年3月)に入るとされる。第2段階では、ロケットの第1段と第2段に装備される、推力75トン級のロケット・エンジンの開発と、第1段階で
    建設した試験設備での燃焼試験、また75トン級エンジンの性能確認のため、第1段と第2段のみで構成されたロケットの試験打ち上げを行うことなどが計画されている。予定では、2016年6月に
    75トン級エンジンの燃焼試験を行い、また7トン級エンジンの燃焼試験も継続し、2017年2月にロケット全体の詳細設計を完了させ、そして2012年12月に第1段と第2段のみでの試験打ち上げを
    実施する、としている。

     それらも予定通り完了すれば、2018年4月から、最終段階となる第3段階に入るという。そして2019年12月と2020年6月に、第3段も搭載した完成品の状態で2回の打ち上げを行い、開発を
    完了させるとしている。事業期間は2021年3月までの計画で、総開発費は1兆9574億ウォン(約2076億円)になるという。

     その後、2020年12月までに、月周回探査機と月探査ローヴァーをそれぞれ分けて打ち上げる予定もある。これは朴槿恵(パク・クネ)大統領が2013年に、「2020年に月に太極旗をはためかせる」と
    宣言したことが背景にある。

     しかし、韓国にとって75トン級という大推力エンジンの開発は未知の領域であり、開発が遅れる可能性は十分にある。また、KSLV-Iの機体の大半や、発射台などの地上設備はロシア製だった
    ことから、人工衛星を打ち上げられるほどのロケットのシステム全体を開発し、運用した経験もない。したがって、KSLV-IIが計画通り完成し、2020年までに月探査機を打ち上げられるかどうかは
    未知数だ。


    ★1 2015/07/31(金) 21:23:19.61
    前スレ
    【韓国/宇宙開発】韓国の次世代ロケット「KSLV-II」、開発の第1段階が完了[7/31] [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1438345399/

    引用元: ・【韓国/宇宙開発】韓国の次世代ロケット「KSLV-II」、開発の第1段階が完了★2[7/31]

    【ハードルの高さが成層圏並【韓国/宇宙開発】韓国の次世代ロケット「KSLV-II」、開発の第1段階が完了★2[7/31]】の続きを読む

    このページのトップヘ