まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:権威

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/24(水) 15:42:06.41 ID:CAP_USER
    日本敗亡後、天皇の権威は地に落ち、無視、嘲笑、嘲弄されるのが常だった。この様な雰囲気に乗って「自称天皇」が続出した。岡山県では「坂本天皇」、鹿児島県では「長浜天皇」、新潟県では「佐渡天皇」、高知県では「横倉天皇」が登場した。愛知県では「十村天皇」と「三浦天皇」など二人も出た。この様な「自称天皇」は一時、17人に達したという。

    これらの中で抜群は名古屋県(名古屋市の誤り)で雑貨屋をしていた熊沢寛道であった。彼は自身が14世紀、室町幕府に追い出されて南朝を開いた第96代後醍醐天皇の直系子孫で、「本当の天皇」はヒロヒト(裕仁)ではなく自分だと主張した。天皇家の正統性はヒロヒトが属した北朝でなく自身が属した南朝にあるということだった。

    彼はその根拠として「家系図」を出した。彼の主張が大衆の関心を買って、彼は全国巡回するなど「有名人」になった。彼は米軍政司令官マッカーサーにヒロヒトは退位して自分が直ちに天皇に即位するのに協力してほしい、と要請も送った。これは日本占領政策の中枢に天皇権威弱化を推進した米軍政司令部の関心を引き、時事雑誌「ライフ」と米軍新聞「星条旗」に「ヒロミチ天皇が本当の天皇」と報道された。

    しかし、「本当の天皇」としてはで認められなかった。1951年、ヒロヒトを相手に天皇非適格確認訴訟も提起したが却下された。彼が本当に後醍醐の直系の子孫なのかは依然としてミステリーだ。

    ファン・ヒソク開かれた民主党最高委員が、「曺国(チョ・グク)前法務部長官は(儒学者の)南冥・曺植(チョ・シク)先生の子孫」と主張してひどく恥を書いた。昌寧(チャンニョン)チョ氏の家系図を確認さえせず、チョ前長官をチョ・シク先生の子孫と断定したからだ。十分に「軽はずみ」といえる。

    朝鮮日報の報道によればチョ・シク先生の13代子孫であるチョ・ヨンギ氏が家系図を確認してみると、チョ前長官とチョ・シク先生は全く関係ないということだ。ファン最高委員はなぜチョ前長官をチョ・シク先生の子孫にしようとしたのだろうか?チョ・シク先生の子孫なら平等・公正・正義への背信も問題にならないと考えたのかもしれない。

    チ ン・ギョンフン論説委員
    http://mnews.imaeil.com/inc/photos/2020/03/27/2020032718040905756_s.jpg

    ソース:韓国毎日新聞(韓国語)[オイ姑と嫁]ファン・ヒソクの軽はずみ
    http://mnews.imaeil.com/NewestOpinion/2020062318032596903

    関連記事:南冥チョ・シクの子孫「チョ・グクはわが一族の子孫ではない、冒涜だ」
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/22/2020062280263.html

    引用元: ・【韓国】 ファン・ヒソクの軽はずみ~日本敗亡後、天皇の権威は地に落ち、「自称天皇」が続出した[06/24] [蚯蚓φ★]

    【頭だいじょうぶか?w 【韓国】 ファン・ヒソクの軽はずみ~日本敗亡後、天皇の権威は地に落ち、「自称天皇」が続出した[06/24] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/11/22(日)12:04:57 ID:LcB
    米国の有力紙ニューヨークタイムズは19日、「韓国政府、批判者を狙い撃ち」と題した社説を通じ、
    「民主主義的自由を朴槿恵(パク・クネ)大統領が退行させることに没頭しているように見え、憂慮の恐れがある」と強く批判した。

     以下はニューヨークタイムズ社説の全文。

    韓国政府、批判者を狙い撃ち

     韓国人は世界的な産業強国として聳え立ち貧乏から金持ちになった経済発展と同様に、
    独裁から活力ある民主主義を編み出したことについて誇るに値する国だ。このような理由で、月とスッポンのように、
    北朝鮮の操り人形体制と韓国とを区別した民主主義的自由を朴槿恵(パク・クネ)大統領が退行させることに没頭しているように見えることは憂慮される。

     先週、数万人の韓国人が2つの抑圧的な政府措置に抗議するため街頭に出てきた。
    一つは韓国の教育者が独立的に選択できる歴史教科書を、政府が発行する教科書に変えようとしていることだ。
    もう一つは韓国の族閥大企業が労働者を一層簡単に解雇できるよう労働法を改定することだ。

     朴大統領はまた、ソーシャルメディアやインターネットでの批判や反対意見も統制しようとしている。
    先週土曜日には韓国で最も人気があるメッセージングアプリ(カカオトーク)の共同代表であったイ・ソクウ氏が辞任した。
    彼は未成年のわいせつ写真掲示を防止できなかったという理由で起訴された。
    しかし、批判的な人々は政府の監視の動きに抵抗し、政府に批判的なユーザーの意見の制限を拒否したことに対する処罰こそが(起訴の)本当の目的だと主張している。

     朴大統領は、植民地時代に日本帝国主義の将校であり1961年から1979年まで軍事独裁者であった朴正煕(パク・チョンヒ)将軍の娘だ。
    朴大統領は生徒たちに韓国史、特に民主主義的自由が産業化の妨害物になると見なされた時期を美化したバージョンで教えようとしている。
    このような動機のうちの一部は、彼女の父親に対するイメージを復元させる狙いがあるものと見られる。

    韓国経済は今年MERS呼吸器疾患の流行と中国および他のアジア諸国の需要減少により相当な打撃を受けた。
    しかし海外で韓国の評判に関する最大のリスクは経済的なことではなく政治的なことであり、
    主に歴史を書き直して批判者を抑圧している朴大統領の苛酷な措置だ。

    ワシントン/イ・ヨンイン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151121-00022564-hankyoreh-kr

    引用元: ・【米国】ニューヨークタイムズ(NYT)「韓国政府は批判者を抑圧し、歴史を書き直して朴正煕の権威復権を試みている」「海外でも朴大統領に懸念の声」[11/21]

    【被害者になろうとしてんじゃね 【米国】ニューヨークタイムズ(NYT)「韓国政府は批判者を抑圧し、歴史を書き直して朴正煕の権威復権を試みている」[11/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ